夫婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ランキング2017決定! あの“おしどり夫婦”は?

    今回で3回目を迎える「週刊文春」恒例アンケート企画「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」のランキングが決定した。
    アンケートは11月10日から12月8日まで小誌メルマガ会員を対象に募集し、15歳から81歳の男女から約2500の回答が寄せられた。

    「好きな夫婦」部門では、1位が三浦友和(65)・山口百恵(58)、2位が佐々木健介(51)・北斗晶(50)、3位が堺雅人(44)・菅野美穂(40)。

    「嫌いな夫婦」部門では1位が木村拓哉(45)・工藤静香(47)、2位が片岡愛之助(45)・藤原紀香(46)、3位が石田純一(63)・東尾理子(42)という結果になった。

    k


    「好き」部門で注目は、最近テレビ番組で夫が妻好みに自宅をリフォームして話題になった5位のヒロミ(52)と松本伊代(52)。
    長男で俳優の小園凌央は「来年結婚25周年だが、今も新婚感がある。伊代さんと僕と弟が同級生みたいな関係で、ヒロミさんはその同級生と付き合っている地元の先輩みたいな感じ。生意気なことなんて言えません!」と証言する。

    「嫌い」部門の結果を受けて、「男性学」を研究する大正大学の田中俊之准教授は「夫婦の“バランス”が悪いと嫌われる原因になる」と分析する。

    「夫婦は対等であるべきという考えから、年齢や学歴、社会的地位、趣味などが近い者同士の“同類婚”が良しとされるのが最近の世界的な傾向です。
    芸能人夫婦の場合、人気などの“格差”が目につきやすく、バランスが悪いと不興を買ってしまうのでしょう」(田中氏)

    田中氏の分析通り、1位のキムタク夫妻を筆頭に、10位に福山雅治(48)・吹石一恵(35)、12位に加藤茶(74)・綾菜(29)、17位に渡部建(45)・佐々木希(29)ら“格差婚夫婦”が続々ランクインしている。

    ちなみに本アンケートの〆切りは小誌の“路線バス不倫”スクープが出る6日前だったため、太川陽介(58)・藤吉久美子(56)へのコメントは「ベストカップル・オブ・ザ・ワールド」(52・女)、「どちらもしっかり者で笑いが絶えない夫婦だと思うので」(54・女)など、好意的なものばかりだった(太川夫妻は「好き」部門圏外)。

    12月21日(木)発売の「週刊文春」では、「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」ベスト20とワースト20を掲載。
    夫婦二人三脚での乳がん闘病を経て、昨年仕事復帰した北斗晶のコメントや、「嫌い」部門にランクインしたSNS炎上系夫婦らについても詳報している。

    https://news.nifty.com/article/entame/etc/12113-5483/


    所長見解:嫌いな一位って・・・
    【【好嫌夫婦】「好きな夫婦」1位に三浦友和・山口百恵 「嫌いな夫婦」の1位は木村拓哉・工藤静香 ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元横綱・日馬富士の暴行に端を発した今回の事件は、いまや相撲協会VS貴乃花親方の構図となりつつある。

    協会は貴ノ岩の聞き取り調査を求めるも、貴乃花親方はダンマリを決め込み、相撲協会だけでなくマスコミまでをも遮断。
    その頑なな態度に今は非難が集まっている。

    そんな中、貴乃花親方の妻・景子さんが、近しい関係者に「親方は私利私欲じゃなくて、角界のためを思って行動しているのに、みんな上ばかりを見ている。相撲協会は閉鎖的なムラ社会」と怒りをぶちまけていると12月18日発売の「フラッシュ」が報じた。

    k


    相撲取材経験のある記者は「世間一般が思っているより、角界は閉鎖的」と、景子さんに同調する。

    「相撲の取材は、各スポーツ紙の担当者が巡業や場所ごとに持ち回りで仕切り役が決まっている。
    地方巡業の時など、記者は夕食時に集まって食事をするのですが、それは力士の夜の行動を取材させないためでもある。
    だから、力士の酒席でのご乱行はあまり記事にならない。
    問題になっている“かわいがり”にしても、死者が出て初めて大騒ぎになりましたが、それ以前も以後も大けがをして力士生命を絶たれた人もいる。
    そんな相撲協会の体質に真っ向から勝負を挑んでいるのが、貴乃花親方なんです」

    角界はいつになったら本当の“膿”を出し切れるのだろうか?

    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_43229/


    所長見解:まだまだ続きそうだね・・・
    【【相撲問題】景子夫人、怒りぶちまけ「親方は・・・」 ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    14日発売の「週刊文春」に不倫疑惑を報じられた女優の藤吉久美子(56)が同日深夜、仕事先の九州から帰京し、羽田空港で報道陣に対応した。

    号泣しながら「こんな妻で申し訳ありません」と謝罪。
    不倫は否定した。
    一方、夫のタレント太川陽介(58)は午後に会見。

    「みんながそう(不倫関係)だと思っても、僕は信じてる」と男気を見せ、離婚はしないことを明言した。

    太川の会見から約7時間後の午後11時すぎ。
    仕事先の福岡から帰京した藤吉は、到着出口を出るとすでに涙を流しながら、取材陣の前に姿を見せた。
    結婚指輪は着けていたが、憔悴(しょうすい)しきった様子。

    「軽率な行動でご迷惑をお掛けし申し訳ありません」と深々と頭を下げ、終始泣きながら質問に答えた。

    同誌によると不倫疑惑の相手は、50代で既婚の朝日放送(大阪市)の男性プロデューサー。
    藤吉の音楽活動にも携わっていた。

    仕事先の宮崎県で、ホテルの部屋で2人が朝まで過ごしたことや、男性の住むマンションでの逢瀬(おうせ)などを伝えている。

    藤吉は、男性について「ライブの構成などをお願いしていた」と説明。
    男性宅は音楽活動の作業場として使っていたとし、一夜を過ごしたホテルの部屋でも「体をほぐしてもらっていた」と主張した。
    恋愛感情を聞かれると「ありません」と否定。
    不倫関係にも「ない」としたが、男性とは「もう会いません」と話した。

    太川にもこうした説明をし、「僕は信じるよ。これからは僕が君を守るから、もう迷うな」と声を掛けられたという。
    「うれしかった」と感謝。

    離婚も否定し「彼なしでは生きていけない」と話した。
    16歳の一人息子には「こんなママでごめんね」と謝ったという。

    「太川に男性を紹介しなかった理由は?」の質問には「私の音楽活動を、あまりよく思っていなかったから…」と小声で答えた。

    太川への言葉を求められると、「こんな妻で申し訳ありません」と再度謝罪。
    「これからは家族3人でしっかり生きていきたい」と誓った。

    最後は「(太川から)早く帰ってきてほしいと言われている」と明かし、家族が待つ自宅へ帰路を急いだ。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000001-spnannex-ent

    no title


    所長見解:言い訳が・・・
    【【不倫否定】藤吉久美子 号泣釈明 ホテルで「体ほぐしてもらっていた」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    太川陽介の妻・藤吉久美子が“路線バス不倫”!

    t


    勝新太郎と中村玉緒。中尾彬と池波志乃。
    芸能界の“おしどり夫婦”と呼ばれたカップルは数多い。
    結婚22年、夫の再ブレイクで脚光を浴びる太川陽介(58)・藤吉久美子(56)夫妻もその系譜に連なるふたりだろう。

    だが、その夫婦に大きな異変が起こっていた。

    07年から10年にわたり「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)でレギュラーを務め、アイドル時代とはひと味違う魅力を放った太川。
    ほかにも「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系)など、今や旅番組の“顔”のひとり。
    一方の藤吉は、82年に朝の連続テレビ小説「よーいドン」(NHK)でデビュー後、2時間ドラマを中心に堅調に活躍を続けている。

    11月23日、藤吉の姿は宮崎県都城市にあった。
    地元の祭りにゲストとして招かれ、女城主に扮した藤吉。
    傍らにぴたりと寄り添うのは50代後半の男性。
    大阪・朝日放送のプロデューサー、A氏だ。
    氏がプロデューサーを務めた2時間ドラマに、藤吉はこの数年、続けて出演している。

    ふたりはその夜、同じホテルの同フロアに宿泊した。
    一度は自分の部屋に入ったA氏は、直後、部屋を出て藤吉の部屋へと吸い込まれていった。ふたりが部屋を出たのは翌朝。

    12月上旬、太川は旅番組収録のため京都に赴いていた。
    一方の藤吉はある日の午前、路線バスに乗って駅へ出て、A氏の住む都心のマンションへ赴いた。
    滞在時間は2時間弱。
    この日以外にも、ふたりはたびたび都内で逢瀬を重ねていた――。

    直撃取材に対し、藤吉、A氏とも不倫を否定。
    また自宅前で取材に応じた太川は、妻の疑惑に対し「そんなことはないでしょう」と言葉を絞り出した。

    詳細は、12月14日(木)発売の「週刊文春」で報じている。また、本記事に関連する2つの動画《密会編》《直撃編》が、12月14日(木)朝5時より「週刊文春デジタル」にて公開される予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00005371-bunshun-ent 


    所長見解:これはアウト・・・
    【【文春砲撃】太川陽介の妻・藤吉久美子が路線バス不倫ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月に起きた平幕力士・貴ノ岩(27)への暴行事件。
    加害者の横綱・日馬富士(33)は11月29日に引退を発表したが、騒動は収束するどころか日本相撲協会と貴乃花親方(45)のバトルへと発展してきた。
    貴乃花親方は貴ノ岩が暴行されたことを受け、警察に被害届を提出。
    いっぽう相撲協会には連絡せず、危機管理委員会の調査協力を拒否してきた。

    そんななか女将である花田景子さん(53)は全国で講演を行ってきた。
    11月11日には茨城県を、11月14日には北海道を訪問。
    夫が沈黙を守るなか粛々と講演を続けてきた。
    だが、それも限界だった。
    11月23日に愛媛県で、彼女は「連日の報道は本筋とズレているような気がします」と告白したのだ。
    また彼女は、ひそかに本音を漏らしていた。
    騒動後に行われた後援者の集まりでのこと。
    景子さんは支援者を前に、こんな本音を口にしたのだ。

    「一部マスコミが『貴乃花親方はおかしい』と報じていることに、景子さんはひどく腹を立てていました。
    彼女は『親方は角界のために身を捨てる覚悟で臨んでいます。
    自分の立場や保身などを考えての行動では絶対にありません』と言っていました。
    穏やかな口調ながら、強い意思を感じました」(後援会関係者)

    t


    彼女はこれまで報じられていない“封印された真実”も明かし始めたという。

    「景子さんは『貴乃花親方は警察の捜査にゆだね、いっさい語っていません。
    それには理由があるんです。
    日馬富士関の個人的な暴行事件として幕引きが図られようとしていますが、本当はそれだけではない』と明かしたのです。
    実は白鵬関を中心とするモンゴル力士と貴ノ岩関の間で、もっと根深いやり取りがあったそうです。
    景子さんは『そもそも日馬富士関は来年での引退を検討していたそうです』と言っていました。
    だから彼が責任を一身に負うことで、周囲への影響を食い止めようとしたとも……」(前出・後援会関係者)

    景子さんから飛び出した衝撃発言。
    それは事件がまだ終わっていないことを意味していた。

    「親方は角界の浄化に繋がればと思って行動している。
    でも協会に言ったとしても、すべては隠ぺいされてしまうから――
    それが、“沈黙の真意”だそうです。
    景子さんの発言は真実が言えない“親方の無念”を代弁しているかのようでした」(前出・後援会関係者)

    連日、講演会で全国を飛び回る景子さん。
    それだけ地元を留守にすることも増えるため、批判にもさらされることになる。
    だが、近所の住人はこう語っている。

    「土俵開きのとき、景子さんがちゃんこ鍋を振る舞ってくれたんです。
    『300食用意したけど、全然足りなかった。まさかこれだけ来てくれるとは思いませんでした』と笑っていました。
    普段は地方を回ったりしているので、見ることは多くないかもしれません。
    でも時間があれば部屋にも来ていますよ。
    気取った感じもないし、とても気さくな方なんですよ」


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00010002-jisin-ent


    所長見解:全部言っちゃえ・・・
    【【沈黙理由】貴乃花の妻が明かしていた封印された真実ってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ