宮沢りえ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の中谷美紀が「ウィーン国立歌劇場管弦楽団」などでビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏と結婚していたことが明らかになった。

    11月27日に一部スポーツ紙が報じ、中谷は2ショット写真と直筆の手紙で結婚を報告している。

    長きにわたって独身だった中谷の40代での国際結婚が話題となる一方で、その直筆も注目を集めている。

    中谷は手紙で「互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢を重ねて参りたいと存じます」などとつづっており、まるで書家のような達筆に、インターネット上では「字までお美しい」「品の良さがにじみ出ている」と称賛の声があがっているのだ。

    フジテレビの山崎夕貴アナウンサーは『とくダネ!』で、自身が書道十段であることを明かした上で「私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆です」と感想を述べていた。

    結婚や妊娠、離婚などの際に芸能人が直筆の文章で報告することは珍しくない。

    過去には、菅野美穂や鈴木亜美が直筆メッセージを発表した際に「字がきれい」と称賛されている。

    なかでも、字のうまい女優の筆頭に挙げられるのが井上真央だ。

    ファン向けの手紙などでの美しい文字が過去にもたびたび話題となっており、主演を務めたNHK連続テレビ小説『おひさま』ではドラマ内で直筆の手紙が使われたという。

    綾瀬はるかも、主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の中で習字を披露した際に「うますぎる」と話題になったことがある。

    一方で、逆の意味で注目を集めてしまった芸能人も少なくない。

    宮沢りえは、16年3月に離婚を発表した際、ファックスの直筆署名が独特で「何かのロゴみたい」「まるでギャル文字」「40過ぎてこれはイタい」などと衝撃を受ける人が続出した。

    ただ、18年3月にV6の森田剛との結婚を発表した際にも同様に署名入りのファックスで報告したが、「字がうまくなった」「美文字になっていて別人レベル」という声があがっていた。

    沢尻エリカは、テレビ番組で過去の履歴書が公開された際に「字が汚すぎる」と波紋を呼んだ。

    s


    http://dailynewsonline.jp/article/1590511/


    所長見解:ひどすぎはね・・・

    【【これはひどい】字が汚すぎて大恥をかいた芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《宮沢りえ、ほくろ消えたな》

    いま、SNS上で宮沢りえのほくろがなくなったことが話題になっている。

    「宮沢さんはデビュー当初から、鼻の右横にはっきりとしたほくろがあります。
    彼女の顔を思い出す際に、このほくろをイメージする人も多いでしょう。
    でも、ここ数か月の間で突如として消えたので、“手術して取ったのでは?”と噂になっていたんですよ」(芸能プロ関係者)

    宮沢は'84年にモデルとしてデビューして以来、数多くのドラマや映画、舞台に出演しており、いまや彼女の名を知らない人はいないだろう。
    プライベートでも、今年3月16日にV6の森田剛と結婚したことで話題を集めた。

    そんな彼女の“トレードマーク”は、いったいいつから消えたのだろうか。

    no title


    別人かと思うくらい

    「結婚発表の2日後に行われた『伊右衛門』のCM発表会見に出席したときには、ほくろはまだありました。
    6月1日に発売した雑誌『家庭画報』のインタビューでも、はっきりと写っています。
    4月ごろまでは確かにあったんですよ」(同・芸能プロ関係者)

    しかし、9月4日に放送が始まった『ポッキー』の新しいCMが流れると、宮沢の顔の変化に気づく人が続出する。

    「りえさんの顔を見てビックリ! ほくろがいつの間にかなくなっていたんですよ。
    一瞬、別人かと思うくらい受ける印象が違いましたね」(CMを見た50代女性)

    ということは、5月から8月の間で取ったことになる。
    一般的に切除手術はどのように行われるのか。

    東京警察病院形成外科の澤田彰史氏に聞いてみると、

    「レーザーや光治療器で目立たなくする方法と、切除する方法があります。
    切除する場合は保険がきくことが多く1万~2万円前後ですみます。
    時間にして30分程度。
    レーザーや光治療器の場合は、保険がきかないことが多いので、値段は医療施設によってまちまちですが、照射は数分で終わることが多いです」

    ほとんどのほくろは良性のため、放置しても問題ないが、紫外線を浴びることで年々大きくなるという。

    「ほくろが大きいと、そのぶん年齢を重ねている証拠とも言えます。
    宮沢さんと同年代の方だと、徐々に大きくなるほくろを邪魔に感じたり、万が一、悪性だったら困るので手術するケースが多いですね」(澤田氏)

    宮沢は今年結婚したが、結婚も手術を決めるひとつの要因になる。

    「男女問わず、披露宴や写真撮影に備えて、シミやほくろを減らしておきたいと考える方は多いですね」(澤田氏)

    所属事務所に問い合わせたところ、

    「ほくろを取ったことは把握していますが、それ以上、お答えすることはありません」

    “トレードマーク”がなくなったのはちょっと寂しいけど、彼女の華麗な演技はこれからも変わらないはず!

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00013735-jprime-ent


    所長見解:ほんまやね・・・

    【【顔面変化】宮沢りえさん、改造完了の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    欧米系からアジア系へ

    日本におけるハーフタレントの歴史を考えれば、E・H・エリック(1929~2000)、岡田眞澄(1935~2006)の兄弟を草分けと挙げられるだろう。
    両親のうち父親が日本人、母親がデンマーク人だった。

    その後も日本の芸能界ではハーフの俳優、歌手、タレントが活躍を続けた。
    父親がアメリカ人の草刈正雄(66)やアン・ルイス(62)。
    母親がアメリカ人の梅宮アンナ(46)、ジョン・カビラ(59)と川平慈英(56)の兄弟――。

    父親がヨーロッパ系の芸能人なら、宮沢りえ(45)はオランダ人、滝川クリステル(41)はフランス人、ホラン千秋(30)はアイルランド人、となる。
    沢尻エリカ(32)はフランス人の母親を持つ。

    このように、大半は父親か母親のどちらかが欧米人。
    日本人の白人コンプレックスが大きな影響を及ぼしていたことは言うまでもない。

    h


    その傾向は今も続いている。
    例えば、トリンドル玲奈(26)の父親はオーストリア人、マギー(26)は父親がカナダ人、という具合だ。
    しかし最近、“非欧米系”のハーフタレントも目立ってきている。

    中でも最大の人気を誇るのはローラ(28)だろう。
    キャラクターが苦手な人でも、その美貌は誰もが認めるところだ。
    そして彼女の容姿は、母親がロシア人のクォーターという側面より、父親がバングラデシュ人というインパクトの方が強い。

    美人でキュート、なおかつトーク力が高いのが特徴

    ご存知の方も多いだろうが、バングラデシュは南アジアに位置する。
    隣国のインドやミャンマーと並んで世界クラスの美人国として知られている。
    同じ美人国とされるロシアも加わって、日本人離れした、くっきりとした目鼻立ちが、ローラの魅力だ。
    しかし、どこかアジア的で優しい表情なのは、バングラデシュ=日本というアジアのDNAが流れているからだろう。

    そして同じ理由から、近年の芸能界はフィリピン系ハーフのモデルやタレントが芸能界を席巻している。
    民放キー局でバラエティ番組の制作担当者が指摘する。

    「日本人なら誰でも、『フィリピン人の美人』と聞けば、ある種のイメージが浮かぶはずです。
    我々からするとエキゾチックだけど、お高くとまった印象は与えない。
    美人なのにキュート。
    何よりも陽性の魅力に満ち、キャラが明るいんですね」

    年齢別に表を作って見たが、現在、その筆頭格として活躍中なのが高橋メアリージュン(30)だという。
    秋元才加(30)と並んで、彼女たちがフロントランナーと考えて間違いないだろう。

    「高橋メアリージュンさんと秋元才加さんの魅力で特筆すべきは、そのトーク力ですね。
    お二人とも魅力的ですから、モデル、女優という本業をしっかりこなしつつ、話がしっかりしていて面白いのでバラエティでもいけるんですね。
    フィリピンの方のサービス精神は世界的に有名だそうで、彼女たちを見ていると、さもありなんという気になります」(同・番組制作担当者)

    例えば高橋メアリージュンの出演記録を見てみると、2004年にモデルとしてデビューすると、2010年ごろまではバラエティ番組で存在感を発揮していることが分かる。
    そして2015年ころから女優にも挑戦し、今も順調に演技の仕事に臨んでいる。
    秋元才加と並び、何でも器用にこなしてしまうタイプのようだ。

    興味深いことに高橋メアリージュンを筆頭とする“高橋ファミリー”を見てみると、スポーツ界でもフィリピン人ハーフが活躍していることが分かる。
    例えば高橋メアリージュンの弟、高橋祐治(25)はJリーガーなのだ。
    現在はサガン鳥栖に所属している。

    また妹の高橋ユウ(27)はモデル・女優として活躍しているが、夫はキックボクサーの卜部弘嵩(29)。
    その弟も同じキックボクサーの卜部功也(28)で、兄弟の母親がフィリピン人だ。
     

    http://news.livedoor.com/article/detail/15518452/
    デイリー新潮


    所長見解:多いね・・・

    【【芸能界】フィリピン系ハーフ芸能人の一番人気がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年3月に宮沢りえ(45)とV6の森田剛(39)が電撃入籍してから間もなく半年。
    宮沢は森田との再婚が本当にうれしかったのか、幸せそうな日々を過ごしている。

    今月上旬には宮沢の9歳の長女とともに親子3人で、渋谷区にある自宅マンション周りを、おそろいの自転車でサイクリングを楽しむ姿が目撃された。

    宮沢の自宅周辺は、都心にもかかわらず緑豊かで、近くには西郷山公園、菅刈公園、少し足を延ばせば代々木公園と、ファミリーでサイクリングを楽しむには最適の環境といってもいいだろう。

    入籍直後には、森田は宮沢のリクエストだという英国製のブルーメタリックのオープンカーを購入。
    家族3人で江の島まで足を延ばし、家族水入らずの生活を謳歌した。

    こうした宮沢の“はじけっぷり”を芸能マスコミが見逃すはずもなく、“ネタ枯れ”の時はカメラマンを宮沢の自宅周辺に派遣するのが通例となっている。
    宮沢ファミリーからも、マスコミを煙たがっている様子はそれほど伝わってこない。

    ところが、マスコミの“宮沢詣で”にいい顔をしていないのが、宮沢ファミリーと同じマンションに住む福山雅治(49)ファミリー。
    中でも夫人の吹石一恵(35)は嫌悪感を示しているようで、宮沢と“冷戦”が始まりつつあるといっても過言ではない。
    理由は簡単だ。

    吹石は家政婦を雇わず、週に2回ほど六本木まで買い物に出掛ける。
    お目当てはミッドタウン内にある高級スーパーの「プレッセ」。
    極端な話、吹石はここでしか食材を買わない。
    1歳半になる第1子を抱え、買い出しをすることが今の吹石にとって何よりも楽しみなのだという。

    f


    ここで理解しなくてはならないのは、ノーガード状態の宮沢と違い、吹石は自らの姿を撮られるのはもちろん、第1子の近影が撮られることを激しく嫌がっていることだ。
    ところが、福山ファミリーには、宮沢ファミリーに巻き込まれる形で私生活が明かされる懸念が浮上している。
    吹石のささやかな幸せに“破綻”の影が忍び寄っているわけだ。

    余談だが、今から2年前にはこのマンションのコンシェルジュが、福山に無断で部屋に侵入して逮捕される事件も起きた。

    最近は福山ファミリーのだんらんの席で、宮沢ファミリーのことが話題に上ることが増えているそうだ。
    さすがに、吹石から宮沢に「このマンションから出ていってほしいの……」と切り出せるとは思えないが、一家で真剣に対応を考えているようだ。
    福山ファミリーがマンションから転居するのは時間の問題かもしれない。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/236212/3


    所長見解:まだ住んでいるんだ・・・

    【【ご近所トラブル】 宮沢りえ vs 吹石一恵、冷戦勃発の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オフィス街の反射光がまぶしいまでに快晴だった、7月上旬の午前10時過ぎ。
    都内の有名産婦人科があるテナントビルの裏口に、ひと目を気にしながら入っていく、宮沢りえ(45)の姿があった。
    1時間半ほどして建物内から出てくると、マネージャーらしき男性に守られながら駐車場に停めてあった車に乗り込んだ――。

    no title


    「この病院では従来の体外受精に加えて、不妊症に悩む女性たちのために最先端の生殖補助医療を提供。
    具体的には“卵子の若返り”をテーマにしたものなど、さまざまな不妊治療が受けられます」(不妊治療に詳しい医療関係者)

    りえといえば今年3月、V6の森田剛(39)と再婚。
    あれから4カ月たった今、2人は“本気妊活”に挑んでいるという。

    「結婚当初から『いつか2人の子どもが欲しいね』と夫婦で話し合っていたそうです。
    妊活に専念するために、りえさんは仕事をセーブ。
    年内も舞台や映画などの仕事は入っていません」(りえに近い仕事関係者)

    最先端の医療に、周囲の厚いサポート。
    とはいえ現在45歳のりえにとって、妊娠・出産はたやすいことではないだろう。

    成城松村クリニックの松村圭子院長は、40代からの妊活ついてこう解説する。

    「タイミング法や人工授精といった比較的安価な治療もありますが、40代以降の不妊治療は、ほとんど体外受精か顕微授精です。
    不妊治療の助成金には、開始年齢が43歳未満までという年齢制限が設けられています。
    やはり、それ以上の年齢だと出産に至る可能性が著しく低くなるからです。
    もちろんケースバイケースですが、50回の体外受精で1回くらいの確率になってきます」

    年齢と比例して過酷さも増していく妊活。
    そのプレッシャーは、りえにも重くのしかかっていた。

    「妊活を始めた当初は、なかなか思うように進まなくて、りえさんは精神的に不安定になってしまうこともありました。
    あまりのつらさに、親しい友人に泣きながら電話したこともあったそうです」(りえの知人)

    そこまでして、りえはなぜ森田との子どもにこだわるのか。

    「りえさんは、前夫との間に生まれた長女(9)を我が子同然に可愛がってくれる森田さんの姿を見て、妊活を始めたそうです。
    というのも、連れ子と実子がいたら“自分の子を可愛がるのでは”と思い込んでしまいますよね。
    彼女は母親として、それだけは避けたかったのだと思います。
    でも、りえさんの心配は杞憂でした。
    娘さんも森田さんを“パパ”と呼んでなついているそうですから。
    これなら森田さんの子どもが出来ても安心だと、決心がついたのでしょう」(前出・知人)

    一時は後ろ向きになっていたりえも、最近では明るく前向きになってきたのだという。

    「実は、今回りえさんが通っている病院と長女を出産した際のかかりつけ病院が同じ系列なんです。
    『愛娘を授かった病院で、またもう一度!』と、りえさんは妊娠・出産への気持ちを高めていたそうですよ」(前出・知人)

    剛くんとの赤ちゃんが欲しい!
    そんな思いを抱きながら産婦人科から出てきた彼女の横顔は、“恋多き大女優”ではなく、家族愛を求める“1人の女性”だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00010000-jisin-ent


    所長見解:そっとしてやれ・・・

    【【妊活中】宮沢りえ 産婦人科に極秘通院の結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ