宮沢りえ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「平成」が“歴史”になるにはまだ早い。

    にもかかわらず、すでに覆されようとしている“定説”もある。

    1994年(平成6年)9月24日未明に起きた宮沢りえ(45)の自殺未遂騒動をめぐり詳らかになった“新説”とは……。

    まだ夜も明けきらぬ午前5時。

    部屋に踏み込んだホテルの従業員がそこで目にしたのは、鮮血で真っ赤に染まった床と、腕にタオルを巻いて横たわる宮沢りえの姿であった。

    取材に携わった芸能記者が当時を振り返る。

    「あのとき、りえさんは国際映画祭に出席するため京都市内のホテルに母親と宿泊していたんです。
    しかし、彼女は深夜に一人でホテルを抜け出し、別のホテルにチェックイン。
    そして、部屋にあったガラス製のコップの破片で手首を切り、自殺を図ったのです」

    お騒がせ女優の自殺未遂騒動に世間は沸騰。

    りえ側はすぐさま単なる転倒による怪我だと自殺未遂を否定したのだが、

    「実は、この日、同じホテルの8階に、りえさんと親しかった中村勘三郎さんが宿泊していた。
    二人は騒動の前夜、祇園で会っていたこともあり、妻子のあった勘三郎と痴情のもつれの末、彼女が自殺未遂に至ったと見られていました」(同)

    しかし、『勘三郎伝説』の著者でエッセイストの関容子氏によれば、「しばらく経った頃、たまたま勘三郎さんとこの話をしたことがあったんです。
    彼は“もし自分の目の前で彼女が自殺未遂をしたのであれば、僕は必ず救急車を呼ぶ。
    自己保身に走ったり、逃げるようなことは絶対にしない”と、自分があの事件に関わっていたかのような当時の報道を強く否定しておられました」

    m


    恋する乙女
     
    道ならぬ恋が理由でないとすれば、真相はどこにあるのか。

    「ステージママの意のままに“宮沢りえ”を演じることに嫌気が差したんですよ」とため息交じりに話すのはさる事情通である。

    「あの親子は何をするにも一心同体で“一卵性母子”といわれたほどでした。
    母親は、りえさんに箔を付けようと、事あるごとにパーティーを開き、各界の大物を招いて“見合い”をさせた。
    彼女も母親のお眼鏡に適う人物でなければ交際することはありませんでした」

    しかし、そんなステージママも娘に“自我”が芽生え始めていたことまでは、気づけなかった。

    「あの当時、りえさんは市川猿翁の門弟だった若き歌舞伎役者に恋をしていたんです。
    でも役者といっても、満足に役も貰えないような名もなき若手。
    大物との交際を望んでいた母親に知られれば反対されるのは目に見えていました」(同)

    もっとも、そこは母親譲りの“激情型”である。

    恋情を抑えられるはずもなく、「りえさんは母親の目を盗んでは彼に電話をしたりして、愛を育もうとしていた。
    飲み会なんかで、彼の姿を目で追う彼女の表情は、恋する乙女そのものでしたね。
    でも、あの騒動の直前、りえさんは彼の知人から、彼に恋人がいることを知らされてしまったのです」(同)

    母親の意に沿わぬ片思い。

    しかしこのとき見せた一時の気の迷いすら、彼女は大女優への糧としてみせたのである。


    ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00554925-shincho-ent


    所長見解:なぜ今更・・・

    【【衝撃の真相】宮沢りえ、自殺未遂事件のヤバ過ぎる新説がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年3月16日に、V6の森田剛との結婚を発表した女優の宮沢りえ。

    m


    最近は妊活に励んでいるとの報道があり、幸せな結婚生活を送っているようだが、これまでの恋愛は波乱万丈そのものだった。

    これまでの恋愛遍歴とともに、彼女の壮絶な半生を振り返ってみよう。


    宮沢の交際相手といえば、まず初めに思い出されるのが、今年、角界から引退した、元貴乃花親方だろう。

    対談をきっかけにつきあい始めた2人は、92年10月に婚約を発表。

    “世紀のカップル誕生”と報じられたが、わずか2か月で婚約を解消する事態になってしまった。

    貴乃花はその後、95年に当時、アナウンサーだった河野景子さんと結婚したが、今年になって離婚。

    かつては理想の夫婦と呼ばれていた貴乃花と景子さんだったが、もし宮沢りえと結婚していたら、どういう相撲人生を送っていたのだろうか?


    貴乃花との一件で心に深い傷を負った宮沢だったが、そんな彼女を救ったのが、歌舞伎俳優の故中村勘三郎(交際当時は勘九郎)だった。

    宮沢は当初、勘三郎から人生の先輩としてさまざまなアドバイスをもらっていたが、相談しているうちに恋愛関係に発展してしまったという。

    だが、勘三郎との不倫関係が発覚し、その清算を迫られた宮沢は、勘三郎が宿泊する京都のホテルで手首を切る自殺未遂騒動を起こしてしまう。

    その後、激ヤセするなど、精神的に追い込まれた宮沢は映画や舞台を相次ぎ降板。

    96年には、芸能活動を休止し、再起不能といわれた。

    しかしマネージャーだった母親と離れて、アメリカのロサンゼルスに移り、自分を見つめ直したことが転機になる。

    宮沢が独り立ちを決心すると、多くの知人が手助けしてくれたそうで、その1人が歌舞伎役者の坂東玉三郎だった。

    玉三郎はロサンゼルスから10か月ぶりに帰国した宮沢に、かつて共演した舞台『天守物語』の再演で復帰への道を用意。

    玉三郎の支えで、再び輝きを取り戻した宮沢のもとには、舞台や映画の出演オファーが数多く舞い込み、宮沢は演技派女優としてのキャリアを着実に積んでいった。


    ■森田剛との結婚を決めた感動秘話

    このように、女優として自立していった宮沢だが、恋愛面でも母親の干渉から逃れるようになったという。

    09年にハワイ在住のプロサーファーとつきあっていることを知った母親が、当時滞在していたパリから急きょ帰国して、交際に反対したものの、宮沢は母親に反発するかのように交際を続け、“できちゃった婚”をしている。

    しかし14年に母親が他界すると、その2年後には離婚してシングルマザーとなる。

    宮沢は離婚協議中から、俳優の古田新太や劇作家の赤堀雅秋らとの交際が報じられるなど、恋愛面で奔放になっていった。

    そんな中、舞台で共演した森田とゴールインしたわけだが、結婚を決意したきっかけは、宮沢の長女が森田のことを「パパ」と呼んだことだという。

    それまで「剛くん」と呼んでいた長女の変化に感激した宮沢と森田は、長い交際期間にピリオドを打ち、結婚を決めたそうだ。

    さまざまな出来事を経験し、ようやく平穏を手に入れた宮沢りえだが、森田剛との関係も良好の様子。

    末永く幸せに過ごしてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1640759/

    所長見解:いろいろあるな・・・

    【【恋愛遍歴】宮沢りえの壮絶人生がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元貴乃花親方の花田光司氏(46)が2日、日本テレビで放送された「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP」に出演。

    女優・宮沢りえ(45)との婚約について語った。

    作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんとのインタビューで明かした。

    関脇・貴花田時代の92年、りえと婚約し、2ショットで会見もしたが、翌93年1月に破局を発表した。

    t


    花田氏は寂聴さんから「はっきり覚えてますよ。りえちゃんと婚約した時ね」と直球で質問をぶつけられ、「は…はい」と少し苦笑いを浮かべ、うなずいた。

    りえと親しい寂聴さんは「今は(再婚して)幸せよ」と語ると、花田氏は笑顔を浮かべ「安心しました…それを聞くと勝手に…。実はずっと(心配していたんです)」と心の内を明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000090-dal-ent


    所長見解:寂聴・・・

    【【衝撃告白】元貴乃花親方 婚約破棄した宮沢りえ「実はずっと…」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の中谷美紀が「ウィーン国立歌劇場管弦楽団」などでビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏と結婚していたことが明らかになった。

    11月27日に一部スポーツ紙が報じ、中谷は2ショット写真と直筆の手紙で結婚を報告している。

    長きにわたって独身だった中谷の40代での国際結婚が話題となる一方で、その直筆も注目を集めている。

    中谷は手紙で「互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢を重ねて参りたいと存じます」などとつづっており、まるで書家のような達筆に、インターネット上では「字までお美しい」「品の良さがにじみ出ている」と称賛の声があがっているのだ。

    フジテレビの山崎夕貴アナウンサーは『とくダネ!』で、自身が書道十段であることを明かした上で「私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆です」と感想を述べていた。

    結婚や妊娠、離婚などの際に芸能人が直筆の文章で報告することは珍しくない。

    過去には、菅野美穂や鈴木亜美が直筆メッセージを発表した際に「字がきれい」と称賛されている。

    なかでも、字のうまい女優の筆頭に挙げられるのが井上真央だ。

    ファン向けの手紙などでの美しい文字が過去にもたびたび話題となっており、主演を務めたNHK連続テレビ小説『おひさま』ではドラマ内で直筆の手紙が使われたという。

    綾瀬はるかも、主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の中で習字を披露した際に「うますぎる」と話題になったことがある。

    一方で、逆の意味で注目を集めてしまった芸能人も少なくない。

    宮沢りえは、16年3月に離婚を発表した際、ファックスの直筆署名が独特で「何かのロゴみたい」「まるでギャル文字」「40過ぎてこれはイタい」などと衝撃を受ける人が続出した。

    ただ、18年3月にV6の森田剛との結婚を発表した際にも同様に署名入りのファックスで報告したが、「字がうまくなった」「美文字になっていて別人レベル」という声があがっていた。

    沢尻エリカは、テレビ番組で過去の履歴書が公開された際に「字が汚すぎる」と波紋を呼んだ。

    s


    http://dailynewsonline.jp/article/1590511/


    所長見解:ひどすぎはね・・・

    【【これはひどい】字が汚すぎて大恥をかいた芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《宮沢りえ、ほくろ消えたな》

    いま、SNS上で宮沢りえのほくろがなくなったことが話題になっている。

    「宮沢さんはデビュー当初から、鼻の右横にはっきりとしたほくろがあります。
    彼女の顔を思い出す際に、このほくろをイメージする人も多いでしょう。
    でも、ここ数か月の間で突如として消えたので、“手術して取ったのでは?”と噂になっていたんですよ」(芸能プロ関係者)

    宮沢は'84年にモデルとしてデビューして以来、数多くのドラマや映画、舞台に出演しており、いまや彼女の名を知らない人はいないだろう。
    プライベートでも、今年3月16日にV6の森田剛と結婚したことで話題を集めた。

    そんな彼女の“トレードマーク”は、いったいいつから消えたのだろうか。

    no title


    別人かと思うくらい

    「結婚発表の2日後に行われた『伊右衛門』のCM発表会見に出席したときには、ほくろはまだありました。
    6月1日に発売した雑誌『家庭画報』のインタビューでも、はっきりと写っています。
    4月ごろまでは確かにあったんですよ」(同・芸能プロ関係者)

    しかし、9月4日に放送が始まった『ポッキー』の新しいCMが流れると、宮沢の顔の変化に気づく人が続出する。

    「りえさんの顔を見てビックリ! ほくろがいつの間にかなくなっていたんですよ。
    一瞬、別人かと思うくらい受ける印象が違いましたね」(CMを見た50代女性)

    ということは、5月から8月の間で取ったことになる。
    一般的に切除手術はどのように行われるのか。

    東京警察病院形成外科の澤田彰史氏に聞いてみると、

    「レーザーや光治療器で目立たなくする方法と、切除する方法があります。
    切除する場合は保険がきくことが多く1万~2万円前後ですみます。
    時間にして30分程度。
    レーザーや光治療器の場合は、保険がきかないことが多いので、値段は医療施設によってまちまちですが、照射は数分で終わることが多いです」

    ほとんどのほくろは良性のため、放置しても問題ないが、紫外線を浴びることで年々大きくなるという。

    「ほくろが大きいと、そのぶん年齢を重ねている証拠とも言えます。
    宮沢さんと同年代の方だと、徐々に大きくなるほくろを邪魔に感じたり、万が一、悪性だったら困るので手術するケースが多いですね」(澤田氏)

    宮沢は今年結婚したが、結婚も手術を決めるひとつの要因になる。

    「男女問わず、披露宴や写真撮影に備えて、シミやほくろを減らしておきたいと考える方は多いですね」(澤田氏)

    所属事務所に問い合わせたところ、

    「ほくろを取ったことは把握していますが、それ以上、お答えすることはありません」

    “トレードマーク”がなくなったのはちょっと寂しいけど、彼女の華麗な演技はこれからも変わらないはず!

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00013735-jprime-ent


    所長見解:ほんまやね・・・

    【【顔面変化】宮沢りえさん、改造完了の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ