ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    子役

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鈴木福さん、2年ぶりに会った芦田愛菜ちゃんに敬語を使ってしまう

    うーん

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:これはな・・・

    【【悲報】鈴木福さん、芦田愛菜ちゃんに敬語ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「可愛い我が子を芸能界に……」

    「いつか映画に出るような女優になってほしい」

    そんな親の思いで子役事務所に所属する子どもは多い。

    間下このみさんは4歳のときに出演したキッコーマン「ガンバレ! 玄さん」のCMでブレイクし、一躍お茶の間の人気者に。


    m


    間下さんによると「13歳くらいからが子役の一番つらい壁」だという。

    元子役の間下さんは「20歳を越えるまで“学ラン恐怖症”だった」と明かす。

    学生時代を振り返り「学ランを着ている男子中高生からすれ違いざまに『いきがってんじゃねーぞ』とか『テレビ出てんじゃねーぞ』って言われることがけっこうあった」と話す。

    また、間下さんは芸名が本名だったこともあり、家の留守番電話に悪口や罵倒する音声が残されていることも日常茶飯事だった。

     
    子役だった間下さんを傷つけたのは、同世代の子どもたちだけではない。

    小学生の頃、自分が悪いことをしたとき、先生に謝りに行ったことがあり、謝ると先生から「その芸能人みたいな謝り方をやめなさいよ」と言われた。

     
    心から謝ったのに、子どもながら深く傷ついた間下さん。

    これを聞いた番組MCのSHELLYは「先生も自分の知らない世界を子どもが見ているので引け目を感じていたのかも」と推測。

    間下さんは「先生にはいい先生と悪い先生がいる。その差が大きい」とし、「小さい身体で受け止めるのは複雑だった」と話す。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00010015-abema-ent


    ▼女優で写真家の間下このみさん
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggyaymnkvKVoKnr.B2hKQjow---x900-y496-q90-exp3h-pril/amd/20191019-00010015-abema-000-1-view.jpg

    所長見解:懐かしい・・・

    【【元・人気子役】間下このみさん「私の人生むちゃくちゃだ!」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「えなりくんの事務所は誰も電話に出ず、ピン子さんサイドも対応をTBSに一任。
    この騒動がどう終結するのか、ドラマ以上に興味があります」(ドラマ関係者)。

    突如として湧いて出た“親子”共演NG。

    その裏では“母”同士の激しい闘いがあった。

    w


    「長年続いている番組に対してあの記事は失礼ですよ! 
    記事が出た後にえなりとも話しましたが、本当にびっくりしていました。
    口数の少ない子ですけど、『なんなんでしょうね…』と驚いていました。
    降って湧いたような話です。
    橋田先生とは(騒動について)お話ししていません。
    まぁ、ちょっといろいろな形で来年のことはお話ししましたけど」

     
    国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の石井ふく子プロデューサー(93才)がそう話すのは、『週刊文春』(10月10日号)が報じた泉ピン子(72才)とえなりかずき(34才)の「共演NG問題」についてだ。


    『渡鬼』といえば中華料理店「幸楽」を舞台にして、ピン子演じる小島五月と、えなり演じる長男・眞(しん)による母子のかけ合いが見どころの1つ。


    だがドラマの脚本を務める橋田壽賀子氏(94才)が『週刊文春』の直撃取材を受け、

    《うーん、まぁ、(えなりとピン子を)一緒にしちゃいけない。
    一緒に出るとえなり君がおかしくなるんですって。
    発疹が出たり》

    と語ったのだ。


    1990年の放送開始から、レギュラー出演している2人。

    ドラマは2011年にシリーズ放送を終え、その後はスペシャル番組として年に1回のペースで続いていた。

    しかし2015年の回を最後に、2人が同じ場面に出ることはなかった。


    文春の記事に石井氏は怒り心頭だが、番組関係者からは「納得」との声が寄せられる。


    「ついに報じられたかという感じです。
    お互いに積もり積もった感情が爆発したのでしょう」(TBS関係者)


    『渡鬼』の共演者の1人は「これはえなりくんとピン子さんの問題だけではありません」と指摘する。


    「本当にバトルをしているのは、えなりくんのお母さんとピン子さんです。
    えなりくんは2人の“母親”の間で揺れていたんです」


    超人気ドラマの舞台裏で何が起きているのか──。


    元ミュージシャンの父と元歌手の母の間に生まれたえなりは、幼稚園に行く代わりに劇団と音楽教室に通った。

    5才にして『渡鬼』デビューすると、父が社長で母がマネジャー、所属タレントはえなりと弟・江成正元(30才)のみという個人事務所で芸能活動を続けてきた。

    「一家で芸能界を渡り歩いているだけに結束は固い。
    デビュー当時は10坪の2DKのマンションで暮らしていましたが、今から16年前に住居兼事務所としてビルを買ったんです。
    その都心に建つビルは地上3階建てで400平方メートル近い豪邸。
    中古物件ですが少なくとも3億円を超えるはずで、そのほとんどをキャッシュで払ったと噂されていました。
    ドラマで頑張ったえなりくんの功績から、近所では“子役ビル”と呼ばれています」(前出・TBS関係者)


    芸能界を生き抜く一家の中心となったのが、えなりの母だった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17209698/
    NEWSポストセブン

    所長見解:ややこしそうやな・・・

    【【渡鬼騒動】「ピン子 vs えなり」の黒すぎる内幕がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「会うと発疹が出る」えなりかずきの泉ピン子“渡鬼”共演拒否 

    橋田壽賀子が真相を告白


    国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かした。


    「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる嫁姑や親子関係など家族の問題をリアルに描いてきた。

    泉ピン子は主人公の小島五月を、えなりは五月の長男・眞を演じている。

    だが、二人は2015年に放送された特番を最後に、以降は共演をしていない。

    今年9月16日に放送された特番でも、同じシーンに登場することはなかった。


    w


    橋田氏は「週刊文春」の取材に、こう語った。

    「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。
    それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。
    そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」
     
    さらに橋田氏はこう語る。

    「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。
    母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。
    アホみたいな話ですよ。
    役者がケンカしてるから、書けないって」
     

    また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。
     
    えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答した。


    小誌の取材に、泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えた。
     

    10月3日(木)発売の「週刊文春」では、“渡鬼”で何が起きていたのか、橋田氏が小誌だけに打ち明けた胸の内、えなりの母とピン子の対立、えなり家の事情などについて詳報する。


    週刊文春
    https://bunshun.jp/articles/-/14465

    橋田壽賀子氏
    https://bunshun.jp/mwimgs/d/0/1500wm/img_d008aced3c1a9ed80dd48d653acd730c235995.jpg

    2015年の特番が最後の共演に(「渡る世間は鬼ばかり」2015年2時間スペシャルより)
    https://bunshun.jp/mwimgs/a/1/1500wm/img_a1c630efa2eb9604f10aff0556e93e67188070.jpg

    所長見解:えなり・・・
    【【渡鬼】えなりかずき氏、泉ピン子との共演拒否るってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    年100冊超読む芦田愛菜、最近ハマった本は『騎士団長殺し』

    年間100冊以上の本を読むほど読書家の芦田愛菜(15)。

    中学生として、そして女優として忙しい日々を送る中でも、本は欠かせないものだという。 


    そんな芦田が、今まであまり本を手に取ってこなかった人にも、本を好きになってもらえるきっかけになったら…という思いから、
    初の書籍『まなの本棚』でお気に入りの本約100冊を紹介している。

    今回、自らの読書体験から書籍の裏話まで、いろいろお話ししてくれた。 



    画像①  


    https://www.news-postseven.com/archives/20190718_1412346.html

    所長見解:大きくなったよ・・・

    【【検証画像】芦田愛菜さん、大人の女性に成長中の模様・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ