契約

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月29日の「日刊スポーツ」が、先日、ジャニーズ事務所から退所することを発表した中居正広のMC力に関する記事を掲載した。

    中居には多くの関係者がオファーを出したくなる理由があるという。

    「記事の中で、業界関係者は『中居くんに任せておけば、番組が成立する』と、彼のMC力を絶賛しています。
    例えば新番組を放送する際、それがふわっとした企画だったとしても、中居は、きちんと料理して形にしてくれるのだとか。
    それが作り手としては非常に助かるようで、オファーを出したくなるのだそうです」(テレビ誌記者)


    そんな中居は、先日の記者会見にて退所後もレギュラー番組を継続していく方向だと明かした。

    だが以前、「新しい地図」の3人はジャニーズ退所後、出演番組が続々と打ち切りに。

    それだけに一部では、中居の今後に心配の声も飛び交っているが、すでに手を打ってあるという。


    n


    「28日発売の『週刊現代』によると、中居が務める5本のレギュラー番組の継続には、ある条件があったのだとか。
    それは、『新しい地図』の3人が所属する事務所『CULEN』に、絶対合流しないこと。
    そして中居の新事務所は、ジャニーズと業務連携を結び、ギャラの一部が支払われることになるそうです。
    さらに彼は、タモリの計らいで芸能界のドンと言われる田辺エージェンシー・社長の後ろ盾も得たようですから、今後も安泰でしょう」(芸能記者)


    会見で「新しい地図」との合流について、「選択肢はなかった。1人でやってみようと」と述べた中居。

    そこに至るまでには、様々な密約があったのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2221570/

    所長見解:あるんかいな・・・
    【【これは怖い】中居正広さん、ジャニーズ退所条件の厳しすぎる密約がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    n


    デジタル時代に合わせてNHKの受信料制度を見直す議論が始まる。

    総務省が4月をめどに有識者会議を立ち上げ、テレビを持つ世帯だけが支払う今の仕組みの課題と改革の論点を整理する。

    ネット配信の番組をスマートフォンで楽しむ視聴者が増えることなどを想定し、テレビの有無にかかわらず全世帯が負担するドイツのような仕組みも含め幅広く検討する。


    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56389800U0A300C2EE8000?s=5

    所長見解:立花さん・・・
    【【悲報】NHKさん、受信料をテレビを持つ世帯だけから全世帯対象にってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元モーニング娘。市井紗耶香(35)が、昨年11月に芸能事務所アンカンシェルと結んだマネジメント業務提携契約を解除したことがわかった。

    同事務所の中野尚美代表が6日、ブログで報告した。


    s


    中野氏は「市井紗耶香と弊社は約3カ月にて『芸能活動についての業務提携契約』の合意契約解除を致しました」と報告。

    「つきましては今年の1月中旬頃から弊社より『契約解除』を市井紗耶香に申し入れし2月5日付にて合意契約解除に至りました」と経緯を説明した。

    続けて「約3カ月という短い間の『業務提携』でした。

    短い契約期間でしたので原因等は語らずともご理解頂けると存じます」と、市井との間に
    何らかの問題があったことをにおわせた。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-02060099-nksports-ent 

    所長見解:なんやろな・・・

    【【契約解除】市井紗耶香さんの所属事務所「語らずとも」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    吉本を怒らせた たむらけんじの危険な専属エージェント契約交渉 


    「吉本興業に入って27年、まさか会社とこんな対等な話し合いをさせてもらえるなんて夢のようでした」

    「ギャラの開示もしてくれたし、とても丁寧に穏やかに僕の話をしっかりと聞いてくれました」

    「いい見本になる契約目指して頑張ります」

    t


    芸人の”たむけん”こと、たむらけんじが12月12日、所属する吉本興業と「専属エージェント契約」締結に向け話し合いをしたことを自身のInstagramで報告した。

    闇営業問題で吉本興業の隠ぺい体質が浮き彫りになった際に『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が激怒。

    会社を辞める代わりに吉本と締結したのが、この「専属エージェント契約」だ。


    「簡単に言うと、エージェント契約とは自ら仕事を取ってきたり、自分でスケジュールなどマネジメントする代わりに、“ギャラの取り分を増やしてくれ”という契約です。
    しかし何かトラブルが起きた際には、リスクも自分で背負わなければなりません」(スポーツ紙記者)


    吉本でエージェント契約を締結しているのは加藤浩次と、コンビとしての「ロンドンブーツ1号2号」のみ。

    事務所とのトラブルもなく、この契約に乗り出すのはたむらが初めてになる。


    「まだ契約するかも決まっていません。
    “専属エージェント契約とは何か”という説明をした段階なのに、たむらは無断で“ギャラの取り分が納得いかん”などとインスタに掲載した。
    たむらは弁護士までつけて交渉に来たのに守秘義務というものを知らないのでしょうか。
    吉本サイドは怒っていますよ」(吉本関係者)


    吉本興業様とエージェント契約の話し合いをしてまいりました。 
    https://www.instagram.com/p/B580I6XDxPk/ 


    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/84676
    FRIDAY DIGITAL 

    所長見解:干されんで・・・
    【【悲報】たむらけんじ氏、専属エージェント契約で吉本興業激怒ってよwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが2日、分かった。

    加藤はすでに、同社との「共同確認書」へのサインも済ませており、事実上の残留を選択。

    7月には、自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜、前8・00)で、退社の覚悟を示して岡本昭彦社長(53)ら経営陣の刷新を求めていたが、最終的には“元サヤ”で決着する形となった。


    k


    吉本興業を揺るがす騒ぎとなっていた“加藤の乱”が、静かに完全終息を迎えていた。

    加藤は10月1日付で、同社の専属エージェント契約を締結した。

    今後の仕事に関しては、従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通じての交渉が可能になる。

    だが、関係者によると、一部の“直営業”は認められる形となったが、当面は従来通り、吉本興業を通して仕事を行うという。

     
    エージェント契約を締結するには、前段階として、同社との間で「共同確認書」を締結する必要があり、加藤もすでに締結済み。

    確認書は吉本興業との専属契約を前提としており、実質的な吉本興業への残留を決めた形となった。

     
    加藤は7月22日に「スッキリ」で、「今の社長、会長体制が続くのならオレは吉本興業を辞める」と爆弾発言。

    雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。

    翌23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行ったが、結論は先送りとなった。

     
    8月には「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明。

    「現状の仕事は吉本というエージェントを通して、やる。
    他の仕事は他のエージェントを通す」とし、「残留」という表現は否定していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000004-dal-ent


    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191003-00000004-dal-000-3-view.jpg

    所長見解:なんやねん・・・

    【【加藤の乱】極楽とんぼ・加藤浩次さん、吉本興業を辞め・・・・・・ない。 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ