契約

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリナーズは20日、日本開催に当たっての開幕登録枠28人を発表。

    マイナー契約でキャンプを招待されていたイチロー外野手(45)が正式に19年目のメジャー契約を結んだ。

    51


    なお、ベンチ入りは25人のため登板予定のないヘルナンデス、リークの2人の先発陣と、故障で米国で調整を続けているスミス外野手の3人を、ベンチ入りから外している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000026-sph-base

    所長見解:日本だけよね・・・

    【【開幕戦】イチロー、正式にメジャー契約の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ・NHKのネット同時配信を認める放送法改正案が、閣議決定されたと報じられた
    ・災害報道などに限られていたネット配信が、すべての番組で可能になるもの
    ・家にテレビがなくとも、ネット環境があれば受信料を請求されるようになる

    ワンセグ、フルセグチューナーを搭載していなくとも「スマホを持っているだけでNHK受信料金を請求される時代」がすぐそこに。

    詳細は以下から。

    n


    共同通信社の報道によると、政府はNHKによるテレビ番組のインターネット常時同時配信を認める放送法改正案を閣議決定したそうです。

    これは今まで災害報道やスポーツ中継などに限られていたネット配信を、すべての番組で行えるようになるもの。

    NHKは「受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めない」としているため、テレビがなくとも、家にスマホなどのネット環境があるだけで受信料を請求されるようになります。

    なお、放送法改正案は今国会での成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したい考えとされています。

     
    http://news.livedoor.com/article/detail/16112130/

    所長見解:ガラケーやね・・・
    【【強制徴収】NHKの受信料がスマホなども対象になる模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    春の番組改編で、中居正広の冠番組が2本消滅し、しかし2本新たにスタートするという。

    実質プラマイゼロだ。

    日本テレビは25日の定例会見後に、4月から深夜のエンタメ枠「プラチナイト」を金曜深夜に増枠し、中居正広が新番組MCに就任したと発表。

    同時に、水曜プラチナイトの『ナカイの窓』は、3月をもって終了する。

    かねてより、この春の改編で『ナカイの窓』と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が終了することは話題となっていた。

    いずれもとりわけ視聴率が低いわけでもなく、固定ファンのついている番組であるだけに、終了を訝しむ向きが強く、終了と引き換えに中居正広を起用した新番組が始まるかどうか、注目されていた。

    日テレでは新番組がスタートすることが明らかになったが、テレ朝はどうか。

    すでに『中居正広の身になる図書館』が終了することは発表されているが、2月19日配信の「東スポWeb」ニュースは、4月から新たに土曜日中にワイドショー番組をスタートさせ、中居正広が司会就任すると伝えている。

    その内容は、政治経済から芸能ニュースまで一週間のトピックを総ざらいするもので、日曜午前の『ワイドナショー』(フジテレビ系)を意識したものだという。

    中居正広のMC力はもはや誰もが疑わないところだが、しかしタレントが時事ネタを扱うのはリスクも伴う。

    本人の剥き出しの価値観が表に出てしまうからだ。

    現に『ワイドナショー』の松本人志は、事件などを下手にイジろうとして失言を重ねており、もはや笑えない状況になっている。

    n


    また、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『中居くん決めて!』(同)は改編の影響なく継続するとすれば、中居正広のレギュラー司会番組はこの春以降も変わらず5本。

    あるいはさらに新規の番組がこれから発表される可能性もある。

    気になるのは、ジャニーズ事務所との微妙な関係性だ。

    『ナカイの窓』『身になる図書館』終了の報道と同時に、今年こそジャニーズとの契約を切り独立するのではないかとの噂が俄かに再燃した。

    今の中居にその意思があるのかは不明だが、断念したとはいえ、SMAPとして離脱を検討した時期があったことは確か。

    ただ新番組のスタートや、レギュラー継続があることから少なくとも今年はその決断の年でないのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1709429/

    所長見解:出ないか・・・

    【【独立問題】中居正広の番組が新たに2本スタートの意味・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NaomiOsaka大坂なおみ
    @Naomi_Osaka_
    Hey everyone, I will no longer be working together with Sascha. I thank him for his work and wish him all the best in the future.

    https://mobile.twitter.com/naomi_osaka_/status/1095064722293096448

    n


    (訳)
    皆さん、こんにちは。私はもはやSaschaと一緒に仕事をすることはありません。私は彼の仕事に感謝し、今後とも最高の祈りを捧げます。

    所長見解:ケンカ別れ?・・・
    【【何があった?】大坂なおみ選手、サーシャ・バイン コーチと決別の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、
    その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった。

    12月1日(土)に放送されたインターネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」で報じた。

    Love-tuneは2016年5月に結成され、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)ら7名で構成されるジャニーズJr.内の人気ユニット。

    2017年10月にはZeppDivercityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めた。

    しかし、順調に見えたLove-tuneだったが、最近では露出がほとんどなく、ジャニーズJr.が活躍するテレビ番組「ザ少年倶楽部」(NHK)でも2018年5月11日以降、出演が途絶えていた。

    きっかけはSMAP騒動も一段落した、2018年1月10日。

    Jr.内ユニットSnow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune、4グループのメンバーが招集されて行われた、事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会だった。

    説明会では「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」という説明がなされたという。

    それを受けLove-tuneメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰ったという。

    しかしその後、Love-tuneに対する待遇は一変。

    仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなった。

    12月1日、取材班がリーダーの安井を直撃したところ、「事務所を通してください」などと話した。

    ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが期日までに回答は得られなかった。

    「週刊文春デジタル」では安井直撃取材の様子やメンバーの写真などを収めた関連動画を公開中。

    オリジナル記事でも詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15678200/
     
    no title


    所長見解:怖いね・・・

    【【これは怖い】ジャニーズJr.「Love‐tune」 解散&全員退所の理由がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ