安田美沙子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《赤ちゃんはまだ病院にいますが、元気に順調に毎日すくすく育ってくれています》

     
    3月10日、自身のインスタグラムで第2子出産を綴ったタレントの安田美沙子。

    '16年の第1子妊娠中には、夫であるデザイナーの下鳥直之氏の不倫騒動もあったが、妻、母としてそれを乗り越えて喜びの報告……と思いきや、文章にはまだ続きがあった。


    《長年お世話になった事務所を昨年の契約期間満了とともに退社いたしました》

     
    その言葉どおり所属事務所ホームページからは安田のプロフィールが削除されていたのだが、かわって《安田美沙子とは現在訴訟が係属中》と、穏やかではない文章が掲出されたからさぁ大変! 
    円満退社どころか裁判ざただったことが発覚したのだ。

     
    こうした独立をめぐるトラブルは過去にもあった。

    「古くは鈴木亜美さんや釈由美子さん、最近だとローラさんも事務所から独立しようとした際にトラブルに。
    どのケースも原因は“お金”。
    安田さんもギャラの不満でしょうね」(スポーツ紙関係者)


    本人直撃に「子ども2人との生活が……」

    だが、事情を知る芸能プロ関係者は首をかしげる。

    「ほかのタレントと比べても待遇はかなりよかったはずですよ? 
    月給制で毎月200万円はもらっているって」

     
    レギュラー番組やCMもほぼない現状で、不満を持つとは思えない高給ぶりに見えるのだが、そんな安田に「もっともらえる!」と焚きつけた人物がいるのだとか。

    「ある大物女性タレントが“ギャラアップを要求したほうがいい”と吹き込んじゃった。
    その気になった安田さんは話し合いの場を持ったのですが、事務所もそうそう要求はのめない。
    すると安田さんが弁護士を立ててしまって」(前出・芸能プロ関係者)


    “悪魔のささやき”にそそのかされたうえに、夫の懐具合が影響しているとの声も。

    「下鳥さんが経営するアパレルブランドは最盛期に年商7億円とも言われていた。
    でも今は表参道にあった店舗が閉店、地方の取扱店も縮小して販売はネットショップが主に。
    ここ2、3年はかなり苦しいみたい。
    子どもが2人になれば将来お金もかかるし、焦る部分もあったんじゃないかな」(アパレル関係者)

     
    そこで、安田本人に真相を聞くため、自宅前で尋ねると、「これから病院の子どもに会いに行く」と、思いのほか明るい表情だったが……。

    「弁護士さんに相談しているところで、何もお伝えできないんです……すみません」

     
    ただ復帰時期については「決めていない」ときっぱり。

    「今は仕事のことは何も考えていなくて。
    今後のことはゆっくり決めようと思います。
    子ども2人との生活がどうなるのかわからないので」

     
    母は強し、か。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00017503-jprime-ent


    no title

    所長見解:すごいな・・・

    【【衝撃】安田美沙子さんの月給がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの安田美沙子が12月16日、自身のインスタグラムを更新。

    新幹線の車内で長男を怒鳴ってしまったことを明かした。


    安田は、《怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました》と明かすと同時に、同乗していた『ノンスタイル』の石田明にベビーカーと荷物を運んでもらったことを報告した。


    i


    怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました。 . . . 行きの新幹線は、ベビーカーの車輪が上がらず、乗り込むのに手こずりました。乗り込んだらノンスタイルの石田さんが何か持とうか?と、席までベビーカーと荷物を運んで下さいました。 優しすぎる双子のパパ。私も双子だから母から大変さは聞いていたから… 天使に見えて泣きそうになった。 この場を借りて、ほんとにありがとうございました。 . . . なのに、なのに、イライラしてしまう私。説得して、分かってもらう手法を取りたくとも、周りに迷惑をかけてしまうと余裕が最近なくなってしまう。 こんなに大好きなのにね。ごめんね、こんなママで。 リセットする意味で朝から豚汁を作ってみました。野菜を沢山トントン切って。また優しい気持ちからスタート出来ますように。。。

    . . . #instafood #morning #豚汁 #mama #怒りたくない #けど怒っちゃう #しかも大声で #助けてくれた方ありがとうございます

    A post shared by 安田美沙子 (@yasuda_misako) on Dec 15, 2019 at 8:32pm PST


    ネット上では、

    《小さい子供と一緒の移動は大変だよね。分かります》

    《気持ち分かります!育児大変だよね》

    《周りに迷惑を掛けちゃダメって焦って、ついついキツく言っちゃうよね。よーく分かる》

    など、子育て世代のママたちからエールが送られた。


    実は夫にイラついてる?

    しかし、一方で、

    《育児ノイローゼかな。情緒不安定だと子供に伝染しますよ》

    《別に怒鳴りつけなくても良くね? ストレスたまってるのか?》

    《この人、普段からこんなだよね。そりゃ旦那も浮気するわw》

    など、批判の声も上がってしまった。


    「安田は8月にも、息子がご飯の入ったボールを落としてしまい、朝から一騒動あったことを報告しています。
    このときは『また怒ってしまったなぁ。。。怒りたくないのになぁ。。』とコメント。
    その後、頭部や顔面に鍼治療を受けている様子を投稿したことから、『育児ノイローゼだろう』と話題になりました。
    子育てが大変なのは理解できるのですが、それは小さい子供を持った家庭なら誰もが経験すること。
    ネット上では『実は夫にイライラしているのでは?』とウワサされています」(芸能記者)


    安田は昨年6月、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、服飾デザイナーの夫の浮気が発覚したことに激怒し、ガラステーブルをひっくり返したことを告白している。

    安田は、第1子妊娠中の2016年12月にも夫に〝ゲス不倫〟されていたことを週刊誌に暴露されており、普段からかなりストレスをためているようだ。


    「〝泣きながら夫に電話した〟とありますが、電話したところでその場がどうなるわけでもありません。
    どうやらかなりの愚痴をブチまけたようで、周囲にいた乗客も尋常とは思えない興奮ぶりだったと証言しています。
    安田は今後もママタレとして活動していきたいと考えているようですが、夫の浮気グセが直らない限り、世間のママさんたちからの支持は得られにくいでしょうね」(同・記者)


    新幹線で手助けしてくれた石田は、双子のパパとして育児に奮闘する姿が評判だ。

    安田にしてみれば、何ともうらやましいパパに見えたことだろう。


    http://dailynewsonline.jp/article/2122852/

    所長見解:大変やな・・・
    【【これはヤバい】安田美沙子さん、育児ノイローゼ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月15日放送のカンテレ『快傑えみちゃんねる』に安田美沙子が出演。

    夫とのケンカを明かしたのだが、ネット上では「もう離婚するしかないと思う」と哀れむ声が上がっている。

    2014年3月に3歳年上のデザイナーの男性と結婚した安田。

    しかし第1子妊娠中の16年12月末に夫の浮気が発覚。

    安田は落ち込み、激怒もしたというが、結局は離婚に至っておらず、その後は夫婦円満で暮らしているように見えた。

    しかし、今回の番組のエピソードトークで、安田がまだ浮気を引きずっていることが分かった。

    ある日、夫の帰りが(深夜)1時と聞いていたのに、3時になったため、「一応『浮気してへんやんな?』って久しぶりに聞きました」と、念のため問いただしたという。

    すると夫が、嫌そうに「してないよ」と答えたため、安田は「どの口が言ってんねん!」とムカついてしまったのだとか。

    これに司会の上沼恵美子は「そんなこと思いながら人生楽しい? 全然楽しくないわ。別れなさい」と辛口でアドバイスを送っていた。


    この話には視聴者からも、

    《相手のことを思いやれなくなったら離れた方がいい。お互いのために》
    《気にしないようにするか、見切るか。自身を大切にしてほしい》
    《こうやって何かのとき疑いたくなる状況はつらい》
    《この夫婦はもううまくいかないと思う》

    など、同情する声が相次いでいる。

    y


    無理して夫婦円満アピール?

    安田は18年6月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、夫とうまくいっていないことを明かしていた。

    不倫発覚後から、安田は夫の携帯電話をチェックするようになったというが、あるとき夫が「めんどくさっ」と発したため、安田は「自分に前科があるのに、どの口が言うとんねん!」とブチギレしたらしい。

    「絶対に離婚した方がいいと言われながら、かたくなに別れなかった安田。
    『(不倫を乗り越えたことで)逆に仲が深まった』などと、事あるごとに夫婦円満をアピールしていたときもありましたが、そろそろ限界が来たようですね。
    別れる方が、どちらにとっても精神的に良いかもしれません」(芸能記者)

    安田と同じく妊娠中に不倫された小倉優子は、すぐさま離婚を決意し、シングルマザーとして活躍。

    その後、再婚を果たしている。

    果たして安田はどんな選択をするのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1741826/

    所長見解:しなよ・・・

    【【離婚へ】安田美沙子が精神崩壊寸前の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安田美沙子、不倫騒動乗り越え夫婦関係すっかり修復「子供は完全にパパ似」

    y


    女優の安田美沙子(35)が15日、都内で「株式会社ユーググレナ新製品発表会」に出席し、鮮やかなグリーンの衣装で登壇した。

    2014年にデザイナーの下鳥直之氏と結婚し、昨年5月に第1子となる男児を出産。
    現在、生後8か月の長男について「(子供が)かわいいので、毎日写真を撮ってます」と幸せそうな笑顔を見せた。
    容姿は「完全にパパ似」という。

    将来、子供にどんな大人になってほしいか聞かれると「しっかりとした品格を持って、みんなに愛される人になってほしい」と願った。
    職業については「主人が洋服屋さんをやっているので、パパの跡を継いでもらってもいいかなと思ってます」。

    この日は長男と来場。
    長男は会見中、舞台裏で待機していた。
    普段、夜中に2度ほど授乳するために起きることがあるというが、「赤ちゃんの成長が日々変わる。平和で楽しいです」と充実した様子。
    「パパより先にママと言ってほしい」と、毎日のように教えているという。

    下鳥氏は16年末、安田が妊娠中に北川景子似の20代美女と不倫していたと一部で報じられた。
    現在、夫婦関係はすっかり修復したようで、今年1年について、「子供を一番に考えたい。3歳までに人格が決まるというじゃないですか。食育も考え、ちゃんと食事させたい。
    もちろん、主人もです。長生きしてほしい」と話した。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180115-OHT1T50090.html 


    所長見解:大丈夫なのかね・・・
    【【浮気事件】安田美沙子、不倫騒動乗り越え夫婦関係すっかり修復ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安田美沙子が16日、TBS系のトーク番組「明日は我がミーティング」で、去年12月、妊娠中に夫に浮気されたときの胸中を明かした。

    ym


    浮気が分かったときは「本当につらかったし、毎晩泣きました」と話し、そして夫に思わず「離婚する?」とズバリ聞いたのだという。

    夫は何も答えなかったが、安田は自ら切り出した言葉に対し、やはり「離婚することなど想像がつかない」と思い直したのだとか。

    そして、「すごい好きなんですよ主人のこと。すごい悔しいんですよ。
    それでだんだん燃えてきて」と、浮気相手への対抗心が湧き始め、「クソ~!うちの~!うちのモンやのに」と気持ちが切り替わり、離婚を自ら回避したという。

    この話を聞いていたくりぃむしちゅー・有田哲平は、「これはまた第二弾、第三弾ありそうですね」と言われると安田は「なんで、なんで!?」と慌てていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1355628/
    RBB TODAY


    所長見解:また浮気されそうだね・・・
    【【これはつらい】安田美沙子、妊娠中に夫に浮気されたときの胸中「クソ~!うちの~うちのモンやのに」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ