ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:宗教

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「一般の人」という理由で、これまでその素性は一切伝わってこなかった。
    だが、ここに至って、小林麻耶(39)の結婚相手が「ヒーリング整体師」だったことが明らかになった。
    しかも、そのオカルトチックな施術は、かなり高額な料金設定になっていたのである。 

    小林麻耶は自身のブログで、4歳年下の男性と7月24日に結婚したことを発表した。
    しかし、それ以降も夫のプライバシーはひた隠しにしている。

    「当初、結婚相手は、“優良企業勤務の真面目な会社員”だとか、“海老蔵の母親が紹介した”と言われていました。ですが、どれも違っていたのです」

    とは、芸能記者。

    「本当のところ、“ヒーリング整体師”でした。
    なぜ、素性がわかったかというと、ネットの匿名掲示板に、麻耶さんの夫に関する情報が投稿され、瞬く間に、夫本人のフェイスブックやインスタグラムなどで事実確認がされていった。
    さらに、『女性セブン』が9月中旬、ツーショット写真とともに、〈ベールに包まれた夫の“正体”〉という記事を掲載したのです」

    以前、夫がネット上で公開していたプロフィールによると、〈出生時に医者から産まれる事ができないので諦めて下さいと言われた中、不思議な力を持ったおじいさんにお腹に手をかざしてもらって産まれる事ができた〉とのこと。

    さらに、〈高校生くらいの時期から金縛りによく合うようになり、20歳の時突然ものすごい肩の痛みに襲われる。たまたま親戚の叔母さんに除霊してもらい痛みが取れる〉経験をしたという。

    「とはいえ、すぐに“ヒーリング整体師”になったわけではなく、一時は、アーティストのバックダンサーをしていたそうです。
    その後、30歳のときに、患っていた椎間板ヘルニアのリハビリのため、ヨガのインストラクターの資格を取った。
    それからは、ヨガのレッスンをしたり整体院で働き、収入を得ていた。
    その後、オメガセラピーという施術を行うようになるのです」(同)

    オメガセラピーとはどのようなものなのか。

    k


    自然治癒力

    夫の知り合いによると、「彼が宇宙とシンクロし、人知を超えたパワーを患部に注入するスピリチュアルなセラピーです。痛みがあるところなどに手をかざし、人間に備わっている自然治癒力を引き出すのだとか。顧客には、プロ野球選手や芸能人などもいると聞きました」

    ちなみに、その料金は1時間1万5千円前後だという。

    「なおかつ、最近、女性をターゲットに美容コースも始めました。
    いずれも初回で、小顔矯正が5万円、O脚矯正は3万円、姿勢矯正が2万円。
    フルコースだと8万円です。
    また、彼は人間以外の物質にもオメガセラピーを施すことができる。
    アクセサリーなどでは2千円、家の場合は4部屋までは1万5千円、5部屋以上は3万円を支払うとパワーを注入してくれるのです」(同)

    そこで、実際にオメガセラピーを受けてみようと、夫にSNSで連絡すると、

    「紹介制となっておりますので、またの機会をお待ちしています」

    とのつれない返事。

    宇宙とはシンクロできても、取材にはシンクロしたくなかったようである。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00550133-shincho-ent&p=1


    所長見解:そうなるか・・・

    【【宇宙ヨガ夫】小林麻耶の夫の「スピリチュアル・セラピー」の値段がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    千眼美子(清水富美加)にインタビューを実施。
    『宇宙の法―黎明編―』で『龍の歯医者』以来2度目となる声優への挑戦や、身の回りのことから役へ取り組む姿勢、好きなアニメ作品など話を訊いた。

    s


    千眼美子が今どのような生活を送っているのだろうか。
    話を伺えると聞いた時にまず思い浮かんだのはそんな疑問だった。
    どんなリズムで生活をしているのか、以前と比べてどのくらい変化したのか、そして今後女優としての展望は?
    そういったことを伺えたらと思った。

    アニメーション映画『宇宙の法―黎明編―』が10月12日(金)より日米同時公開となる。
    その中で千眼は重要なキャラクターである宇宙最強の女帝ザムザを演じる。
    千眼の声優出演は『龍の歯医者』以来2度目だ。
    『龍の歯医者』での演技は素晴らしいものだったが、今回話をうかがっていくと、彼女らしい苦悩とでもいえばいいのか、当時のアフレコでの様子も語ってくれた。

    声優への思いはもちろん、身の回りのことから役へ取り組む姿勢、驚くような状態からスタートした歌手活動、好きなアニメ作品など、千眼の心を形作っているいくつか。
    このインタビューを通じて何かを受け取ってもらえたら何よりだ。


    ■役は作るんじゃなくて、なる

    ――最近はどんな毎日を過ごしているのでしょうか。

    千眼
    普段は”聖務"と呼んでいる仕事をして過ごしています。
    今日のように取材や撮影がある時は女優として出てきて、それ以外は出家者でもあるので、勉強をする毎日ですね。
    お祈りや瞑想もしますし、仕事場でパソコンを使い事務をしたりもしています。
    そのなかで女優業を行っていますので、役に向けた準備とかもしつつ。
    出家してからはありがたい事にいろんなお仕事に挑戦させていただいています。
    歌もやり始めたのでそのレッスンに通ったりという日々を過ごしています。

    ――そんな中で今回の『宇宙の法―黎明編―』のザムザ役を演じる事になりました。
    役作りはどういう風に進めていったのでしょうか。

    千眼
    ザムザさんは、弱肉強食の世界の頂点にいながらそれを正義だと思っている存在です。
    だから最初、私には分からないなあ難しいなあと思うことがたくさんありました。
    「生身でやれ」と言われても私には絶対無理な役ですし。

    ――そうですね(笑)。

    千眼
    星が違い生きる環境が違ったら考え方も違ってくる。
    そう理解してザムザさんのセリフを一つ一つ「これはどういう思考回路で言ってるのかなあ」とか「どんな価値観で考えているのかな」と探っていきました。
    "宇宙最強の女帝=戦闘的な感じ”と単純に考えるのではなく、配下に対する責任感や最強こその余裕というものをどうやったら声に乗せられるのか試行錯誤していきました。
    だいたい、私、学生時代のヒエラルキーで上に立ったことがないのでわからなくて(笑)。だから声色など演じ方を何パターンも練習していきました。

    ――"宇宙”や"3億3000万年前の地球”といったスケールの大きな作品世界をどういう方法で理解していきましたか?

    千眼
    それはシナリオに全てが集約されているのでそれを読み込みつつ、他の星が持つ価値観や宇宙人の存在というものを説明している本もたくさんあって、分からない箇所はそういうものを参照しながら穴埋めしていきました。
    本を読むというのは今回の役作りの中では大事な作業でしたね。

    ――インプットは本がメインだったんですね。


    全文は下記URLで
    https://animeanime.jp/article/2018/10/06/40615.html


    所長見解:あかん・・・

    【【あの人は今】千眼美子(清水富美加)の現在がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    千眼美子「先日、富山でUFO見た」神秘体験明かす

    s


    宗教法人「幸福の科学」に出家し、清水富美加から改名した千眼美子(23)が、26日、都内で、声優として出演するアニメ映画「宇宙の法-黎明編-」(今掛勇監督、10月12日日米同時公開)のイベントに作家でUFO研究家の山口敏太郎氏と参加した。

    地球をめぐる宇宙人との交流や戦いなどを描く作品。
    千眼は山口氏とトークショーを行い「先日、富山県に旅行に行って初めてUFOを見ました。ピカピカ瞬いていました」。

    また「1回見たら何回も見られる気がしていつも探しています」と語った。
    もし宇宙に行くなら「いろんな星に行って全然違う価値観を目の当たりにしてみたい」と笑顔を見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00343022-nksports-ent


    所長見解:あらら・・・

    【【元・清水富美加】千眼美子「先日、富山でUFO見た」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけしが14日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、以前、オウム真理教の広告塔のように扱われたことがあると不満を訴えた。

    b


    番組では麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚の死刑が執行されたことを取り上げた。
    これに関連してたけしは「信者みたいな扱いされちゃったんだよ」と明かした。
    「オウムが全然有名になる前に、テレビ局で対談したの。
    そのテープを全部使って『たけしがシンパになった』と。
    その後、じゃんじゃんじゃんじゃん。
    おれがいつの間にかシンパになっちゃって。いい迷惑だよ」と訴えた。

    安住紳一郎アナウンサーが「広告塔として利用された?」と尋ねると、たけしは「うん」と応じ、「そういう人いっぱいいるよ。本人が知らない間にオウムの宣伝に使われたという人は」と自分以外にも被害にあった芸能関係者がいると話した。

    ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000114-dal-ent


    所長見解:それはないわ・・・

    【【今更暴露】ビートたけし「オウム真理教の広告塔にされた!」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    オウム真理教の松本智津夫元死刑囚の死刑が執行されてから13日で1週間になります。
    当日の朝から執行までの松本元死刑囚の詳細な様子が関係者への取材で明らかになりました。

    s


    今月6日午前7時ごろ、松本智津夫元死刑囚は東京拘置所にある独居房の一室で目を覚ましました。
    朝食は部屋でほぼ全てを食べたといいます。
    刑務官から声がかかったのは7時40分ごろ。

    「出房」(刑務官)

    刑務官に付き添われ、行き着いた先は教誨室でした。

    「お別れの日が来ました。教誨はどうしますか」(刑務官)
    「・・・」(松本元死刑囚)
    「じゃあやらないんだね。言い残したことはある?」(刑務官)

    終始、ぼうぜんとしていたという松本元死刑囚。

    「引き取りはどうする?」(刑務官)
    「・・・」(松本元死刑囚)
    「誰でもいいんだぞ」(刑務官)
    「ちょっと待って」(松本元死刑囚)

    しばらく考え込みます。

    「誰でもいいんだよ。妻・次女・三女・四女がいるだろう」(刑務官)
    少し間が空いたあと・・・
    「四女」(松本元死刑囚)

    小声でよく聞き取れなかった刑務官が「四女?」と聞き返すと、松本元死刑囚は四女の名前を口にしました。

    「四女だな?」(刑務官)
    「グフッ」(松本元死刑囚)

    松本元死刑囚はそう言って、うなずいたといいます。
    暴れたり、抵抗したりするようなことはなかったということです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180712-00000119-jnn-soci


    所長見解:話せてたんだ・・・

    【【オウム真理教】松本元死刑囚、最後の言葉がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ