ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    安室奈美恵

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「WE LOVE NAMIE」安室奈美恵への愛あふれる企画スタート、沖縄の50社80店舗が参加

    沖縄タイムス社が主催する安室奈美恵のプロジェクト「愛(かな)さ▽NAMIEいちまでぃん。」が本日9月1日より20日まで沖縄で展開される。


    沖縄の言葉で「WE LOVE NAMIE」の意味を持つ「愛さ▽NAMIE」、「いつまでも、永遠に」を表す「いちまでぃん。」が冠されたこのプロジェクト。

    期間中は企画に賛同した沖縄の50社80店舗がオリジナルメニューの提供やステッカーおよびペーパーバッグの配布など、安室への愛を感じさせる特別なおもてなしを観光客に対して行う。

    また那覇市の各所でプロジェクトのキービジュアルや公式ロゴが掲出されている。

    本日1日発行の沖縄タイムス朝刊には、プロジェクトの特集ページが別刷りで折り込まれている。


    no title

    所長見解:ひっぱるね・・・

    【【あの人は今】安室奈美恵さんの現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    k


    ●第1位は、男女世代を問わず幅広い人気を集めた「安室奈美恵」!

    総合ランキング首位は、世代別・性別のランキングすべてにおいて第1位を獲得!
    圧倒的な人気を集めた平成を代表する音楽アーティスト、安室奈美恵です。
    コメントには、“デビューから引退までトップであり続けた”(53歳・女性)、“平成が終わる前に引退したから”(28歳・男性)といった、2018年9月の引退が印象的だとする声が多く寄せられました。
    そのほか、“ファッションでも社会現象を起こした(47歳・女性)”、“自身もアムラーだった”(40歳・女性)といった、歌手としてだけではなくファッション・スタイルへの共感や、“リオデジャネイロオリンピックの時に流れていたテーマ曲が印象深い”(45歳・男性)、“結婚式で使用した”(31歳・女性)など、楽曲が与える影響の大きさが伺えます。


    そして総合2位には、主に30~40代男女からの票を集めた宇多田ヒカルがランクイン。
    理由には、“デビューが衝撃的だった”(47歳・男性)、“今までの日本の音楽とは違う楽曲に衝撃を受けた”(67歳・女性)など、「衝撃」という言葉を使用したコメントが目立ちました。
    当時15歳とは思えない歌唱力と作詞作曲力をあわせ持った少女のデビューに驚かされたファンが多かったようです。


    総合3位は、世代を問わず、多くの女性から支持集めた嵐です。
    “日本を代表するアイドルグループだから”(23歳・女性)、“5人の個性や歌が世代問わず親しみやすい”(62歳・女性)、といったファンからのコメントの中にはやはり、2020年の活動休止を惜しむ声も多く見られました。


    一方、総合4位のサザンオールスターズについては、40~60代男性からの得票が多く、“はじめて買ったレコードがサザンオールスターズだから”(51歳・男性)、“青春時代、毎日聞いていた。サザンなしには考えられない。”(45歳・男性)など、自身の思い出にからめたコメントが寄せられました。


    みなさんも心に残る音楽アーティストの楽曲を聞きながら、終わりゆく「平成」に想いを馳せ、新たな気持ちで「令和」のスタートをきってみてはいかがでしょうか。


    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005757.000007006.html

    所長見解:そうやね・・・

    【【結果発表】「心に残る平成の音楽アーティスト」ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の浜崎あゆみ(40)が10日、自身のインスタグラムを更新し、その投稿内容に批判の声が上がるなど話題になっている。

    浜崎といえば先日、さいたまスーパーアリーナで行われたライブを終えたばかり。

    公演当日の7日には「今日が浜崎あゆみ21年目最後の日。
    これまでのたくさんのありがとうとごめんねを全部抱えて」と意気込みを語ったが、この投稿がされたのは開演時間と同じ16時。


    実はこの日の公演は約1時間遅れで開始し、理由は「機材トラブル」と発表されていたため、
    ネット上では「開演時間にインスタやってんじゃねーよ!!」という厳しい声が上がってしまった。

    h


    そんな浜崎はこの日、「21周年Party」とつづり、華やかな青い衣装を着たステージ写真を公開した。

    しかし、一部ネット上ではこの衣装に対して

    「最近のあゆは安室ちゃんの衣装みたいな衣装になっとるがな」

    「LINEニュースとか見ると、あゆが安室ちゃんっぽくなってきてる気がして……」
    「衣装もメイクも安室ちゃんに寄せてる」

    「これはひどい!パクリ過ぎ!」

    など、昨年芸能界を引退した安室奈美恵(41)の衣装をパクっているという批判の声が上がっている。


    実は以前にも安室のライブ演出や衣装を真似ているのではないかと話題になっていた浜崎。

    偶然似てしまった可能性もあるが、度重なるパクリ疑惑にファンの反感を買ってしまったようだ。



    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/1770864/

    所長見解:またやん・・・

    【【これはひどい】浜崎あゆみ、ステージ衣装が安室奈美恵のパクリ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テーマは、「歌姫」。

    m


    日本の音楽シーンを時代ごとに彩ってきた昭和、平成の歴代歌姫たちのシングル総売り上げ枚数”をランキングにし、そのベスト100位~1位までを一挙公開。
     
    https://news.mynavi.jp/article/20190210-769791/


    オリコン調べ

    順位 アーティスト名 合計売上数

    1  AKB48 5211.6万枚
    2  浜崎あゆみ 2149.3万枚
    3  ZARD 1773.2万枚
    4  安室奈美恵 1768.7万枚
    5  乃木坂46 1567.6万枚
    6  松田聖子 1550.1万枚
    7  宇多田ヒカル 1549.4万枚
    8  DREAMS COME TRUE 1511.0万枚
    9  モーニング娘。 1396.9万枚
    10  globe 1333.5万枚
    11  中森明菜 1287.7万枚
    12  大黒摩季 1164.9万枚
    13  山口百恵 1142.0万枚
    14  TRF 1139.9万枚
    15  ピンク・レディー 1103.6万枚
    16  SPEED 1103.1万枚
    17  中島みゆき 1036.0万枚
    18  工藤静香 981.6万枚
    19  SKE48 965.3万枚
    20  小泉今日子 942.3万枚
    21  Every Little Thing 910.3万枚
    22  中山美穂 872.4万枚
    23  松任谷由実 857.2万枚
    24  倉木麻衣 805.5万枚
    25  小柳ルミ子 795.5万枚
    26  岩崎宏美 774.2万枚
    27  NMB48 753.1万枚
    28  華原朋美 720.0万枚
    29  My Little Lover 690.3万枚
    30  八代亜紀 678.3万枚
    31  森高千里 640.8万枚
    32  LINDBERG 637.0万枚
    33  桜田淳子 590.7万枚
    34  今井美樹 564.5万枚
    35  PUFFY 563.5万枚
    36  JUDY AND MARY 528.1万枚
    37  欅坂46 513.5万枚          

    https://www.tbs.co.jp/utanogoldenhit/


    所長見解:そうなるか・・・

    【【一位は・・・】 昭和&平成の歴代歌姫ベスト100がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の歌姫・美空ひばりは、昭和の終わりから半年と経たずに生涯を閉じた。

    時代の象徴は時代と共に姿を消すものなのか。

    平成の歌姫と、平成の音楽シーンの象徴もまた、時代の区切りに活動を終えた。

    安室奈美恵(41)と小室哲哉(60)だ。

    至近から見た安室の実像は、これまで、意外なほど語られてない。

    今回、globeのメンバーとして小室と寝食を共にし、安室のミリオンセラーの歌詞も担当したマーク・パンサー(48)が、2人の来し方を語ってくれた。


    「安室ちゃんとは一緒のファミリーでしたけど、皆と飲んで騒ぐような子ではなくて、真面目な印象。
    当時の小室さんの周りには、ごまをする人や、言いなりの人が多い中、安室ちゃんだけは自分を貫いていた」

    小室が安室のプロデュースをしていたのは1995年(平成7年)から約5年間と、さほど長くない。

    しかし、プロデューサーとしての小室の絶頂期と重なる。

    「あの頃は、ロサンゼルスの6千坪の小室さんの豪邸に僕も住んでいた。
    近所にはボブ・ディラン。
    日本ではフェラーリでドライブしたし、ヨーロッパの電車移動は車両ごと予約していたんです」

    皆が、狂熱に浮かれるなか、安室だけは違った。

    「97年に台北で小室ファミリーのライブをした時も、高級ホテルのワンフロア全部屋を予約したんですよ。
    でも安室ちゃんだけ別の場所に泊まっていた。
    それくらい徹底して距離を取っていましたね。
    媚びない彼女は近くで見ていても格好良かったですもん」

    k


    孤高と寂寥

    97年にダンサーのSAMと結婚し、翌年長男を出産、99年に実母を義理の叔父に殺害される事件が起きるなど、激動の20代を過ごす安室。

    しかし、事件後も10日余りで復帰し、トップをひた走ることを止めなかった。

    そして2001年に小室と袂を分かつ。

    この時期、音楽業界全体も変革期にあった。

    「iTunesが生まれて配信サービスが出てきた。
    CDセールスが絶対的価値だった小室さんがプレッシャーを感じ始めた頃です。
    この初期微動を安室ちゃんは察知したんでしょう。 
    物ではなく自分自身を売る時代が来ると。
    それでセルフプロデュースに舵を切るのです」

    その後の2人の人生は明暗を分ける。

    安室は、ライブ中心の活動が功を奏し、全世代の女性から憧れと支持を集める。

    一方の小室は、ヒット曲をなかなか生み出せない。

    そして、08年に5億円の詐欺容疑で逮捕、翌年に有罪判決を受けている。

    18年、人気絶頂の中での引退が社会現象になった安室に対し、不倫報道の釈明会見で引退を表明した小室。

    孤高と寂寥のコントラストがより強まった。

    「カジノで大勝ちしている時に止めるのと同じくらい、人気が続く中での引退はアーティストにとって難しい。
    それが出来たのが安室ちゃんで、夢を追い続けたのが小室さん。
    どちらが失敗ということもない。
    僕と小室さんの2人でクラブでDJしてた2、3年前だって楽しそうにしてましたしね」

    マークは前を見ている。

    「結成25周年には東京五輪、30周年には大阪万博がある。
    僕がglobeの灯を消さないでいれば、メンバー全員が揃ってライブをする奇跡が起こると思っている」

    年号で区切れない熱い想いが灯っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15872691/

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【平成のヒットメーカー】マーク・パンサーが見た「安室奈美恵と小室哲哉」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ