子供

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    「ママ! おにんにんが大きくなった!」

    no title

    所長見解:かっこいい・・・


    【【緊急】「ママ! おにんにんが大きくなった!」←どうするこれ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    c


    最近の小中学生、発育が良すぎる 


    所長見解:ほんまや・・・

    【【画像あり】最近の小中学生、発育が良すぎる件・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの安田美沙子が12月16日、自身のインスタグラムを更新。

    新幹線の車内で長男を怒鳴ってしまったことを明かした。


    安田は、《怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました》と明かすと同時に、同乗していた『ノンスタイル』の石田明にベビーカーと荷物を運んでもらったことを報告した。


    i


    怒鳴っちゃいけない、怒鳴っちゃいけない。。そう誓ったのに、新幹線で怒鳴ってしまって自己嫌悪。人目をはばからず泣きながらパパに電話。どうしていいか分からなくなっちゃいました。 . . . 行きの新幹線は、ベビーカーの車輪が上がらず、乗り込むのに手こずりました。乗り込んだらノンスタイルの石田さんが何か持とうか?と、席までベビーカーと荷物を運んで下さいました。 優しすぎる双子のパパ。私も双子だから母から大変さは聞いていたから… 天使に見えて泣きそうになった。 この場を借りて、ほんとにありがとうございました。 . . . なのに、なのに、イライラしてしまう私。説得して、分かってもらう手法を取りたくとも、周りに迷惑をかけてしまうと余裕が最近なくなってしまう。 こんなに大好きなのにね。ごめんね、こんなママで。 リセットする意味で朝から豚汁を作ってみました。野菜を沢山トントン切って。また優しい気持ちからスタート出来ますように。。。

    . . . #instafood #morning #豚汁 #mama #怒りたくない #けど怒っちゃう #しかも大声で #助けてくれた方ありがとうございます

    A post shared by 安田美沙子 (@yasuda_misako) on Dec 15, 2019 at 8:32pm PST


    ネット上では、

    《小さい子供と一緒の移動は大変だよね。分かります》

    《気持ち分かります!育児大変だよね》

    《周りに迷惑を掛けちゃダメって焦って、ついついキツく言っちゃうよね。よーく分かる》

    など、子育て世代のママたちからエールが送られた。


    実は夫にイラついてる?

    しかし、一方で、

    《育児ノイローゼかな。情緒不安定だと子供に伝染しますよ》

    《別に怒鳴りつけなくても良くね? ストレスたまってるのか?》

    《この人、普段からこんなだよね。そりゃ旦那も浮気するわw》

    など、批判の声も上がってしまった。


    「安田は8月にも、息子がご飯の入ったボールを落としてしまい、朝から一騒動あったことを報告しています。
    このときは『また怒ってしまったなぁ。。。怒りたくないのになぁ。。』とコメント。
    その後、頭部や顔面に鍼治療を受けている様子を投稿したことから、『育児ノイローゼだろう』と話題になりました。
    子育てが大変なのは理解できるのですが、それは小さい子供を持った家庭なら誰もが経験すること。
    ネット上では『実は夫にイライラしているのでは?』とウワサされています」(芸能記者)


    安田は昨年6月、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、服飾デザイナーの夫の浮気が発覚したことに激怒し、ガラステーブルをひっくり返したことを告白している。

    安田は、第1子妊娠中の2016年12月にも夫に〝ゲス不倫〟されていたことを週刊誌に暴露されており、普段からかなりストレスをためているようだ。


    「〝泣きながら夫に電話した〟とありますが、電話したところでその場がどうなるわけでもありません。
    どうやらかなりの愚痴をブチまけたようで、周囲にいた乗客も尋常とは思えない興奮ぶりだったと証言しています。
    安田は今後もママタレとして活動していきたいと考えているようですが、夫の浮気グセが直らない限り、世間のママさんたちからの支持は得られにくいでしょうね」(同・記者)


    新幹線で手助けしてくれた石田は、双子のパパとして育児に奮闘する姿が評判だ。

    安田にしてみれば、何ともうらやましいパパに見えたことだろう。


    http://dailynewsonline.jp/article/2122852/

    所長見解:大変やな・・・
    【【これはヤバい】安田美沙子さん、育児ノイローゼ説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「'19年、松嶋さんは『なつぞら』で23年ぶりにNHK連続テレビ小説に出演して話題を集めました。
    そして’20年は、また別の意味で松嶋さんにとって“転機の年”になるようです」と語るのは、ある芸能関係者。


    '20年には女優生活29年目を迎える松嶋。

    そんな彼女が“ある決断”を下したという。


    m


    前出の芸能関係者が続ける。

    「彼女は'20年から“女優を休業”するのです。
    実はあるテレビ番組制作会社が、'20年の仕事をオファーしたところ、かなりの好条件であったにもかかわらず、所属事務所に断られてしまったのです。
    ギャランティの値上げや、スケジュールも彼女に合わせることを提案したそうですが、それでもOKが出ず……。
    何度も交渉した結果、ようやく“オファーを受けられない理由”が明かされたのです。
    それは“長女の海外留学先に同伴するので、物理的に難しい”というものでした」


    松嶋の長女(15)は、現在都内の有名私立中学校に通っており、'20年3月に卒業予定。

    また次女(12)も、同じ系列の私立小学校の6年生で、3月に卒業予定。

    いわば松嶋と反町隆史(45)の育児の節目にあたる。


    これまでも“長女の留学計画”については、何度か報じられてきたことからもわかるように、松嶋にとっては長年温め続けてきたプランなのだ。

    松嶋は女優になってから英会話のレッスンを始め、その大切さについて気付いたという。

    彼女は“英語を学ぶことで世界が広がる”と、12年前には雑誌のインタビューで熱く語っていた。

    《海外の女優さんにお会いした時に、作品の感想を自分の言葉で伝えたり、仕事について深い話ができたらいいなという思いは募ってきましたね。
    〈中略〉(正しい表現にこだわりすぎることには)柔軟になる一方で、日本人としてのプライドを大切にしたいという思いは強くなりました》(『an・an』・'07年5月16日号)


    当時の彼女は、次女を妊娠したばかり。

    しかしこのときから“子供たちに英語を学ばせるとともに、異なる文化にもふれさせる”ことを考え始めていたのだろう。


    反町・松嶋夫妻の知人が言う。

    「上のお嬢さんはバレエをはじめとしたアートに興味があるそうです。
    また“正統派”とも評される英語を学べることから、留学先はイギリスに決めていると聞いています」

    “娘には本場の英語を”、12年間温め続けていた計画はついに実行に移される。



    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00010002-jisin-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】女優・松嶋菜々子が休業するってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。

    体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。

    その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     
    演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。

    巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。

    それを、堂々と演奏していたのは、木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。


    k

     
    この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。

    フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。

    本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。


    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。
    第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。
    この権威ある大会で入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     
    今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。


    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。
    本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。
    フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。
    全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     
    長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。

    8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。


    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。
    さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに木村さんの長女が選ばれています。
    実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)


    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent

    所長見解:次は長女か・・・

    【【koki姉】木村拓哉、工藤静香夫妻の長女がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ