安室奈美恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今月1日に発表された日経トレンディ「2018年ヒット商品」ランキングで9月16日に引退した安室奈美恵さん(41)が1位になった。
    正確に言えば「商品」ではない人物名が同ランキングで1位を獲得するのは、1999年の宇多田ヒカル以来、19年ぶりだという。
    改めて安室さんは存在感の強さを示したといえるだろう。
    ファンの間に“アムロス”なんて言葉も広まったが、引退した安室さんは今、どこで何をしているのか――。

    彼女を長年取材してきたマスコミ関係者は、「数週間前に都内のスーパーで目撃しました。いつものように大きな帽子に白いマスク姿で買い物をしていました」と証言する。

    no title


    “一般人”になったことでいくらか肩の荷が下りたのか、家事もしっかりこなしているようだ。
    スーパーでは特売品にも手を伸ばしたり、買い物を楽しんでいる様子だったという。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241462


    所長見解:もうそんなか・・・

    【【あの人は今】近所のスーパーで特売品を買う安室奈美恵さんがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年のNo.1「ヒット商品」! 安室奈美恵さん、“ロス”効果がまだまだ続きそう?

    今月1日発表された、日経トレンディ「2018年ヒット商品」ランキングで、今年9月16日で引退した「安室奈美恵」さんが1位に輝いた。

    n


    同ランキングは、1987年の同誌創刊以来続いている人気企画。
    集計期間中(昨年10月から今年9月まで)に発表された商品やサービスを対象に、売れ行き、新規性、影響力の3項目をもとに同誌編集部が総合的に判断して発表する。

    同ランキングで人物名が1位を獲得するのは、1999年の宇多田ヒカル以来、19年ぶり。
    同誌は「平成の歌姫の引退劇が国民全員の関心事項に発展。『感謝』と『応援』の波は各業界に旋風を巻き起こし、経済効果は500億円超とも」と選出理由を説明している。

    安室さんのベストアルバム「Finally」は237万枚、ラストツアーを収めたDVDは173万枚を売り上げた(いずれもオリコン調べ)。

    引退前日に沖縄コンベンションセンターで行われたラストライブでは、音漏れを聞こうと会場に入れないファン1万人が集結。
    また、化粧品、アパレルなど限定コラボグッズは完売続出。

    さらに、発売中の「女性セブン」(小学館)によると、引退当日、安室さんが花火イベントを鑑賞に訪れた際に着用していた浴衣の販売元には問い合わせが殺到。
    そのため、生産が追い付かない状態になってしまったというのだ。

    「引退前、顧問弁護士が週刊誌などに、引退後の“取材規制”を依頼するなどしたことで効果があり、引退後、一切安室さんに関する情報が出ていない。
    そのため、ファンの“安室ロス”がさらに加速。
    関連商品がいまだに続々と売れている状態。
    今後、『引退●周年記念』のようなグッズを販売すれば、飛ぶように売れそうだ」(レコード会社関係者)

    引退した安室さんだが、まだまだ“ビジネスチャンス”は無限にありそうだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-43843/


    所長見解:なんか懐かしいな・・・

    【【結果発表】「2018年ヒット商品」がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    MAX メンバー全員40代で初の単独ライブ 
    NANAは「栄養ドリンクを飲んでライブに」

    4人組ダンスボーカルユニット「MAX」が14日、都内で1夜限りのスペシャルライブを行った。
    メンバー全員が40代になって初の単独ライブ。
    ヒット曲「Give me a Shake」「TORA TORA TORA」など全25曲を熱唱した。

    昨年は荻野目洋子(49)の「ダンシング・ヒーロー」がリバイバルヒットし、今年はDA PUMPの「U.S.A」がヒット中。
    所属事務所の先輩後輩の活躍にNANA(42)は「ユーロビートの波が来ている気がします。私たちもユーロビートの素敵な曲があるので、一緒に歌って踊って!」と盛り上げた。

    MCでNANAは「栄養ドリンクを飲んでライブに挑んでいる」と告白。
    LINA(41)は「みんなを盛り上げようと思ったけど、逆にみんなに助けられた」と笑顔で感謝を伝えた。

    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/14/kiji/20181014s00041000294000c.html


    所長見解:乗れなかったね・・・

    【【あの人は今】MAX メンバー全員40代で初の単独ライブの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スカパー!が全国の15歳~69歳の男女が、どのようにテレビを見ているのか(視聴方法や視聴スタイル)を把握するため、2015年に続いて2回目となる「テレビ視聴に関する調査」を行い、“「ポスト安室奈美恵」にふさわしいと思う女性歌手ランキング”を発表した。
    (スカパー!調べ)

    n


    スカパー!は、全回答者1,000名に「ポスト安室奈美恵」にふさわしいと思う女性歌手について調査を行ったとして、1位・倖田來未、2位・西野カナ、3位・Perfume、4位・浜崎あゆみ、5位・E-girlsという結果になったと発表した。

    さらに、6位にはAAAの宇野実彩子、7位には宇多田ヒカルと元°C-uteの鈴木愛理、9位にはAKB48・TWICE・山本彩ら人気アーティストがランクインしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00069466-etalent-musi


    所長見解:お浜は?・・・

    【【結果発表】ポスト安室奈美恵にふさわしいと思う女性歌手ランキングがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    16日に歌手を引退した安室奈美恵(40)だが、各スポーツ紙やテレビの情報番組以外のメディアでは、かなりの“情報統制”が行われていたことが報じられている。

    n


    「3大NGワードが身内に殺された『母親』、そして離婚したTRFの『SAM』、以前所属していた『ライジングプロダクション』です。
    また、一部週刊誌などに対しては安室の顧問弁護士をつとめるらつ腕弁護士から、『一般人になったので取材自粛を』との書面が届いていますが、お願いというよりも恫喝に近い感じです」(週刊誌記者)

    そのNGワードのうちの「母親」だが、なかなか凄惨な事件だった。

    発生したのは1999年3月17日のことだった。

    「安室の実母が義理の弟に車で轢かれた後にナタで殴られ殺害されてしまった。
    実母を殺害した安室の叔父は事件から4時間後に山中で死亡しているところを発見されたが、農薬による服毒自殺。
    事件の背景は、叔父が安室の母親に対する嫉妬などが原因で、安室の母親側にも非がないことはなかった」(当時事件を取材した記者)

    ところが、当時の各スポーツ紙やテレビ局の情報番組は安室に同情的な記事のオンパレード。
    事件の“真相”を伝えたのは一部の週刊誌のみだった。

    「それもそのはずで、各スポーツ紙などには安室の事務所から“口止め料”的なものが支払われていました。
    おまけに、通夜・告別式で受付をしていたのは当時の安室の事務所の番記者というありさまです。
    各スポーツ紙などは、そんな風にして身内の不幸を“鎮火”させてくれた恩人のはず。
    しかし、安室は以後、そんな恩人達を切り捨て、記者のインタビューを受けなくなったどころか、コンサートの生写真もNGにするなどやりたい放題でした」(同前)

    揚げ句の果てには、デビュー以来世話になった事務所からも独立。
    ファンには愛されている安室だが、かつての身内やメディアにはつれない態度を貫き、恩返しもしないまま引退を迎えたようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/63374732/


    所長見解:どうなんだろ・・・

    【【芸能界引退】恩人たちをすっぱり切り捨てた安室奈美恵 ←これwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ