宮迫博之

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    s



    宮迫さん、テレビを卒業し完全なる勝ち組へ


    所長見解:もうな・・・

    【【あの人は今】宮迫博之氏の勝ち組集会がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之が『バイキング』降板の理由を明かす

    「一番嫌いなのはワイドショー」坂上忍も宮迫博之を痛烈批判、俺もお前が嫌い 


    m


    雨上がり決死隊の宮迫博之が、17日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

    かつて宮迫自身が金曜レギュラーを務めていた情報番組『バイキング』(フジテレビ系、現在は『バイキングMORE』)を降板した経緯について明かし、「一番嫌いなのはワイドショー」と言い切った。

     
    この日はゲストにお笑いコンビTKOの木下隆行を迎え、思い出話を語っていた宮迫。

    「俺、1番嫌なのはワイドショーやったりするわけですよ」と切り出し、「昔のワイドショーはレポーターがちゃんと取材をして、それをニュースにしてたんやけど、今は雑誌の記事を自分たちでほんとかどうかを確認しないまま出して、あーでもないこーでもない(と言う)」「擁護の人がおったらわざと逆論を言う」と、ワイドショーが嫌いな理由を述べた。

    「だから、僕はワイドショーになり始めた『バイキング』を、『やめさせてください』って言ってやめたから」
     

    司会の坂上忍には、番組を降板する際、「すみません、僕は他人をどうこう言うのが好きではないので、退かせてください」と事情を説明したという。
     
    しかしその時期にオフホワイト騒動(不倫)を引き起こしてしまい、ここで降板すると不倫のせいで番組をクビになったと憶測されるので、やめる宣言を周囲にしていたにもかかわらず、時期が数カ月延びた。

    「どういう表情でおったらいいのかようわからへん」「あんなにやめるって言ったのに……」と複雑な感情を抱きながら、番組に出演していたそうだ。

    オフホワイト騒動時は、宮迫が同番組内で生釈明を行い、注目を浴びている。


    坂上忍も宮迫博之を痛烈批判、「不倫ウソ泣き」に怒り

    当時、そんな宮迫に対し、坂上忍はいら立ちを覚えていたと告白している。

    2017年10月13日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でのことだ。

    宮迫が番組でオフホワイト騒動を取り上げた際、不貞を認めて笑いに変えることを坂上は期待していたが、いざ番組が始まると、宮迫は言い訳に終始。

    一線を越えていないことを強調する「オフホワイト」発言をするなどしたことに、坂上は激怒し、「下手くそな言い訳を始めやがって」と思ったという。

    「何が途中でキレそうになったかっていうと、奥さんの話をしてちょっとウソ泣きしそうになったときに『えーっ!』と思って」と、宮迫がウソ泣きを織り交ぜようとしたことにキレそうになったとも明かした。

     
    そんな坂上の番組進行の仕方を、宮迫も嫌っていたようだ。

    2018年8月28日に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で「プライベートでも『憶測でそういう人のこと言うてあげんな』って言ってしまうタイプが、そんなものの司会やったらアカン」と語っている。

    芸能人のスキャンダルや噂話をおもしろおかしく憶測で話すことは自分にはできないと言いたげだった。

     
    そんな確執があったためだろうか。

    2019年に宮迫を含む芸人たちの闇営業問題が取り沙汰されると、坂上は「ちょっと厳しいことを言うようなんですけど」と前置きしたうえで、吉本興業に残りたいと亮が申し出たことを宮迫が明かしたことについて「なんでこれを言う必要があったのか。
    今回の一連の宮迫くんの発言なり行動を見させていただいた時に、自分の思いとか正当性っていうのを謳うために、言う必要のないことまで言っちゃってるのは、僕はどうしても納得ができない」
    「会見で確かに言い足りないことがあったのかもしれないけど、そのたびに、ほかの人たちが巻き添えになっていることを、もう少し考えてあげれないのかな」と痛烈に批判していた。

     
    宮迫の一挙手一投足に目を光らせ嫌味を向ける坂上忍と、そんな坂上を毛嫌いする宮迫。

    今はYouTubeとテレビで棲み分けしている2人だからこそ、お互いに言いたい放題言えるのかもしれないが、二度と再会することはなさそうだ。


    https://wezz-y.com/archives/87226
    所長見解:どっちもな・・・

    【【暴露】宮迫博之さん『バイキング』降板の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫の姑息な吉本復帰画策に大崎社長〝断絶〟宣言「もう戻らんでええ」


    k


    吉本復帰を画策する宮迫博之
     
    さんまの次は紳助か! 

    一昨年に巻き起こった闇営業騒動で、吉本興業を退社した「雨上がり決死隊」宮迫博之に対し、吉本興業の大崎洋会長が週刊誌の取材に「もう戻らんでええ」と突き放したことが話題になった。

    宮迫は先日、自身のユーチューブチャンネルに、引退した島田紳助さんを電話出演させたが、こうした大御所の威光を使って吉本復帰を画策するやり方に、吉本上層部は不快感があるという――。

     
    吉本興業の大崎洋会長は、12日発売の写真週刊誌「フライデー」の取材に応じ、宮迫について聞かれた際、一刀両断に切って捨てた。

     
    宮迫は1月末にアップした、自身のユーチューブチャンネルでの動画で自身を「吉本に戻りたい人」と紹介していた。

    これについて大崎氏は「いや、もう戻らんでええと思うで。
    いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。
    辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と、明らかにイラだったコメントを残している。


    「フライデーの取材でキングコングの西野亮廣について聞かれた時、大崎さんは厳しいコメントもあったが、かなり冷静に話していた。
    でも宮迫に対しては吐き捨てるような感じ。
    もう関わりたくないというのがアリアリでしたね」(テレビ局関係者)

     
    大崎会長が不快感を示したのは理由があるとみられる。

    宮迫は今月10日にアップした動画に、引退した島田紳助さんを登場させた。

    収録中、宮迫が電話し、出演を依頼すると、紳助さんは「別にええけど」と快諾。

    この場で紳助さんは「吉本戻ったほうがええよ」「変な感じで辞めてるから、よくないわ」と話した。

     
    同テレビ局関係者は「この収録がいつ行われたか分からないけど、フライデーの直撃よりは前でしょう。
    そうなると紳助さんは、宮迫から電話があったことを大崎さんに報告しているはず。
    引退しても、紳助さんと大崎さんは固い絆で結ばれていますからね。
    それを聞いたうえでフライデーの直撃を受けたから、宮迫について聞かれた大崎さんは不快感をあらわにしたのでは」と指摘。

     
    大崎会長が激怒した理由は「吉本に復帰するのに、紳助さんの威光を利用するな、と言いたいのでしょう」(同)。

     
    吉本で現在、最も影響力を持っているのは「ダウンタウン」松本人志だ。

    特に大崎会長、岡本昭彦社長、藤原寛副社長と、吉本の上層部はいずれもダウンタウンのマネジャーを務めていたことで知られる。

     
    だが宮迫は松本を頼ることができなかった。

    闇営業問題で宮迫が謹慎中、松本と電話で話した際に、「ノーギャラだった」と主張する宮迫に対し、松本は「それはムリ。世間は信じない」と言ったものの聞き入れなかったという。

    結局、ギャラを受け取っていたことが分かり、宮迫は2019年7月に退社に至ったのは周知の通り。

    アドバイスを聞き入れない宮迫の姿勢に松本は、この問題については吉本と宮迫の間に入らないことを決めたと、テレビで話していた。

     
    吉本を退所した後、宮迫が頼ったのは大御所である明石家さんまだった。

    さんまは19年11月に、宮迫を激励するパーティーを主催したが、テレビ復帰はかなわなかった。

    さんまの個人事務所で預かるとも言われたが、結局は実現していない。


    さんまを頼っても、吉本復帰はかなわなかった宮迫。

    現在はユーチューバーとして活動しており、収入は十分にあると言われているが、自身で「吉本に復帰したい人」と紹介しているように未練があるのは間違いない。

    そこで紳助さんを頼ったのだろうが、吉本上層部は大御所を頼って復帰を画策する宮迫の姿勢にあきれているようだ。

    「そもそも反社会的勢力の闇営業に出て、最初は『ノーギャラだった』とウソをついたのが原因。
    その問題が解決してないのに、大御所に頼って復帰したいのは虫が良すぎる。
    フライデーの取材で、大崎さんが宮迫について不快感を示したのはそういうことだろう」(芸能プロ関係者)

     
    もはや復帰は絶望的な状況だ。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210218-02773023-tospoweb-000-10-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e995644991f0a5af762e5f95e166029e8d0be9e
    所長見解:もうな・・・


    【【断絶宣言】吉本興業社長「宮迫、もう戻らんでええ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【吉本興業】大崎会長、宮迫博之の復帰について 「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちYouTubeでネタにすんなって話や」

    p


    人気芸人が続々退所のなか…吉本興業・大﨑会長が直撃に語った本音


    日本最大のお笑い事務所・吉本興業もまた、コロナ禍にあって大きく揺れている。

    昨年末をもって『オリエンタルラジオ』中田敦彦(38)と藤森慎吾(37)が、1月30日には『キングコング』西野亮廣(あきひろ)(40)が退所。


    『ハリセンボン』近藤春菜(37)も専属マネジメント契約終了が明らかになるなど、人気芸人の独立が相次いでいるのだ。



    2月上旬、本誌は『ダウンタウン』元マネージャーにして現会長である大﨑洋氏(67)に直撃。

    〝吉本のドン〟が60分にわたり彼らへの思いを語った。



    ――西野さんの退所のいきさつについて伺いにきました。

    「退所発表の直前かな。
    西野君から『辞めることになりました』ってメールが来た。
    サロン以外の舞台や漫才やテレビやなんかは(今後も吉本に)お世話になりたいんですって、長文でワーって。
    何回かやり取りをして、最後に『とりあえず飲みに連れてってください』って来たんで、『ちょっと間を置いて落ち着いたら行こうか』と僕が返して終わったわ」



    ――退所後も舞台やテレビについては吉本と一緒にやりたい、と?

    「そうそう。
    内心は『そうはいけへんちゃうか』と思ったけど、『また話しよう』って送った。
    聞いた話だと、西野君は(吉本について)言いたい放題やったから。
    マネージャー個人のこともあるし、吉本という会社に対しても、役立たずみたいな考え方やから」



    ――映画業務を巡って、西野さんはマネージャーの実名を挙げてSNSで批判していました。

    「社員の士気や熱意は急速に萎(しぼ)んでいったと思う。
    僕が一番心配しているのは社員の心のケア。
    現場マネージャーが西野君を辞めさせてしまったことに責任を感じているかもわからない。だから近々に、西野君のチーフマネージャーらから僕が直接事情を聴く予定です」



    ――西野さんについては、社内での評判が悪かったという話も出ています。

    「西野君が特別評判悪いというのは聞いていない。
    芸人やからね。
    人格も大事やけど、芸を評価する。
    5年後、10年後もサロン運営で食っていけるのかという心配は少しあるけど、自分で頑張るやろ。
    今はイケイケの時期やからね」



    ――ホームページでは、西野さんの退所報告は2行。事務所としてエールを送った『オリラジ』とは温度差を感じます。

    「むしろ逆ちゃう? 
    西野君の場合は、会社と本人、それぞれ言い分はあるにせよ、結果としては双方納得したうえでの退所。
    中田君に関してはかなり前から(退所を)計画していた感じがした」



    ――計画?

    「ギャラの取り分のところで半年以上は話し合っていた。
    とくにYouTubeについて。
    僕はそんな時間をかけても無駄だから、ウチの条件を出してそれでもダメなら仕方ないと言っていた」



    ――退所やエージェント契約が増えていますが、どう思われますか。

    「辞めたいんだったら辞めたらええやん。
    どうしても残ってくれと頭下げて頼んだ覚えもないし、辞めたら仕事奪ってしまうぞと言うた覚えもない。
    社員も精いっぱいやっていて、それでも不満だったらそれはもう会社はそれ以上できん」




    寒空の中、大﨑会長は時に冗談を交えながら朗らかに取材に応じてくれていた。

    しかし、記者が『雨上がり決死隊』宮迫博之(50)の話題を振ると、明らかに様子が変わったのだった。



    ――一方で、吉本に戻りたい芸人もいるようですね。たとえば、宮迫さんはYouTubeで自分を〈吉本に戻りたい芸人〉と紹介していました。

    「いや、もう戻らんでええと思うで。
    いちいちYouTubeでネタにすんなって話や。
    辞めてまで吉本のことネタにすんなよって。
    今、十分稼げてるんやから、ややこしいことしなくてええやろ」



    ――「テレビに戻りたい」ともたびたび発信していますが。

    「テレビ局と直接やったらええやん。
    吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気をつかって降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけない」



    ――失礼しました。最後に、今後の吉本の在り方について聞かせてください。

    「コロナが終わった将来はどうなるかわからない。
    テレビもYouTubeも地方も大事にして、いかに吉本にいてよかったと思ってもらえるか。
    そこが僕らの勝負だと思う」




    コロナ禍に起きた相次ぐ人気芸人の退所騒動。

    時代の波のなかで、吉本もまた変革を迫られている。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/62865fda76658511200ae3064edff600b7be7953

    所長見解:あかんな・・・
    【【悲報】吉本興業・大崎会長、宮迫博之の復帰について語った模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之が「テレビ本格復帰宣言」頼りは明石家さんまより田村淳か


    n


    吉本から独立後も、テレビ出演を熱望する宮迫。

    明石家さんまが後見人を買って出たが…

    「オファーがあるものに関しては今後引き受けていこうと思います」


    雨上がり決死隊の宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の1周年を迎え動画で感謝を伝えた。

    宮迫は今後の動画配信スケジュールや目標などを話したが、その中で、

    「『アメトーーク!』に最初に戻るということを明言してしまっていたので、テレビ関係からいただいたオファーを『アメトーーク! が最初なので』と、すべてお断りしていましたが、僕にお声をかけていただいたものを断るのはどうなんだろう」

    と考えるようになり、今後は『アメトーーク!』以外の番組のオファーを受ける考えを示した。

    しかし、他の番組に出演しても相方である蛍原徹の横である『アメトーーク!』の出演が最終目標ということには変わりないとした。


    そもそも宮迫はすでに地上波で復帰を済ませている。

    昨年12月28日の生放送『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)で、「この人は大物だ!と思う知り合いとつながってください」というお題に対し、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳がサプライズで電話したのが宮迫だった。

    最初は戸惑いながら電話で話していたが、途中でテレビ電話に切り替え、1年半ぶりに地上波に復帰した。


    「復帰初は『アメトーーク!』ということに固執していましたが、すでにサプライズという形で、その目標は崩れています。
    宮迫さんの中で“それなら他の番組にも出てやろう”と考え直したのかもしれませんね。
    複雑な心境だとは思いますが、淳さんに感謝しているのではないでしょうか」(女性誌記者)


    そして目標を変更したことを、すでに蛍原やプロデューサーには伝えたという。

    一方、吉本興業の岡本昭彦社長の「パワハラ告発」を、勝手に開いた会見で暴露した宮迫は、吉本との関係を修復できるのかという問題は以前残っている。

    「吉本というのは“メンツ”を大切にする傾向があります。
    キングコングの西野さんもあれだけ吉本に力量を買われていたのに、結果的に会社をバッシングした瞬間に契約解除になりました。
    吉本は幹部たちの一存で重要なことを決められるトップダウンの会社です。
    公衆の面前で会社に泥を塗った宮迫さんを一切許す気はないと思いますよ」(芸能プロ関係者)


    岡本社長は後日、パワハラについて謝罪する会見をしたが、しどろもどろでさらに世間に醜態をさらす羽目となった。

    そんな中、宮迫の復帰について難航が予想されている中、難なくテレビに出演させたのが淳だった。

    「淳さんは吉本の中でも別格なんです。
    亮さんがあっさりと復帰できたのも吉本との間に入って、エージェント契約という落としどころを模索して解決したからだ、と言われている。
    亮の復帰会見も吉本が全面協力しましたからね。

    吉本は淳さんに一目置いていて、宮迫さんを復帰させたことについても面と向かって文句は言いづらいと思います。
    宮迫さんの“後見人”として明石家さんまさんが名乗りを上げましたが、いざという時に頼りになるのは淳さんの方かもしれませんね」(スポーツ紙記者)


    しかし当の淳は1日に配信したYouTubeの動画でキングコング・西野の退社について語ったが、その中で吉本に対し「マネージャーがころころ変わることは自分も納得できない」とコメント。

    淳自身も一時期吉本を退社する気でいたそうだが、亮の復帰の件で吉本に親身になって協力してもらい、“いい部分”が見えたので今は満足していると語った。


    しかし一方で、「今後、僕がやる活動に対して制限が加わったり、事務所に迷惑をかけてしまったりするなら退社するかもしれない」とも発言。

    現状に満足しつつも“場合によっては吉本を退社する”と牽制するなど、バランスをはかる淳らしさものぞかせた。


    先輩である宮迫がくすぶっているところを助けたキーマンはそんな淳だった。

    今後、淳の番組から宮迫にオファーをする可能性もゼロではないだろう。

    その時吉本はどう動くのかが注目だ…。


    ▼画像
    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210204-00000001-friday-000-2-view.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d2ab0e84a29e5ebf6d4d489d076303f46b57fb2

    所長見解:もうな・・・

    【【あの人は今】宮迫博之さん「テレビ本格復帰宣言」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ