ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    大阪

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    ほないくで

    30位 塩元帥(西中島)

    所長見解:食いたいな・・・


    【【結果発表】大阪のラーメンランキングがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    関西人から見て「上沼恵美子」って? 

    k

    所長見解:よう見るよな・・・
    【【疑問】関西人における「上沼恵美子」の存在とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「世界一住みやすい都市」ウィーンが2年連続首位、大阪は4位

    エコノミスト誌の調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた2019年の「世界で最も住みやすい都市」ランキングで、オーストリアの首都ウィーンが昨年に続きトップを維持した。

    ウィーンは昨年、それまで7年連続でトップだったメルボルン(オーストラリア)を抑えて首位となった。

    ウィーンはクラシック音楽や豊かな歴史で観光客を魅了する一方、緑も多く公共サービスも充実している。


    メルボルンは今年も2位。

    3位は同じくオーストラリアのシドニーで、昨年の5位から順位を上げた。

    EIUはシドニーについて「文化と環境の面でスコアが改善した」と説明。

    気候変動の影響を軽減する取り組みが強化されているという。


    4位には大阪(日本)がランクイン。

    s


    次にカルガリー、バンクーバー、トロントとカナダの3都市が続いた。

    東京はトロントと同じ7位。

    9位と10位はそれぞれコペンハーゲン(デンマーク)とアデレード(オーストラリア)だった。


    EIUは世界の140都市を対象に、5つの項目を基に「住みやすさ」を数値化。

    それぞれの項目が全体に占める割合は異なり、「安定性」と「文化・環境」は最も重要で各25%、「医療」と「インフラ」は各20%、「教育」は10%となっている。


    フランスのパリは昨年の19位から今年は25位にランクダウン。

    マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」のデモを背景に「安定性」のスコアが下がった。


    一方、最下位となったのは引き続きシリアのダマスカス。

    その上は、ナイジェリアのラゴス、バングラデシュのダッカとなった。
    https://jp.reuters.com/article/global-cities-ranking-idJPKCN1VP067 



    所長見解:大阪なんや・・・

    【【悲報】「世界一住みやすい都市」大阪4位、東京7位で韓国人発狂 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    塙宣之(ナイツ)×伊達みきお(サンドウィッチマン)「関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?」


    昨年末、M-1審査員を務め、その的確なコメントが評判になった漫才コンビ・ナイツの塙宣之(はなわ・のぶゆき)さんが、集英社新書『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』を刊行した。

    浅草を本拠地として活躍する塙さんにとって、M-1出場は関西漫才の総本山に殴り込みをかけるようなもの。

    そんな東と西とのお笑いの違いなどにも鋭く切り込んでいる。


    ナイツは、二〇〇一年に始まったM-1グランプリに第一回からエントリーし、二〇〇七年には初めて三回戦の壁を破り、準決勝までたどり着いた。

    残念ながら決勝戦に進出することは叶わなかったが、その年、敗者復活戦から優勝という快挙を遂げたのがお笑いコンビ・サンドウィッチマンだ。


    塙さんは、サンドウィッチマンのネタを見たときに、はっきり「負けた」と思ったそうだ。

    そのサンドウィッチマンの伊達みきおさんをお迎えして、M-1の裏話や現在のお笑い界の状況などを、お話しいただいた。


    m



    ■言葉遊びの笑いは東京手法?

    ――塙さんは今度の本のなかで、ボケとツッコミのセンテンスが非常に短いこととか、「言い間違い」や言葉遊びを入れるところなど、サンドウィッチマンとナイツのネタが少し似ていると書かれています。

    伊達 言い間違いといえば、もうナイツですけど、たしかにぼくらもやっています。
    まあ、言い間違いというのは、ネタづくりのなかでは王道ですからね。

    塙 見たときに、ヤバいな、ちょっとかぶってる、かぶってるというか、おれらがパクったと思われるのは嫌だなと、思ったときがあったんですよ。

    伊達 そんなこと思ったことない(笑)。



    ■東京芸人はナイツを目指している

    ――伊達さんは、関東芸人はなぜM-1で勝てないのかと思われたことありますか。

    塙 それ、聞きたいですね。

    伊達 ぼくら仙台なので、関東芸人とはいえないんですけれど、まあ、標準語という括りでいえば、いわゆる標準語でM-1で優勝したのは、アンタッチャブルと、ぼくらと......。

    塙 トレンディエンジェルですね。あと、九州だけどパンクブーブー。それぐらいかな。
    数は少ないですね。

    伊達 やっぱり関西弁のおもしろさ、「何でやねん!」という文化と、「何でだよ!」とでは全然ニュアンスが変わってくる。
    ぼくはどうしてもツッコミ目線になりますけど、その違いというのはすごくありますね。
    やはり漫才というのは関西の文化で、ぼくらはコントに逃げるというかね。
    しゃべくりは、やっぱり難しい。

    塙 中川家さんを生で見ると、達者ですものね。

    伊達 達者というか、流れるような関西弁で、東京とか、ぼくらの地元・仙台とかに関西弁の漫才師が来ると、「ああ、漫才だ」ってなりますものね。

    塙 関東は、どちらかというと、ちゃんとした形がないとだめで、関東の人が普通にしゃべくりをやると、「人志松本のすべらない話」のフリートークみたいになっちゃう。
    だから、どうしても何か形をつくるんですよね。
    オードリーみたいな形とか、ぼくらみたいな言い間違いとか、あとコントに仕立てたりとか。

    ただ、ジャルジャルなんかは、関西弁だけど、毎回、形をつくるので関東っぽいというイメージがありますね。
     
    とはいっても、たとえば、浅草の東洋館などでは、M-1みたいな目線で舞台を見ている人はまずいませんね。
    要するに、客がいちいち審査しようとか、こいつ、どうだろうとか、構成はどうとかということは考えない。
    お客さんは、ただ笑いに来ているだけ。
    でも、それでいいんだと思うんです。
    笑いをいちいち分析するというのは、もうプロだけの世界なんですね。
     
    まあ、ぼくなんか東洋館の若手とか見ていると、何だ、こいつの構成はって、むかついたりしますけど、でも、お客さんが笑っていれば、それで別にいいんですけどね。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2019/08/31/109622/  

    所長見解:場数やろね・・・
    【【疑問】関東芸人がM-1で勝てない理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    SSS 大阪 東京 新宿
    SS 品川 横浜 名古屋 天王寺 京橋

    ______大都会の壁________

    S 札幌 博多 上野
    A 三宮 京都 仙台 新大阪 新横浜
    B 大宮 静岡 鹿児島中央 岡山
    C 千葉 広島

    ______都会の壁__________

    D 新神戸
    E 岐阜 金沢
    F 大分 新潟 浜松 宇都宮 高崎
    G 高松 郡山 長野
    H 富山 盛岡 長崎 徳島

    所長見解:どうやろ・・・

    【【結果発表】駅前が都会なJR駅の格付けがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ