ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    夫婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    11月18日、木下優樹菜(31)の所属事務所は、当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表。

    なぜ、そのような事態になったかというと……。

    《弁護士もたてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

    《週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー》

     
    実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性とのトラブルに、妹としてこのような“恫喝(どうかつ)”めいたメッセージを送っていたことが、10月上旬に明らかになったからだった。


    「タピオカ店のオーナー側が木下さんの送ったメッセージを暴露したことが発端でした。
    木下さんは自身のSNSで謝罪しましたが炎上はおさまらず、結果的に11月2日に出演予定だった、神戸学院大学学園祭でのトークショーは中止に。
    また、12月12日にジャニーズ事務所の『ふぉ~ゆ~』が主演を務める舞台に出演する予定でしたが降板し、森公美子さんが代役となりました」(スポーツ紙記者)


    “ママタレント”としての地位を築きつつあったが

    ヤンキーはあくまで“キャラ”で、結婚後は、しっかりした妻であり母親として、“ママタレント”としての地位を築きつつあった木下。

    そんな彼女は、状況が状況だけに、なかなか外に出ることができないようで……。


    「挙動不審というか、かなり警戒した様子に見えました。
    帽子にマスクという完全防備な格好で来ていましたね」(居合わせた客)


    f

     
    目深に黒いキャップをかぶり、つけたマスクは、キャップのつばと隙間なくくっつくほど。

    “顔を見られたくない”という意識が垣間見えるその男性だったが、残念ながらキャップとマスクでは、顔の大きさまでは隠せていなかった。

    木下の活動自粛が発表される3日前の深夜、都内のスーパーに現れたのは、木下の夫であるFUJIWARAの“フジモン”こと藤本敏史(48)だ。


    「特別なものが売っているわけではない普通のスーパーですから、藤本さんもレタスなど日々の食料品を買っている感じでした。
    買い物を終えると足早に店を後にしていましたよ」(同・居合わせた客)

     
    藤本の自宅近くにあるというこのスーパーだが、普段利用しているのは彼ではない。

    いつもは、インスタグラムに料理写真を載せることも多く、レシピをまとめた『ユキナ飯。』なる本を出版している木下が買い物に来ている。

    「何度か店で見かけたことがありますね。
    騒動がまだ大きくなる前の10月にも買い物に来ていましたよ。
    さすがにここまで騒ぎが大きくなってしまうと、堂々とは来れないんじゃないですかね」(同・居合わせた客)

     
    木下の自粛期間は明らかにされていない。

    その間の買い出しは、夫である藤本が担当することになるのだろうか──。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00016615-jprime-ent

    ▼写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191202-00016615-jprime-000-1-view.jpg

    所長見解:しかたないやん・・・

    【【画像あり】木下優樹菜さん、タピオカ恫喝で活動自粛中の様子がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村沙織の旦那の顔

    no title

    所長見解:いかつい・・・


    【【悲報】元バレーボール選手・木村沙織さんの旦那がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    道行く人が次々と振り返るのも無理はない。

    あのヒット曲から27年、年齢では “オバさんになっても”、森高千里(50)のかわいらしさは変わらない。

    私服での “ミニスカートはとてもムリ” でも、美脚で鳴らしたスタイルも健在だ。

     
    11月上旬のある夜、森高が夫・江口洋介(51)とともに訪れていたのは、東京・恵比寿のライブハウスだった。

    午後7時過ぎ、バンド「BRAHMAN」のステージが終わると、ひと足早く会場を後に。

    m

     
    1999年に結婚した2人は、2019年で結婚20年を迎えた。

    2000年に長女、2002年に長男が生まれ、森高は一時、子育てに専念した。

    森高を知る関係者が当時を振り返る。

    「2人の子供を、有名人の子供が多く通う名門私立小学校に通わせた。
    この学校は、親が参加するイベントも多いが、森高さんは休まず出席していた。
    過去、いちばん協力的だった有名人は、森高さんだろう」

     
    2児を育て上げ、この夜は夫婦でデートである。

    お揃いの革ジャンで、“ロック” にキメた2人だが、ふだんの江口一家は、行きつけのそば店で、優しい時間を過ごしている。

    「家族4人で、そばを食べているところを見かけた。
    森高さんも江口さんもラフな格好で、子供の話に『うんうん』と耳を傾けていた」(近所の住民)

     
    江口が、「パパ」をしている姿が想像できない人も多いだろう。

    じつは、それが江口なりの家族愛なのだ。

    「仕事の現場では、妻の森高さんのイメージを守るため、家族の話は一切しません。
    でも、じつは家族との時間をとても大切に思っていて、ショッピングや外食にもよく出かけています。
    夫婦でデートすることも多く、表参道や代官山によく行ってますよ。
    そんな夫に、森高さんは今もべた惚れなんです」(芸能関係者)

     
    歩くこと30分、2人はやっとタクシーに乗り込んだ。

    オジさんになっても、おなかも出ていないし、若いコにもなびかない夫。

    「オバさんになっても……」の心配は、ご無用でした。


    (週刊FLASH 2019年12月3日号)
    https://smart-flash.jp/showbiz/86752

    ▼写真
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/11/23153820/moritaka_1.jpg

    所長見解:ええやん・・・

    【【衝撃画像】森高千里と江口洋介夫婦の夜さんぽ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

     
    11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。

    「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。

    当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。

    ※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。


    j


    ◆ ◆ ◆

    「そのようなことはしていない、と私は信じている。 その一言につきます」

    先週号(2012年5月31日号)の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。

    先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。

    前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。

    ◆◆◆

    「あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ」

    「文春の記事は読みました。
    あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。
    蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。
    僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。

    僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。
    要するに、事務所もマスコミも”なかったこと”にしたいんじゃないでしょうか。

    僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。
    陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。
    今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。
    もうお話しせざるを得ない時期なのでしょう」

    ◆◆◆

    高城氏は妻の大麻報道をどう受け止めたのか。

    取材は2時間以上にわたった。

    09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の酒井法子、押尾学らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。

    検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。


    続き 
    https://bunshun.jp/articles/-/15611?page=1

    所長見解:ヤバいやん・・・
    【【衝撃暴露】「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「うちの場合はセッ●スがあるかないかというのはあまり重要でなくなってきてるかな。
    夫は30代半ばで心臓の手術をしているので、体力がなくて(笑)
    もちろんスキンシップがないのは寂しいから、出かける前のハグとキスはしてますけど・・・」

    https://www.news-postseven.com/archives/20191103_1475979_amp.html

    no title

    所長見解:まあな・・・
    【【悲報】杉本彩さん(51)「夫と数年間してない」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ