ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月5日の朝ドラ『スカーレット』(NHK)を観て虚脱感に襲われたのは、私だけなのだろうか――。


    6度の失敗にもくじけず、共に夢を追いかけて来た夫を失っても、2週間穴窯を焚き続け、ついに”信楽自然釉”を甦らせた主人公・喜美子(戸田恵梨香)。

    彼女と共に、成功の余韻にすら浸ることもできない。

    このやるせなさを、一体誰にぶつけたら良いのか。


    t


    「朝ドラ『スカーレット』は、焼き物の故郷・信楽を舞台に女性陶芸家のパイオニア川原喜美子の波乱に満ちた生涯を描いた物語。
    女性が窯に入ることすら許されない頃、安土桃山時代に千利休や小堀遠州といった茶人たちから愛された”古の信楽焼”を、まさに命がけで蘇らせる。
    釉薬を使わず自然の美しい色を醸し出すこの挑戦こそ、最高の見どころだと思われていただけに、成功の瞬間から名声を得る7年間を全く描かなかったことに、驚きの声が上がっています」(制作会社プロデューサー)


    このドラマのモデルと言われる女性陶芸家の草分け・神山清子さんと昨年の初夏、私が信楽でお会いした際、誰もがなし得なかった”信楽自然釉”誕生秘話についてお話を伺った。

    それは秘話どころではない、命を賭けた壮絶な闘いだった。

    神山さんは、4年の歳月をかけて窯の温度、焚く日数、焚き方、挙句には穴窯を築き直すなどの試行錯誤を繰り返すも、失敗の連続。

    ついには薪を買うお金すらなくなり、今度失敗したら「出稼ぎに行くしかない」ところまで追い込まれ、まさに乾坤一擲。

    16日間、1200度で炊き続け、高温で窯の天井が壊れ、火が燃え盛るも粘土で塞ぎ、火を鎮めついに古の信楽焼を甦らせている。

    しかも、闘いはそれだけではなかった。

    「ドラマでも夫・川原八郎(松下洸平)と喜美子の元に弟子入りする、松永三津(黒島結菜)という女性が登場。
    三津が八郎に想いを寄せる場面も登場しますが、神山さんの場合はそれだけではすみません。
    夫と住み込みの弟子が不貞関係に陥り、家を出てしまうという悲劇にも襲われます。
    やがてその噂が信楽中に広まり、神山さんは自殺を考え夜の街を彷徨っています。
    成功の陰には、そんな苦悩が隠されていたのです」(ワイドショー関係者)

    こうした命懸けの闘いを描かずして、『スカーレット』はドラマとして成り立つのだろうか。

    「ドラマでは、八郎に想いを寄せる三津が身を引き、信楽を去って行きました。
    ”不倫騒動”が相次ぎ非難の声が上がる昨今、朝ドラで不倫の末に駆け落ちでは流石にまずいと考えたのでしょうか。
    しかし古の信楽焼に賭け、火に向き合うヒロインの情念のようなものを描くためにも、そんな場面が必要だったのでは」(前出・制作会社プロデューサー)


    『スカーレット』の前にNHK-BSプレミアムで再放送されている朝ドラの金字塔『おしん』では、ほぼ同じ時期におしんの次男・仁(山下真司)が、奉公人だった百合(丘山未央)と不貞関係に陥り、おしんの元を去るといったショッキングな場面が登場する。

    『おしん』は、決して耐えるだけのドラマではない。

    欲にまみれた人間たちの葛藤も赤裸々に描き、ドラマに深みを持たせている。

    「主人公のおしんは、昭和天皇と同じ明治34年生まれ。
    ドラマ『おしん』は同じ明治・大正・昭和を懸命に生き抜いた名もなき女性の苦労を昭和天皇に知って欲しかったという思い込められています。
    戦前戦後の混乱期に育ち、”古の信楽焼”を甦らせた喜美子にも、そうした葛藤や達成感がもっと描かれても良かったのではないでしょうか」(放送作家)


    その思いは、喜美子を演じてきた女優・戸田恵梨香にもあったようだ。

    「撮影開始から半年が経った頃、”喜美子の描き方”についてヒロインの戸田と脚本家・水橋文美江さんとの間に意見の食い違いが生じ、水橋さんが撮影現場まで足を運び、話し合いが持たれていたようです。
    その席で戸田は『芸術家でもあるヒロインの苦悩も表現したい』と訴えたと言われています。
    戸田は会見の場でも、『女性がモノ作りをするのが難しい時代を懸命に生きた人たちがいたからこそ、今の私たちがある。
    そうした方への敬意を持って演じたい』と話しています。
    戸田にとっても、何かが足りないという思いがあったのではないでしょうか」(前出・ワイドショー関係者)


    このままでは、全話平均視聴率20%を超えることが難しくなって来た朝ドラ『スカーレット』。

    「わたしの”信楽自然釉”は、苦しみと悲しみの中で生まれたのよ」と呟いた神山清子さんの言葉が、今も私の中で棘のように引っかかっている。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00000010-friday-ent

    所長見解:おもろいで・・・

    【【悲報】朝ドラ『スカーレット』に足りないものがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    広瀬すず“ねらい撃ち”に新作

    女優・広瀬すず(21歳)の“ねらい撃ち”に新バージョンが登場する。

    新CMは2月15日から。 

    広瀬の「のどに効く、熱に効く、手強い風邪に“ねらい撃ち”、バキュン」のフレーズが話題を呼んだ「新コンタックかぜEX」(グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン)のCM。

    今回はそんな「コンタック」ブランドの鼻炎内服薬「コンタック鼻炎Z」と「新コンタック600プラス」の新CMだ。 


    新CMでは、広瀬が両手でMr.コンタック(ブランドキャラクター)のパペットを動かしながら、「1日1回だけでいいZ」と「効き目の600プラス」の掛け合いを通じて、2種類のコンタックの特長を紹介し、消費者のニーズにあわせた使用をオススメ。

    また、CMの最後には、「あなたのつらさに、“ねらい撃ち”」のポーズを決めて、製品の効果を表現している。 


    撮影後、広瀬は「今回の新バージョンの撮影では、なんと、Mr.コンタックのパペットと共演ということで、私にとって新しいチャレンジでした」とコメントを寄せ、「現場では、2つのパペットとの掛け合いを何度も練習しながらの撮影でしたが、とても楽しく撮影できました。
    また、おなじみとなった“ねらい撃ち”のポーズも撮影の楽しみのひとつでした。
    そうして出来上がったCMです。
    ぜひぜひ、皆さまにも楽しんでいただけたら嬉しいです」とアピールしている。 
     

    no title


    no title


    https://www.narinari.com/Nd/20200258399.html 

    所長見解:ええやん・・・

    【【朗報】広瀬すず、新「ねらい撃ち」がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆、東京2020年オリンピック聖火リレーランナーに決定


    女優の吉岡里帆が、2020年に開催される東京オリンピック聖火リレーのランナーに選出。

    あわせて聖火リレーに向けた吉岡のコメント動画を公開された。 


    吉岡里帆、聖火リレーランナーに意気込み 

    聖火ランナー抜てきにあたり吉岡は「いよいよオリンピックの開催が迫ってきました。
    この度、私、オリンピック聖火リレーに参加させていただくこととなりました。
    人生で1度しかない経験ですので、本当に嬉しく思っております」と喜びを表現。 


    本番に向けては「日本のオリンピックが本当に盛り上がりますようにという気持ちも込めながら、一歩一歩噛みしめながら、歩んでいきたいと思います」と抱負を述べた。(modelpress編集部) 


    no title

    no title


    吉岡里帆、東京2020オリンピック聖火ランナーに決定「綾鷹」ブランドアンバサダー就任

    動画①


    https://mdpr.jp/news/detail/1965402 

    所長見解:ええで・・・


    【【朗報】吉岡里帆、聖火リレーランナーってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の釈由美子が、6日に自身のSNSを更新して物議を醸している。

    現在、ドラマや映画のみならずバラエティ番組にも多く出演している釈だが、最近は自身のSNSに投稿する写真の加工のひどさで度々ネット上で話題となっている。

    そんな釈がこの日、「昨日のお仕事では久しぶりにドレスアップして登壇しました。
    アメリカに行っている間、全く運動ができなかったので久しぶりにホットヨガと酵素風呂で滝汗をかいて代謝をあげてきました」などとつづり、黒のドレス姿の写真を投稿した。


    この投稿にブログには

    「素敵!!見とれてしまいました」
    「美しさに磨きがかかっていますね!」
    「エレガントで似合っている!」

    といった声が寄せられていた。


    しかし、その一方でネット上では

    「ヒョロ長い加工!」
    「加工へたくそ!!!いろいろおかしい」
    「もう何からツッコめばいいのか…」

    といった戸惑いの声が多く飛び交っている。


    確かに釈の姿は細長く、不自然に感じてしまう人がいてもおかしくない。

    加工しているかは不明だが、多くの人が彼女のスタイル、目、肌などさまざまところに違和感を感じ、何からツッコめばいいのかわからなくなってしまったようだ。


    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231170_entry.html


    no title

    所長見解:わかりやすい・・・

    【【検証画像】釈由美子さん、違和感だらけの件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の川口春奈さん(25)が2020年2月9日にYouTube公式チャンネル「はーちゃんねる」で公開した第3弾動画が話題だ。


    川口さんは1月31日にYouTuberデビュー。

    同日に配信された第1弾は生放送で行われ(現在はアーカイブで視聴可能)、第2弾は2月2日に収録動画として公開。

    内容は川口さんが長崎県の五島列島にある実家を訪ねる様子を収めたもので、川口さんが自身の母親が運転する車に乗ってスーパーに寄りつつ、自宅に到着する様子が明かされていた。


    「料理風景」を映し出すことで漂う、川口さんの実家の生活感


    第3弾のタイトルは「実家でまったり過ごします!」。

    「ただいま!」と玄関をまたいだ川口さんが、実家の台所へと足を運び、母親と一緒におじやを作る様子から始まる8分超の動画だ。

    持っていたカメラを台所の隅に固定した川口さんは、画面奥に映る母親(顔にはボカシあり)に向かって、「おじやですか」と一言。

    これに対し、母親は「おじやにしますー」と応じつつ、白菜を刻むなどおじやづくりを進めるが、動画には終始、赤ん坊の大きな泣き声が上がっている。

    というのも、実家には川口さんと母親のほかに、第2弾動画の終盤に登場した川口さんの甥っ子(顔出しあり)と、「親族」とのボカシを顔にかけられた女性も滞在中。

    このため、何とも賑やかな中でのおじやづくりとなっているのだが、このシーンが実に興味深いのだ。

    通常、YouTuberが料理をする動画というのは、カメラをシンクの向こう側に置き、YouTuberの顔、及び、調理中の食材がきちんと映るようにした上で撮影されるものだが、
    川口さんの動画は、前述の通り、カメラを部屋の隅に固定し、定点カメラ風に撮影している。

    このため、シーンの主題が料理であるにもかかわらず、料理そのものではなく「料理風景」を映し出すものとなっている。


    動画では川口さんが母親に代わって野菜を刻む姿のほか、川口さんが「もう、いい匂いやん」と言葉を発する姿など、あたかもおじやの香りが漂ってきそうな臨場感が醸し出されているほか、台所に置かれた、調理中に流し見するためのテレビの画面がチラチラする様子(画面にはボカシあり)が終始映り込んでいるなど、川口さんの実家の生活感がリアルに映し出されているのが分かる。


    甥っ子に対し、「YouTuberデビューよ!」

    おじやが出来ると、川口さんは部屋の隅に取り付けたカメラに向かって、「おじやが、出来ました」と一言。

    動画には相変わらず居間にいる甥っ子の叫び声が響き渡っており、その騒がしさゆえ、川口さんは「もう、騒がしいので、1人で頂きます」と、宣言し、台所のテーブルでおじやを食べ始めた。

    おじやを食べ終わると、カットは変わり、川口さんが居間で甥っ子をあやすシーンに転換。

    「あー、何で。泣かんで」
    「何で泣くとねん?」

    と声を掛けるうちに徐々に泣き止み始めた甥っ子に対し、川口さんは「YouTuberデビューよ!」と声掛け。

    すると、甥っ子はカメラに視線を向けつつ、最終的には笑顔を見せたのだった。


    これら、川口さんの微笑ましい実家の様子が写った第3弾動画のコメント欄には、

    「芸能人がYouTubeやるならこういう動画にしてくれると結構嬉しい テレビとかで普段見れない姿見れるのが親近感わくし面白い 川口春奈ちゃんさらに好きになりました」
    といった絶賛の声が殺到。

    他にも、「実家で気取らない所が最高すぎる」と、川口さんの売りである自然体な様子が見事に映し出されているとの声、果ては、「芸能人の実家を覗き見できるなんて、なんか新鮮だなぁ」といった声も上がるなど、第1弾、第2弾同様に多くの視聴者から称賛の声が相次いでいる。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17795648/
    J-CASTニュース

    no title


    ※動画がコチラ

    所長見解:なんかええな・・・
    【【YouTube】川口春奈の「おじや調理」がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ