家族

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松竹は14日、人気歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(41)が、来年5月に江戸時代から続く歌舞伎の大名跡「市川團十郎」を十三代目として襲名することを発表した。

    「團十郎白猿」と名乗る。

    同時に長男、堀越勸玄(かんげん)くん(5)も八代目市川新之助を襲名し、初舞台を踏む。

    襲名披露興行は同年5~7月の東京・歌舞伎座を皮切りに、全国で行われる予定。


    海老蔵さんの父、十二代目團十郎さんも昭和60年、歌舞伎座での襲名興行を、異例の3カ月にわたり行い、この中で海老蔵さんは七代目市川新之助(当時)として初舞台を踏んだ。

    成田屋(團十郎家の屋号)の襲名は35年ぶり。

    十二代目は平成25年に亡くなったため、「團十郎」の名跡復活は7年ぶりとなる。


    市川團十郎家は代々「江戸随市川(ずいいちかわ)」とたたえられた、江戸時代から続く歌舞伎の名門。

    海老蔵さんは昭和52年、東京都生まれ。

    新之助時代から、尾上(おのえ)菊之助さん、尾上辰之助(現松緑)さんとともに「平成の三之助」として人気を集め、平成16年に十一代目海老蔵を襲名。

    華やかな容姿と声の良さで注目され、家の芸「歌舞伎十八番」を継承するほか、新作や海外公演も積極的に行っている。

    22年にフリーアナウンサー、小林麻央さんと結婚したが、29年に死別した。

    https://www.sankei.com/entertainments/news/190114/ent1901140001-n1.html

    no title


    所長見解:いいやん・・・

    【【襲名】市川海老蔵 → 團十郎へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ところは東京大学・本郷キャンパス(文京区)。

    黒いサングラスをかけて大学の構内を歩く、大柄な男性がいる。

    元貴乃花親方(46)だ。

    t


    ―花田さん。昨年は激動の一年だったかと思います。今年の抱負をお聞かせください。

    「まぁ……じっくりね。勉強です。人生、勉強ですから。(離婚から2ヵ月以上が経つが)もともと、部屋と自宅を分けていました。今も残った一人の弟子と部屋で一緒に暮らしていますので、生活に変わりはありません」

    昨年9月、日本相撲協会からの電撃的な引退を発表し、元妻・河野景子さん(54)とも離婚。

    さらには息子で“自称”靴職人の花田優一氏(23)の離婚&ドロ沼靴トラブルまで勃発し、元貴乃花にとって’18年は波乱の一年となった。

    本誌は1月8日、冒頭のように東大のキャンパスで本人を直撃。

    家族への思いや自身の今後について、彼の言葉からは、平成の大横綱のホンネが見え隠れしていた。


    ―離婚後、景子さんはブログを開設したり、年末年始にはテレビ番組にも出演していました。それはご覧になられましたか?

    「あぁ、チラッと見ました。このままやっていってほしいですね」

    ―今、優一さんとは連絡を取っているのでしょうか?

    「いえ。新年の挨拶もありませんでした。息子も人生経験を積まなければいけない時期でしょうね。若いうちに、覚えることは覚えたほうがいいでしょう」

    ―優一さんといえば、今年に入って女優・吉岡里帆さんの実弟を弟子に取っていたことが報じられました。

    「あぁ……。その件については、私は知らなかったんですよ」

    ―優一さんは吉岡さんの弟に靴のトラブル処理を押し付けたりしていたみたいですが。

    「そうなんですか……。私はずっと部屋のことにかかりきりだったんで、息子とは話していないんです。(タメ息混じりに)まったく……。人生勉強をさせないといけないですね」

    ―最後にひとつだけ。今、花田さんの収入はどうなっているのでしょうか?

    「収入は、まぁ生活ができるくらいにはありますよ」

    ―贅沢はできないけど、生きてはいける程度ということですか?

    「まぁ、そうですね(笑)」

    そう言い残し、元貴乃花は弟子が待つ車へと乗り込んでいった。

    家族は離散しバラバラになっても、我が道を貫き通そうとする元貴乃花。

    人生、どんな困難でも受けて立つ―。

    それが元貴乃花の横綱相撲なのかもしれない。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00010002-friday-spo


    所長見解:しかたないな・・・

    【【一家離散】元貴乃花「新年の挨拶もありませんよ」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(46歳)が、1月1日に放送されたバラエティ番組「さんタク」(フジテレビ系)に出演。

    2018年にモデルデビューを飾った娘のKoki,(15歳)について語る一幕があった。

    s


    今年17回目の放送を迎えた、平成最後の「さんタク」。

    番組冒頭で長い歴史をしみじみと感じる中で、木村は「この間、(さんまの娘の)IMALUちゃんの年齢聞いてビックリしましたもん」と、1989年(平成元年)生まれのIMALUが29歳になったことに驚いたと語ったが、一方で明石家さんま(63歳)も「そんなことより、うちの娘(の年齢)も驚くけど、お前の娘にも結構驚いたでオレは」と、Koki,の話題に触れた。

    Koki,のデビューに、さんまからは「一言『早いやろ』ってのが来ましたね」と、連絡が来たことを明かした木村。

    さんまは「早いやろ! 15歳やからな。急にすごいな、背が伸びて、綺麗に」と、その成長ぶりに驚いているようだ。

    また、木村はKoki,の自宅での様子について言及。

    「儀式が始まるんですよ、夜。
    バレーボール、バスケットボールの選手がどんどん背が伸びるって言うじゃないですか。(ジャンプして)高く伸びたからって(背が)伸びるわけじゃなく、着地の時の“ドンッ”ていう、かかとの骨の衝撃からホルモンが出て、どんどん背が伸びてるんですって。
    それを聞いた本人は背を伸ばしたいから、夜になると……(爪先立ちでかかとを浮かせて、“ドンッ”と着地、の動きを実践)」。

    そして、IMALUの芸能界入りにはもともと反対していたさんまが、木村に「お前はすんなり賛成したの?」と質問。

    木村は「どっちなんだろなっていう不安はありましたけど、本人やりたいって言ったんで」と、すんなり賛成したそうで、「ノーって言えなくないですか? 自分で(芸能人)やっておいて」と付け加えた。

    https://www.narinari.com/Nd/20190152697.html 


    所長見解:ついに・・・

    【【さんタク】木村拓哉が娘・Koki,を語った結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「愛情がなくなりました」

    1993年1月、まだ20歳だった元貴乃花親方(46)の、婚約者・宮沢りえ(45)への冷たい発言である。

    当時、人気絶頂だった2人のビックカップル誕生に世間は沸いたが、婚約会見からわずか2カ月後に破局。

    t


    あれから25年。

    元貴乃花親方は、一度は信頼した人物と、修復不可能な絶縁を繰り返している。


    兄・花田虎上氏(47)との兄弟喧嘩は有名だ。

    「若貴フィーバー」で相撲界を牽引した2人だが、常に比べられたこともあり、いつしか口もきかなくなった。

    元貴乃花親方も兄のことを「まさる氏」と呼ぶなど、現役時代から確執が始まっていた。

    2人の不仲が表面化したのは、2005年、先代・貴乃花の葬式の喪主をめぐっての対立だった。

    遺骨の管理や遺産相続について意見が合わず、溝が深まった。

    母・藤田紀子さん(71)は今でも息子への愛を語るが、元貴乃花親方は母に携帯番号を教えていないという。


    2018年、元フジテレビアナウンサーだった河野景子さんと離婚。

    理由の1つに、靴職人である息子・優一の芸能活動があげられている。

    『週刊文春』(12月27日号)は、元貴乃花親方を独占インタビューしている。

    そこには息子への絶縁ともいえる言葉が書かれていた。

    「(息子が)職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。
    まずは一流の職人になるのが先ですよ。
    タレントになりたいのなら、中途半端に靴職人の肩書きを使っちゃいけない。
    本当の職人さんに対して失礼です。  
    自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です。
    今はチヤホヤされるかもしれないけど、世の中はそんなに甘くない。
    我が子ながら恥ずかしくないのかと思います。
    私の靴ですか?  
    もちろん作らせていません。
    百年早いですよ」

    景子夫人は、優一が番組撮影で海外に行った際に同行するなど、大人になってからも溺愛してきた。

    だが、そんな様子も、元貴乃花親方には我慢ならなかったのだろう。

    見捨ててきたのは、息子だけではない。

    自身が相撲界から引退するきっかけとなった暴行事件の被害者である元弟子・貴ノ岩(28)が、暴力事件を起こし電話をかけてきたときも、「出なかった。10年は会わない」と美談のように語っていた。

    愛弟子の裏切りに対し、冷たく突き放した形だ。

    いったんはわかり会えた人間とも、結局は距離をおいてしまう孤高の男。

    元貴乃花親方を入門時からよく知る、相撲レポーターの横野レイコさんはこう語る。

    「よくも悪くも、思い込んだらまっすぐ。
    中途半端なことはできない人なんです。
    極端で、白か黒どちらかしかない。
    だからちょっとしたことで仲違いしてしまうし、それは親兄弟でも同じなんです。
    その性格は昔から変わりません」

    自分自身の考えを変えず、息子まで捨て去った。

    元貴乃花親方の2019年は、明るい1年になるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00010000-flash-peo


    所長見解:たしかにね・・・

    【【家族絶縁】貴乃花、すべての人を捨て去る説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、木村拓哉と工藤静香の家庭の内情を記事化している。

    それによれば、家では静香・長女・次女Koki,の3人がフランス語または英語で会話しており、木村拓哉は「家庭内独居」状態だという。

    k


    また、木村拓哉とジャニーズ事務所は、SMAP解散後の俳優活動としてハリウッド進出に力を入れるべく長期プランを練っていたというが、工藤静香プロデュースによるKoki,の日本での売り出しを優先し、断念したという。

    Koki,が世界的なモデルを目指しているという話が事実ならば、木村とKoki,が渡航し、工藤と長女が日本に残るような選択もアリだと思うが、とにかく<娘と静香の夢を優先させたため>ハリウッド計画はなくなったのだそうだ。

    なかなか不可解な話である。

    まるで工藤静香が“恐妻”であるかのような書きぶりだが、これまでほとんど明かされてこなかった「インターナショナルスクールに通う娘の保護者としての工藤静香」の評判を、小学校時代の関係者が語っており、恐妻どころか“猛母という表現がぴったり”だと語っている。

    おそらく学校行事などの場面においての出来事だと思うが、工藤静香は<他の保護者が、ちょっとでもカメラを向けようものなら『削除してください!』と突っかか>り、何
    度かトラブルになったのだという。

    工藤が<自分の子供と一緒に写っていい友人を選んでいた>ともあり、娘の友人関係にまで口出しするのはたしかにやり過ぎだ。

    しかし見方を変えれば、それだけ過敏になっていたということだろう。

    長女も次女も、木村拓哉の娘なのである。

    Koki,は芸能界に登場したが、それまでは一般人。

    ましてや子供だ。

    長女の幼稚園のアルバム写真が流出したこともあり、工藤が神経質になるのも無理はない。

    その写真は未だにネット上に大量に残っている。

    また、Koki,がデビューしてからというもの、週刊誌はここぞとばかりに蔵出しのプライベート盗撮写真を掲載した。

    小学生の頃のKoki,の写る木村一家の写真が、モザイクを外されて再掲されもしている。

    今は顔と名前を売る時期だからこそ工藤も容認しており、また出版社とは持ちつ持たれつの関係ゆえ仕方のない部分があると割り切っているだろう。

    だが、一般人に撮られた写真がネットに流出することは当然、避けたかったのではないだろうか。

    その当時、「木村拓哉の幼い娘」の顔や名前が広く世間に知られることはリスキーだと考えていたはずだ。

    “猛母”かどうかはともかくとして、そんな工藤をKoki,は敬愛している。

    木村が妻について語ることは決してないが、文句があるならここまで耐えていないだろう。

    むしろこのご時世、ヘタに亭主関白を決め込むよりは木村にとって好感度が高いかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_62396/


    所長見解:大変やね・・・

    【【芸能一家】木村拓哉「家庭内独居」状態の深刻すぎる理由・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ