宮川大輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今回の騒動で、いちばんの“被害者”は宮川さんですよ。

    彼は祭り企画への思い入れが非常に強く『今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげだ』と思っていました。

    番組を信じて頑張ってきただけに『裏切られた』という思いが強いようです」(事務所関係者)


    2週連続で『週刊文春』が報じた、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑。

    宮川大輔(46)の担当する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうち今年5月の橋祭りと17年2月のカリフラワー祭りがデッチ上げだったと報じている。

    報道を受け、日本テレビの高橋好男社長が11月15日に謝罪会見を開き、企画の休止を発表。

    同企画のあった番組の平均視聴率は20%前後と高く、番組史上最高視聴率を獲得したのも同企画。

    そんな人気企画だけに、番組もとくに力を入れていたようだ。

    q


    「プライム枠でも1,000万~2,000万円が相場となっている、緊縮予算のご時世。

    そんななか、『イッテQ!』の予算は異例の5,000万円といわれています。

    いっぽうで出演者のギャラは比較的安かった。

    出演交渉をする際も『うちは視聴率20%なんだよ』と、高視聴率を笠に着ていたそうです。

    そうした横柄な態度が、今回の不祥事を招いたのではないでしょうか」(前出・事務所関係者)


    そんな番組の姿勢に、かねてから宮川は疑問を感じていたという。

    「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。

    ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、漏らしていたといいます。

    さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。

    その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)


    あまりにも不自然すぎる光景。

    堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

    「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。

    この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。

    宮川さんは半信半疑の状態で『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。

    とはいえスタッフとは11年もの付き合い。

    『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前出・番組関係者)


    やらせ発覚直後の11月11日放送回の視聴率は16.6%。過去4週で最低だった。

    「不祥事が起こると注目が集まり視聴率は維持できるかもしれませんが、一時的なもの。

    これからは一気に番組離れが進んでいくでしょう。

    いま日テレがもっとも恐れているのは、やらせ疑惑がほかの企画にも波及してしまうこと。

    最悪、番組が打ち切りになってしまう可能性もあり、そうなれば、何10億円もの損失が出てしまう。

    そうならないために、日テレは祭り企画を休止して早々に“火消し”をしようと必死なんです」(テレビ局関係者)

    気になるのは宮川の今後だが、ネット上には視聴者からの同情の声が殺到している。

    冠企画がなくなったことで、宮川の降板も心配されているが――。

    「当初、宮川さんは祭り企画への強い思い入れから、『この企画がなくなるなら、番組を降ります!』とスタッフに伝えたそうです。

    でも、実際になくなってしまったいま、宮川さんは『お世話になった番組のためにどうにかしなければ』と考え直したと聞きました」(前出・番組関係者)

    宮川の「アカーン」という的を射たツッコミを、封印してしまった日テレの罪は重い。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1685815/ 


    所長見解:しってたよね・・・

    【【ヤラセQ】宮川大輔「これ、祭りちゃうやん!?」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビのバラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で、15日発売の「週刊文春」が新たな祭りのでっち上げ疑惑を報じた。

    同局関係者によると、番組の祭り企画にメインで出演している宮川大輔(46)は精神的に参っているという。

    m


    同番組の「祭り企画」でっち上げ疑惑。

    8日に同誌が伝えたラオスの「橋祭り」(5月20日放送)に続き、今回はタイの「カリフラワー祭り」(昨年2月12日放送)で同様の疑惑が浮上していると伝えられた。

    こうした事態を受け、日テレは14日に「やらせとの認識はない」とした上で「番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案」するなどしたケースがあったことなどを明かし「今回のような事態を招きましたことを、おわび申し上げます」と謝罪した。

    一方、番組は月1回ペースで放送してきた祭り企画の休止の検討に入った。

    同局関係者によると、13日に行われた同番組の収録で出演者に対して制作側が事情を説明。

    祭り企画にメインで出演している宮川については「制作スタッフに“最初からちゃんと説明すべきだったのでは”と訴えたようです。かなり精神的に参っている。大切にしていた番組ですし、命懸けでやってきた企画ですから」と振り返った。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15599614/


    所長見解:これもやらせ・・・

    【【イッテQやらせ問題】宮川大輔「かなり精神的に参っている」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    激震は止まらない。
    日本テレビ系の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のラオスロケで発覚した“やらせ疑惑”をめぐり、メーンMCのお笑いタレント、内村光良(54)が激高しているというのだ。
    このままだと、番組降板どころか、日テレと絶縁すらしかねない事態だという。

    q


    タレント、宮川大輔(46)が出演する人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコーナーで起きた“やらせ疑惑”。
    ラオスの「橋祭り」は番組が作った架空の祭りだったと「週刊文春」が報じたのだ。

    これに対し、日本テレビは8日、情報・制作局長名でコメントを出し、「企画は現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はない」とやらせ疑惑を否定した。

    しかし民放関係者は「報道で今回の“やらせ疑惑”を知った内村さんは、宮川が週刊誌記者の直撃取材を受けるなどの影響が出ていることもあり、かなり怒っているといいます。
    愛想をつかして降板の可能性も取り沙汰されています」とささやく。

    「バラエティーとはいえ、“やらせ疑惑”はスポンサーや出演者のイメージダウンにもつながりかねない。
    各局にMCレギュラーを持ち、CMも増えている内村さんにとっては、迷惑な話でしょう」というのだ。

    内村は、昨年のNHK紅白歌合戦で総合司会を務めるなど、国民的な人気を得ているとされる。
    現在、日テレだけでも「イッテQ」に加え「スクール革命!」や「THE突破ファイル」と3本のレギュラーを抱えているが、いまや内村は各局から引く手あまたの状況となっている。

    「日テレ以外の局は、次のレギュラー出演をめぐって順番待ちの状況です。
    かつて局アナだった徳永有美アナとの不倫騒動で出禁になっているというテレビ朝日ですら、その人気を無視できなくなっている。
    徳永アナを『報道ステーション』にキャスターとして復帰させたのも、夫である内村を取り込もうという狙いがあるからです」とスポーツ紙記者。

    そしてこう続ける。

    「内村が『イッテQ』を降板するとなると、影響はそれだけではとどまらず、日テレの番組すべてを降りることになるでしょう。
    つまりは絶縁状態になります。
    それでも、他の局からオファーは絶えませんから、内村サイドとしてはそんなに痛くはないわけです」

    “視聴率男”の去就はテレビ業界の勢力図すら大きく変えかねない。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/181110/ent1811109149-n1.html


    所長見解:知ってたでしょ・・・

    【【ヤラセQ】 内村光良が激怒問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。
    番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

    m


    同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。
    問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。
    実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。
    4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。

    だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。

    「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。
    そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。
    この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

    ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。

    「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

    また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。


    「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

    日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

    「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。
    今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

    番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ!」が参加したのか。
    それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。

    「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材。
    セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。


    週刊文春
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00009579-bunshun-ent


    所長見解:そらね・・・

    【【宮川大輔 お祭り企画】「イッテQ!」やらせ疑惑の件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    7月中旬、都内の寺院で3日間に渡って夏祭りが行われた。
    実はこのお祭り、有名人が多くすむ街だけあって、毎年、豪華な顔ぶれと“遭遇”できるお祭りで有名。
    昨年は、広瀬すずや山田孝之なども参加したそう。

    今年もさっそく目撃されたのが、お酒も入ってゴキゲンな、お祭り男・宮川大輔。

    「青い柄のシャツに、白い短パンをはいて、白い帽子にサングラス姿でした。
    変装はしていましたが、バレバレでしたね(笑)。
    屋台の近くにあるテントの下で、6人くらいのグループでワイワイ騒いでいました。
    学生たちが写真撮影を頼むと、笑顔で応じていましたよ」(前出・参加した男性)

    その後、宮川のグループには金子ノブアキも合流。
    大盛り上がりの彼らは、非常に目立っていた。
    終了予定の時間をすぎても、盛り上がっていたのだが……。

    「20代の男の人に話しかけられていて、何か失礼なことをされたのか、その人に少し怒りだしたんです。帰る際に“兄ちゃん、気をつけろや”と少し厳しい口調で注意していました」
    (別の参加男性)

    言うときは言う、男・宮川大輔。
    楽しむときは楽しむ、お祭り男の夏はまだまだ続く⁉︎

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010231-jprime-ent

    no title


    所長見解:写真が怖い・・・
    【【トラブル】お祭り男・宮川大輔、夏祭りで「兄ちゃん、気をつけろや」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ