ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    宮沢りえ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルの宮本りえが15日、ブログを更新し第1子妊娠を発表した。

    8月に出産予定。

    この発表がネット記事で取り上げられると、そのネット記事やブログにはアクセスが殺到。

    雑誌やショーなどを中心に活動する宮本の妊娠にこれほどのアクセスが集まった理由が、記事のコメント欄にあった。

    m


    宮本はブログとインスタグラムで「私事で恐縮ですが第一子を妊娠し八月に出産する予定です。
    赤ちゃんと一緒に日々を楽しんでいきたいと思います」と妊娠を報告。
    宮本は17年6月のブログで「昨年の春に出会った一般男性と入籍致しました」と結婚を報告していた。

    宮本のブログはこの発表以前は、ブログ管理会社のランキングで6087位だったが、妊娠発表で一気に26位に上昇(16日午前現在)。

    ヤフーのアクセスランキングでも一時エンタメランクで1位になるなど、大注目を集めた。


    その理由が、宮本の名前。

    ネットでは

    「宮沢りえだと思った」
    「宮沢りえと見間違えた」
    「多くの人が勘違いしているように宮沢りえさんだと思ってしまった」
    「1字違いの有名な人がいるので間違えた」
    「宮沢りえさんと思ったら宮本りえさん。おめでとうございます」

    と、女優の宮沢りえと間違えてしまったという人の書き込みであふれていた。

    それでも宮本のSNSには祝福の声も届いており、この日更新したインスタでは「皆様いいねやコメントありがとうございます。
    暖かくなってきましたが体調管理に気をつけながら、リラックスしていきたいと思います」と報告していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000037-dal-ent



    所長見解:めでたいやん・・・

    【【速報】宮本りえが妊娠したってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    底が平坦なスニーカーに、体のラインを覆い隠すほどのふんわりとしたワンピース。

    4月中旬の昼下がり、都心の老舗ホテルに隣接するショッピングモールに、こんなカジュアルな服装で現れたのは宮沢りえ(46才)だ。

    その傍らには、昨年3月に結婚したV6の森田剛(40才)の姿があった。

    手をつなぎながら時折顔を寄せ合い、仲睦まじい様子で歩いていく。

    森田がりえの肩や腕に手を回して体を“支える”ような素振りも見られた──。

    n


    「ふたりは結婚前から堂々とデートを重ねてきましたが、今も周囲の目を気にすることなくショッピングや散歩に出かけ、ラブラブな関係が続いています。
    森田さんは10才になるりえさんの娘さんのことも本当に大事にしている。
    娘さんも森田さんのことを“パパ”と呼んで懐いているそうです」(りえの知人)

    そんな幸せな新婚生活を送っているりえだが、仕事面では先頃、ちょっとした“騒動”があったという。

    「りえさんは来春公開予定の映画に出演が決まっていたのですが、この4月になって突然“降板したい”と申し出たそうです。
    作品は命の尊厳を問う社会派医療ミステリーで、共演者も大物揃いだと聞いています。
    まだ製作発表も行われていない段階ですが、りえさんは重要な役どころを演じる予定だったので、現場は困惑しているそうです」(映画関係者)

    りえの降板劇といえば、今から20年以上前にも騒動があった。

    1995年2月、当時21才だったりえは主演予定の大作映画『藏』をクランクイン直前に降板。

    さらに同年末にも、ヒロイン役だった舞台『コヨーテ』を公演6日前に降板した。

    キャスティングを巡るゴタゴタや“りえママ”の鶴の一声などがセンセーショナルに報じられ、精神面の不安定によるりえの“激ヤセ”ぶりも取り沙汰された。

    当時は関係各所に多大な損害を与え、バッシングにさらされたが、その後、時間をかけて女優としての地位をゼロから立て直していき、近年は落ち着いた演技を見せる本格派女優として活躍している。

    降板による周囲の迷惑、そこから再び信頼を勝ちとることの難しさを誰よりも知るりえが、今回、映画出演を取りやめたのには、いかなる理由があるのか。

    「降板理由は明らかにされていませんが、キャスティングなどは了承を得ているはずなので、考えられるのは体調面でしょう。
    関係者の中には“妊娠したのではないか”と言う人もいます。
    りえさんは2017年11月にも主演予定だった舞台を急遽キャンセルしている。
    森田さんとの結婚間近の時期で、この時も“妊娠説”が囁かれ、マスコミ各社は裏取りに走りましたが空振りでした」(スポーツ紙記者)
    (続きはソースをご覧下さい)


    画像①

    画像②


    https://www.news-postseven.com/archives/20190425_1360992.html 



    所長見解:いいやん・・・

    【【朗報】宮沢りえ、妊娠説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。

    にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。

    1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。

    まだ夜も明けきらぬ午前5時。

    部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に染まった床と、腕にタオルを巻いて横たわる宮沢りえの姿であった。

    取材に携わった芸能記者が当時を振り返る。

    「あのとき、りえさんは国際映画祭に出席するため京都市内のホテルに母親と宿泊していたんです。
    しかし、彼女は深夜に一人でホテルを抜け出し、別のホテルにチェックイン。
    そして、部屋にあったガラス製のコップの破片で手首を切り、自殺を図ったのです」

    お騒がせ女優の自殺未遂騒動に世間は沸騰。

    りえ側はすぐさま単なる転倒による怪我だと自殺未遂を否定したのだが、

    「実は、この日、同じホテルの8階に、りえさんと親しかった中村勘三郎さんが宿泊していた。
    二人は騒動の前夜、祇園で会っていたこともあり、妻子のあった勘三郎と痴情のもつれの末、彼女が自殺未遂に至ったと見られていました」(同)

    しかし、『勘三郎伝説』の著者でエッセイストの関容子氏によれば、「しばらく経った頃、たまたま勘三郎さんとこの話をしたことがあったんです。
    彼は“もし自分の目の前で彼女が自殺未遂をしたのであれば、僕は必ず救急車を呼ぶ。
    自己保身に走ったり、逃げるようなことは絶対にしない”と、自分があの事件に関わっていたかのような当時の報道を強く否定しておられました」

    m


    恋する乙女
     
    道ならぬ恋が理由でないとすれば、真相はどこにあるのか。

    「ステージママの意のままに“宮沢りえ”を演じることに嫌気が差したんですよ」とため息交じりに話すのはさる事情通である。

    「あの親子は何をするにも一心同体で“一卵性母子”といわれたほどでした。
    母親は、りえさんに箔を付けようと、事あるごとにパーティーを開き、各界の大物を招いて“見合い”をさせた。
    彼女も母親のお眼鏡に適う人物でなければ交際することはありませんでした」

    しかし、そんなステージママも娘に“自我”が芽生え始めていたことまでは、気づけなかった。

    「あの当時、りえさんは市川猿翁の門弟だった若き歌舞伎役者に恋をしていたんです。
    でも役者といっても、満足に役も貰えないような名もなき若手。
    大物との交際を望んでいた母親に知られれば反対されるのは目に見えていました」(同)

    もっとも、そこは母親譲りの“激情型”である。

    恋情を抑えられるはずもなく、「りえさんは母親の目を盗んでは彼に電話をしたりして、愛を育もうとしていた。
    飲み会なんかで、彼の姿を目で追う彼女の表情は、恋する乙女そのものでしたね。
    でも、あの騒動の直前、りえさんは彼の知人から、彼に恋人がいることを知らされてしまったのです」(同)

    母親の意に沿わぬ片思い。

    しかしこのとき見せた一時の気の迷いすら、彼女は大女優への糧としてみせたのである。


    ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00554925-shincho-ent


    所長見解:なぜ今更・・・

    【【衝撃の真相】宮沢りえ、自殺未遂事件のヤバ過ぎる新説がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年3月16日に、V6の森田剛との結婚を発表した女優の宮沢りえ。

    m


    最近は妊活に励んでいるとの報道があり、幸せな結婚生活を送っているようだが、これまでの恋愛は波乱万丈そのものだった。

    これまでの恋愛遍歴とともに、彼女の壮絶な半生を振り返ってみよう。


    宮沢の交際相手といえば、まず初めに思い出されるのが、今年、角界から引退した、元貴乃花親方だろう。

    対談をきっかけにつきあい始めた2人は、92年10月に婚約を発表。

    “世紀のカップル誕生”と報じられたが、わずか2か月で婚約を解消する事態になってしまった。

    貴乃花はその後、95年に当時、アナウンサーだった河野景子さんと結婚したが、今年になって離婚。

    かつては理想の夫婦と呼ばれていた貴乃花と景子さんだったが、もし宮沢りえと結婚していたら、どういう相撲人生を送っていたのだろうか?


    貴乃花との一件で心に深い傷を負った宮沢だったが、そんな彼女を救ったのが、歌舞伎俳優の故中村勘三郎(交際当時は勘九郎)だった。

    宮沢は当初、勘三郎から人生の先輩としてさまざまなアドバイスをもらっていたが、相談しているうちに恋愛関係に発展してしまったという。

    だが、勘三郎との不倫関係が発覚し、その清算を迫られた宮沢は、勘三郎が宿泊する京都のホテルで手首を切る自殺未遂騒動を起こしてしまう。

    その後、激ヤセするなど、精神的に追い込まれた宮沢は映画や舞台を相次ぎ降板。

    96年には、芸能活動を休止し、再起不能といわれた。

    しかしマネージャーだった母親と離れて、アメリカのロサンゼルスに移り、自分を見つめ直したことが転機になる。

    宮沢が独り立ちを決心すると、多くの知人が手助けしてくれたそうで、その1人が歌舞伎役者の坂東玉三郎だった。

    玉三郎はロサンゼルスから10か月ぶりに帰国した宮沢に、かつて共演した舞台『天守物語』の再演で復帰への道を用意。

    玉三郎の支えで、再び輝きを取り戻した宮沢のもとには、舞台や映画の出演オファーが数多く舞い込み、宮沢は演技派女優としてのキャリアを着実に積んでいった。


    ■森田剛との結婚を決めた感動秘話

    このように、女優として自立していった宮沢だが、恋愛面でも母親の干渉から逃れるようになったという。

    09年にハワイ在住のプロサーファーとつきあっていることを知った母親が、当時滞在していたパリから急きょ帰国して、交際に反対したものの、宮沢は母親に反発するかのように交際を続け、“できちゃった婚”をしている。

    しかし14年に母親が他界すると、その2年後には離婚してシングルマザーとなる。

    宮沢は離婚協議中から、俳優の古田新太や劇作家の赤堀雅秋らとの交際が報じられるなど、恋愛面で奔放になっていった。

    そんな中、舞台で共演した森田とゴールインしたわけだが、結婚を決意したきっかけは、宮沢の長女が森田のことを「パパ」と呼んだことだという。

    それまで「剛くん」と呼んでいた長女の変化に感激した宮沢と森田は、長い交際期間にピリオドを打ち、結婚を決めたそうだ。

    さまざまな出来事を経験し、ようやく平穏を手に入れた宮沢りえだが、森田剛との関係も良好の様子。

    末永く幸せに過ごしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1640759/

    所長見解:いろいろあるな・・・

    【【恋愛遍歴】宮沢りえの壮絶人生がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方の花田光司氏(46)が2日、日本テレビで放送された「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP」に出演。

    女優・宮沢りえ(45)との婚約について語った。

    作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんとのインタビューで明かした。

    関脇・貴花田時代の92年、りえと婚約し、2ショットで会見もしたが、翌93年1月に破局を発表した。

    t


    花田氏は寂聴さんから「はっきり覚えてますよ。りえちゃんと婚約した時ね」と直球で質問をぶつけられ、「は…はい」と少し苦笑いを浮かべ、うなずいた。

    りえと親しい寂聴さんは「今は(再婚して)幸せよ」と語ると、花田氏は笑顔を浮かべ「安心しました…それを聞くと勝手に…。実はずっと(心配していたんです)」と心の内を明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000090-dal-ent


    所長見解:寂聴・・・

    【【衝撃告白】元貴乃花親方 婚約破棄した宮沢りえ「実はずっと…」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ