女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8年ぶりに公の場に出てきた若林は元気そうな印象だった
     
    「実は、これまで私は『天までとどけ』の出演者、あるいはスタッフさんにイジメられてきたんです」

    そう涙ながらに告白するのは、'09年に引退した元女優の若林志穂。
    公の場で話すのは、実に8年ぶりだ。

    「若林さんといえば、'01年に世田谷区内で青竜刀を持った男と至近距離で遭遇。
    警察官が犯人ともみ合いになり、両者が死亡する凄惨な現場を見てしまったことでPTSDになり、芸能活動を1年ほど休むことになったんです」(スポーツ紙記者)

    1度は芸能界に復帰したものの、'09年9月には『週刊女性』において引退宣言。
    その後、表舞台に姿を見せることはなかったが、今回はあえて自らの体験を語る決心をしたという。

    「今年5月、スマホで目に飛び込んできたのは『天まで』のメンバーが再会するニュースでした。
    記事には《今夜、みんなが集合する》と書かれていて、私はここにいるのになんでなんだろうと。
    それで、5月19日に放送された『爆報!THEフライデー』(TBS系)を見てみたんです」

    『天まで』は'91年から'99年まで毎年制作され、合計8シリーズが放送。
    父親役の綿引勝彦と母親・岡江久美子のもと、8男5女の子どもが織りなす大家族のホームドラマは人気を博し、最高視聴率は19パーセントと、昼ドラとしては異例のヒットを飛ばした。

    その子どもたちのまとめ役が若林が演じた長女の待子。
    最初のシリーズではナレーションも担当するなど、ドラマには不可欠な存在だった。

    「『爆報─』を見ていると、『天まで』に待子が存在していないかのような作りになっていました。
    そもそも、私には出演のオファーがありませんでした。
    でも、ネットを見てみると“長女の待子ちゃんは?”という声を目にして、ファンの人が私のことを覚えていてくれたのがすごくうれしくて私はここ何十年間もかなり苦しかったから……。
    ファンの方たちに報告するときが来たと思いました」

    長年、彼女は苦い思いを胸に秘めてきたが、番組で再会するきょうだいたちを目の当たりにしさまざまな“裏切り”を告白する決心をしたのだ。

    「『天まで』パート3のとき、撮影現場で人の持ち物がなくなるということが多発しました。
    ある日、メイクさんのフェイスパウダーがなくなって怪しいと思われる子のカバンを開けようという話になりました。

    私は長女だったからか、岡江さんに呼ばれ“この子のカバンを見てよ”と言われたんです。
    そしたら、そこにフェイスパウダーが入っていました。
    周りの人たちと、本人に言ったほうがいいのではないかと、スタッフさんに相談したんです。
    でも、プロデューサーさんたちは、“その子の将来があるから”と犯人探しを嫌がったんです」

    結局、盗難騒ぎはそこでうやむやになってしまったという。
    だが5年後、パート8の打ち上げのときに、意外な言葉が彼女を襲う。

    (続く)

    http://www.jprime.jp/articles/-/10049?display=b
    no title


    所長見解:なんか大変そうだな・・・

    【【暴露】『天までとどけ』で起きていた陰湿イジメ、長女役・若林志穂が衝撃の告白ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント松居一代(60)が4日深夜、YouTubeで動画をアップし、夫で俳優の船越英一郎(56)が、別の女性と不倫関係にあると主張した。

    動画では、船越が08年から重度の糖尿病を患っていること、にもかかわらず、バイアグラを飲んで別の女性と〇〇〇しているなどと訴えている。
    女性については、松居の友人で「ハワイに住んで結婚して子供もいる」としている。

    松居は6月27日、自身のブログで「実はもう…1年5ケ月も尾行され続けているの」と明かして以来、自身が追い詰められていることを訴えてきた。

    no title


    その中に登場する「恐怖のノート」についても、4日深夜にアップした動画で「船越英一郎が残したノート」とし、松居のマイナス情報が出る女性週刊誌の発売日などがつづってあったことなどを語っている。

    また、その直前にアップした動画では、「週刊文春に裏切られた」と主張した。
    船越との問題を自ら週刊文春側と接触して話したものの、完成した原稿の内容を教えられなかったことについて強く憤っている。

    日刊スポーツ
    https://www.google.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/1850259.html


    所長見解:この人、大丈夫か?・・・
    【【これはヤバい】松居一代、夫・船越英一郎の不倫を主張!「バイアグラを飲んで別の女性と〇〇〇している」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    尾行騒動渦中にあるタレント松居一代(60)の自宅周辺で不審者を目撃したとする近隣住民の証言を4日放送のTBS系「ビビット」が報じた。

    m


    同番組では元兵庫県警察刑事の飛松五男氏が松居宅周辺で取材したVTRをオンエア。
    松居の自宅には防犯会社が入っていたが、飛松氏は設置されている防犯カメラが広範囲におよばないとして「監視しやすい環境」だと指摘した。
    また、近隣住民に聞き込みを行ったところ、複数の住人が松居宅の様子をうかがう不審な人物を目撃したと証言していた。

    一方、コメンテーターを務めるお笑い芸人の千原ジュニアは、松居がブログで今回の騒動を「サスペンスよりも面白い」と書いていたことに、「ほんまに切羽詰まってる人間が『今起きてることが面白い』という言葉はなかなか使わへんのちゃうかなと。
    じゃあ普通に楽しませて頂いていいのかなっていうふうに思ってる」と私見を述べた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-01849932-nksports-ent 
    日刊スポーツ 


    所長見解:マスコミじゃねえの・・・
    【【これは本当?】松居一代の自宅周辺で不審者目撃ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元AKB48で女優の大島優子(28)が、芸能活動を一時休止し、海外へ渡航することが3日、わかった。
    所属事務所がデイリースポーツの取材に対して認めた。
    渡航場所や時期、期間等は未定。
    大島は2日に仙台市内で行ったファンミーティングで、ファンに向けて海外へ行くことを宣言していた。

    y


    国民的アイドルグループ・AKB48で頂点を極めた大島が、新たな芸能人生に向けて大きく動き出す。
    所属事務所の関係者は、取材に「本人には昔から海外に行きたいという夢があった。
    このタイミングで行かせていただけることになったので」と、海外行きは大島自身の希望であることを明かし、芸能活動は一時休業となることを認めた。

    渡航場所や時期、期間については「プライベートなことなので、お答えできません」と回答。
    「仕事が入ったら、途中で帰ってくる可能性もある」と、早期復帰の可能性も示唆した。
    また、事務所の退所や芸能界引退などは否定した。

    大島が2日に行ったファンミーティングに参加したというファンのSNSによると、大島は
    「準備ができたから、人生チャレンジということで海外に行く」とファンに向けて発言。
    当面は日本から離れ、会うことができなくなるという趣旨のトークを行ったという。

    大島は30日まで全国6都市でファンミーティングを行うため、早ければ8月にも海外に向けて旅立つとみられる。
    大島は過去にSNSで海外留学への思いを明かし、「アメリカかヨーロッパがいい」と希望したことがあり、活動の幅を広げるために欧米での勉強を志しているとみられる。

    大島は96年から子役として芸能活動を始め、14年6月にAKB48を卒業してからは女優として活躍。
    今年1~3月には日本テレビ系連続ドラマ「東京タラレバ娘」に出演し、高評価を得た。
    11月には29歳になるだけに、20代最後の1年は今後に向けての大きな転機となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000001-dal-ent


    所長見解:干されんの?・・・
    【【干される?】大島優子が一時休業で海外へってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の松居一代(60)が2日、自身のブログを更新した。

    m


    「両親の了解済み」と題したブログで「あたしにとって・・・この一週間は嵐の中を航海をしているようだった」と明かし「温かいコメントに励まされています。本当に本当にありがとう。ありがとうございます」と感謝の思いを記した。

    この日のブログでは両親についてふれ「90歳の父と、86歳の母にすらあたしの居場所は伝えてない。電話の電源は、切ってるから」と明かした。
    その上で「怖いノートを手にした時に15日間逃げていたでしょう。その時に、ちょこっとだけ実家に寄ったんですよ。戦いの了解をもらいたかったから…」と告白した。

    実家では「目の前に天国が来てるのに申し訳ないけど・・大変なことが起きる。でも、あたしは決心したから。。戦ってもいいかなあ・・」と唐突に話したら・・・・・・ええよ戦かい!って言ってくれたんですよ」と両親に何らかの相談をしたことを明かした。

    こうしたことから「一番、心が痛かった両親の了解をもらったからあたしは決意が固まった。屈することなく戦う決意ができたんです」と心境を記していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000112-sph-ent 
    スポーツ報知 


    所長見解:戦うって・・・
    【【?】松居一代「屈することなく戦う決意ができた」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ