ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    太田光

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タブーなしのハードなイジりが今年も炸裂した。

    「爆笑問題」太田光が『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)でのコーナー「さんまのお笑い向上委員会」に出演し、生放送で芸能界の騒動をイジり倒したのだ。


    京都市のステマ騒動で渦中の芸人コンビ“ミキ”には「ツイートして金もらってるらしいな!」。

    過去に逮捕歴があったお笑いコンビEXITの兼近大樹に対しては「釈放されたの?」。

    また関ジャニ∞の村上信五には、反体制派とされていた元マネージャーの名前を出し「I(放送では実名)呼んでこいよ!」。

    そして極めつけは、“闇営業問題”で謹慎中の宮迫博之に対し、「宮迫は今日いないの?」。

    芸能界のタブーを恐れずに徹底的に切り込み、笑いを巻き起こしていた。

    司会の明石家さんまもそれに激しくツッコミをいれていたが、唯一歯切れが悪かったのがお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史の紹介時だった。

    藤本といえば、妻である木下優樹菜が姉の勤務していたタピオカ店オーナーに恫喝めいたダイレクトメールを送ったいわゆる“タピオカ騒動“で揺れている。

    番組のスタジオでは、出演者全員がスポーツにまつわるコスチュームに変装。

    藤本は‘84年のロス五輪開会式で、小型のロケットエンジンを積んで空から降りて来た
    “ロケットマン”の衣装で登場していた。

    そして太田が当然のごとく藤本をいじろうとした瞬間、さんまが「言ったらあかんねん!」とすかさず制したのだ。

    「“タピオカ騒動”に関してはこれまで、多くのテレビ局で放送されてこなかった。
    ワイドショーはもちろん、バラエティ番組とはいえ、なかなかイジることはできないのです。
    木下が所属する大手芸能プロダクションは、騒動の鎮火を図るためにテレビ局やスポーツ紙などのマスコミ各社に日参している。
    テレビ局が忖度している部分もあるが、それ以上にさんまさんは藤本さんの精神状態を気にしていたんではないでしょうか」(テレビ局関係者)

    番組内で太田も「なんで分かったんですか?」と笑っていたが、さんまの“マジ顔”を察したのかそれ以上イジることはなかった。

    すると藤本は立ち上がり「すみませんでした!」と謝罪。

    さらに「ロケットでどっか飛んでいきたいです」と悲痛な叫びで笑いを誘った。


    f


    「藤本さんの最近の憔悴ぶりはかなりひどい。
    ひな壇芸人として名を馳せた彼が、あの番組中でその絡み以降、一切発言しなかった。
    藤本さんの現在のメンタルは、イジって笑いが起きるほどの返しすらできない状態だという。
    その後、中継でビートたけしさんが登場し、自らの離婚をネタにトーク展開がされたのとき、何気なく“スタジオにも誰か離婚する奴がいるだろ”と言ったんです。
    その時ワイプで藤本さんの顔を映したんですが、一切リアクションもツッコミもなくただ
    気まずそうにしていました。
    本当に離婚を考えているんじゃないかと心配になりましたよ」(同・テレビ局関係者)


    木下がインスタに掲載した謝罪文のコメント欄には、辛辣な罵詈雑言から応援メッセージまで、25,000件(11月6日現在)を超えるコメントが書き込まれている。

    休業宣言もせず沈黙を貫く木下。

    夫婦関係も含め今後も注目が集まりそうだ――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00000003-friday-ent

    所長見解:フジモン・・・

    【【仲良し夫婦】木下優樹菜騒動で気になる夫・藤本の精神状態がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    FUJIWARA藤本敏史が、11月2日放送の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)に出演。

    「すみませんでした」と謝罪する一幕があった。

    f

     
    藤本が出たのは『さんまのお笑い向上委員会』の27時間テレビスペシャル。

    同番組では毎年、メインテーマに合わせた仮装をすることが恒例となっている。

    今年はスポーツということで、メンバーはそれにちなんだ思い思いのコスプレを披露。

     
    その中で藤本は1984年ロサンゼルスオリンピックの開会式で、小型のロケットエンジンを積んで空から降りて来たロケットマンの衣装で登場。

    ここで明石家さんまが、爆笑問題・太田光が何かを言いたそうにしているところを見るや「言うたらあかんねん」とすかさず注意。

     
    さんまの素早い対応に太田は「どうして分かるんですか」と驚いたが、空気を察した藤本は席から立ち上がり、「すみませんでした!」と謝罪。

    これに対しさんまが「ロケットマンが謝ることちゃうねん」と求めると、藤本は「ロケットでどっか飛んでいきたいです」と、今の心境を明かした。

     
    木下は姉の勤務先であるタピオカドリンク店のオーナーに恫喝まがいのDMを送り付け、騒動となっている。


    https://s.rbbtoday.com/article/2019/11/02/174387.html

    所長見解:なんかね・・・
    【【放送事故】27時間テレビにフジモン出演 → 太田が何か言いたそうに → さんま「言うたらあかんねん!」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「爆笑問題」太田光(54)が「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!『さんまのお笑い向上委員会』」に出演。

    今年、ワイドショーをにぎわせた「吉本不祥事ネタ」をこれでもかとブッ込んだ。


    h


    トークの最中、突如「宮迫ー!一緒に日本へ帰ろう!」と叫ぶ太田。

    スタジオがザワつきだすと、今田耕司(53)が「徳井の名前も呼んだれや!」とツッコむ。

    何とも反応しづらい状況に、多くの芸人がとまどいの表情を見せた。

     
    太田はさらに「テープ回ってないよね」と、吉本興行・岡本社長を思い出させるような切り返しで応酬。

    “吉本不祥事ネタ”のオンパレードに、さすがのさんまも「やるな!お前は~!(ネタが)古いわ」とツッコミを入れていた。

     
    太田は「まだ、許してないですよ!この反社会興行のこと!」としつこく畳みかける。

    次に狙われたのはステマツイート騒動でここ最近世間を騒がせている「ミキ」昴生(33)。

    「振ってくんな」と返すと、スタジオから笑いが巻き起こった。

     
    出演する芸人は皆、スポーツに関するコスプレで登場していたが、昴生が扮するのは“ヤワラちゃん”こと田村亮子。

    それを見て太田は「『反社でも金、京都でも金』って言ってました」と、うれしそうにMCの明石家さんま(64)に報告。

    昴生は「言ってないし…(そんなネタで)スベんな!」と太田に文句タラタラだった。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000243-spnannex-ent

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【放送事故】爆笑問題・太田、吉本不祥事ネタの結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が28日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(深夜1時)内で、さまぁ~ずの三村マサカズに怒りをブチまけるひと幕があった。

    「アニマルフェイクニュース」のコーナーの冒頭、思い出したように太田光が「そう言えばこの間さあ、事務所に、さまぁ~ずの番組で写真貸して下さいって来たんだよ。
    三村がね、爆笑(問題)と合わない、つったって言うんだよ」と切り出し、自ら一気にヒートアップ。

    b


    「要するにソリが合わない。
    要は上手くいかない。
    爆笑(問題)とさまぁ~ずは相性が悪いって。
    ふざけんな、三村!! 
    俺すごい合うと思ってたからさ、すごいショックだわ。
    どういうことだ、三村この野郎!!」と怒りを爆発させた。

    田中裕二の「まあどういうテンションで言ったのかわかんないけどね」とのフォローにも怒りが収まらない様子だった。
    https://hochi.news/articles/20190529-OHT1T50064.html



    所長見解:またやん・・・

    【【放送事故】太田光がブチ切れ「ふざけんな、三村!!」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレントのぜんじろうが4月15日、自身のツイッターを更新し、『爆笑問題』太田光との直接対決にやる気満々の姿勢を見せている。

    太田がぜんじろうを呼び捨てしたことをきっかけに勃発した今回の騒動。

    14日の生放送番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)で太田が「おまえのツイッター、誰に向かって言ってるのか分からない。怒っているかどうかも分からない。俺に向かってケンカ売るなら、太田って名指しで言え」と画面越しに呼び掛けると、ぜんじろうがツイッターで
    「今回は、はよ動けよ! よしもと! 太田総理から異例のテレビの生でのオファーやぞ!」と受けて立ったのだ。

    b


    しかし、ネット上では2人の丁々発止のやり取りにシラけたムードが漂い始め、

    《落ち目がはしゃぎ過ぎだろ》
    《テレビに出られるチャンスだからな。ある意味必死だろうw》
    《太田は何でも噛みつき過ぎ。大人げない》
    《芸人同士のなれ合いだろ。視聴者をバカにするな》

    など、冷めたコメントが殺到している。

    「太田はもともと“キレ芸”がウリですし、今回もぜんじろうをわざとあおっているフシがありますね。
    また、ぜんじろうも久しぶりに話題になったことで、メディア露出のチャンスと捉えているのでしょう。
    もはや芸人同士の単なる“内輪モメ”と言ってもよく、視聴者からは、批判の声が日に日に増しています。
    おそらく、適度にやり合った後の手討ちまでが、すべて想定済みでしょう」(芸能記者)

    太田は1990年にビートたけしの代打として『爆笑問題のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。

    番組冒頭で「たけしさんが死んじゃいました」と毒舌を吐いたため、『浅草キッド』の水道橋博士がスタジオに乱入する事件を起こしているだけに、ぜんじろうとの直接対決を期待する声もあるが…。

    「太田は『今度、ラジオに呼ぶから。オファーするから。ちゃんと申請するから、ちゃんとオファー受けるなら受けろ、受けないなら受けないで事務所と相談しろ』と“直接対決”を呼び掛けていますが、太田の言っているTBSラジオの『爆笑問題カーボーイ』は、基本的に録音放送です。
    仮にぜんじろうが出演しても、大きなハプニングになることはないでしょうね。
    もちろん太田も分かった上での呼び掛けですよ。
    昔の番組のように、突然の乱入騒ぎにはなりようがありません。
    不毛なやり取りを続けていると“炎上芸人”として、どちらもマイナスイメージしか残りませんよ」(同・記者)

    14日はタレントの大桃美代子が自身のブログを更新し、2人の対立について「日本は平和ですね」とつづったが、果たして最後に“笑わせるオチ”が用意されているのか。

    今後の動向に注目したい。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16321994/
    週刊実話
    所長見解:チャンスやね・・・

    【【トラブル】太田光 VS ぜんじろうに「落ち目がハシャぐな」←これwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ