女優

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プロ野球・楽天の松井裕樹投手(23)と女優の石橋杏奈(26)が結婚したことを13日、発表した。

    この日、都内の区役所に2人で婚姻届を提出。

    すでに今月初旬にハワイで挙式したことも報告した。

    2人は球団と石橋の所属事務所を通じ、連名で結婚を報告。

    松井は「これからは妻のため、そして日頃より応援してくださるファンの皆さまの期待に応えるため、より一層野球に精進してまいります」と決意を新たに。

    石橋は「彼の野球に対するまっすぐな姿勢や素直で無邪気な性格に惹かれ傍に居たいと思うようになりました。
    彼の活躍が2人の幸せでもあるので 日々刺激をもらいながら私も出来る限りのサポートをしていきたいと思っております。
    これからは夫婦としてどんなときも手を取りあい思いやりの気持ちをもって共に歩んでいきたいと思います」と思いをつづった。

    関係者によると、ハワイでの挙式は今月8日(日本時間9日)。

    石橋は妊娠しておらず、芸能活動を継続し、仕事と家庭の両立を目指す。

    同居はまだしていない。

    2人の交際は6月に発覚。

    8月7日付のスポニチ本紙が12月にハワイで挙式することを報じていた。

    出会いは昨年6月、共通の知人が開いた食事会。

    昨年11月頃から交際をスタートさせ、松井が遠征で東京に来た時などに食事デートをするなど愛を育んでいた。

    松井は、入団2年目の15年から守護神として3年連続30セーブを達成。

    昨年3月のWBCではチーム最年少で侍ジャパン入りも果たした。

    今季は53試合に登板し、9月16日には史上最年少22歳10カ月で通算100セーブを達成した。


    石橋は、06年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。

    清純派女優として活躍し、演技力も高い評価を受けている。

    私生活では、4年ほど前から料理を母親に習うなどして始め、今では趣味に。

    得意料理には手間の掛かるビーフシチューを挙げるほど、腕を上げている。

    野球好きで知られ、福岡出身のソフトバンクファン。

    17年には開幕戦の始球式も務めた

    no title


    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/13/kiji/20181213s00001173212000c.html


    所長見解:ええやん・・・

    【【祝・結婚】楽天・松井裕樹と石橋杏奈が結婚ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優・綾瀬はるか(33)が12日、都内で、「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018」の“最も美しい顔2018”に選出され授賞式に出席した。

    「選んでいただいてうれしいです。いい年越しになります」とほほ笑んだ。

    同会で今年の流行が赤リップと解説されたが、メークのポイントを「マットは赤リップを塗っていただきました。流行っているんですかね」と天然ぶりも見せた。

    来年のNHK大河ドラマ「いだてん」では主人公の妻を演じる。

    「すごく元気な、太陽のように明るい女性です」と話した。

    「VOCEのキャッチコピーに『きれいになるっておもしろい』がありますが、私も楽しみながらビューティーを磨いていきたいので、みなさんも楽しみながらビューティーを磨いてください」とエールを送った。

    “最も美しい顔”は1年間を通じてビューティー界でたくさんの話題を呼び、大きな影響を与えた人に贈られる賞で、同誌編集部によって選出される。

    2010年からスタートし、初年度は松本潤、11年前田敦子、12年長沢まさみ、13年指原莉乃、14年斎藤工、15年大島優子、16年桐谷美玲、17年は深田恭子が選ばれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00417213-nksports-ent

    “2018年最も美しい顔”に選出 綾瀬はるか
    no title

    no title


    所長見解:貫禄・・・

    【【検証画像】2018年“最も美しい顔”がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    気難しい女優たちの扱いを間違ってはいけない──。

    そのための「トリセツ」がある。

    たとえば、ドラマ「SUITS」(フジ)で、織田裕二との「27年ぶり月9共演」が話題になった鈴木保奈美(52)。

    その撮影現場が凍り付く事件が勃発したという。

    ドラマ関係者が証言する。

    「鈴木さんがスタッフたちと談笑している時でした。
    共演中の女優・中村アンが、鈴木の背後から近づいて挨拶しようとしたのですが、鈴木さんは完全無視したんです。
    周囲も『えっ!?』と固まってしまって…。
    中村は苦笑いしながら退散していきました」

    スタッフとの会話に夢中で気づかないワケではなく、はた目にはあえて“眼中にないというポーズ”を取っていたように感じられたという。

    だが、ベテラン芸能記者いわく、これは“鈴木保奈美の現場あるある”らしいのだ。

    「鈴木は出産と育児を経て本格的に芸能界に復帰した10年頃から、自分より若い女優への当たりがキツいことで知られています。
    自分は女優一本でここまでやってきた、という強烈な自負のせいでしょう。
    特に中村のように、モデルなどもこなす“兼業女優”に対しては『私と同列にしないで』との思いがあるはずです」

    “修羅場ストーリー”が突然始まらないよう、このトリセツを遵守すべし!

    〈鈴木保奈美さまに若手女優を近づけてはなりません〉

    h


    鈴木ほどキャリアがなくても、黒木華にもこんな「トリセツ」が…。

    〈黒木華さまが主演の作品では、他と差をつけたVIP待遇が必須です〉


    さらに真木よう子にいたってはこうだ。

    〈真木よう子さまより大事なお客様はいません〉

    〈真木よう子さまとは入念な打ち合わせが不要です〉

    他の女優の「トリセツ」も含め、詳細は12月11日発売の「週刊アサヒ芸能」12月20日号でレポートされている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1605573/

    所長見解:ややこしな・・・

    【【取扱説明書】有名女優たちの「トリセツ」がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    サバサバでもダメ、ぶりっこでもダメ。

    嫌いな若手女優=売れている順?

    「気が合わない」「苦手だ」といった女同士の相性が、コミュニケーションをとりはじめてすぐにわかるように、一度苦手意識を持つと、そうそう見直せる機会なんてなくて、ネガな印象がずっとつきまとうもの。

    そこで世の女性たちが“ぶっちゃけ嫌い”と感じる若手女優ナンバーワンは誰なのか、20~30代の女性200人を対象にアンケート調査してみました!(協力:アイリサーチ)

    j


    ■オンナが嫌いな若手女優TOP10
    (編集部が選んだ16人の20~25歳の若手女優から1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

    1位 広瀬すず(20) 129pt
    2位 土屋太鳳(23) 116pt
    3位 吉岡里帆(25) 85pt
    4位 桜井日奈子(21) 83pt
    5位 二階堂ふみ(24) 75pt
    6位 池田エライザ(22) 65pt
    7位 森川 葵(23) 44pt
    8位 有村架純(25) 43pt
    9位 広瀬アリス(23) 38pt
    10位 小松菜奈(22) 33pt

    時代を彩るきれいどころがズラリと並んだ印象ですが、1位は広瀬すずという結果に! 

    一方、姉の広瀬アリスは9位に付けており、“売れ方”の差はあるもののいずれもサバサバ系。

    どちらかというと見た目がかわいらしいすずのほうにアンチが集まっているところを見ると、かわいい=嫌いという心理があるのかも?

    さて、広瀬すずに対して僅差で2位に付けた土屋太鳳は、真逆のぶりっこと指摘されがちなタイプ。

    努力家として知られていますが、それがかえってあざとさを感じさせてしまうという見方もできるでしょう。

    “あざとさ”といえば、3位に付けている吉岡里帆にも、そういった声がありますよね。

    男性に媚びているように見えるのかもしれません……。

    とはいえ上位陣は、よく目にする面々の中でもずば抜けてCMの契約本数や主演作が多い現在のトップ女優たち。

    目立ってしまうがゆえに、出る杭は打たれるという捉え方もできることでしょう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00013843-jprime-ent


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【TOP10】女性が嫌いな若手女優がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。

    同作で女優デビューを飾る。

    ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

    小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。


    小川彩佳アナ、久々地上波出演はドラマオファー

    2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。

    今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。
    自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

    そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。

    「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。
    そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。


    米倉涼子の存在感&華やかさに圧倒

    米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。
    小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。
    画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

    その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。

    今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。

    「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。
    私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

    (小川彩佳アナコメント他全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1809015

    no title


    所長見解:ええやん・・・

    【【報ステ降板】テレ朝・小川彩佳アナ、ミニスカ刑事役で女優デビューってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ