ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    子役

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    年100冊超読む芦田愛菜、最近ハマった本は『騎士団長殺し』

    年間100冊以上の本を読むほど読書家の芦田愛菜(15)。

    中学生として、そして女優として忙しい日々を送る中でも、本は欠かせないものだという。 


    そんな芦田が、今まであまり本を手に取ってこなかった人にも、本を好きになってもらえるきっかけになったら…という思いから、
    初の書籍『まなの本棚』でお気に入りの本約100冊を紹介している。

    今回、自らの読書体験から書籍の裏話まで、いろいろお話ししてくれた。 



    画像①  


    https://www.news-postseven.com/archives/20190718_1412346.html

    所長見解:大きくなったよ・・・

    【【検証画像】芦田愛菜さん、大人の女性に成長中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【脚だ生】芦田愛菜さんのスネ毛 
     
    no title

    画像①



    所長見解:ええやない・・・

    【【検証画像】脚だ生 ←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今、最強子役といえば、寺田心だろう。

    「ブックオフなのに本ねえじゃん」のCMでは、ブックオフの業績回復にも貢献した。

    ドラマや映画にも引っ張りダコだ。

    では、10年前の最強子役が誰だったかといえば、大橋のぞみである。

    1歳から児童劇団に所属し、2007年「藤岡藤巻と大橋のぞみ」として、アニメ映画「崖の上のポニョ」の同名主題歌を歌い、翌夏の公開とともにこれが大ヒットして、脚光を浴びた。

    その勢いでソロアルバム「ノンちゃん雲に乗る」をリリース。

    「紅白」では「ポニョ」以外に、オープニングにも登場してひとりで「切手のないおくりもの」を歌った。

    n


    その翌年も快進撃は続き、ドラマ「白い春」や「ザ・クイズショウ」などに出演。

    「紅白」にも応援ゲストとして登場してソロで2曲披露した。

    あくる年4月の「週刊文春」の記事によれば、CM契約は10社を超え、そのギャラは無名子役の100倍にあたる1本500万円まで高騰していたという。

    しかし、2012年春、小学校卒業を機に芸能界を引退。

    理由は「学業優先」で、その後は一度も復帰していない。

    5月9日には一般人のまま、20歳になった。

    じつはこれだけの人気者があっさりと引退して姿を消すことは珍しく、ネット上ではちょくちょくその消息が話題になっている。

    9歳のとき、「保育園の先生になりたい!」と言っていたことから、保育士資格が取得できる首都圏の大学に通っているらしい、というのもそのひとつだ。

    が、真偽はわからない。

    写真についても信憑性がありそうなのは、引退5ヶ月後に業界人がツイッターにあげたパーティーでの2ショットが最後である。

    その後、本人とされる写真がいくつか拡散されたが、島崎遙香(元AKB48)や中元すず香(BABYMETAL)の間違いであることが判明。

    最近出回った本物とされる写真も後ろ姿だったりして、信憑性も何も確かめようがない。

    とまあ、芸能史上稀に見る去り方をしたわけだが、その理由を考えるうえで重要なことがある。

    それは彼女が子役として、むしろ異端だったということだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00000090-sasahi-ent

    所長見解:20歳か・・・
    【【伝説の子役】大橋のぞみが芸能界から姿を消した理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    【画像】芦田愛菜ちゃん、デカくなる


    m
    所長見解:順調やん・・・
    【【検証画像】芦田愛菜さん、アレが大きく成長した模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ “芦田プロ”と称賛のコメント力 愛菜ちゃんの意外な「ゴスロリ趣味」

    2011年頃に子役として大活躍した芦田愛菜(14)が再び脚光を浴び始めている。

    数年前まで学業のため芸能活動をセーブしていたようだが、最近になってテレビ番組などにたびたび出演。

    大人顔負けの受け答えを見せ、そのコメント力に称賛の声が相次いでいる。

    特に注目を集めたのは、5月に出演したNHKの改元に伴う特別番組。

    令和を迎えたことについて、「歴史的には、譲位されて上皇となった天皇がたくさんいるってことは知っていたので、 上皇さまとお呼びすることに混乱はありません」
    「気持ちが一新されて、前向きな気持ちになっています」などと落ち着いた様子で語り、 SNS上では「14歳とは思えない素晴らしさ」と、驚きの声が多く寄せられた。

    才色兼備かつ、そつのない振る舞いからネット上では“芦田プロ”と呼ばれることがある彼女。

    名門中学に通い、演技力も抜群。

    そして大人顔負けのコメント力――「完璧」という言葉しか思い浮かばないが、そんなイメージとは裏腹に、意外にも年頃の女の子っぽい人間らしさが垣間見えることもある。

    m


    例えば、コメント力に定評のある芦田も時には言葉を詰まらせることが。

    バラエティ番組で藤田ニコルが9科目中8科目「1」という中学3年生の時の成績表を公開し、 芦田はその感想を聞かれたのだが、「えっ……」と絶句。

    さらに、藤田から「友達にはいないタイプだよね」と振られると「でも、いや……」と、全く言葉が出てこなかった(「池上彰と“女子会”」2018年4月16日放送)。

    一方、どうやら芦田はスポーツ全般が苦手なようだ。

    水泳では、25メートル泳ぎ切れるまで補習授業に行かなくてはならないと明かしていたことも (「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念舞台挨拶、2017年7月22日)。

    さらに球技も苦手で、ドッヂボールやバレーボールで活躍できない運動オンチだという(『誰だって波瀾爆笑』2017年8月13日放送)。

    成績表に対するリアクションといい、自身の欠点といい普通の女子中学生らしい一面も持ち合わせている芦田。

    実際にショッピングのロケ企画では、「ゴスロリを着てみたい」と話し、洋服を前に「カワイイ」を連発。

    ゴスロリ衣装を試着して「もう、すごく楽しいです!」と喜んでいた(「櫻井・有吉THE夜会2時間SP」2017年6月29日放送)。


    https://dot.asahi.com/dot/2019060400053.html

    所長見解:順調やね・・・

    【【悲報】芦田愛菜さん、ついに目覚めた模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ