ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    相楽樹、石井裕也監督と結婚!年の差12歳、年内に出産予定 

    s

    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)でヒロインの妹・鞠子役を演じた女優の相楽樹(いつき、23)が、映画「舟を編む」(13年)の石井裕也監督(35)と結婚していたことが20日、スポーツ報知の取材で分かった。

    複数の関係者によると、2人は共通の知人を介して知り合い、程なくして交際に発展。
    6月上旬までに婚姻届を提出したという。
    相楽は妊娠しており、すでに安定期に入っている。

    相楽を知る仕事関係者は「新しい命を授かり、少しずつですが、母親としての実感も湧いているようです」と近況を明かす。
    別の関係者は「年内に新しい家族が誕生する予定と聞いています。しばらくの間、仕事はお休みするようです」と話した。

    12歳差の年の差婚になる。
    2人が同じ仕事をした経験はないが、相楽はアメーバオフィシャルプレスのインタビュー記事の中で、「憧れの人、これから一緒に仕事をしてみたい人」について是枝裕和監督(56)、石井監督を挙げている。
    理由について「日常を切り取ったような作品が好き。その世界が実在しているかのようなリアルな描写に、いつも感動している」と告白。
    「いつか一緒にお仕事させていただきたい」と夢も語っていた。

    相楽は「とと姉ちゃん」でブレイク。
    昨年3月、テレビ東京の連続ドラマ「こんにちは、女優の相楽樹です。」で初主演した。
    同ドラマでは、ネット上で「顔が似ている」と話題になった壇蜜(37)との共演も果たし、話題を呼んだ。

    石井監督は、メガホンを執った映画「川の底からこんにちは」に主演した満島ひかり(32)と知り合い、10年に結婚したが、16年に離婚が成立した。
    「舟を編む」では報知映画賞作品賞などを受賞。
    米アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に選出され、若手実力派監督として注目を集めている。

    ◆相楽 樹(さがら・いつき)1995年3月4日、埼玉県生まれ。23歳。
    2009年に原宿でスカウトされ、芸能界入り。
    10年ドラマ「熱海の捜査官」で女優デビュー。11年「ゴメンナサイ」で映画初出演。
    主な出演作にドラマ「嫌われる勇気」、舞台「黒蜥蜴」。
    趣味はギター。特技はゴルフ、料理、スポーツ全般。身長162センチ。血液型O。

    ◆石井 裕也(いしい・ゆうや)1983年6月21日、埼玉県生まれ。35歳。
    2007年大阪芸術大学の卒業制作「剥き出しにっぽん」がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)グランプリ&音楽賞。
    映画「川の底からこんにちは」ではブルーリボン賞監督賞を史上最年少受賞。
    主な監督作に「ぼくたちの家族」「バンクーバーの朝日」。
    17年「宇宙船ドリーム号」で舞台演出初挑戦。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180620-OHT1T50276.html


    所長見解:デキ婚か・・・

    【【年齢差婚】女優・相楽樹(23)が石井裕也監督(35)と出来婚 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優、玉木宏(38)が女優、木南晴夏(32)と大安の26日に結婚することが20日、分かった。
    複数の関係者によると、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演を機に熱愛に発展。
    今月中旬にそれぞれ連続ドラマの撮影を終え、自然な流れでゴールインに至ったという。
    木南は妊娠しておらず、結婚後も女優を続ける。

    k


    最後の大物独身俳優の一人として注目されてきた超イケメンと、独特の存在感を放つ個性派女優のビッグカップルがゴールインする。

    玉木は現在、TBS系「あなたには帰る家がある」(金曜後10・0)、木南は同局系「花のち晴れ~花男 Next Season~」(火曜後10・0)と、そろって4月期の連ドラに出演中。
    関係者によると、2人は以前から「6月に結婚したいね」と話し合っていたという。

    ともに今月中旬、ドラマの撮影が終了。
    婚姻届を提出する26日は「花のち晴れ-」の最終回で、双方の仕事が落ち着いたタイミングで、夫婦として新たな門出を迎えることになった。

    2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、長年よき友人として食事をするなど親交を深めてきた。
    役者としては玉木が先輩だが、木南も個性派女優として頭角を現し、互いを尊敬し合う仲に。
    共演した昨年4月放送の「女の勲章」で女を翻弄する野心家役の玉木が木南を相手に熱演し、それがきっかけで恋人関係に発展した。

    玉木は2001年公開の「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、数々のドラマや映画に主演。
    15年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、波瑠(27)演じるヒロイン・あさの夫役で、さわやかな笑顔が魅力の新次郎を演じてお茶の間の女性をとりこにした。

    一方の木南は04年の女優デビュー以降、ドラマや映画など110本以上の作品に出演。
    さまざな役をこなす演技派の地位を地道に築いた。
    今年はテレビ朝日系昼ドラ「越路吹雪物語」に岩谷時子役で出演。
    バラエティーでも活躍し、多彩な才能を発揮している。

    理想の夫婦像について玉木は15年のサンケイスポーツインタビューで「足りない部分を補いあえる関係。僕もいつか結婚したら奥さんが仕事に出るなら応援する」と告白。
    「祖母にひ孫を見せたい」などと父親願望も吐露していた。

    木南も今年1月のサンケイスポーツの取材で「いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚と言っていたので、あと4年は猶予あります」と適齢期を意識しているようだった。

    理想の結婚相手については「怒らなくてアクティブな人。私はけっこう抜けているので、笑って許してくれる人がいい」と、温厚で男らしい玉木を意識していたのかのような発言もあった。

    ファン思いの2人は、近日中に公式ホームページなどで結婚を正式発表するとみられる。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000503-sanspo-ent 


    所長見解:いいよね・・・

    【【結婚発表】玉木宏、38歳大物イケメン独身俳優の結婚相手がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の芦田愛菜さんが6日、ライブショー「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」の公式インスタグラムなどで初の自撮り写真を公開した。

    https://mainichi.jp/articles/20180606/dyo/00m/200/009000c

    no title


    所長見解:ん・・・

    【【検証画像】芦田愛菜の自撮り写真初公開がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いタレントの鳥居みゆきが、先ごろ放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演。
    クレオパトラ風の派手なメイクとアクセサリーを付け、妖しさ全開のカリスマ占い師・望月ルナを演じると、SNSでは「役にぴったりとはまっていた」「存在感ばっちり」など、その演技力を称賛する声が相次いだ。
    以前からバラエティやネタ番組にはコンスタントに出演を重ねてきた鳥居だが、近年はドラマや映画への露出も増加。
    パジャマ姿で踊り叫ぶネタで知名度を上げ、それから10余年。
    キワモノ扱いされながらもジャンル問わず需要が高まる要因とは?


    ■「お笑い」に重きを置いているワケではなく「演技をすること」が本懐

    昨年の鳥居の出演実績だが、ドラマは3本、映画にいたっては6本に出演。
    R15指定映画『全員死刑』の強盗殺人犯の標的になる資産家一家の母役から、TBSの日曜劇場ドラマ『陸王』の真面目なメガネの高校教師役まで、演じる役柄は幅広い。
    もちろん、バラエティ番組にも定期的に出演し続けており、『有吉反省会』(日本テレビ系)ではブレイク直後に結婚した夫との生活を赤裸々に語り存在感を示すほか、秋田県生まれということで、仙台出身のサンドウィッチマンとともにユニットコントをする『東北魂TV』(BSフジ)のレギュラーも務めている。

    マルチな活動を続ける鳥居だが、実は芸人としての活動は、「趣味である単独ライブのために費やせるお金稼ぎ(笑)」(PICT‐UP/2015年2月18日)と考えており、実際は「演技をすること」にやりがいを感じているようだ。
    舞台にコンスタントに出演するのもそうした理由からであり、同インタビューでは「自分が書いてないから、書いた人の気持ちが想像ができない。
    それが少しずつわかっていけるのがすごく面白い」と語っている。
    昨年は『半沢直樹』(TBS系)の演出家から指名され、1940年代に実際にあった「アナタハン事件」がモチーフとなった『女王と呼ばれた女』に主演するなど、着実に舞台のキャリアを積み重ねている。

    t


    ■「放送コードをいかに“延長コード”にするか」ギリギリ感を演出する自己演出力

    もともとは支離滅裂な言葉を叫びながら踊る「ヒットエンドラーン!」のネタのように、 “狂気”をはらんだ芸でテレビに露出しはじめた鳥居。
    はじめて見た視聴者は「何かヤバいことをしでかすんじゃないか……」と、さぞかし放送を見ながらハラハラしたことだろうが、これまでSNSが炎上してしまうような「度を過ぎた行動」をとったことがない。

    その線引きについて、鳥居は昨年2月28日のORICON NEWSのインタビューでこう語っている。
    「放送コードがあったとしたら、いかにそれを延長コードにするかっていう作業が面白い」と、視聴者からクレームが来ない“ギリギリのライン”をわかった上で番組出演しており、自身を「客観視」できていることがわかる。

    その基になっているのは、そもそも鳥居が裏方でもある「脚本家」を志望していたことが大きいだろう。
    お笑いのことを知ろうと、コメディー芝居をはじめたのがきっかけで芸人の道を歩みだし、その後「不思議なことにお笑いをやったら、役者の仕事が来るようになって、原点に戻りつつあります」(日刊ゲンダイDIGITAL/2017年9月20日)と語る。
    テレビの中で見せる“狂気”は、脚本家仕込みの「プロデュース力」を兼ね備えた鳥居にとって、想定内の演出なのだ。

    ちなみに鳥居みゆきと同類の芸人として思い出されるのは、やはり“エガちゃん”こと江頭2:50ではないだろうか。
    そのハイテンションさゆえ、ときどき“ハミ出す”ことがあるにせよ、基本的には鳥居と同じく、計算された“狂気芸”であり、うまく自分をコントロールする技量がある。
    『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や『ぷっすま』(テレビ朝日系)など、視聴者が多い時間帯のバラエティに出演できるのは、その技量の裏付けであり、制作側にとっても番組にスパイスを与える最適な存在といえる。

    最近では女優業以外にも、絵本作家、MV監督を務めるなど、気づかない内に次々と才能を開花させている鳥居。
    バラエティでの無鉄砲な印象、ドラマや映画での役でのクセの強い役の印象……部分部分の彼女だけを見てイメージ付けをするのは尚早であり、視聴者目線で自己を演出している彼女にとって“思うツボ”なのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000350-oric-ent


    所長見解:長いな・・・

    【【狂気芸人】鳥居みゆきの需要の裏がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・清野菜名(23)が11日、東京・品川プリンスクラブeXで、スマートフォン向けゲームアプリ「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNS」のCM発表会に出席した。

    今月15日から放送の新CMに出演し、タンクトップとショートパンツのCM衣装で登場。
    「露出が多くて恥ずかしかった」と照れ笑い。
    それでも、同じくCM出演の斎藤工(36)成田凌(24)滝藤賢一(41)とともに、同ゲームの「エキシビションマッチ」を行うと、真剣な表情に。
    バトルロイヤルゲームで、最後は成田との一騎打ちから「ドン勝(同ゲームで勝利をつかんだ時に表示される象徴的なワード)」し、ガッツポーズした。

    これには斎藤も「僕もこのゲームをやっているのですが、清野さんの身の隠し方とか、裏の裏をかく作戦を見ると、女性は強いなと。社会の縮図ですね」と絶賛。

    清野は「無我夢中になって時間を忘れてしまいそう。私も絶賛ハマリ中なので、ぜひ皆さんも“ドン勝”狙ってください」と笑顔だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00235628-nksports-ent

    清野菜名が大胆衣装で登場
    no title

    no title

    所長見解:しっかりしてんな・・・

    【【半分、青い】朝ドラ出演・清野菜名のショーパン姿がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ