安室奈美恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手・安室奈美恵(40)が引退前日となる15日にラストライブを行う故郷の沖縄県には14日、国内外からファンが続々と集結した。

    m


    惜別の思いを胸に、ファンが安室のために活動する“アム活”もいよいよクライマックス。
    沖縄市内で開催中の展示会は、前売り券、当日券ともに初めて完売した。
    ライブ会場となる沖縄コンベンションセンター周辺には、リハーサルの音漏れを期待したファンの姿があった。

    那覇空港では縦70センチ×横4メートルの看板の安室が、ファンをお出迎え。
    観光ブランド「Be.Okinawa」をPRするものだが、1週間限定掲示とあって、ファンが次々とスマホで写真に収めた。
    関係者によると、10日間で1万回だったブランドのホームページアクセス数は、先月の安室起用後に18万回以上に跳ね上がったという。

    8月2日から引退日まで続く展示会「Final Space」沖縄会場は、ラスト3日間は前売り券1550枚ずつを売り出したが、すでに完売。
    この日は1000枚用意された当日券も、午後1時40分にはすべてなくなり、入場待ち6時間という大フィーバーになった。

    お手製のライブ衣装で福岡から来場した本多アヤさんは、「私にできるのは感謝の気持ちを込め、安室ちゃんのコスチュームを(まねて)作ること」としみじみ。
    秋田から訪れた佐々木志穂さんは、生まれつき耳が不自由だったというが、「10年前に手術し、初めて歌を感じた時は涙が流れました。私に音楽を教えてくれたのは安室さん」と思いをあふれさせた。
    シー・ペイ・チュンさんは「きちんとお別れのあいさつをしたくて」と台湾から海を渡ってきた。

    ラストライブ会場に隣接する、ぎのわん海浜公園には20人ほどのファンが集まり、大阪府の出田幸江さんは「チケットは取れませんでしたが、リハーサルをされてるでしょうし、少しでも近くにいたくて」と安室愛を全開に。
    園内では本番の音漏れを聞こうと、ビニールシートで翌日の場所取りをするつわものも出現した。
    15日に“奈美恵狂騒曲”が奏でられるのは必至だ。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000006-dal-ent


    所長見解:明日は?・・・

    【【沖縄降臨】安室奈美恵、最後のコンサートがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の安室奈美恵が12日、NHK「あさイチ」のインタビューに応じ「歌手の安室奈美恵は完結しているので、私がステージに戻ってくることはありません」と改めて明言した。
    安室は15日に故郷・沖縄でステージに立ち、16日に引退する。

    n


    安室は小室哲哉との思い出や、育児と仕事の両立、ファンへの思いなどを言葉を選びながら、じっくりと語ったが、インタビュー最後には「私の中では25周年で歌手の安室奈美恵はすべて完結しているので、私がステージに戻ってくることはありません」と改めて断言。
    復帰はないと明言した。

    寂しい思いをしているファンもいると聞かれると「でも、きっとファンの皆さんは、それぞれの過ごし方を1年通じて考えて下さっていると思う」と、敢えて1年前に引退を発表した意味を訴え「音楽を好きになって欲しい。自分の楽曲だけじゃなく、いい曲はたくさんある。音楽で私とファンの皆さんんがつながったように、今度は他のアーティストさんとつながることもあるだろうし、もっともっと音楽の素晴らしさ、楽しんで欲しい」とファンへ呼び掛けていた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000047-dal-ent


    所長見解:あと少しだね・・・

    【【引退直前】安室奈美恵「私がステージに戻ってくることは・・・」 ←これ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安室奈美恵がいよいよ9月16日に引退するが、これを誰よりも喜んでいるのが浜崎あゆみだという。

    「2人は同じレコード会社に所属。ともに一時代を築いた。
    しかし、仲が悪いのはもちろん、特に浜崎は何度となく“安室追放”を画策。
    でも安室は大手芸能プロに所属していたため、そのたびにピンチをしのいできた。
    浜崎の安室嫌いはハンパではありません」(音楽ライター)

    h


    それにしても、なぜ浜崎は安室を嫌うのか。

    「古い話になりますが、安室は意外に音楽エリートなんです。
    一方、浜崎は完全な成り上がり。
    顔も嫌いらしく、それが敵視の理由だそうです。
    安室は10代のころから『安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S』という彼女をフューチャーしたユニットで活躍。
    浜崎は安室を『サル、モンキー』と呼んでいました」(同・ライター)

    浜崎はもともとアイドル出身だ。
    「浜崎くるみ」の名前でグラドル活動をしていたが鳴かず飛ばず。

    「知る人ぞ知る話ですが、浜崎は仕事がなく、繁華街の接客パブで歌っていた時期もあった。
    彼女は接客嬢ではなく、客盛り上げのバイト歌手でした。
    そんなところに客としてやって来たレコード会社幹部が彼女を見初め、デビューしたというのが定説です」(風俗ライター)

    抜きつ抜かれつの闘いを制するのは…

    その偶然の出会いが浜崎に幸運をもたらす。

    「幹部の“お気に入り”になり、それらの力をバックに浜崎はレコード会社の中で“女帝”と呼ばれるようになった。
    彼女のための宣伝費がガンガン使われ、歌とともに彼女の濃いメイクとファションも大流行。
    一方で安室は勢いを失い、韓国などのドサ回りに転出。
    『私は“化粧オバケ”のようには売ってもらえない』と涙したこともあったほど」(レコード会社関係者)

    しかし、今や浜崎の新譜はさほど話題にもならず、CDセールスもイマイチ。

    「浜崎は20代で実利50億円以上稼いだといわれます。
    とはいえ“あゆ軍団”を率いたりなど、出費も大変なもの。
    8割方使い尽くしたそうです。
    対して安室は3年前に所属事務所を辞め、個人事務所で稼ぎまくり。
    レコード会社のドル箱にもなっているのが浜崎は悔しい。
    だから引退は大喜び。
    この機に“復権”を企んでいるというのです」(同・関係者)

    今も精力的にライブ活動を行いファンを魅了する浜崎だが、もし引退するとしたら、果たして安室のような大セールスになるのだろうか。

    そのときが見物である。

    https://myjitsu.jp/archives/61521 


    所長見解:ないだろ・・・

    【【歌姫復権】浜崎あゆみが安室奈美恵の引退を喜ぶ理由がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月16日をもって引退する安室奈美恵。
    引退を発表してからはメディアでの注目度が激増し、記録的なセールスを達成した。
    この数カ月で最後の大稼ぎをした安室だが、引退後はどのような生活が待っているのだろうか。

    「15日には故郷の沖縄で行われるイベントに出演し、ラストライブを行う予定です。
    そしていよいよ引退当日の翌16日は、花火ショーが開催される中で安室を送り出すイベントが開催される見込みです」(芸濃記者)

    n


    イベントの開催が告げられると、瞬く間に沖縄のホテルには予約が殺到し、ホテルスタッフは対応に追われたようだ。
    ネット上ではファンたちが「安室ちゃんが引退を発表したときから沖縄のホテルは抑えてた」「ファンなら引退直前に沖縄でイベントをやるのは予知できていたでしょ」といった声も上げている。

    一方で、イベントのチケットを取れたがホテルが取れないという人も続出。
    SNSではホテルに宿泊する権利を譲渡するメッセージなどもやり取りされ、ファンも大忙しの状況だ。

    安室の生み出す経済効果はこんなものだけではない。
    ファストファッションブランド『H&M』が安室とコラボした新作を発売すると、日本全国82店舗で合計1万6000人以上もの行列ができたという。

    それらの商品は瞬く間に売り切れとなり、品薄状態に。
    インターネットオークションサイト『メルカリ』では早速転売が行われ、定価の2~5倍ほどでの取引まで行われていた。

    これまでにも十分稼いで巨万の富を手にしていた安室だが、この1年での稼ぎは特にすさまじい。
    引退後もしばらく動向が注目されることになるはずだが、一体どんな展望が予想されるのだろうか。

    「安室は京都や沖縄にマンションを持っているので、交際相手と言われているコンサートプロデューサーの男性と結婚し、その地域に住むというのが有力。
    しかし、引退後も追い掛け回される生活が予想されるだけに、海外で自由に暮らす可能性も高そうです。
    事情は違いますが、略奪婚で大バッシングされた布袋寅泰と今井美樹がイギリスへ逃亡したように、拠点を移すのは大いにあり得るでしょう」(芸能関係者)

    安室の息子は今年で二十歳を迎え、独り立ちできる年齢に。
    そのため、安室は今後の人生を自分のために生きたいと願っているようだ。

    「沖縄の島を購入する計画もあったようですが、安全面が心配な上、利便性がそこまでよくないので断念したそうです。
    ロサンゼルスに豪邸を建てるというウワサもありましたが、結局うやむやに。
    しかし、いずれにしても日本に未練はないようですから、引退して数カ月後には海外で暮らしていると思いますね」(同・関係者)

    https://npn.co.jp/article/detail/25188566/


    所長見解:もうすぐだね・・・

    【【引退セール】巨万の富を手にした安室奈美恵の引退後がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・りゅうちぇる(22)の「タトゥー」カミングアウトがSNS上で賛否両論の議論を巻き起こしている。
    りゅうちぇるは8月21日、Instagramの中で自身のタトゥー(19日のストーリーで披露)に批判が集まっていることに「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と書き込み、さらなる批判を呼んでいる。

    r


    InstagramやTwitterでは、りゅうちぇるのタトゥー発覚に賛否が分かれたものの、匿名の掲示板などでは

    「批判を覚悟で入れたはずなのにみっともない」
    「逆ギレの開き直り」
    「温泉やプールも行けない子供が可哀想だ」

    など、概ね厳しい声が見られた。

    これに対し、芸能界からはりゅうちぇる擁護の声があいつぐ。
    あばれる君(31)が「大丈夫!! 親指一本で投げられる言葉なんかに親心は絶対に負けないよ!!」とコメントしたほか、真鍋かをり(38)もTwitterで「なんでタトゥーで賛否両論…? それぞれの価値観なのに、他人のタトゥーにどうこう言う意味がわからない」と批判するネット世論に疑問を呈した。
    ほかにも、野村周平(24)が21日にTwitterで「タバコ吸ってたら印象悪い。タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない」と意見を述べている。

    一見すると、タレントらのうるわしい友情のようだが、テレビ業界におけるタトゥー問題は感情論で無責任に擁護できるものではなく、もっと根深い問題をはらんでいる。

    「民放テレビにおいては、タトゥーはいまも基本的には”放送禁止”です。
    ISSA(39)や山本”KID”徳郁(41)ら一部例外はありますが、社会的影響力が大きいと見られるタレントは完全にNGです。
    木村拓哉(45)も左足首にタトゥーを入れてますが、09年放送の『さんま&SMAP美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)でテーピングで隠したのは有名な話。

    またディーン・フジオカ(38)も16年放送の『あさイチ』(NHK)で左腕のタトゥーを隠すようにテープが貼られています。
    最近では、野性爆弾のくっきー(川島邦裕・42)が手首をテーピングして隠しています」(週刊誌記者)

    ミュージシャン全般においては一種の文化とみられているのか、B’zの稲葉浩志(53)やEXILEのATSUSHI(38)はタトゥーを放送で見せている。
    だが、その一方で安室奈美恵(40)も02年の『 NHK紅白歌合戦』に出場した際、左肩にタトゥーが入っていたため、視聴者から苦情が殺到したという。
    その影響なのか、昨今の出演ではタトゥーは消えている。

    「りゅうちぇるに関しては中高生の間でのバラエティ人気も高いため、どう考えてもNG。
    影響を受けた女子高生らが安易にタトゥーを入れる可能性もある。
    『社会を変えたい』と意気込むりゅうちぇるですが、青少年への影響を懸念する勢力から反発があるのは必至。
    そんな態度を続けていけばテレビ業界では”危険人物”だとみなされるでしょう」(同記者)

    はたして、りゅうちぇるらが望むタトゥーに寛容な社会は訪れるのか。
    自由に生きる芸能人とまじめな社会生活を送る一般人の間には、まだまだ温度差がありそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1507385/

    所長見解:わざわざね・・・

    【【刺青あり】テレビ業界で危険人物「タトゥー隠し芸能人」がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ