宮沢りえ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    最優秀主演女優賞を韓国人女優のシム・ウンギョン(25才)が射止め、本家のアカデミー賞さながらのグローバリズムが注目を浴び、幕を下ろした今年の日本アカデミー賞。

    「関係者の間でそれ以上の“注目”を集めたのは、ある大女優2人の7年ぶりの邂逅でした」(芸能関係者)

     
    天海祐希(52才)と宮沢りえ(46才)の“共演”が、関係者の間で驚きを呼んでいる。

    天海は『最高の人生の見つけ方』で最優秀助演女優賞に、宮沢は『人間失格 太宰治と3人の女たち』で最優秀主演女優賞にノミネート。

    受賞パーティーで2人は、『最高の~』で主演を務めた吉永小百合(74才)を挟んで座り、円卓を囲んでいた。

    n


    実は、2人の間にはある“気まずい関係”が囁かれていた。

    「2013年の舞台『おのれナポレオン』の上演期間中、主演を務めていた天海さんが公演を残したまま心筋梗塞で入院し、代役に抜擢されたのが宮沢さんでした。

    宮沢さんは急な指名でわずか2日半の稽古しかできなかったにもかかわらず、ノーミス演技で代役を務め上げ、喝采を浴びました。
    一方、宝塚出身で舞台にかける思いの強い天海さんは、1か月以上前から体力作りに励んで臨んでいた。
    それだけに、2日半で観客の期待に応えた宮沢さんの活躍に、複雑な思いを抱いていたのではないかといわれたのです。
    一部では“天海さんが宮沢さんに闘志を燃やしている”とも囁かれました」(舞台関係者)

     
    その後、2人の大女優の共演は見られず、ようやく顔を合わせたのが今回の日本アカデミー賞の晴れ舞台だった。

    「そんな関係を噂された2人が“隣の隣”に座っているのだから、周囲の関係者には緊迫ムードが漂っていたそうです。
    よりによってどうしてその2人が同じ卓に…周囲は気まずい思いで見つめていたとか」(別の舞台関係者)

     
    しかし、心配をしているのはあくまで周囲の人々。

    本人たちの関係は至って良好だという。

    「天海さんは当時、舞台で代役を務めた宮沢さんに、楽屋で改めて感謝の気持ちを伝えたそう。
    いまではむしろ、互いを認め合うよい関係だそうですよ」(前出・芸能関係者)

     
    受賞パーティーの中継では、テレビ画面に2人のツーショットが映ることはなかった。

    しかし、カメラには映らないところで、2人は久しぶりの再会を喜び合っていたのかもしれない。


    ※女性セブン2020年3月26日・4月2日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200316-00000007-pseven-ent

    所長見解:どないやねん・・・

    【【不仲説】天海祐希 VS 宮沢りえ ←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    フリーアナウンサーの田中みな実(33歳)が、3月9日に放送されたバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演。

    番組内で宮沢りえ「Santa Fe」、菅野美穂「NUDITY」に続く歴代女性写真集発行部数3位であることが発表された。


    番組の中で、田中は爆売れ写真集「Sincerely yours...」を支えたランジェリーデザイナーのイェガー千代乃・アンさんと、宝島社のエディターである小寺智子さんを訪問。

    そこで田中の写真集は、宮沢りえ「Santa Fe」、菅野美穂「NUDITY」に続く歴代女性写真集発行部数3位であることが発表された。

    また、小寺さんは、田中の写真集にあまり修正を入れず、田中の年齢相応の美しさを見せるためリアリティーを追求する一方で、「下乳(写真)どうしてもやりたいです!偽りのある胸だとできないので。本当に大きい人」と田中の良さを引き出したと語った。


    no title


    https://www.narinari.com/Nd/20200358816.html

    所長見解:売れたな・・・

    【【これはすごい】田中みな実の写真集、宮沢りえ・菅野美穂に続く歴代3位ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    貴乃花と宮沢りえの婚約会見 

    盛大な祝砲から一転、スピード破談の事実は、世紀の婚約と同等以上の衝撃をもって世を駆け巡った。

    一国の宰相である宮澤喜一首相までが記者団からコメントを求められ、「そうですか。残念ですな」と、感想を述べている。

    貴乃花が全てを飲み込み、自分が悪者になることを覚悟の上で発したであろう「愛情がなくなった」の言葉も、方々で物議を醸した。

    今までになかったバッシング報道が追い討ちをかける。

    「あの時はそう(発言)するしかありませんでした。
    お互いが自分の進むべき道にレールを戻すためには。
    テレビや新聞、雑誌は一切見ませんでしたし、周囲の騒ぎをよそに、自分の本分を取り戻さなければ、と思っていました」

    貴乃花は2005年、師匠であり父の満氏が逝去した際、「週刊文春」に寄せた独占告白の中で次のように証言していた。

    〈マスコミは折に触れて私とりえさんのことを掘り返しますが、私はともかく、彼女に対してあまりにも失礼だと思います。
    お互い、幼き時代に踏ん切りをつけて別れ、いまはそれぞれの人生を歩んでいるわけですから。
    彼女は女優という立派な道を歩んでいます。
    あの件はお互いの胸にしまってあるもの。
    他人に触れられたくありません〉(2005年6月16日号)


    「二人が名もない花だったら……」

    破局に至る背景には、様々な要因が折り重なっていたことだろう。

    ひとつ言えるとすれば、純粋に惹かれ合った若い二人は、結婚というステップを前に、初めてそれぞれが背負っている宿命の大きさを突きつけられたのだ。

     
    宮沢にとって封建的な力士の世界に嫁ぐことは、ただちに将来のおかみ修業を意味した。

    ゆえに芸能界引退は規定路線だった。

    ましてや、相手の貴花田は相撲界の未来を担う宝だ。

    宮沢もその覚悟を決めているはずだった。

    しかし、その頃の宮沢は、仕事が途切れることのない人気真っ盛りの時期。

    宮沢の活動方針を巡る両家の認識の差が、ボタンの掛け違いを生じさせ、やがて親同士の間に溝を作っていく。

    貴乃花にとって両親とは、親以上に絶対的な存在の師匠とおかみ。

    一方の宮沢にしても、女手一つで育ててくれた「りえママ」こと母親の光子さん(故人)は、個人事務所代表でもある。

    宮沢をスターダムに押し上げたのは、“一卵性母子”とさえ呼ばれた、この母娘の強固な絆あってこそだった。

    当事者と両家の話し合いが煮詰まっていないまま婚約がスクープされ、世の祝福ムードがエスカレートしていく裏で、若い二人の恋は、大人の事情に翻弄されながら磨耗していったのだ。

    その果て、残されたのは無情な選択肢だけだった。


    宮沢が再婚して幸せに暮らしている事実を知り、長年連れ添った景子元夫人とも離婚してそれぞれの人生を歩み始めた今─。

    貴乃花は言葉を選びながら、宮沢との過去をこう吐露する。

    「お互い、子供ながらに、大人の世界の会話をしなければならなかったのは、一つの苦しみを覚える経験でした。
    それぞれ進むべき道が違い過ぎたわけですが、背負っているものはとても似ていました。
    ともに一家の柱になるべくして生まれてきて、10代からひたすらにその道を歩んできた。
    お互いがその喜びも孤独も理解できますし、似たような境遇に共鳴、共感したところがありました。
    でも、もし(宮沢が芸能界を引退して)職を捨てることになれば、その生き方ができなくなるわけです。
    ともに親から生まれてきた身です。
    二人が名もない花だったら、それぞれの本意を大切にして、花を咲かせることができたのかもしれませんけどね……」


    長い年月を経たからこそ口にできる、精一杯の告白だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17323792/


    no title

    所長見解:あったね・・・
    【【衝撃告白】貴乃花「宮沢りえとの破局」と「兄・若乃花との対決」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデルの宮本りえが15日、ブログを更新し第1子妊娠を発表した。

    8月に出産予定。

    この発表がネット記事で取り上げられると、そのネット記事やブログにはアクセスが殺到。

    雑誌やショーなどを中心に活動する宮本の妊娠にこれほどのアクセスが集まった理由が、記事のコメント欄にあった。

    m


    宮本はブログとインスタグラムで「私事で恐縮ですが第一子を妊娠し八月に出産する予定です。
    赤ちゃんと一緒に日々を楽しんでいきたいと思います」と妊娠を報告。
    宮本は17年6月のブログで「昨年の春に出会った一般男性と入籍致しました」と結婚を報告していた。

    宮本のブログはこの発表以前は、ブログ管理会社のランキングで6087位だったが、妊娠発表で一気に26位に上昇(16日午前現在)。

    ヤフーのアクセスランキングでも一時エンタメランクで1位になるなど、大注目を集めた。


    その理由が、宮本の名前。

    ネットでは

    「宮沢りえだと思った」
    「宮沢りえと見間違えた」
    「多くの人が勘違いしているように宮沢りえさんだと思ってしまった」
    「1字違いの有名な人がいるので間違えた」
    「宮沢りえさんと思ったら宮本りえさん。おめでとうございます」

    と、女優の宮沢りえと間違えてしまったという人の書き込みであふれていた。

    それでも宮本のSNSには祝福の声も届いており、この日更新したインスタでは「皆様いいねやコメントありがとうございます。
    暖かくなってきましたが体調管理に気をつけながら、リラックスしていきたいと思います」と報告していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000037-dal-ent



    所長見解:めでたいやん・・・

    【【速報】宮本りえが妊娠したってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    底が平坦なスニーカーに、体のラインを覆い隠すほどのふんわりとしたワンピース。

    4月中旬の昼下がり、都心の老舗ホテルに隣接するショッピングモールに、こんなカジュアルな服装で現れたのは宮沢りえ(46才)だ。

    その傍らには、昨年3月に結婚したV6の森田剛(40才)の姿があった。

    手をつなぎながら時折顔を寄せ合い、仲睦まじい様子で歩いていく。

    森田がりえの肩や腕に手を回して体を“支える”ような素振りも見られた──。

    n


    「ふたりは結婚前から堂々とデートを重ねてきましたが、今も周囲の目を気にすることなくショッピングや散歩に出かけ、ラブラブな関係が続いています。
    森田さんは10才になるりえさんの娘さんのことも本当に大事にしている。
    娘さんも森田さんのことを“パパ”と呼んで懐いているそうです」(りえの知人)

    そんな幸せな新婚生活を送っているりえだが、仕事面では先頃、ちょっとした“騒動”があったという。

    「りえさんは来春公開予定の映画に出演が決まっていたのですが、この4月になって突然“降板したい”と申し出たそうです。
    作品は命の尊厳を問う社会派医療ミステリーで、共演者も大物揃いだと聞いています。
    まだ製作発表も行われていない段階ですが、りえさんは重要な役どころを演じる予定だったので、現場は困惑しているそうです」(映画関係者)

    りえの降板劇といえば、今から20年以上前にも騒動があった。

    1995年2月、当時21才だったりえは主演予定の大作映画『藏』をクランクイン直前に降板。

    さらに同年末にも、ヒロイン役だった舞台『コヨーテ』を公演6日前に降板した。

    キャスティングを巡るゴタゴタや“りえママ”の鶴の一声などがセンセーショナルに報じられ、精神面の不安定によるりえの“激ヤセ”ぶりも取り沙汰された。

    当時は関係各所に多大な損害を与え、バッシングにさらされたが、その後、時間をかけて女優としての地位をゼロから立て直していき、近年は落ち着いた演技を見せる本格派女優として活躍している。

    降板による周囲の迷惑、そこから再び信頼を勝ちとることの難しさを誰よりも知るりえが、今回、映画出演を取りやめたのには、いかなる理由があるのか。

    「降板理由は明らかにされていませんが、キャスティングなどは了承を得ているはずなので、考えられるのは体調面でしょう。
    関係者の中には“妊娠したのではないか”と言う人もいます。
    りえさんは2017年11月にも主演予定だった舞台を急遽キャンセルしている。
    森田さんとの結婚間近の時期で、この時も“妊娠説”が囁かれ、マスコミ各社は裏取りに走りましたが空振りでした」(スポーツ紙記者)
    (続きはソースをご覧下さい)


    画像①

    画像②


    https://www.news-postseven.com/archives/20190425_1360992.html 



    所長見解:いいやん・・・

    【【朗報】宮沢りえ、妊娠説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ