宇多田ヒカル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(36)が3日放送のTBS「マツコの知らない世界SP」に出演。

    デビュー曲「Automatic」のPVにまつわる衝撃の事実を明かした。


    206万枚を売り上げたデビュー曲「Automatic」(1998年)。

    PVでは宇多田が立ち上がらずに中腰の姿勢で歌っているが、その理由は演出でなく「撮影上の理由だった」と告白。


    h

     
    宇多田のファンを公言しているMCのマツコ・デラックス(47)が「画期的な映像だった」とほめると、「なにがそんなに…」と謙遜。

    「だってあれ立ち上がらないのよ」と話すと、「諸説あって、私の記憶では(撮影の)セットの幅があまりなくて、カメラを引くと横幅が見切れてしまう。
    なので立ち上がれなくて、でも座ったままなのも…って思って動きを出さなきゃって思ったんです」と理由を明かした。

     
    この衝撃的な理由にマツコも驚き。

    「偶然できたのね…誰か偉い人が『立つな』って言ったわけじゃないのね」と感心していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000260-spnannex-ent

    所長見解:そうなん・・・

    【【衝撃告白】宇多田ヒカルさん、「Automatic」を中腰で歌った理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    k


    ●第1位は、男女世代を問わず幅広い人気を集めた「安室奈美恵」!

    総合ランキング首位は、世代別・性別のランキングすべてにおいて第1位を獲得!
    圧倒的な人気を集めた平成を代表する音楽アーティスト、安室奈美恵です。
    コメントには、“デビューから引退までトップであり続けた”(53歳・女性)、“平成が終わる前に引退したから”(28歳・男性)といった、2018年9月の引退が印象的だとする声が多く寄せられました。
    そのほか、“ファッションでも社会現象を起こした(47歳・女性)”、“自身もアムラーだった”(40歳・女性)といった、歌手としてだけではなくファッション・スタイルへの共感や、“リオデジャネイロオリンピックの時に流れていたテーマ曲が印象深い”(45歳・男性)、“結婚式で使用した”(31歳・女性)など、楽曲が与える影響の大きさが伺えます。


    そして総合2位には、主に30~40代男女からの票を集めた宇多田ヒカルがランクイン。
    理由には、“デビューが衝撃的だった”(47歳・男性)、“今までの日本の音楽とは違う楽曲に衝撃を受けた”(67歳・女性)など、「衝撃」という言葉を使用したコメントが目立ちました。
    当時15歳とは思えない歌唱力と作詞作曲力をあわせ持った少女のデビューに驚かされたファンが多かったようです。


    総合3位は、世代を問わず、多くの女性から支持集めた嵐です。
    “日本を代表するアイドルグループだから”(23歳・女性)、“5人の個性や歌が世代問わず親しみやすい”(62歳・女性)、といったファンからのコメントの中にはやはり、2020年の活動休止を惜しむ声も多く見られました。


    一方、総合4位のサザンオールスターズについては、40~60代男性からの得票が多く、“はじめて買ったレコードがサザンオールスターズだから”(51歳・男性)、“青春時代、毎日聞いていた。サザンなしには考えられない。”(45歳・男性)など、自身の思い出にからめたコメントが寄せられました。


    みなさんも心に残る音楽アーティストの楽曲を聞きながら、終わりゆく「平成」に想いを馳せ、新たな気持ちで「令和」のスタートをきってみてはいかがでしょうか。


    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005757.000007006.html

    所長見解:そうやね・・・

    【【結果発表】「心に残る平成の音楽アーティスト」ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テーマは、「歌姫」。

    m


    日本の音楽シーンを時代ごとに彩ってきた昭和、平成の歴代歌姫たちのシングル総売り上げ枚数”をランキングにし、そのベスト100位~1位までを一挙公開。
     
    https://news.mynavi.jp/article/20190210-769791/


    オリコン調べ

    順位 アーティスト名 合計売上数

    1  AKB48 5211.6万枚
    2  浜崎あゆみ 2149.3万枚
    3  ZARD 1773.2万枚
    4  安室奈美恵 1768.7万枚
    5  乃木坂46 1567.6万枚
    6  松田聖子 1550.1万枚
    7  宇多田ヒカル 1549.4万枚
    8  DREAMS COME TRUE 1511.0万枚
    9  モーニング娘。 1396.9万枚
    10  globe 1333.5万枚
    11  中森明菜 1287.7万枚
    12  大黒摩季 1164.9万枚
    13  山口百恵 1142.0万枚
    14  TRF 1139.9万枚
    15  ピンク・レディー 1103.6万枚
    16  SPEED 1103.1万枚
    17  中島みゆき 1036.0万枚
    18  工藤静香 981.6万枚
    19  SKE48 965.3万枚
    20  小泉今日子 942.3万枚
    21  Every Little Thing 910.3万枚
    22  中山美穂 872.4万枚
    23  松任谷由実 857.2万枚
    24  倉木麻衣 805.5万枚
    25  小柳ルミ子 795.5万枚
    26  岩崎宏美 774.2万枚
    27  NMB48 753.1万枚
    28  華原朋美 720.0万枚
    29  My Little Lover 690.3万枚
    30  八代亜紀 678.3万枚
    31  森高千里 640.8万枚
    32  LINDBERG 637.0万枚
    33  桜田淳子 590.7万枚
    34  今井美樹 564.5万枚
    35  PUFFY 563.5万枚
    36  JUDY AND MARY 528.1万枚
    37  欅坂46 513.5万枚          

    https://www.tbs.co.jp/utanogoldenhit/


    所長見解:そうなるか・・・

    【【一位は・・・】 昭和&平成の歴代歌姫ベスト100がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    通信カラオケ「DAM」を運営している第一興商が、平成6年(1994年)4月から平成30年(2018年)10月までのデータを集計し、「平成」の時代に最も歌われた曲、最も歌われた歌手、それぞれの年で最も歌われた曲を発表した。

    h


    最も歌われた曲は一青窈の「ハナミズキ」。

    2位はMONGOL800の「小さな恋のうた」で3位は高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」。

    懐かしい曲に当時を思い出した人も多かったことだろう。

    だが、そんな中、最も歌われた歌手が浜崎あゆみだったことから、驚きと疑問の声が上がっている。

    SNSやネットに寄せられた意見は

    「浜崎がそんなに歌われていたなんて意外」
    「売れてる歌手というイメージはあるけれど、ヒット曲が出てこない。あゆの代表曲って何なの?」

    となっている。

    「浜崎の曲で一番売れたのは1999年リリースの『A』で163万枚のヒットを記録しました。
    この曲は清涼飲料水『桃の天然水』のCMソングに起用されています。
    2位は2000年の『SEASONS』。
    こちらはドラマ『天気予報の恋人』(フジテレビ系)の主題歌になり、136.7万枚。
    ところが、この2曲とも『もっとも歌われた曲』のベスト50に入っていないんです。
    つまり、浜崎はコレといった代表曲はないものの、多くの曲がまんべんなく歌われたということになりますね」(エンタメ誌ライター)

    浜崎の最大のヒット曲「A」がリリースされた1999年に最も歌われたのは、宇多田ヒカルの「Automatic」。

    何かとライバル扱いされる2人の戦いがこの時点ですでに始まっていたというのも興味深い。

    「宇多田ヒカルの『Automatic』はすぐに思い出せますが、浜崎は『A』も『SEASONS』もどんな曲か思い出せないという人が多いのではないでしょうか。
    その差が2人の今の差につながっていると言えるのかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

    平成の次の時代を代表する歌手は誰になるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1587281/


    所長見解:そうやろね・・・

    【【結果発表】平成のカラオケで最も歌われた歌手はまさかのあの歌姫www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(35)が、年下のイタリア人男性と離婚していたことが7日、分かった。
    所属レコード会社が「離婚は事実です。時期については把握しておりません」と明かした。

    2人は2014年2月に結婚を発表。
    男性はフランチェスコと名乗り、英ロンドンのバーテンダーだと説明していた。
    すでに宇多田が若手ミュージシャンと交際しているとの情報もあり、デビュー20周年の節目は公私ともに新たなスタートを切る一年となりそうだ。

    utada


    デビュー20周年の節目を迎えた歌姫が、私生活でも大きな転機を迎えていた。
    宇多田の所属レコード会社が離婚を発表。
    世界的な注目を集めた“格差婚”は、約4年で終わりを告げた。

    8歳下とされるイタリア人男性との再婚は、宇多田が芸能活動休止中だった14年2月に電撃的に発表された。
    当時、男性は宇多田の公式HPで「平凡な男が、ヒカルのようなスーパースターと一緒になるということが不思議に感じられるかもしれません。私自身も初めは信じられませんでした」とコメントしていた。

    “逆シンデレラストーリー”としてイタリアの地元紙でも取り上げられ、同年5月には男性の故郷にほど近いイタリア南部の海辺の街ポリニャーノ・ア・マーレの教会で挙式した。
    宇多田は15年7月に長男を出産。
    ツイッターで子育てについてつづることもあった。
    離婚後も宇多田は変わらず活動拠点を海外に置いているという。

    2度目の離婚を決断した宇多田だが、すでに新たな恋をスタートさせていると明かす関係者もいる。
    懇意にしている若手ミュージシャンと交際中という。

    仕事面も順調で、新曲は17日スタートのTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」のイメージソングに決定。
    初めてプロデュースする新人歌手・小袋成彬(おぶくろ・なりあき、26)のデビューを25日に控えている。

    宇多田は02年9月に映像作家の紀里谷和明氏(49)と結婚するも、07年3月に離婚。今回で2度目の離婚となり、初婚時同様、5年以内で結婚生活にピリオドを打った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000001-dal-ent


    所長見解:次ね・・・
    【【離婚理由】宇多田ヒカル、既に若手ミュージシャンと交際中?  ←これwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ