ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    7月15日スタートのドラマ「捜査会議はリビングで!」(NHK・BS)に主演し、27年連続“連ドラ主演”を記録した観月ありさ(41)。
    2015年3月には、5歳年上の年商150億円の会社経営者のA氏と結婚し、セレブ妻の地位をも手に入れている。

    m


    「A氏は若い頃から“フェラーリ王子”ともいわれ、高級外車を何台も所有していることをメディアなどに取り上げられました。
    会社は建築現場で用いる足場を販売・レンタルする優良企業。
    彼の父親が事業を起こして成功させ、小さい頃からお坊ちゃまとして育ったそうです。
    最近、マスコミを騒がせているIT系の経営者とは、ちょっと雰囲気が違いますね」(ワイドショー関係者)

    A氏は過去に上原さくらとのドロ沼離婚劇で、ワイドショーを騒がせたこともある。
    そんな彼が、観月との結婚に際して購入したのが、都内一等地にある豪邸だ。

    「A氏は観月との交際中に約600平方メートル(181坪)の土地を約10億円で購入。そこに340平方メートルほどの3階建ての豪邸を建築する予定なのです。
    建築費だけで3億円とも5億円ともいわれています」(スポーツ紙記者)

    購入した土地には古い家が建っていたため、いったん更地に。
    それから建築を始めたのだが……。

    「昨年の初めころからずっと工事をしていますが、なかなか完成しません。
    いまだにどんな家が建つか想像もつきません。
    いったん、更地にした後、建築業者が入るまでも少し時間が空きました。
    もしかしたら、建築資材の高騰や人手不足が影響しているのかもしれませんね」(近所の住人)

    現地に行ってみると、コンクリートの土台は仕上がっているが、上物が造られている様子はない。
    建築計画によれば、完成予定は、17年12月22日になっているので、すでに出来上がっていてもおかしくないはず。
    一部で夫婦の“不仲説”が報じられたが、まさか大豪邸の建設は宙に浮いてしまったのか――。

    「解体して更地にしたあと、オリンピック特需などがあり、土地の価格が購入時より3割以上も値上がりしたそうなのです。
    売却も考えたそうですが、やはり夫婦の新居として豪邸を建てることを決断したそうです。ただ、ここまで完成時期が大きくずれ込んだのは謎ですね。
    A氏には建築資金がふんだんにあるはず。
    設計にこだわって手直しを繰り返しているのかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

    A氏の会社に新居の工期の遅れの理由について質問すると「お答えしかねます」と回答があった。

    マンションが建ってもおかしくないほどの広い土地に建つ一軒家。
    完成すれば、観月が大好きなパーティーが夜な夜な開かれるのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000001-nkgendai-ent


    所長見解:もしかして・・・

    【【重大疑惑】観月ありさ、15億円御殿がいつまでたっても建たない理由・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の川栄李奈が8月26日に自身のオフィシャルInstagramを更新し、キュートなスッピンショットを公開。
    スッピンでも変わらず美貌を披露し、ファンから「かわい過ぎる!」「マジ天使」と反響が上がっている。

    川栄は、毎週火曜夜9時から放送のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)に出演中。

    柏木ハルコの同名漫画が原作のヒューマンドラマである本作で、吉岡里帆演じる新人公務員の義経えみるの同期の“笑わない鉄の女”ことケースワーカー・栗橋千奈を好演している。

    また、8月1日より公開の映画「センセイ君主」では、浜辺美波演じるヒロイン・あゆはの親友であるアオちん役を。
    そして女優業の他、毎週金曜夜11時から放送中の「A-Studio」(TBS系)では、アシスタントMCを務めている。

    その川栄が26日にインスタで「今日もお疲れ様でした 座ってるだけで汗だくな1日 日焼けするとぐったりしますな~! また明日 おやすみなさい」とつづり、寝る前にメークを落としたと見られるスッピン姿の写真を公開。

    スッピンながら美しい肌&顔が際立つ1枚に、ファンからは

    「すっぴんですか?可愛い 朝 隣にいたら最高」
    「あら、可愛い!」
    「ツルツルすべすべね」
    「りっちゃん スッピン可愛い」
    「透明感がスゴい!」
    「ノーメイク!?美人過ぎ」
    「デコ出しすっぴんだと大人っぽく見えますな」
    「すっぴんエエな!」
    「吸い込まれるような白く透明感溢れる肌」

    と絶賛コメントが殺到している。(ザテレビジョン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00159870-the_tv-ent


    no title

    所長見解:疲れてるな・・・

    【【検証画像】川栄李奈、スッピン姿がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    永野芽郁「半分、青い。」苦闘の日々明かす…涙、不眠、難聴「境地に達した」薬も処方「飲むと顔が…」

    n


    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月ー土曜前8・00)のヒロインを務める女優の永野芽郁(18)が21日、自身のブログを更新。
    17日夜にクランクアップ、大役を勤め上げた心境を明かした。

    ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。
    永野は昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した。(中略)

    永野は「『半分、青い。』撮影無事終了しましたー!!わーい!!おわったー!!」と切り出し「長いようで短かったなぁと今は思えます。
    ゴールはこの辺だと分かっていても、そこまで辿り着けない気がして、朝起きるのがしんどくて、笑いたいのに笑えない日もあったし、色んなことがあった10カ月だったな」と振り返った。

    「10カ月現場にいるのは、やっぱり自分にとってはものすごい長い時間で、少しの間だから毎日笑ってよう!ができなくて、いつもなら笑ったまま終えてたものも、そうはいかなくて、泣きまくってる時もあったし、全く声を発さない日もあったし、でも、ある意味すごく人間らしく、生きてる時間だったなと思います。
    毎日押し寄せる感情をなかったことにしようと頑張ってみたり、これが私だって開き直ってみたり、色んな方法で試したりして、自分に正直になってみたり、少し嘘ついてみたりするって、生きてるからこそだなとか思ったり、ちょっとなにが言いたいのか、よくわからなくなってきたけど、とても人間らしかった気がします(笑)」と苦闘の日々を明かした。

    「今までなら帰りの車に乗ると、スイッチが切れて素に戻れてたけど、長い期間スズメとして生きてたから、家に帰っても自分が何者なのか、よくわからなくなってたなぁ。
    心が2つあると、パワフルにもなるけど脆くもなるから、なんだろうな。
    自分なのか、スズメなのか、何かと一生懸命向き合って毎日毎日朝ドラしてました」

    そして「スズメがよくわからなくなった時も、頑張って近づこうと思ったし、どうやったらこのセリフが言えるかって何もない頭なりに考えたし、周りの方々に支えていただいたりしながら、がむしゃらに過ごしてました。
    台詞が全く入らなくなった時、どんだけ読み込んでも、2行しか入らなくて、そんな自分にも腹が立って、全部がカチコチに固まって、ほぐれる瞬間がなかなかなくて、布団に入っても目を閉じても、眠れなくて苦しくなって、撮影しながら眠くてカクンカクンしてたり(笑)」。
    不眠にも悩まされていた。

    さらに「耳が本番中に聞こえなくなって、あ、完全にスズメが乗り移ってるって、重い話とかじゃなくて、ちょっとうれしくなったりして(笑)」と難聴にまでなった。
    「境地に達したとは、まさにこのことかもしれないと、自分の身をもって初めて体験したかも(笑)
    色んなお薬を処方していただいて、飲むと顔がボールみたいになって、そんな姿でも毎日撮影するから、それが毎朝放送されることが悔しい!(笑)。
    コンディションを完璧になんていうのは、もう全然無理で(笑)、みなさま、ごめんなさい(笑)」と打ち明けた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/21/kiji/20180821s00041000198000c.html


    所長見解:大変やね・・・

    【【壮絶告白】NHK朝ドラ主演女優・永野芽郁、「半分、青い。」苦闘の日々がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マナカナ、吉田栄作との大げんかを告白

    双子女優の三倉茉奈・佳奈(32)が17日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、茉奈が俳優・吉田栄作(49)と因縁があったことを激白した。

    m


    三倉と吉田はNHK連続テレビ小説「だんだん」で親子として共演。
    茉奈は撮影後、突如吉田から呼び捨てでダメ出しされたことがあったと明かし、これほどストレートにダメ出しされたことがなかたため、うっとうしくなっていたと話した。
    さらに後日、居酒屋で30分以上も説教が続いたことがあり怒りは頂点に。
    吉田に物を投げるなど大げんかに発展したことを告白した。

    VTRで出演した吉田は当時について「演出家に言われたことが、茉奈の腑に落ちてないシーンがあって、『ちゃんとできなかったら、オマエの今後の役者人生はないものと思え』みたいなことを俺が言ったんですよ」と振り返った。
    演出家の指示を表現できない理由が照れだと感じ、あえて強く言うことで茉奈の羞恥心を取りのぞこうとしたのだと説明し、「家族のドラマをやっていると、本当に親と子供みたいになっていくもの」と、本番以外でも父親として接していたと語った。

    三倉とはこの事件以来、本当の親子のような関係だと話す吉田。
    「茉奈はね、幸せで、問題は佳奈…早く(結婚)1回目いこうか」とコメント。
    笑いを誘った。

    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180817-OHT1T50189.html


    所長見解:めんどくさいな・・・

    【【双子女優】マナカナ、吉田栄作と大げんかした結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今季の夏ドラマは軒並み視聴率15%割れ、文字通りカラッカラの夏枯れドラマ不振が続いている。
    中でも、初回から5.5%とゴールデン枠ドラマの危険水域を低滑空しているのが、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)だ。

    k


    芸能デスクが説明する。

    「前クールの「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で再ブレイク中のあの田中圭の人気をもってしても、全く人気に火がつかないのは、ひとえに主演・吉岡里帆の人気のなさのせいだと責任問題になっています」

    吉岡にとっては、1月ドラマ「君が心に棲みついた」(TBS系)に続き、2作目の主演となるが、視聴率は前作を下回る低調ぶりなのだ。
    本人は念願の社会派ドラマに出演できた喜びを語っていたのだが…。

    「これまで『ゆとりですがなにか』(日テレ系)や『カルテット』(TBS系)では脇役ながら一見普通に見えるが内には狂気を秘めた女性の役をみごとに演じ脚本家に認められ、主演を勝ち取った吉岡ですが、今回の役柄は前作の衣料会社OLに続いて、公務員役という等身大の役柄です。
    普通なら働く女性から共感を得られる役柄のはずですが、演技派の吉岡が完璧に演じると、『マジメすぎて周りが見えない』『ただおもしろくもない正論ばかりを主張する』と女性をイラッとさせてしまうようです。
    このままでは女性不人気キャラが定着してしまうかも」(前出・デスク)


    演技派がアダに!?

    吉岡が主演で復調するには、男子目線を意識してかつての水着グラビアで見せたナイスボディでアピールするか、それとも嫌われキャラを生かして尾野真千子のようにイジメ役に転じるべきかも!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15158372/


    所長見解:かわいいのにな・・・

    【【低視聴率】吉岡里帆主演のドラマが当たらない理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ