宮川大輔

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春」が2018年11月に報じた「やらせ疑惑」で休止していた「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」について、日本テレビは2月17日の定例会見で、3月中に再開させると発表した。

    q


    この復活をめぐり、「祭り企画」に出演していた宮川大輔(47)が所属する吉本興業と日テレの間に不協和音が生じていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

    日テレ関係者が語る。

    「日テレは秘密裏に『祭り企画』を再開させる準備を進め、吉本にも協力を仰いでいた。
    それなのに、情報解禁前に企画の復活が報じられてしまったのです」


    2月4日付の「NEWSポストセブン」が、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された「フルーツケーキ飛ばし祭り」に宮川が参加していたことを報じたのだ。

    「現地の『FOXニュース』で、宮川さんが祭りに挑む様子が放送されてしまったのです。
    宮川さんは青い法被にねじり鉢巻姿でインタビューを受け、“日本のコメディアン”などと紹介されていました」(スポーツ紙記者)


    この事態を受け、吉本興業サイドは激怒したという。

    「日テレは何のためにこれまで極秘裏に動いてきたのか。
    情報統制が甘すぎますよ」(吉本関係者)


    加えて、吉本社内では日テレが大々的なPR略を計画していたことに、怒りの声が上がっていた。

    「やらせ疑惑はいわば日テレの不祥事。
    宮川のタレント生命を脅かすような事案だったにもかかわらず、日テレでは関係者の処分も行われなかった。
    何事も“なかった”ように大々的にPRするのはおかしい」(同前)


    日テレ社長室広報部は「大々的なPRを検討していた事実はございません」と回答。

    吉本興業の広報は「この件に関してお答えする立場にありません」と答えた。


    2月20日(木)発売の「週刊文春」では、やらせ疑惑についてBPOが「放送倫理違反」があったと認定した後にも日テレが番組関係者の処分を行わなかったことや、アメリカロケに決まった経緯、PR戦略の内容などについて詳報する。


    https://bunshun.jp/articles/-/35589

    所長見解:もうね・・・

    【【これはヤバい】吉本興業が激怒の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮川大輔、YouTube出身芸人が「すぐアカンようになる」理由考察


    12月10日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、宮川大輔が、下積みせずYouTubeでブレイクした芸人が「すぐアカンようになる」理由を語った。


    m

     
    スピードワゴンの小沢一敬、東京ダイナマイトの松田大輔と宮川が若手芸人について話し、松田が「自分でチャンネル立ち上げて、漫才を流してる方が早いんじゃないですか」と、YouTubeを活用している後進が増えているという。

     
    だが、宮川は「NSCとか弟子とかわからへんけど、まったくルールわからへんまま芸人の中に入ってきて……っていうのも怖くない? 
    なんぼ面白かったって、バッと火がついても、なんかすぐアカンようになる気がせぇへん?」と危惧。

     
    その話に小沢も同意し、劇場があると「楽屋で先輩と後輩がいるから(芸人としてのルールやマナーを)覚えるし、終わった後、メシ連れてってもらったり」と、先輩との人間関係で得られるものが多いと話す。

     
    宮川は「『ごめんなさい』とか言ったら、『ごめんなさいは、友達に謝る言葉やで』みたいな。
    『そこはちゃんと “すみません” やで』って」と、基本的な言葉遣いから学べるという。

     
    小沢も「それを10代のときに教わるって(大事)。
    メシ行ったときの気配りとか」と自分たちの実体験も語っていた。

     
    宮川はウェブ「マイナビティーンズ」で、女子高生ライターから「ユーチューバーになりたいって人はいます」と話を聞き、「ユーチューバー!??(笑)。
    ユーチューバーってのはすごいね。
    びっくりした」と驚いていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010008-flash-ent 

    所長見解:そうなんや・・・

    【【衝撃発言】宮川大輔「YouTube出身芸人はすぐアカンようになる」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントの宮川大輔(47)が10月1日、自身のインスタグラムを更新。

    ブラックマヨネーズの小杉竜一(46)との密着ショットを公開した。


    この日、宮川は「#小杉とバッタリ #痩せよった #32キロも痩せよった #眉毛にチューしてきよった #帰りよった #カットして白髪染め」とのハッシュタグとともに、小杉にキスされている写真とヘアカット中らしき写真を公開。

    2人の密着度もさることながら、小杉が32キロも減量していたというのも驚きだ。


    k


    この投稿を見たファンからは

    「小杉さん痩せて男前になった」

    「ほんまや 痩せおった」

    「32キロものダイエット成功おめでとう」

    「32キロも痩せたなんて凄いですね??」

    「めっちゃ痩せはった!」


    「仲良すぎですね!『帰りよった』笑いました(笑)」

    「もう1つの、おっさんずラブ」

    「眉にキス ラブラブなやつやーん」

    「二人共、カッコいいよ!」

    と大幅な減量に成功した小杉や、2人の仲の良さに注目するコメントが寄せれている。



    小杉は以前、番組のダイエット企画で、銀行員として働きながらビキニアスリートとして活躍する安井友梨(33)によるトレーニングや断糖と高脂質食を組み合わせたケトジェニックダイエットに取り組んでいることを明かし、今年6月時点で20キロの減量に成功。


    趣味でサーフィンを始めたことも明かしていたが、この短期間でさらに12キロも絞った裏側にはどんな努力があったのか気になる!


    インスタ画像がコチラ

    ※画像は宮川大輔のインスタグラムアカウント『@miyagawadai』より


    http://dailynewsonline.jp/article/2024846/
    所長見解:かわらんよな・・・

    【【ダイエット】ブラマヨ・小杉「32キロ」激やせの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いタレント・たむらけんじ(46)が8日、自身のツイッターを更新し、この日56歳の誕生日を迎えた「ダウンタウン」の松本人志のバースデーパーティーの写真を公開した。


    たむらは「松本さん!ハッピーバースデー!!」と主役の松本や、木村祐一(56)、藤本敏史(48)、宮川大輔(46)ら豪華メンバーとの写真をアップ。


    宮川も自身のインスタに「松本さん#お誕生日会#56歳#おめでとうございます!」と祝福の言葉をつづった。

    また、松本の似顔絵つきのバースデーケーキの写真も投稿した。


    m

     
    コメント欄には

    「松っちゃんお誕生日おめでとうございます」

    「最強メンバーですね!!」

    「めっちゃナイスショットです」

    「松本人志さん大好きです ところでどうして浜田さんは居ないんでしょう?」

    などの声が寄せられた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000112-sph-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggVCOX2iIPGZQTK_VUVVCLiw---x900-y725-q90-exp3h-pril/amd/20190908-00000112-sph-000-4-view.jpg

    所長見解:いつもの・・・

    【【松本興業】松本人志、誕生日パーティー参加者がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「今回の騒動で、いちばんの“被害者”は宮川さんですよ。

    彼は祭り企画への思い入れが非常に強く『今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげだ』と思っていました。

    番組を信じて頑張ってきただけに『裏切られた』という思いが強いようです」(事務所関係者)


    2週連続で『週刊文春』が報じた、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑。

    宮川大輔(46)の担当する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうち今年5月の橋祭りと17年2月のカリフラワー祭りがデッチ上げだったと報じている。

    報道を受け、日本テレビの高橋好男社長が11月15日に謝罪会見を開き、企画の休止を発表。

    同企画のあった番組の平均視聴率は20%前後と高く、番組史上最高視聴率を獲得したのも同企画。

    そんな人気企画だけに、番組もとくに力を入れていたようだ。

    q


    「プライム枠でも1,000万~2,000万円が相場となっている、緊縮予算のご時世。

    そんななか、『イッテQ!』の予算は異例の5,000万円といわれています。

    いっぽうで出演者のギャラは比較的安かった。

    出演交渉をする際も『うちは視聴率20%なんだよ』と、高視聴率を笠に着ていたそうです。

    そうした横柄な態度が、今回の不祥事を招いたのではないでしょうか」(前出・事務所関係者)


    そんな番組の姿勢に、かねてから宮川は疑問を感じていたという。

    「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。

    ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、漏らしていたといいます。

    さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。

    その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)


    あまりにも不自然すぎる光景。

    堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

    「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。

    この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。

    宮川さんは半信半疑の状態で『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。

    とはいえスタッフとは11年もの付き合い。

    『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前出・番組関係者)


    やらせ発覚直後の11月11日放送回の視聴率は16.6%。過去4週で最低だった。

    「不祥事が起こると注目が集まり視聴率は維持できるかもしれませんが、一時的なもの。

    これからは一気に番組離れが進んでいくでしょう。

    いま日テレがもっとも恐れているのは、やらせ疑惑がほかの企画にも波及してしまうこと。

    最悪、番組が打ち切りになってしまう可能性もあり、そうなれば、何10億円もの損失が出てしまう。

    そうならないために、日テレは祭り企画を休止して早々に“火消し”をしようと必死なんです」(テレビ局関係者)

    気になるのは宮川の今後だが、ネット上には視聴者からの同情の声が殺到している。

    冠企画がなくなったことで、宮川の降板も心配されているが――。

    「当初、宮川さんは祭り企画への強い思い入れから、『この企画がなくなるなら、番組を降ります!』とスタッフに伝えたそうです。

    でも、実際になくなってしまったいま、宮川さんは『お世話になった番組のためにどうにかしなければ』と考え直したと聞きました」(前出・番組関係者)

    宮川の「アカーン」という的を射たツッコミを、封印してしまった日テレの罪は重い。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1685815/ 


    所長見解:しってたよね・・・

    【【ヤラセQ】宮川大輔「これ、祭りちゃうやん!?」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ