女性

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    日本のまんさん、さすがに短足すぎる

    なんでこんなに短足なんだ……


    ※画像がコチラ

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】日本の女さん、短足説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    海外まんさん、まん筋を使って物を持ち上げてしまう

    さすがだぜ


    ※動画がコチラ


    所長見解:すごい・・・

    【【閲覧注意】まんさん、まん筋でまんりきがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの出川哲朗さんが2020年7月12日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、全国20~50代の女性2000人を対象に調査した「抱かれたい男」「抱かれたくない男」ランキングを発表した。

    「週刊女性」が2020年7月21日号に掲載した名物企画だ。


    2001~05年まで、女性誌「anan」(マガジンハウス)の「抱かれたくない男ランキング」1位になり"殿堂入り"を果たした経験のある出川さん。

    首位の男性を紹介するや否や、パニックのあまりスタジオを爆笑の渦に包む迷言を放った。


    n


    2位に400票以上の差をつけ、ランク外から突如首位

    「ほんと渡部申し訳ない ほんと死人に傷をなめさせるような・・・」

    2位に400票以上の差をつけ、「抱かれたくない男」1位に輝いてしまったお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんに対し、出川さんはこう謝罪し、カメラに向かって両手を合わせた。

    するとすかさず和田アキ子さんが「ちょっと待って」と一言。


    死人に傷をなめさせる――。

    ことわざ「死屍(しし)に鞭打つ」、「死人に口なし」、「傷口に塩を塗る」などの字面や意味合いを混ぜた上で、なぜか「なめる」という単語を加えて生み出したと思われる謎フレーズだ。

    しかし、出川さんは制止に構わず、

    「私はこんなのやりたくないと言ったんだけど、スタッフに頼まれたら結果、下請け業者みたいなもんだから・・・やらないわけにいかなかった」

    とひたすら渡部さんに謝り倒し、迷言に触れることはなかった。


    なお、「抱かれたくない男」トップ5は以下の通りだ。

    1位:渡部建(47)

    2位:安田大サーカス・クロちゃん(43)

    3位:アンガールズ・田中卓志(44)

    4位:江頭2:50(55)

    5位:出川哲朗(56)


    クロちゃんこそ「実質1位」

    これまでに「抱かれたくない男」ランキングに上がったことがなかった渡部さんが、突如として1位。

    ツイッターには、6月に報じられた複数女性との不倫が影響していると指摘する声が多数上がっている。

    そのため、「クロちゃんは外見も中身もキモイのエキスパートだから渡部ごときでは一時の話題性で上回ったに過ぎないよ」

    このように、クロちゃんが「実質1位」だとツイッターでイジられているのだ。

    本人も公式ツイッターで「あーん、抱かれたくない男 クロちゃんが実質1位って言われてるの、なんなのぉー #アッコにおまかせ」と嘆いている。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18561584/


    所長見解:しゃあない・・・

    【【悲報】「抱かれたくない男」2位に大差をつけて1位に輝いた男がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    メガネ女子って男受け悪いの?

    モテないの?

    教えて


    m

    所長見解:ええよな・・・

    【【説】メガネ女子、男受け悪い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    女さん「もうこのズボンとバッグは法律で作るの禁止して。不幸な人間を増やさないで」31001万いいね

    no title

    no title

    no title

    所長見解:あるな・・・
    【【悲報】女さん「もうこのズボンとバッグは法律で作るの禁止して。不幸な人間を増やさないで」←31001万いいねwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ