宗教

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月21日発売の「週刊文春」が、宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の長男である宏洋氏をインタビュー。

    宏洋氏は、大川氏から女優・清水富美加(法名・千眼美子)との結婚を強要されたことで、教団と決別したことを告白した。

    宏洋氏は1989年、5人きょうだいの長男として生まれ、青山学院大学を卒業後、「幸福の科学」の理事長や系列会社を歴任。

    教団の映画制作などを担当していたが、2018年10月、動画サイト「YouTube」の自身のチャンネルで「幸福の科学」との決別を宣言。

    記事では、その驚きの理由が明かされていた。

    「17年1月、大川氏が、宏洋氏に清水との結婚を強制したことが発端とあります。
    そのとき、大川氏は結婚のために清水には芸能事務所を辞めさせると言ったそうです。
    実際、清水は同年2月に突如、芸能界引退を表明し、千眼美子として『幸福の科学』への出家を発表。
    ところが、宏洋氏は清水との結婚に難色を示し、大川氏は激怒したとか。
    埒が明かないと判断した宏洋氏は、教団を去ることを決意したというのが真相のようです」(週刊誌記者)

    n


    それにしても、美人女優として名を馳せた清水のどこが気に入らなかったのか?

    「二面性があるから信用できない、というのが結婚を拒んだ理由のようでした。
    表向きはニコニコしているそうですが、映画の撮影中、撮影スタッフの陰口を言うなど、裏表の激しい性格を見て、一緒に生活できないと感じたとか。
    また、教団の基本となる経典『悪霊撃退の祈り』を清水が読んでないことも宏洋氏は記事で明かしています」(前出・週刊誌記者)

    宏洋氏が結婚を拒んだ理由は、実はもう1つあった。

    2月20日のツイッターで「清水富美加さんと恋愛関係にあったと言うのはデマなんですね…」という質問に対し、宏洋氏は「ガッツリ他に彼女いました笑」と回答。

    教団が誇る美人女優も、形無しだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1701427/

    所長見解:かわいいのに・・・

    【【婚約者暴露】千眼美子(清水富美加)さんが結婚拒否された理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    製薬数社に青酸カリ? 脅迫文書も同封 毎日新聞にも白い粉

    複数の製薬会社に25日、白い粉の入った封筒が届けられていたことが警視庁への取材で判明した。

    警視庁が簡易鑑定したところ、粉は猛毒のシアン化カリウム(青酸カリ)の可能性が高いという。

    届いた封筒の一部は差出人が「麻原彰晃」となっていた。

    警視庁は毒劇物取締法違反などの容疑で捜査を始めた。

    s


    警視庁などによると、白い粉が入った封筒は少なくとも製薬会社4社に届いた。

    青酸カリを入れた偽物の薬を流通させるという趣旨の文書も同封されていた。

    また、毎日新聞東京本社にも同日午前、白い粉が入った封筒が届き麹町署に届け出た。

    この粉も青酸カリの可能性が高いという。

    製薬会社への脅しとみられる同様の文書が同封されており、死刑執行されたオウム真理教幹部の氏名が列挙されていた。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000002-mai-soci 


    所長見解:なんのため・・・

    【【これは怖い】麻原彰晃からのヤバすぎるプレゼントがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    8月に芸能界を引退した元フリーアナウンサーの小林麻耶さん(39)の夫・國光吟(くにみつ・あきら)氏が19日、ブログを開設した。

    トップ画面には麻耶さんと手をつないだ2ショットを掲載している。

    國光氏は19日午前8時に「初めまして」と題した最初の投稿で、「ブログを始めて欲しいという皆様のおかげでこの度アメブロさんからお声がけを頂き、オフィシャルブログを始める運びとなりました」とあいさつ。

    「結婚してもうすぐ5ヶ月、交際0日婚のささやかな日常や写真が好きなので風景など載せていきたいと考えております」とつづった。

    初日の19日に4件、翌20日も午後5時30分までに3件を投稿。

    「ニックネーム」と題したエントリーでは「呼び方が悩みますというコメントを頂いたのですが、是非アキラくんや吟くんやAKIRAくんでお願いいたします 國光くんの方が呼びやすいようでしたら、國光くんでもです」と呼びかけた。

    ブログのプロフィール欄では「元ダンサー 現在は整体、小顔矯正、O脚矯正などの施術をしています。
    1983年生まれ 神奈川県出身です。
    外資系アパレル会社で働いていた際、東日本大震災が起こり、人の身体のケアをしたいと思い、施術の道へと進むことを決意いたしました。
    またその後、腰椎ヘルニアを患い、ヨガでリハビリを始める時に、良くなったら人にも伝えられるようになりたいと、インストラクターの資格を取得しました」と自己紹介している。

    麻耶さんも自身のブログで夫がブログを始めたことを告知し、寄せられたコメントに「皆さま、優しい あたたかい 全国に親戚がいるようです!! 素敵なつながりに感動しています」と感謝していた。

    麻耶さんは今年7月に4歳下の國光と結婚したことをブログで発表。

    「今後もたくさん働きたいと思います!」と明かしていたが、翌8月には芸能界を引退し、「全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」とブログで明かした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000394-oric-ent

    no title


    所長見解:あれやね・・・

    【【お顔公開】小林麻耶さん夫、ブログ開始ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Toshlが初めてのカバーアルバム「IM A SINGER」を発表した。

    バラエティー番組で果敢に笑いをとり、スイーツ本を出したり、YouTuberとしてデビューしたり…。

    予測不能な活躍ぶりを見せるToshlに、本業のシンガーとしての覚悟や、未知の世界へ挑み続ける理由を聞いた。

    t


    苗字があった方が
    ――最近、「龍玄とし」と改名されました。何かキッカケがあったのでしょうか。

    龍玄としっていう名前は、今年のお正月からですね。
    作家活動をする時とか、コンサートの時とかに使っています。

    今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。
    実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。

    いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。

    「トシ」って聞くと、世代によってはトシちゃん(田原俊彦さん)がまず先に浮かぶ人もいますから(笑)

    別にこだわっているわけではなくて、場合によって、今回のアルバムみたいにToshl名義にする時もありますよ。


    心機一転、強そうな名前に
    ――意味合いとしては、青龍の「龍」に玄武の「玄」で、龍玄?

    そうなんです。心機一転、強そうな名前がいいなと。
    「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。


    ――全部漢字の中国バージョンもあって、それだと「龍弦虎憧」なんですね。

    中国版は「玄」を弓へんの「弦」にして、としは「虎憧」としました。
    虎は当然、「白虎」(四神の一つ)の意味もあります。

    それから、僕はファンの人たちのことを「Toshlove(トシラブ)」と呼んでるんですけど、「トシラブ」を略して虎。トシラブが憧れるToshlだから「虎憧」です。

    これから中国でも活動していくなかで、ちょっと名前を考えてみようかなと。
    そういうのも全部、遊びというか。
    みんなが楽しく盛り上がれる感じで、名前がつけられたらいいなって。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010000-bfj-ent&p


    所長見解:大丈夫?・・・

    【【X JAPAN】Toshlが「龍玄とし」に改名した理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月20日夜6時、東京・品川区の会議室では、『日本沈没・最後の審判』と銘打たれた「超能力セミナー」が開かれていた。
    講師である“超能力者“高山右近大夫長房氏が、「地球は滅亡が始まっています。2023年の8月には大地震が来る」と語ると、50人ほどの参加者たちはうなずきながら聞き入っている。

    そんななかに一人、一際熱心にメモを取る坊主頭の男性の姿が。
    強面(こわもて)にゴツゴツしたネックレスをつけ、手首には数珠……’90年代に一世を風靡した“霊能者“織田無道(むどう)(66)その人だ。

    m


    織田無道は、’02年に宗教法人の乗っ取りを図り虚偽の登記変更を行ったとして逮捕。
    以来、メディアからは姿を消していた。
    その男が、いったいここで何をしているのか。

    「実は織田さんは、末期がんなんです。
    高山先生の超能力の噂を聞きつけ、『どうしてもお話を聴講したい』と、セミナーに参加を申し込んできた。
    高山先生はがんの治癒にも精通していて、多くの有名人に施術をした経験がありますからね」(セミナー関係者)

    講義の途中には、講師の高山氏が最前列で聞き入っていた織田無道をサプライズ登壇させる場面もあった。
    突然の織田無道に驚く参加者たちを前に、彼はこう語った。

    「3つの大学病院でステージ4の末期がんと言われています。
    直腸、大腸、肺、胃と転移している。
    医者からも『2年は生きられない』と言われています。
    手術をしても1年伸びる程度で無駄だと言われました」

    ただ、がんに侵されてはいるものの、かつてテレビを賑わせたトーク力は健在。
    織田無道はさらにこう続け、爆笑をさそった。

    「私はごまかしの世界の連中をたくさん見てきましたが、高山先生みたいな本物は初めてです。
    私もテレビでいっぱい馬鹿をやってきましたが、テレビはストーリーがあるからダメ。
    テレビに出ている超能力者をすごいと思うのは、(時間の)無駄です(笑)」

    セミナーは約2時間で終了。
    本誌は外に出た織田無道に声をかけた。

    ――具合はどうですか。

    「もうダメです。最近は体温を上げなければいけないということで週に5回は源泉掛け流しの温泉に通っています。
    それまでは35.2℃とかが平熱でしたが、おかげさまで36.5℃ぐらいまで上がりました」

    ――セミナーは役に立ちましたか。

    「本物の超能力を持った方ですからね。すごいなと思いましたよ。私は所詮坊主で、そもそもレールが違いますから」

    最後に、記者はどうしても気になる質問をぶつけた。
    「自分の霊能力で自分を治すことはできないんですか」。
    すると織田無道は、少し黙った後、こう語った。

    「他の人のは出来ます。でも、自分のを見るのはやっぱり嫌じゃないですか……」

    かつて“霊能者“を自称した男はいま、自身に巣くう病魔と超能力で懸命に闘っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00010000-friday-ent


    所長見解:いたよね・・・

    【【あの人は今】織田無道さんが末期がんで余命宣告 ←これ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ