ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:女子アナ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    no title


    今さらという感じもあるが、やっと熱愛報道の現実味が湧いてきた!?

    先日、プロバスケットボール選手・田臥勇太との熱愛が報じられたテレビ朝日・竹内由恵アナが6月18日に放送された同局のサッカー情報番組「やべっちF.C.」に出演。
    MCのナインティナイン・矢部浩之に熱愛報道をネタにされ、イジられる場面があった。

    矢部は番組冒頭で「今日は盛りだくさんのバスケットの情報をお送りしたいと思います」と、ジョークをかまし、竹内アナも「サッカーの番組です」とツッコミ。

    さらに番組エンディングでも、こんな場面があった。
    独ドルトムント・シュメルツァー選手からコメントをもらったことについて、矢部は喜びつつも「僕も幸せなんですけど、今もっと幸せなのが…」と、竹内アナを指し、竹内アナが「やめてください」と言いながらも恥ずかしそうに顔を真っ赤にし、笑顔で顔を手で覆ったのだ。

    本人は番組で熱愛については語っていないものの、サッカーファンというよりは竹内アナが好きで番組を視聴していた層からは
    「やっぱり本当に付き合ってるんだな」
    「あんな照れてる竹内アナ見ると辛くなる」
    「結婚したわけでもないのに、そこまでネタにしないでよ」
    といったコメントが見られるなど、竹内アナのファンは心に深い傷を負ってしまったようだ。

    「竹内アナは過去にも熱愛報道を数回報じられていますが、番組でこのようにイジられることは初めて。
    それも今回の報道については、竹内アナ自身も交際の事実を認めているということが大きいのでしょう。
    ただ、本人の口からテレビで交際宣言をしたわけでもないですからファンとしてはまだ実感が湧いていない人もいたようです。
    が、今回、イジられて本気で照れ、まさにメスの顔といった感じの竹内アナの姿を見て、熱愛の事実を受け止め、大ダメージを受けている人も多いようです」(エンタメ誌ライター)

    昨年10月、同期の本間智恵アナの結婚式に出席した直後に「自分も結婚したくなってきたかもっ」とブログで吐露していた竹内アナ。
    意外に「最終宣告」を彼女のファンが聞かされる日も近いかも?

    http://www.asagei.com/excerpt/83315


    所長見解:先輩の元彼だよね・・・
    【【悲報】熱愛発覚をイジられる「テレ朝・竹内由恵アナ」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月8日のオリックス戦で左太もも肉離れを起こして以来、2軍で調整を続ける北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)。
    「5月30日には、スパイクをはいてのダッシュをこなしており、復帰に向けた調整は順調のようです。
    交流戦の後半での復帰もささやかれますが、慎重な栗山監督のこと、現実的には、交流戦後の復帰になるでしょうね」(スポーツ紙記者)

    11


    プロ入り後初の長期離脱を経験している大谷。
    太ももの肉離れは、3月のWBC出場辞退に追い込まれた右足首痛をかばった影響だともいわれている。
    「大谷は今オフ、ポスティングでメジャーに移籍することが濃厚。
    最高の結果を出し、NPBでの有終の美を飾りたかったでしょうが、不本意な年になってしまいましたよね」(前同)

    野球人生始まって以来の絶不調。
    その大谷に対し、一部では「“勝利の女神”を逃したからだ」という声が飛んでいる。

    北海道のメディア関係者は言う。
    「大谷は、昨年の冬に彼女と別れちゃったみたいなんだよね。
    その彼女が、勝利の女神だったんじゃないかって話で……」

    独身スター選手の宿命とはいえ、これまで多数の“恋人候補”が報じられてきた大谷。
    特に言われてきたのが、女子アナの名前だ。
    「最近結婚したテレビ朝日の宇賀なつみアナや、フジテレビの宮司愛海アナ、さらに昨秋には、“中京テレビの市野瀬瞳アナこそ本命”という話が出たり、その報道を知ったカトパンこと加藤綾子がショックを受けているなんて話もささやかれましたね」(芸能記者)

    だが、前出のメディア関係者は、「女子アナの話は眉唾。大谷のお相手だったのは、超美形陸上選手の市川華菜じゃないかな。
    昨年の彼女の誕生日は、北海道で一緒に過ごしたという話だよ」 
    さらに、市川選手はスポーツのための食事学、アスリートフードマイスターの資格を大谷のために取ったともいわれるという。

    「もう消しちゃったけど、昨年の10月29日、日ハムの優勝の直後に、彼女は自身のツイッターで、“日本ハムおめでとう”とつぶやいていたんだよ。
    でも、どうやら2人は、その少し後に破局したみたいだね。
    やっぱり、遠距離恋愛は難しかったんじゃないかな。
    大谷は北海道在住で、市川選手は愛知県だからね」(前同)

    真の“本命”と別れ、傷心模様の大谷。
    だが、来季のメジャー挑戦を考えれば、これも致し方ないのかもしれない。
    球史に残る二刀流選手でも、野球と恋の二刀流は難しかった!?

    日刊大衆 
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_28104/


    所長見解:怪我はじっくり直せよ・・・
    【【球界の宝】大谷翔平、不調の原因は「失恋」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の看板アナウンサー・竹内由恵(31)と、日本人初のNBAプレイヤー・田臥勇太(36)の熱愛が発覚した。

    t


    6月3日、自身がキャプテンを務めるBリーグ「リンク栃木ブレックス」の優勝パレードに参加した田臥は、一度自宅マンションへ戻った後、車を運転してふたたび外出。
    午後5時半ごろに戻ってきたときには、助手席に竹内アナの姿があった。

    車は、竹内アナをマンション正面で降ろすと、あたりを一周してから駐車場に入った。

    しばらく部屋で過ごした2人は近所のダイニングバーへ出かけ、午後10時頃にそろって帰宅すると、そのまま共に一晩を過ごした。

    注目すべきカップルの誕生だ。
    「週刊新潮」の直撃に2人はそれぞれ交際を認め、竹内アナは「結婚とかそういうのは……。何か言うと会社に怒られてしまうので……」と答えた。



    田臥は、2013年に同じテレ朝を退職した前田有紀(36)との交際も過去に発覚している。
    6月15日発売の「週刊新潮」にて、2人のツーショット写真と共に交際を詳しく報じている。


    週刊新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06141700/?all=1


    所長見解:前田ちゃんは?・・・
    【【熱愛】テレ朝「竹内由恵」アナ、バスケ「田臥勇太」との熱愛発覚! 交際認めるってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    5月28日に放送されたバラエティー番組『シューイチ』(日本テレビ)で衝撃的な場面があった。
    同番組に出演の笹崎里菜アナウンサーを紹介する名前の上に《今日がラスト》というテレップが入っていたのだ。
    ところが翌週の6月4日の放送にも笹崎アナは出演した。

    「司会の中山秀征は『先週、思わぬアクシデントありました』と前置きし、事の詳細を報告しました。
    なぜ《今日がラスト》と出たのかは分からないとし、“怪奇現象”ということで無理やり話を収束させたのです」(テレビ雑誌編集者)

    しかし、このテロップは“意図的”に挿入されたという話がある。

    「中山は怪奇現象と言って誤魔化しましたが、あえて誰かが意図的にやった可能性が高いでしょう。
    出演している日本テレビ所属のアナウンサーが3人並び、左右の男性アナには《日本テレビの○○》とあるのに、真ん中の笹崎アナだけに《今日がラスト》のテロップが付いたのですから。
    もうすぐ辞めますよ、もしくは早く辞めてほしい、という局内の誰かの意思表示そのものでしょう」(同・編集者)

    s


    日本テレビでやっかまれている笹崎アナ

    笹崎アナは2015年4月の入社だが、入社直前になって銀座のホステスだったことが発覚し、一度内定が取り消しされたが、その後に彼女自ら裁判を起こし、実質勝訴という形で和解入社になった、極めて異例の女子アナだ。

    「日本テレビとしては、表向き徳勇でホステスの勤務歴があることがいけないとしましたが、そんなのは部分的な話です。
    彼女に対する醜聞が局に持ち込まれ続けたから、内定が取り消されたのです。
    例えば、銀座時代に怪しいパパがいたとか、元交際相手がベッドでの写真を持っているとか…。
    真贋はともかく、これでは採用しづらいでしょう。
    だから、そこまでして入ってきた彼女に対し“ゴネ崎”、“サセ崎”、“キャバ崎”…とメチャクチャなあだ名が飛び交うのも仕方がありません。
    局内でも浮きまくっています」(日本テレビ関係者)

    現在、笹崎アナはシューイチにレギュラー出演しているが、ごくわずかな出番しかない。
    ほかのレギュラー番組は、早朝4時から『Oha!4 NEWS LIVE』に月曜と火曜に出演しているのみだ。

    「Oha!4は日本テレビの“姥捨て番組”と言われています。
    基本的に出演者はフリーアナウンサーで構成され、局アナが回るときは体調不良か左遷のときだけなのです。
    笹崎アナは後者が濃厚だとされています。
    日本テレビと揉めて辞めた脊山麻理子や宮崎宣子も、みんなOha!4の出演者でした」(テレビライター)

    そのうちに“今日がラスト”が実現しそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/24027

    【【これは怖い】日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年入社したフジテレビの新人女子アナは、「元モデル」と「元ミスコン」あがり。
    華麗な経歴とプライドが邪魔するのか、2人の間に同期の好(よし)みという言葉は存在しない。
    それどころか、局内では、女同士の冷ややかなバトルが繰り広げられているという。

    no title

    6月2日に海老原のInstagramにツーショット写真がアップされているが……

    業績不振に喘ぐフジテレビの新人女子アナは2人。
    そのうちの1人は、青山学院大学出身で、ファッション雑誌「non-no」の専属モデルのほか、芸能活動の経験を持つ久慈暁子(22)だ。

    女子アナ評論家の高島恒雄氏によれば、

    「他局も含めて、今年の新人女子アナのなかで、肩書、ルックス、キャリアのどれをとっても一番の大型女子アナと言えるでしょう」

    もう1人の海老原優香(23)も「ミス学習院」コンテストで優勝し、さらに各大学の上位者から日本一の女子大生を選ぶコンテストでも準優勝。
    これまた、華やかな経歴の持ち主であるが、

    「ミスキャンパスという肩書は、女子アナ界ではありふれています。
    フジテレビ内にはミス慶応が沢山いるぐらいですから」(同)

    経歴の格では久慈に軍配が上がるというのだ。
    実際、2人の公式インスタグラムを覗いてみても、海老原のフォロワー数およそ5000人に対して、久慈は約24倍の11万9000人と、注目度の差は歴然としている。

    「今、社内で2人のことが大問題となっているんです」

    と声を潜めるのは、さるフジテレビ関係者。

    「新人アナは研修を兼ねて、バラエティ番組などに出演して回ります。
    しかし困ったことに、2人がまったく口を利かない。
    上層部からは『2人の微妙な関係については、番組内で絶対に触れないように』とお達しが出たほどです」

    確かにお互いのインスタグラムには、他のアナウンサーや同期社員との写真は複数アップされているのに、2人のツーショットは1枚もない(6月1日に本誌(「週刊新潮」6月8日号)が発売されるまで)。

    ■現場に支障が

    いったい、2人の間に何が起こっているのか。

    「局内における久慈への期待度の高さが露骨に出たため、2人の関係がギクシャクしてしまった。
    海老原にしてみれば『久慈じゃないほう』なんて呼ばれていたから複雑な思いでしょう」(別の関係者)

    海老原にとっては我慢なるまい。
    2人の間に生じた溝は広がるばかりで、すでに、局内ではこの不仲が原因で弊害が起き始めてもいた。

    「人気芸人がMCを務める深夜バラエティで、2人とも身長が170センチ近いため、『ツインタワー』としてアシスタントにするという話が持ち上がりました。
    ですが、あまりの冷戦ぶりに現場に支障が出るとの判断でキャンセルになりました」(同)

    新人にして、これだけ社内を振り回すのだから、ある意味、2人とも型破りではある。
    が、先の高島氏は、

    「かつては、女子アナと言えばフジのイメージでしたが、先輩アナたちのようになれるかというと、疑問です。
    本人たちの力だけではなく、当時のフジテレビやテレビ業界の勢いがあったからこそ成功したわけですから」

    テレビ離れが進んだところへきて、凋落が著しいフジテレビでは、かつてのような看板女子アナは誕生しないかもしれないというわけだ。
    そもそもルックスだけが女子アナを測る尺でもあるまいが。


    週刊新潮 
    ※この記事の内容は掲載当時のものです
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06130559/?all=1

    【【不仲】フジ新人女子アナ「元モデルVS.元ミス学習院」の溝ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ