ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今季の夏ドラマは軒並み視聴率15%割れ、文字通りカラッカラの夏枯れドラマ不振が続いている。
    中でも、初回から5.5%とゴールデン枠ドラマの危険水域を低滑空しているのが、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)だ。

    k


    芸能デスクが説明する。

    「前クールの「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で再ブレイク中のあの田中圭の人気をもってしても、全く人気に火がつかないのは、ひとえに主演・吉岡里帆の人気のなさのせいだと責任問題になっています」

    吉岡にとっては、1月ドラマ「君が心に棲みついた」(TBS系)に続き、2作目の主演となるが、視聴率は前作を下回る低調ぶりなのだ。
    本人は念願の社会派ドラマに出演できた喜びを語っていたのだが…。

    「これまで『ゆとりですがなにか』(日テレ系)や『カルテット』(TBS系)では脇役ながら一見普通に見えるが内には狂気を秘めた女性の役をみごとに演じ脚本家に認められ、主演を勝ち取った吉岡ですが、今回の役柄は前作の衣料会社OLに続いて、公務員役という等身大の役柄です。
    普通なら働く女性から共感を得られる役柄のはずですが、演技派の吉岡が完璧に演じると、『マジメすぎて周りが見えない』『ただおもしろくもない正論ばかりを主張する』と女性をイラッとさせてしまうようです。
    このままでは女性不人気キャラが定着してしまうかも」(前出・デスク)


    演技派がアダに!?

    吉岡が主演で復調するには、男子目線を意識してかつての水着グラビアで見せたナイスボディでアピールするか、それとも嫌われキャラを生かして尾野真千子のようにイジメ役に転じるべきかも!?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15158372/


    所長見解:かわいいのにな・・・

    【【低視聴率】吉岡里帆主演のドラマが当たらない理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    前衆院議員のタレント上西小百合(35)がこのほど、コメンテーターや女優などの本格的な芸能活動をスタートさせる意気込みを都内で語った。
    昨年10月の衆院選挙に出馬せず、約5年の国会議員生活を終えた。
    今年5月に芸能事務所に所属。
    「浪速のエリカ様」の異名を持って異彩を放った政界の暴れん坊が“第2の人生”をスタートさせる。

    s


    タレント活動のために最初に取り組んだのが13キロのダイエットだった。
    「(カメラで)きれいに撮ってほしいから努力をしました」。
    炭水化物を控え、野菜中心の食事に切り替えるなど食生活を大幅に見直した。
    大好きなお酒の量も減らして減量に成功した。

    「いろんなことに挑戦をしていきたい」。
    政治経験を生かしたコメンテーター、バラエティーや女優活動にも意欲を見せる。

    少しずつだが、女優修業も始めた。
    これまでは、テレビドラマをあまり見てこなかったが、現在は演技を学ぶため、じっくり見て学んでいるという。
    女優になれば、ぬれ場シーンもあり得る。
    「需要があるのかしら…」。
    そう言いながらも「やるのならあと5キロはやせないと!」と前向きだ。

    議員時代は、高飛車とも受け取られた物言いから「浪速のエリカ様」の異名を持った。
    女優になれば、“リアルエリカ様”こと、沢尻エリカ(32)との共演があるかもしれない。
    「実現すれば私はうれしい」と喜びながら、「私のことを『怒りん坊』だと誤解をしている人もいるけれど、そんなことはない。本当の私は優しいし、いい人なんです。テレビを通じて、そのことも出してきたい。『エリカ様』を卒業します」。

    婚約をしていた50代男性とは昨年末までに破局。
    現在、恋愛は「諦めモード」だという。
    「結婚願望は昔からあるんです。せっかくダイエットをして、腕も出せるようになったのに…」と、恋人不在を嘆いた。

    議員時代は「まったく演技をすることなく、言いたいことを言っていた」というが、今後は「いろんな役を演じられるようになりたい」。
    身も心も美しく豊かに自分を変える、演技派女優への脱皮を目標に掲げた。

    ◆上西小百合(うえにし・さゆり) 
    1983年(昭58)4月30日、大阪府生まれ。神戸女学院大卒。
    12年12月の衆院選に大阪7区で初当選。
    14年12月衆院選でも同区で2期目の当選。
    趣味は料理、空手。
    158センチ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00300751-nksports-ent


    所長見解:やはり・・・

    【【芸能活動開始】元衆議院議員・上西小百合、女優になるってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施した。
    NHKの朝ドラこと「連続テレビ小説」は、1961年の開始以降、その時代に輝くスター女優を輩出してきた。

    h


    アンケートの結果、1位に『ひよっこ』(2017年)の有村架純、2位に『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)がランク入り。
    3位に食い込んだのは、シニア世代の読者から圧倒的な支持を得て『おはなはん』(1966年)の樫山文枝。

    夫を病で失ったおはなはんが、女手ひとつで子どもたちを育てながら、明治中期から戦後までの激動の時代を生きていく──
    そんな物語を描いた同作は、最高視聴率56.4%を記録し、放送中は全国の水道利用量が急激に減ったという逸話を持つ。

    「まさにかじりつくように見ていました。
    樫山文枝の演じるおはなはんは、どんな苦境でも決して笑顔を忘れない。
    天真爛漫で本当に可愛くて、それでいてたくましかった」(72・無職)

    4位、5位は『とと姉ちゃん』(2016年春)の高畑充希、『まれ』(2015年春)の土屋太鳳と近年のヒロインが続いたが、6位には『澪つくし』(1985年春)の沢口靖子がランクイン。
    『澪つくし』以前は映画『刑事物語3』に出演したことがあるだけで、主演も連ドラも初めてだった沢口は、文字通り朝ドラを入り口にスター女優へと駆け上がった。

    同作の脚本を担当したジェームス三木氏が語る。

    「彼女を朝ドラに推したのは、僕なんです。
    『刑事物語3』を観たら、演技はイマイチだけど、それを吹き飛ばす瑞々しい魅力があってね。
    NHKのプロデューサーに『端役でもいいから使いなよ』って話したら、オーディションであれよあれよという間にヒロインの座を射止めちゃった。
    彼女には思わず応援したくなる“健気な可憐さ”があった。
    演技力は発展途上なのに、否応なく引き込まれるんです」

    7位は『はね駒』(1986年春)の斉藤由貴。
    沢口とは対照的に、すでに『スケバン刑事』(1985年)に主演するなどアイドルとして人気絶頂だった彼女は、多忙を極めるなかで半年間、ヒロインを演じ切った。

    テレビドラマに詳しいフリーライターの田幸和歌子氏が語る。

    「彼女が演じた“りん”は女性記者の草分け的存在で、許嫁との結婚を自ら破談にして福島から上京するという、当時としては思い切った役どころでした。
    『はね駒』はお転婆娘という意味ですが、りんのお転婆な可愛さと斎藤さんの大きな目、エネルギッシュなイメージがぴったりでした」


    ※週刊ポスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00000007-pseven-ent


    所長見解:見てるよな・・・

    【【調査結果】朝ドラ歴代最高ヒロインがコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビを見ると、関西弁が出ずに全く違和感のない標準語で話しているため、関西出身と聞いて意外な有名人が実は結構いる。

    3歳で芸能界入りしている女優・芦田愛菜は兵庫県西宮市出身。
    東京にいる時に話す標準語の印象が強いが、生まれ故郷の関西弁も上手だという。

    m


    上野樹里も兵庫県加古川出身だが、16年10月に主演映画「お父さんと伊藤さん」の上映会で舞台挨拶した際には関西弁に苦戦。
    観客から関西弁を要求されたが標準語が抜けきらず、「中途半端ですかね?気持ち悪いでしょうね」と苦笑いを浮かべた。

    その他にもフリーアナウンサー・夏目三久(大阪府箕面市)、タレント・平愛梨(兵庫県明石市)、女優・浅野ゆう子(兵庫県神戸市)、女優・北川景子(兵庫県神戸市)、女優・有村架純(兵庫県伊丹市)、女優・のん(旧芸名は能年玲奈、兵庫県神崎郡)はメディアで標準語で話している機会が圧倒的に多いが、関西出身だ

    男性芸能人も俳優・渡哲也(兵庫県淡路市)、歌手・内田裕也(大阪府堺市)、俳優・田村正和(京都府京都市)、俳優・京本政樹(大阪高槻市)、俳優・北村一輝(大阪府大阪市)、俳優・豊川悦司(大阪府八尾市)は関西出身。
    関西弁で話しているイメージがないため、意外に思う人が多いだろう。

    戦国時代をルーツにする上方落語、漫才の歴史が深い大阪は「お笑いの聖地」と呼ばれ、明石家さんま、ダウンタウンら関西出身のお笑い芸人が目立つ。

    だが、関西中心のお笑いの世界で関西弁を全く使わない関西人がいる。
    ダチョウ倶楽部の上島竜兵(兵庫県丹波市)、寺門ジモン(兵庫県川西市)だ。
    上島が関西弁で話すことを聞く機会はまったくと言っていいほどない。
    標準語と関西弁では同じ言葉でも視聴者の印象が変わる。
    ひどい扱いを受けた時の「訴えてやる!」、熱湯風呂で必ず発言する「絶対に押すなよ」などダチョウ倶楽部のすべり芸は標準語がしっくりくるのかもしれない。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15110414/


    所長見解:そうなんや・・・

    【【大阪弁】実は関西出身の意外な有名芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)に出演中の女優・川口春奈が4日、自身のインスタグラムに同作で共演中の岡田結実、佐藤仁美との3ショットを公開した。
    ドラマで同じ病院に務める看護師を演じている三人は、役の衣装であるナース服を着用。
    この姿に「可愛すぎる」「美女ぞろい」と反響が寄せられた。


    「23:15~ みてくれよっ」と、この日放送の『ヒモメン』第2話の放送を告知した川口は、岡田、佐藤と笑顔を見せる3ショットを披露。
    投稿にはファンから「川口さんのかわいい看護師姿を見れば、暑さなんて吹き飛びますよ」「三人ともかわい~」といった声が寄せられた。

    岡田も自身のインスタグラムで「佐藤仁美さんと前に撮った写真をどぅーーん!」と佐藤との2ショットをアップ。
    佐藤も自身のインスタグラムで川口との2ショットを公開した。
    こちらも「美人が二人」と好評だったが、お笑いコンビ、シソンヌのじろうから「面影はあるけど、並ぶ相手が悪いよひとみさん」とコメントされ、「比べるためのツーショットじゃねー。ハゲ」「ハゲとかひどーい」といった愉快なやり取りを繰り広げていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00057988-crankinn-ent

    no title


    所長見解:いけてるやん・・・

    【【ナース姿】川口春奈&岡田結実&佐藤仁美の3ショットがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ