ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    夫婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    道行く人が次々と振り返るのも無理はない。

    あのヒット曲から27年、年齢では “オバさんになっても”、森高千里(50)のかわいらしさは変わらない。

    私服での “ミニスカートはとてもムリ” でも、美脚で鳴らしたスタイルも健在だ。

     
    11月上旬のある夜、森高が夫・江口洋介(51)とともに訪れていたのは、東京・恵比寿のライブハウスだった。

    午後7時過ぎ、バンド「BRAHMAN」のステージが終わると、ひと足早く会場を後に。

    m

     
    1999年に結婚した2人は、2019年で結婚20年を迎えた。

    2000年に長女、2002年に長男が生まれ、森高は一時、子育てに専念した。

    森高を知る関係者が当時を振り返る。

    「2人の子供を、有名人の子供が多く通う名門私立小学校に通わせた。
    この学校は、親が参加するイベントも多いが、森高さんは休まず出席していた。
    過去、いちばん協力的だった有名人は、森高さんだろう」

     
    2児を育て上げ、この夜は夫婦でデートである。

    お揃いの革ジャンで、“ロック” にキメた2人だが、ふだんの江口一家は、行きつけのそば店で、優しい時間を過ごしている。

    「家族4人で、そばを食べているところを見かけた。
    森高さんも江口さんもラフな格好で、子供の話に『うんうん』と耳を傾けていた」(近所の住民)

     
    江口が、「パパ」をしている姿が想像できない人も多いだろう。

    じつは、それが江口なりの家族愛なのだ。

    「仕事の現場では、妻の森高さんのイメージを守るため、家族の話は一切しません。
    でも、じつは家族との時間をとても大切に思っていて、ショッピングや外食にもよく出かけています。
    夫婦でデートすることも多く、表参道や代官山によく行ってますよ。
    そんな夫に、森高さんは今もべた惚れなんです」(芸能関係者)

     
    歩くこと30分、2人はやっとタクシーに乗り込んだ。

    オジさんになっても、おなかも出ていないし、若いコにもなびかない夫。

    「オバさんになっても……」の心配は、ご無用でした。


    (週刊FLASH 2019年12月3日号)
    https://smart-flash.jp/showbiz/86752

    ▼写真
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/11/23153820/moritaka_1.jpg

    所長見解:ええやん・・・

    【【衝撃画像】森高千里と江口洋介夫婦の夜さんぽ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

     
    11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。

    「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。

    当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。

    ※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。


    j


    ◆ ◆ ◆

    「そのようなことはしていない、と私は信じている。 その一言につきます」

    先週号(2012年5月31日号)の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。

    先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。

    前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。

    ◆◆◆

    「あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ」

    「文春の記事は読みました。
    あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。
    蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。
    僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。

    僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。
    要するに、事務所もマスコミも”なかったこと”にしたいんじゃないでしょうか。

    僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。
    陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。
    今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。
    もうお話しせざるを得ない時期なのでしょう」

    ◆◆◆

    高城氏は妻の大麻報道をどう受け止めたのか。

    取材は2時間以上にわたった。

    09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の酒井法子、押尾学らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。

    検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。


    続き 
    https://bunshun.jp/articles/-/15611?page=1

    所長見解:ヤバいやん・・・
    【【衝撃暴露】「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「うちの場合はセッ●スがあるかないかというのはあまり重要でなくなってきてるかな。
    夫は30代半ばで心臓の手術をしているので、体力がなくて(笑)
    もちろんスキンシップがないのは寂しいから、出かける前のハグとキスはしてますけど・・・」

    https://www.news-postseven.com/archives/20191103_1475979_amp.html

    no title

    所長見解:まあな・・・
    【【悲報】杉本彩さん(51)「夫と数年間してない」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タブーなしのハードなイジりが今年も炸裂した。

    「爆笑問題」太田光が『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)でのコーナー「さんまのお笑い向上委員会」に出演し、生放送で芸能界の騒動をイジり倒したのだ。


    京都市のステマ騒動で渦中の芸人コンビ“ミキ”には「ツイートして金もらってるらしいな!」。

    過去に逮捕歴があったお笑いコンビEXITの兼近大樹に対しては「釈放されたの?」。

    また関ジャニ∞の村上信五には、反体制派とされていた元マネージャーの名前を出し「I(放送では実名)呼んでこいよ!」。

    そして極めつけは、“闇営業問題”で謹慎中の宮迫博之に対し、「宮迫は今日いないの?」。

    芸能界のタブーを恐れずに徹底的に切り込み、笑いを巻き起こしていた。

    司会の明石家さんまもそれに激しくツッコミをいれていたが、唯一歯切れが悪かったのがお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史の紹介時だった。

    藤本といえば、妻である木下優樹菜が姉の勤務していたタピオカ店オーナーに恫喝めいたダイレクトメールを送ったいわゆる“タピオカ騒動“で揺れている。

    番組のスタジオでは、出演者全員がスポーツにまつわるコスチュームに変装。

    藤本は‘84年のロス五輪開会式で、小型のロケットエンジンを積んで空から降りて来た
    “ロケットマン”の衣装で登場していた。

    そして太田が当然のごとく藤本をいじろうとした瞬間、さんまが「言ったらあかんねん!」とすかさず制したのだ。

    「“タピオカ騒動”に関してはこれまで、多くのテレビ局で放送されてこなかった。
    ワイドショーはもちろん、バラエティ番組とはいえ、なかなかイジることはできないのです。
    木下が所属する大手芸能プロダクションは、騒動の鎮火を図るためにテレビ局やスポーツ紙などのマスコミ各社に日参している。
    テレビ局が忖度している部分もあるが、それ以上にさんまさんは藤本さんの精神状態を気にしていたんではないでしょうか」(テレビ局関係者)

    番組内で太田も「なんで分かったんですか?」と笑っていたが、さんまの“マジ顔”を察したのかそれ以上イジることはなかった。

    すると藤本は立ち上がり「すみませんでした!」と謝罪。

    さらに「ロケットでどっか飛んでいきたいです」と悲痛な叫びで笑いを誘った。


    f


    「藤本さんの最近の憔悴ぶりはかなりひどい。
    ひな壇芸人として名を馳せた彼が、あの番組中でその絡み以降、一切発言しなかった。
    藤本さんの現在のメンタルは、イジって笑いが起きるほどの返しすらできない状態だという。
    その後、中継でビートたけしさんが登場し、自らの離婚をネタにトーク展開がされたのとき、何気なく“スタジオにも誰か離婚する奴がいるだろ”と言ったんです。
    その時ワイプで藤本さんの顔を映したんですが、一切リアクションもツッコミもなくただ
    気まずそうにしていました。
    本当に離婚を考えているんじゃないかと心配になりましたよ」(同・テレビ局関係者)


    木下がインスタに掲載した謝罪文のコメント欄には、辛辣な罵詈雑言から応援メッセージまで、25,000件(11月6日現在)を超えるコメントが書き込まれている。

    休業宣言もせず沈黙を貫く木下。

    夫婦関係も含め今後も注目が集まりそうだ――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00000003-friday-ent

    所長見解:フジモン・・・

    【【仲良し夫婦】木下優樹菜騒動で気になる夫・藤本の精神状態がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?』

    『事務所総出でやりますね』

    『いい歳こいたばばあ』


    実姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーに対し、暴言とも思われるDM(ダイレクトメール)を送りつけていたことが暴露された、タレントの木下優樹菜。

    インスタグラムで即座に謝罪したものの、現在もネット上では炎上が続いている。


    y


    「木下はインスタでファッションや、コスメなどを紹介すると女性層からの反響が大きく、何気ない写真を投稿しても軽く数万件以上の“いいね!”が押され、200件以上のコメントが書き込まれています。
    同世代の女性たちに、絶大な影響力を持っているんです。
    ちなみに今回の騒動の謝罪したインスタの投稿には、9000件以上(10月15日時点)のコメントが書き込まれていますが、目を覆いたくなるような辛辣なコメントがずらりと並んでいますね」(スポーツ紙記者)


    ‘10年にお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史と結婚。

    現在は2人の女児を育てるママでもあり、主婦業との兼ね合いのためテレビ露出もそこまで多くない。

    だが、好きなママタレの調査では、木下は小倉優子、辻希美、藤本美貴らと並び『ママタレ四天王』に君臨。

    独身のころは、比べものにならないほどの“巨額マネー”を手にしている。

    「例えば日用品やファッション関係のPR会見に、木下クラスの“ママタレ”を呼ぶとなると1回300万円~400万円という高額なギャラが発生します。
    それでも、情報番組やネットニュースなどで取り上げてくれるとその商品はバカ売れするので、クライアントは喜んで彼女たちをキャスティングしたがるのです。
    テレビCMに比べると安いもんですし、木下さんも相当、稼いでいたと思いますよ」(PR会社関係者)

    芸能リポーターなどに囲まれ、楽しそうに話している木下の映像をテレビで見たことのある人は多いはずだ。

    あの笑顔のウラで、大金が動いているわけだ。

    「もっと手軽に大金を稼げるのがインスタやブログですよ。
    人気の“ママタレ”が、『この化粧品大好き!』とか、『このチューハイうまい!』と言って、顔の近くに商品を持ってきて自撮りし#(ハッシュタグ)つきで商品名も掲載する。
    1分もかからないほどの仕事ですが、木下クラスのインフルエンサーになると1フォロワーにつき4~6円支払われるでしょう。
    フォロワーは500万人以上いるので仮に5円だとすると1回で2500万円以上になる。
    こういった企業案件だけでなく、ブログではPV数に対する広告収入もあるのでとんでもない稼ぎですよ。
    事務所にいくら入るのかは分かりませんが、夫である藤本さんの数倍は稼いでいるでしょうね」(広告代理店関係者)


    しかし、今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。

    「“いい歳こいたばばあ”とか“おばたん”といった女性を侮辱する言葉を発したことによって、広告関係は軒並みNGになった。
    もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。
    流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー)


    タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。

    「テレビではこの“タピオカ騒動”を扱わないようにしています。
    ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。
    事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者)


    テレビだけではない。

    ヤフーニュースで“木下優樹菜”と検索してみると、スポーツ紙はこの“タピオカ騒動”を報じていない。

    扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000001-friday-ent


    画像①

    所長見解:もうな・・・

    【【タピオカ騒動】木下優樹菜、フジモン夫婦が失う巨額マネー がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ