ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    夫婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年末、お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史とタレントの木下優樹菜が離婚を発表した。

    7歳と4歳の2人の女児の親権は木下が持つという。

     
    木下は昨年、姉が勤めていたタピオカ店経営者への“恫喝ダイレクトメール騒動”を受けて芸能活動自粛に入っており、藤本が関係各所に頭を下げて回り“献身的な夫ぶり”をみせていたとも報じられていただけに、世間に驚きを与えた。

    一方、すでに1年ほど前から別居(所属事務所は否定)していたなかでタピオカ騒動が離婚の決定打になったという報道も出ているが、詳細な理由や経緯などは明らかにされていない。


    「そもそも2人の結婚は、結婚願望が強かった木下のほうが強く望んだものだった。
    むしろ9年もよく続いたという印象」(木下を知る芸能事務所関係者)


    y

     
    2人はテレビ番組『クイズ!ヘキサゴン2』(フジテレビ系)などでの共演を経て、2010年に結婚。

    木下は藤本との熱愛を報じられる直前に、同番組の共演者だった上地雄輔とも熱愛が報じられ、本人たちがきっぱり否定したこともあった。


    「上地は当時、これから仕事に集中して地位を築いていかなければならない時期でしたし、オバカキャラを前面に出すもののイケメン俳優でもあり、女性ファンも多く、とても結婚を考えられるような状況ではなかった。
    そもそも上地さんは横須賀のお坊っちゃんですし、葛飾の元ヤンキーだった優樹菜とはどう考えても不釣り合いでしょう。

    一方の優樹菜は『若いママになりたい』ととにかく結婚願望が強かった。
    そういうタイミングでフジモンさんから声がかかり、徐々にフジモンさんになびいていったという印象です」(当時を知る関係者)

     
    結婚後、木下はバラエティ番組などでも夫婦間の収入格差や藤本への不満をあけすけに語ることも多かったが、あくまで“ネタ”として笑い流されてきた。


    「優樹菜は人前でも、平気でフジモンさんを馬鹿にするような態度を取ることは普通で、温厚なフジモンさんも優樹菜を注意することもありました。
    喧嘩の際にお互いに離婚届を持ち出したことも何度もあると優樹菜がテレビで話していますが、さすがのフジモンさんでも堪忍袋の緒が切れることもあったようです。
    今回のタピオカ騒動で、フジモンさんのほうが立場が上になったことも、優樹菜からしたら気に入らなかったのでしょう。
    子どもの親権は優樹菜が持つといいますが、正直、親しい人は心配していますよ」(前述と同じ木下を知る芸能事務所関係者)



    藤本は離婚発表に際し、「これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております」とコメントしているが、藤本が所属する吉本興業関係者はいう。

    「最後まで藤本さんが大人になって、優樹菜さんのワガママを受け入れたんです。
    子煩悩な藤本さんは、本当は親権だって渡したくない。
    でも、離婚後も同じマンション内の別々の住戸に住むので、生活環境はそれほど大きくは変わりません。
    離婚調停などになって争うより、優樹菜さんの思い通りにしてあげた上で近くで見守るというのが、藤本さんの選択だったようです。
    藤本さんらしいといえばそれまでですが、タピオカ騒動で自分の仕事にも影響が出ているにもかかわらず、そこまで譲歩するとは」


    “おしどり夫婦”の幕切れは、あっけないものとなった。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_136271_2.html

    所長見解:もうね・・・
    【【これはすごい】木下優樹菜の人間性がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2019年12月31日に離婚を発表した、木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)夫妻。

    2010年8月の結婚から、テレビに夫婦で出演し自宅を公開するなど、妻が夫を尻に敷く名物おしどり夫婦として人気を博した2人だが、今年6月に放送された「グータンヌーボ2」(フジテレビ系)では、藤本から離婚届を突き付けられたことが「5回くらいある」と木下がリアルな夫婦関係をネタにし、藤本が「けっこう前」のことだとフォローする場面が話題になっていた。

     
    藤本がグータンヌーボで説明したとおり、2人の間に「離婚」という言葉が出るようになったのは「けっこう前」からだという。

    「ラブラブな日常がよくテレビで取り上げてられていますが、実際はすれ違うことが多かった。
    藤本さんは忙しく大阪と東京を行き来し、地方ロケもかなりこなしていた。
    それでも木下さんは、周囲のママ友たちに『(お互いに夫を)頑張って支えようね!』と気丈に話していました」(木下の友人)


    f


    ユッキーナがキスやハグをしてくれない

    だが、木下は思ったことをどうしても口に出してしまう性格だった。

    「木下さんは家を不在にする藤本さんについ文句を言ってしまい、喧嘩に発展してしまう。それで互いにストレスを溜めるという悪循環に陥った。
    木下さんは子育てや時間の合わない夫婦生活に相当ストレスや疲れを溜めていましたね」(同前)

     
    藤本も夫婦生活に疲れを見せ始めていたという。

    藤本の関係者が話す。

    「仕事の合間を縫って育児にも精を出していたフジモンですが、久しぶりに帰宅すると子供たちから『パパ、久しぶり!』と言われたりする。
    それがショックだったようですね。
    また、母親になったことで木下さんとのスキンシップが減ったことを不満に思っていたようです。
    バラエティ番組でも『ユッキーナがキスやハグをしてくれない!』などと冗談のように話していますが、あれは本当に思っていることなんです」

     
    2人が「離婚」を口に出すようになったのは、第二子が産まれた2015年末以降だという。

    「第二子が産まれてから木下さんは周囲にもSNSのダイレクトメッセージなどで不満を吐露しています」(2人を知る友人)

     
    取材班は、2016年9月12日に木下がある友人に送ったダイレクトメッセージを入手した。

    そこには夫に《呆れてるー》などと書かれていた。

    《うちもねえ 喧嘩するたびに 離婚する 言われ続けて いよいよ なんだこいつ。 
    て思って呆れてるー
    だから記念日とかいちいちなんかやってくんのいい旦那アピールとしかおもえないから やめてね ていっといた笑 みんななんかしっかあるよね!》


    藤本からの「記念日プレゼント」がパッタリなくなった

    このメッセージの後ぐらいから、2人の関係はさらに変わっていった。

    「これまでは結婚記念日やプロポーズ記念日など、事あるごとに花束などをプレゼントしていた藤本さんですが、この頃からそういったプレゼントはパッタリとなくなってしまったそうです」(同前)

    この友人いわく、「今回の離婚発表にはそれほど驚かなかった」という。


    「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00023510-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00023510-bunshun-ent&p=2

    所長見解:タピオカやないの・・・


    【【離婚】木下優樹菜「喧嘩するたびに 離婚する 言われ続けて」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “パワハラ医師”木下博勝&ジャガー横田「お車代出せ!」

    夫婦そろってタカリ三昧、ジャガーは病院上層部をビンタ 


    j


    エリート医師でタレントの木下博勝氏(51)が、2017年4月から2019年8月31日まで働いていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していた問題。

    「週刊文春デジタル」では、木下氏による壮絶なパワハラの実態を、 被害者である同僚スタッフ・Aさんと管理職に就くBさんの告発 に加え、暴言音声を公開し、詳報した。

     
    12月19日木下氏は報道各社にファックスを送り、「週刊文春デジタル」に掲載している自身の回答を引いて、「事実と異なる点が多数あります」と反論した。

    だが、木下氏の反論文書を読んだ颯心会の管理職であるBさんは怒りを隠せない。


    「木下先生の助手につくことが多かったAは、先生から公開した音声にあるような言葉を日常的に浴びせかけられていたんです。
    木下先生はそれを『医療人としての将来に良くないと』と教育のためだったとおっしゃっているようですが、恫喝や人格否定は教育になるのでしょうか。
    頭を小突かれたり、蹴られたりすることは医療人として適切な行為なのでしょうか」


    “恐妻家で気弱な夫”というイメージの木下氏だが、スタッフにはパワハラを繰り返していたのだ。

    パワハラを一身に受けていたAさんもこう語っている。

    「木下先生は『医者が一番偉い』という考えなんです。
    助手の僕やスタッフが気を遣うのは当たり前で、『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句でした。
    病院には内科の先生が多いのですが、『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すこともありました。
    『外科医は体育会系なんだ』と僕への暴言や暴行を肯定するような物言いをすることもありました」

     
    木下氏はAさん以外のスタッフにも日常的に暴言を吐き、時には暴力を振るうこともあった。

    その言動が原因で、ドクター2人、ナース3人、事務員2人が退職を余儀なくされている。

    しかし木下氏が高圧的な態度で接するのは、仕事仲間に対してだけではない。


    別の仕事関係者Cさんが語る。

    「木下先生と仕事について話そうと食事をすることになったのですが、その場にジャガー横田氏さんもいらっしゃいました。
    木下先生は常々待遇に不満があると言っていたので、自分から言いづらいことを強面のジャガーさんに言ってもらうつもりで呼んだのかなと思っていたんです。
    しかしジャガーさんが何か話そうとすると、木下先生が『お前はなにもわからないんだから黙っとけ!』と一喝した。
    こちらもびっくりするような厳しい物言いで……。
    それ以降、ジャガーさんは仕事に関することにはほとんど口出しせず、木下先生の話を黙って聞いていました」

     
    Bさんも木下氏とジャガー氏の“真の夫婦関係”を垣間見たことがあるという。

    「ジャガーさんが木下先生のいないとき、私にポツリと漏らしたことがあるんです。
    『私は学もないし、家事も全く出来ない。
    収入もたくさんあるわけではないから、木下に養ってもらっているんだよね』と。
    ご夫婦がテレビで見せている顔は作られたもので、実際の家庭内での立場は木下先生のほうが上なんだなと思いました」

     
    仕事仲間へのパワハラのほかに、妻へのモラハラ疑惑。

    しかしBさんは「木下先生の問題はそれだけではないのです」と続ける。

    「木下先生はとにかくお金への執着が強い。
    木下先生とは業務提携契約を結んでいるのですが、契約書には医師としての業務のほかに広告塔としての役割も担っていただく、といった文言も入っています。
    そのため給与は他の常勤医師の約2倍の額をお支払いしてきました」(Bさん)

     
    そのため木下氏やジャガー氏の写真が、颯心会のパンフレットやクリアファイルなどに掲載されている。

    しかしこの写真撮影が行われるたびに、木下氏は給与とは別に“足代”を要求してきたのだという。

    「写真撮影はもちろん契約内容に含まれた業務の一環です。
    しかし2017年8月7日の撮影後、木下先生は『足代は当然ありますよね?』と追加の金銭を執拗に要求してきました。
    それで“足代”として木下先生、ジャガーさんそれぞれに10万円ずつ、2人で20万円を支払ったんです。

    しかし後日、ジャガーさんから電話がかかってきたんです。
    『スタイリストの足代が入ってねーじゃねぇか! 恥を書かせるな』と。
    その方にも結局同額をお支払いしました。
    それに味を占めたのか、その後の撮影はもちろん、会食などでも足代を要求してくるようになりました」(同前)


    以下全文 文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191221-00020943-bunshun-soci&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191221-00020943-bunshun-soci&p=2

    所長見解:ジャガーもか・・・

    【【悲報】ジャガー、お前もか・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    医師でタレントの木下博勝氏(51)が、2017年4月から2019年8月31日まで働いていた「医療法人社団 颯心会」でパワーハラスメントを繰り返していたことが、「週刊文春デジタル」の取材でわかった。



    「妻の尻に敷かれるエリート医師というキャラクターが受け、結婚直後は連日テレビ出演していました。
    現在でも“おしどり夫婦”のイメージです。
    最近では2018年9月から『スッキリ』(日本テレビ系)で始まった、息子・大維志くんの中学受験密着企画にもたびたび出演していました。
    木下先生は早朝6時30分から息子に勉強を教えるなど、いいお父さんぶりを発揮されていました。
     
    この企画は評判がよく、2019年4月8日の『しゃべくり007』(日本テレビ系)には親子3人で出演。
    ジャガーさんに対して木下先生と大維志くんがタッグになってクレームを言い、それをジャガーさんが腕力でねじ伏せるというお決まりのくだりが放送されていました」(テレビ関係者)

     
    お茶の間では“恐妻家の気弱で優しい夫”という印象の木下氏。

    しかし准看護師として颯心会で働くAさんは、そんな木下氏からのパワハラに苦しめられ続けてきた。


    d


    Aさんは木下氏に対して慰謝料300万円の損害賠償請求

    「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。
    ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。
    この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

    今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。
    弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。
    この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。
    慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

     
    颯心会が経営する病院は、患者宅や介護施設へ医師が赴く訪問診療がメインだ。

    Aさんは助手として、常勤の訪問診療医として働く木下氏に常に同行していた。

    そこで繰り返しパワハラを受けていたのだという。


    「ほぼ毎日木下先生と行動を共にしていて、そのたびに木下先生から厳しい叱責を受けていました。
    頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的にありました。
    地獄のような日々でした」(同前)

     
    2019年8月7日、Aさんは木下氏と新人助手新人助手とともに訪問診療に回っていた。

    この日も木下氏はいつものようにAさんに対して執拗に叱責を繰り返していた。

    「新人助手の教育も兼ねていたので、3人で訪問診療へ行ったのですが、いつも通り木下先生の当たりはきつかったです。
    でも、特に理不尽だなと感じたのが、診療が終わって車に戻ったときの木下先生の発言です。
    新人助手が診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下先生が僕に対して突然怒りだしたんです」(同前)


    文春オンライン
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17539980/

    写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/e/eefc8_1386_b41de4f4cce09c06c18b76a84717ab6e.jpg

    所長見解:そんな感じやね・・・


    【【ジャガー横田の夫】木下医師がナースに壮絶パワハラで損害賠償請求の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    カイヤが離婚真相を激白! 自宅で記者にみせた「麻世がドアに突き立てた刃物の痕」


    「麻世の暴力にはあまり理由がないの。
    カッとなると手がつけられない。
    家のあちこちをパンチするし、刃物を持って私を追いかけてきたこともある。
    部屋に逃げ込んだんだけど、ドアには刃物を何度も刺した跡が残っているわ」


    m


    記者の直撃取材にそんな衝撃の回答をしたのは川崎麻世と離婚係争中のタレントのカイヤ。

     
    '90年に結婚したものの、結婚生活の半分以上が別居状態だったふたり。

    その別居生活はなんと15年にも及ぶ。

    今年の12月6日に記者会見に登壇した川崎は裁判に触れ、「絶対勝ちます!」と“勝利宣言”。

    長年の泥沼闘争がついにクライマックスを迎えようとしているなか、カイヤに直撃取材をしたところ、飛び出したのが冒頭のセリフだった。


    「離婚裁判は麻世の策略から始まった」と語るカイヤは記者を自宅に招き、川崎が殴って穴をあけたドアや刃物を突き立てた跡などを見せるなど“物的証拠”を並べつつ、「酔った麻世に車で跳ねられた」という衝撃の事実に到るまで、120分の大激白をしてくれた──。

    有料版ではカイヤ怒りの主張の詳報に加え、川崎麻世への直撃取材も敢行。

    その“言い分”も掲載している。


    https://www.jprime.jp/articles/-/16809
    ▼川崎麻世が殴って穴を開けた扉の穴を指差すカイヤ 
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/9/c/620/img_9c27f46326c15899a0192db97dceb608677230.jpg



    所長見解:どっちもどっちやね・・・

    【【離婚真相】カイヤが記者にみせた「川崎麻世が突き立てた刃物の痕」←これ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ