家族

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    モデルのKoki,さんが4月14日、母親の工藤静香さんの誕生日をInstagramで祝福。

    愛のこもったメッセージを贈り、幼少期の親子ショットなどを公開しています。

    k


    同日に49歳の誕生日を迎えた工藤さんを、「誕生日おめでとうママ。愛する家族のもとに生まれ、すばらしいママを持てたことは、とてもありがたく幸運なことだよ」と全文英語で祝福したKoki,さん。

    「ママが誰になんと言われようと、誰になんと思われようと、たくさんの愛と希望で私を育ててくれたことに感謝してるよ」と親子愛を感じさせるメッセージを贈り、「いつも私を支えてくれてありがとう」と感謝もつづっていました。

    また日常生活についても、「家族のために毎日おいしい料理を作ってくれてありがとう。
    ママと結婚できたパパは誰よりも幸せな男性だと思うよ」と父親の木村拓哉さんにも触れながら、その後も“Thank you”の文字を多く並べて言葉で表現しきれない感謝の思いを伝えたKoki,さん。

    「愛してるよママ!」と愛の言葉で締められた同投稿には、工藤さんが幼少期のKoki,さんを抱いた親子ショットが添えられており、投稿から約1時間で10万いいねを超えるなど大反響を呼んでいます。

    Koki,さんは、木村さんの誕生日である2018年11月13日にもInstagramを更新しており、「ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった 沢山の愛を込めて」と感謝の言葉とともに祝福。

    2人の男女が寄り添った逆光の写真をアップしており、木村さんとの親子ショットなのではと大きな話題になっていました。


    幼少期の親子ショット

    画像①

    工藤さん&Koki,さんの親子ショット

    画像②

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000021-it_nlab-ent 


    所長見解:もうね・・・

    【【インスタ】Koki「愛してるよママ!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    b


    糖尿病で食べ物もだめ
    95でボケてる
    なにかないかな

    所長見解:会うことやね・・・

    【【教えて】入院中のおばあちゃんにあげられるもの問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    玉木宏・木南晴夏に離婚懸念?

    家族の世話、夜遊びという相反する価値観がスピード破局の原因にも?

    俳優・玉木宏と女優・木南晴夏が離婚の危機を迎えている。

    結婚して1年も経たずに2人の間に入った亀裂。

    そこには木南の奔放な暮らしっぷりが関わっているようだ。

    t


    玉木と木南が結婚したのは2018年6月。

    2017年春にドラマで共演したことがきっかけで交際が始まった。

    しかし、玉木といえば深田恭子や加藤ローサ、吉高由里子など名だたる美女との熱愛が報じられてきたモテ男。

    しかもいずれも結婚に至らなかったことから、木南との結局は破局し、独身を謳歌していくのだと思ったファンも多いことだろう。

    そんな周囲の声を知ってか知らずか、玉木は木南と見事にゴールイン。

    当時アラサー屈指の独身イケメン俳優の結婚に世間は驚いた。

    一般的な新婚夫婦であれば、1年も経たないいまの時期がまさにラブラブ真っ只中のはずだが、玉木・木南になにがあったのか。

    その原因は「木南の夜遊び」だという。

    最近では、深夜の恵比寿で女優・高畑充希などと女子会を楽しむ木南の姿が週刊誌で報じられた。

    結婚していても、女優として活動を続けている木南だ。

    息抜きとしてたまに夜遅くまで遊ぶことは悪くはない。

    ただ、木南が深夜に盛り上がる姿の目撃談は一度ではないことが問題となっている。

    一方の玉木は「心優しい男」として芸能界では有名。

    2億円の豪邸で建て、実母と妹の生活を支えており、頭のてっぺんからつま先まで“いい男”なのである。

    そんな夫がいながらの木南の夜遊び報道には、玉木をよく知る周囲も呆れているという。

    玉木・木南にはまだ子どもがおらず、お互い仕事も充実している。

    それぞれが望む夫婦像を構築できないと判断した時、2人の再スタートがあるかもしれない。

    https://entamega.com/16673

    所長見解:ええやんか・・・

    【【悲報】玉木宏・木南晴夏スピード離婚へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ミスター」こと長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(83)が2004年に倒れたとき、記者会見を開いて病状を説明したのは長男・一茂(53)だった。

    一方、2018年夏に胆石で入院したミスターを、病院につめて看病したのは次女・長島三奈(50)だ。

    ミスターの誕生日、2月20日付の「スポーツ報知」紙上では、2018年の日本シリーズを一緒にテレビ観戦し、丸選手について話したことを明かしている。

    そして一茂は、父の闘病中、家族でハワイ旅行に行っていた。

    「ミスターと一茂、父子の確執と報じられていますが、その本質は、長男・一茂と次女・三奈の対立にあるのです」(長嶋家を知る関係者、以下同)

    3


    「球界のロイヤルファミリー」といわれる長嶋一家。

    一茂は、「父親を守るのは自分しかいはない」と常々、公言している。

    「一茂が、父を尊敬しているのは間違いない。
    ただ、思いが強すぎる。
    たとえばミスターが脳梗塞で倒れてからは、一茂は昔からの番記者たちを、『親父を食い物にしている』と遠ざけている」

    2009年から2011年には、ファミリーの不仲報道が相次いだ。

    一茂が、父のトロフィや盾などの思い出の品を売却したことや、当時一茂の妻が社長を務めていた「ナガシマ企画」が、「長嶋茂雄」の名前を商標登録しようとして、三奈が社長を務める「オフィスエヌ(エヌ社)」と争ったことなどが明るみに出た。

    「じつは、お宝売却に関しては、ミスターはなんとも思っていないと聞く。
    ただ商標登録については、三奈が激怒した。
    エヌ社は、亜希子夫人が亡くなるまで社長を務めていた会社だ。
    『お母さんがいままで、しっかりやってくれていたのに』と激怒する三奈を見て、ミスターは三奈につかざるを得なくなった」

    騒動については兄妹それぞれ言い分があるだろうが、亀裂はいまも修復されていない。

    「一茂夫人は、ビジネス感覚に長けた、頭の切れる女性。
    一茂がテレビで引っ張りだこなのは、妻の功績といえる。
    だが三奈は、『一茂は尻に敷かれて、奥さんの言うことばかり聞く』とこぼしている。
    ミスターの身の回りの世話を三奈がしている以上、父子が仲直りする可能性は低い」(テレビ局関係者)


    (週刊FLASH 2019年4月9日号)
    http://news.livedoor.com/article/detail/16276519/

    所長見解:まだか・・・
    【【家族トラブル】「ミスター」長嶋家、長男・一茂と次女・三奈の超不仲問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    イチロー(45)の引退会見で、記者そしてイチロー本人が不自然なほど避けたテーマがある。

    “チチロー”のことである。

    r


    イチローをプロ野球選手に仕立てるべく父・宣之氏(76)が粉骨砕身した話はつとに有名だが、85分に及んだ会見で記者がチチローについて質問することはなかった。

    イチローもまた、「本当に妻と一弓(いっきゅう)には感謝の思いしかない」と弓子夫人と愛犬をねぎらいこそすれ、父母については全く言及しなかった。

    「イチローとチチローの間に亀裂が入ったのは、イチローが結婚した1999年。
    8歳年上の弓子さんとの結婚に宣之さんが大反対したときに遡ります」と大手紙デスクが語る。

    「結婚後も嫁舅関係、そして父子関係は悪化しました。
    宣之さんはイチローのメジャー挑戦にも反対していて、移籍会見当日の朝にその決断を伝えられたそうです。
    渡米後の関係は“断絶”と言ってもよく、ヤンキース移籍に至っては“テレビのニュースで知った”とこぼしていました」

    今回の引退劇も然り。

    チチローが記者団に語ったところによると、“試合直前に弓子夫人から知らされた”。

    引退の第一報は試合開始1時間後だったから、世間が知ったタイミングと大差ない。

    やはり、父子間の溝は埋まっていないのだ。

    大手メディアは、そんな父子関係に触れることなく、チチローのコメントを報じた。

    曰く、

    〈少年時代のことがワーッと思い浮かんできました〉
    〈あの小さい子が45歳。メジャーリーガーになって、ここまでやってきた。ウワーッと涙が出ました〉

    そりゃ泣きたいだろう。

    先日、元横綱貴乃花が、長らく絶縁している母兄との復縁を要望した。

    イチローにもまたそんな日が訪れるのだろうか。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00559197-shincho-base

    所長見解:そんなもんやろ・・・
    【【不仲】イチロー「チチローとの断絶」←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ