ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    子供

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「パパ、パパダンス。パパ!」

    ビデオの中で、そう歌いながら踊る娘の姿を愛おしそうに見つめる高橋ジョージ。

    普段は強面の高橋も、このときはひとりの父親だ。

     
    かつて芸能界を代表する“おしどり夫婦”と呼ばれたが、'15年に三船美佳との離婚裁判が明らかとなり、一転して“モラハラ夫”のレッテルを貼られた。

    '16年に協議離婚が成立。

    18年間に及ぶ夫婦関係に終止符が打たれた。

     
    高橋が、8月16日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、今年3月に5年ぶりに娘と会えたことを明かした。

     
    高橋に取材を申し込んだところ、「真実を書いてくれるなら、全部話しますよ」と快諾。

    取材に応じた高橋は、ゆっくりと語り始めた。


    j


    ■“反抗期”を受けとめられて嬉しかった

    「今年4月に財産分与の調停も合意し、美佳さんとの係争は全部終えました。
    ただね、協議離婚したときの和解調書には《和解成立後、1年以内をめどに面会交流をできるように努力する》と書かれているのに、まったくなかった」

     
    財産分与の調停で、娘に会わせてくれなければ合意しないと主張したという高橋。

    「2度と会えないかもしれないと思っていたのが、やっと会えると決まって、娘が生まれた瞬間と同じくらいうれしかった。
    ドキドキしながら、大阪へ会いに向かいました」

     
    待ち合わせ場所にやってきた娘は14歳になっていたが、上下ジャージ姿で大人用の長財布を片手にしていた。

    「店に入って来るなり“コーラ、自分で払うから”って言う。
    “あんたを父親だなんて思っていない”と反抗的でした。
    ただ、美佳さんは娘の反抗期を全部、受け止めた。
    5年ぶりの俺に2時間でも反抗してくれてうれしかったですよ。
    双方の弁護士が近くの席にいましたが、自由に話せました」

     
    そもそも“おしどり夫婦”が突然、離婚劇へと発展したのはなぜか。

    高橋によると、'13年7月が始まりだった。

    「美佳さんの体調がすごく悪くなったんです。
    だから心療内科に娘と3人で行きました」

     
    一向に改善しないまま、10月に入ったところで、三船からこんな提案が。

    「“大阪で部屋を借りてもいいかな”と。
    美佳さんは大阪で3本レギュラーを抱えていましたし、俺はそれで楽になるならと承諾しました」

     
    12月には娘が通う学校が冬休みに。

    そこで三船が「荷物の整理がしたい」と訴えたので、娘を仙台に住む高橋の姉に預けることに。

    「12月13日に、姉が東京駅まで迎えに来てくれました。
    そのとき、俺と美佳さんで大ゲンカをしたんです。
    娘にはGPS付きの携帯を持たせていたのですが、姉の電話番号を登録していなかったので。仙台で迷子になったらどうするんだと。
    俺は姉と美佳さんと娘を置いて、携帯ショップに1人で向かいました」

     
    このとき、三船の口からは衝撃的な言葉が発せられた。

    「美佳さんが姉に“DVを受けています”と初めて言葉にしたんです。
    姉は“DVって何? 殴られてるの?”と聞き返すと、“言葉の暴力です。
    私にも、娘にも”と言ったそうなんです」

     
    その2日後、三船が通う心療内科で医師を含む3人で話し合いが行われた。

    「このときに突然、美佳さんが“別居したい”と言い出したんです」


    ■「パパともう少し一緒にいたかった」

    話し合いは平行線のまま。

    12月25日には、高橋に無断で、娘は大阪へ連れ去られてしまう。

    「自宅で寝ていた娘はパジャマのまま、お義母さんがタクシーに乗せて新横浜へ。
    スーパーで着替えさせられて、新幹線で大阪へ向かっていると言うんです。
    俺は本当にお義母さんが連れて行ったのかわからないから、美佳さんに娘の安否確認をさせてくれと頼みました。
    誘拐かもしれない、警察に通報だと、必死でした」

     
    すると娘がピースしている写真が送られてきた。

    三船からは《またすぐ会えますから》とのメッセージも届いた。

     
    '14年の元旦には高橋の父と友人夫妻、三船ら計7人で食事をしたが、今後のことについての話し合いはないまま。


    >>2以降に続きます


    週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/16105?display=b

    ▼写真
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/e/b/640/img_eb7f9074feffe4cc97de35a345c66f33741044.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/d/9/640/img_d956013b5324c8c9251760145c55e267544029.jpg

    所長見解:そうやったね・・・

    【【真相暴露】高橋ジョージが語った「裏切りの離婚劇」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ミスチル桜井の長男がドラマーに、タピオカ好きの好青年

    《イケメンすぎる!》
    《もうこんなに大きくなったの?》
    《お父さんにそっくり》。

    一部の音楽ファンの間で話題になっているのがミュージシャンのKaito(18才)だ。


    「彼はMr.Childrenの桜井和寿さん(49才)の長男で、音楽の道へ進んでいます。
    ただ、ボーカルではなく、ドラムを選んだことに驚きました。
    現在は高校3年生でバンドに所属することなく、サポートドラマーとして数々のライブに参加しています。
    今年4月にはスガシカオさん(53才)が『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時に参加し、話題になりました」(音楽業界関係者)


    d

     
    本名は海音。

    桜井が2000年にタレントの吉野美佳(47才)と再婚し、その1年後に長男として生まれた。

    「穏やかな波の音をイメージして桜井さんが考えた名前です。
    芸能人の子供が多く通う幼稚園から高校までの一貫校で過ごしてきました」(桜井の知人)

     
    最初から音楽一筋、というわけではない。

    幼い頃から、サッカーにも熱中していた。

    「桜井さんは大のサッカー好きで、Jリーガーにも知り合いが多くいます。
    海音くんもその影響を受け、中学時代は東京ヴェルディのジュニアユースチームに所属し、大会でMVPに輝くなど活躍していました」(前出・桜井の知人)


    一方の音楽活動の場は、主に自宅だったという。

    「桜井さんの自宅にはスタジオが完備してあるので、物心ついた時から音楽がそばにありました。
    そこでさまざまな楽器に触れて腕を磨きました。
    現在はインディーズバンドのサポートメンバーなどとしてライブに出ることも多く、高校の文化祭でもステージに上がっています。
    ただ、ステージを下りた時の素顔は、タピオカ好きの普通の好青年です」(前出・桜井の知人)

     
    桜井といえばギター兼ボーカルだ。

    「同じパートを選べば、どうしても比較されてしまう。
    海音くんもトップミュージシャンの息子という立場に悩んだ時期もあるそうですが、音楽の楽しさ、ドラムというパートの重要さを知り、それを乗り越えてきました」(前出・音楽業界関係者)


    スガシカオのバックバンドを務めたのは、父親の“アシスト“によるものだという。

    「桜井さんとスガシカオさんは親友なので、武者修行先として最適だったのでしょう。
    海音くんはこの道で生きていくと決意していますし、腕がいいだけでなくイケメンでもあるので、これから露出は増えるでしょう」(前出・音楽業界関係者)

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ※女性セブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20190802_1423983.html?DETAIL 

    所長見解:そんな大きい子がいるんやね・・・

    【【これはイケメン】ミスチル・桜井さんの長男がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの渡辺美奈代のブログが、ネット上で批判の声を呼んでいる。

    批判のきっかけとなったのは、渡辺が29日に投稿したブログエントリー。

    その中で渡辺は、高校生の息子の部活合宿の手伝いに行ったことを報告しつつ、グラウンドの写真などを投稿していた。

    しかし、泊まり込みの手伝いだったようで、30日にも朝からブログで、「こちら・・・雲は、多いですが暑いですっ」と風景の写真などをアップし、グラウンドで撮影した自身の全身写真なども披露。

    夕方には「完走」というエントリーを投稿し、

    「400メートル完走?笑笑」
    「私も走ってみました!走る?競歩?」
    「何時間も走り続ける子供達!凄」

    と語り、グラウンドに座り込み、競技をしている部員たちを眺めている自身の写真もアップしていた。


    しかし、この投稿にネットからは、

    「泊まり込みでついていくだけでもヤバいのに一緒に走るって迷惑でしかない!」

    「グラウンドで自撮りして頻繁にブログアップして…本当に手伝ったの?」

    「練習の邪魔でしかない。非常識」

    「前にテレビで息子が迷惑だと言っていたのに全く届いていないな」

    という批判の声が殺到している。


    「実は渡辺、17年8月30日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、長男の矢島愛弥と出演した際、矢島の口から『高校1年生の時のサッカー合宿について来る』と明かされ、『合宿についていくのは、何かあった時のため。先生もいるけど女手が必要かなと思って』と反論していたものの、MCの中居正広からはドン引きされていました。

    しかし、今回の合宿で渡辺は具体的になんの手伝いをしたのかはブログには書いておらず、本当に“女手”が必要だったのかは不明。
    過保護ぶりに対する批判ばかりが集まる結果となりました」(芸能ライター)


    m


    また、渡辺がグラウンドで撮影した、自身の写真がアップされたエントリーは、30日だけでも5記事。

    以前からその過保護ぶりに苦言が集まっていたこともあり、炎上してしまったようだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/16857949/


    所長見解:迷惑やね・・・
    【【これは過保護】渡辺美奈代、息子の部活合宿に泊まり込みで同行ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    目頭ヤバいっ…鈴木亜美の“最新画像”に恐怖の声「切れ込み過ぎ!」


    z


    歌手の鈴木亜美が7月1日、自身のインスタグラムを更新。

    デビュー21周年に際し、あらためてファンへ感謝の気持ちをつづったのだが、その近影に「目頭切れ込み過ぎ! 怖いよぉ」「本当に目どうなってるの?」などと鈴木の目の形に恐怖を覚える声が続出している。


    1998年当時放送されていた人気バラエティー番組『ASAYAN』(テレビ東京)の『ボーカリストオーディション・ファイナル』で1位となり、小室哲哉プロデュースで歌手デビューを果たした鈴木。

    私生活では2016年に7歳年下の一般男性と授かり婚。

    翌年に男児を出産している。


    今回のインスタグラムの投稿では、《21周年を迎えました これからもどうぞよろしくお願いします》などと報告。

    続けてハッシュタグで《#7/1デビュー日 #ありがとうございます》と、あらためてファンへ感謝の気持ちをつづるとともに、愛息子とのツーショットを公開した。


    《#ファミリーで肉 #スタミナつける》とあるように、家族で焼肉屋に行ったときに撮られた写真のようで、息子と頬を寄せ合い仲むつまじい様子が伝わる。


    ※画像がコチラ


    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/02/suzuki_ami.jpg

    https://myjitsu.jp/archives/88091

    所長見解:怖いね・・・
    【【検証画像】鈴木亜美「切れ込み過ぎ!」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビスコ


    o

    所長見解:うまい棒サラミ・・・

    【【懐かしい】子供の時に「めちゃくちゃうまい」と思った食べ物がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ