ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:大谷翔平

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『嵐』の櫻井翔と交際中だったテレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、MLBのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平“争奪戦”に名乗りを上げたという。

    「小川アナは、以前から大谷のファンで。過去には2度の単独取材をしています。
    メジャー移籍から現在のフィーバーで、完全に虜になったようです。
    彼女は英語も堪能なので、渡米した大谷に対してアクションを起こしやすいでしょう」(女子アナライター)

    大谷はMLBで試合に出場するたび、大活躍している。
    小川アナの出演する『報道ステーション』では連日、トップニュースで報道されている。
    大谷のニュースの際には小川アナはわれを忘れて「かわいい」「かわいい」と連発し、異常なはしゃぎぶりを見せている。

    n


    出演者に制されても小川アナの大興奮は止まらず

    「小川アナのあまりの興奮ぶりは、メインキャスターの富川悠太アナに『小川さ~ん』と制されるほどでした。
    しかし、小川アナは『いい!』『いい!』と大興奮したままなので、富川アナもあきれていました。
    女子アナが野球選手と結婚するのは定番ですが、小川アナは大谷のことを取材したこともあるだけに、一気に交際に名乗り上げても不思議ではないでしょう。
    もう櫻井に未練はないと思われます」(同・ライター)

    櫻井は出演中の『NEWS ZERO』の降板も噂されている。
    相手が悪過ぎたと諦めた方がいいだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/48687 


    所長見解:そりゃね・・・
    【【嵐ファン歓喜】小川彩佳アナ、櫻井翔捨て「大谷翔平に乗り換え」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    大谷翔平(23)の快進撃が止まらない。
    だが、長いシーズンを乗り切るうえで、大谷の体が悲鳴を上げると警告する声が上がっている。

    かつて大谷は、「投手のほうが楽しい」と語っていたが、その投球スタイルに元メジャー投手は「決め球にスプリットを投げすぎ。
    スプリットは速球に比べて肩、肘への負担が大きい。
    蓄積疲労で怪我を誘発する」と苦言を呈す。

    確かに初登板となったアスレチックス戦では92球のうち、速球が40球、スプリットは23球と、日本での投球よりはるかに割合が高くなっている。

    s


    スプリットが、メジャーで一躍脚光を浴びたのは1985年のこと。
    それまで泣かず飛ばずだったアストロズのマイク・スコット(当時30)がマスターし、いきなり18勝を挙げる。
    そして5年間で86勝をマークした。

    メジャーリーグ評論家の福島良一氏が解説する。

    「球速があって落ちるので、魔球ととらえられていた。
    彼の活躍で各球団の投手がマスターしようと、スプリット全盛時代に突入していきます。
    ところが、多くの投手が肘や肩を故障し、スコットも6年めの1990年は9勝、1991年は0勝で、そのまま引退を余儀なくされた。

    スプリットは故障に繋がり、選手寿命を縮めると、各球団は考え方を改めた。
    ジャイアンツなどは、スプリット禁止令を出したほどです。
    そのためスプリットは、別名 “デス・ピッチ”(死の球)と呼ばれています。

    その後、野茂英雄の出現で見直された時期もありましたが、田中将大が1年めに故障したこともあり、危険な球種と再認識されています。
    だからこそ、現在メジャーでスプリットを武器とする先発投手はいません。
    大谷も多く投げすぎると、故障に繋がる危険性が非常に高い」

    https://smart-flash.jp/sports/38078


    所長見解:怪我だけは・・・
    【【25%も使用】大谷翔平を蝕む「死の球」スプリット ←これ・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    s

    誰?


    所長見解:女子アナはね・・・

    【【超良血】種牡馬・大谷と配合させたい女って誰?  ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title


    大谷翔平1号 知らんぷりベンチ→おねだり→歓喜

    エンゼルス対インディアンス 1回裏エンゼルス2死二、三塁、メジャー初3点本塁打を放ちチームメートから祝福される大谷 

    <エンゼルス-インディアンス>◇3日(日本時間4日)◇エンゼルスタジアム

    エンゼルス大谷翔平投手(23)が本拠地デビュー。
    第1打席でメジャー初本塁打を放った。

    no title


    「8番DH」で先発出場。3-2と勝ち越した1回2死二、三塁から3ランを打った。

    ところが、ベンチに戻った大谷を選手らは最初、無視。
    きょとんとした大谷は、そっぽを向く選手に祝福を“おねだり”した。
    すると、ナインは大谷を囲んで抱き合い、喜びを爆発させた。
    思わぬ演出に大谷も笑顔を見せた。
    選手に促され、ヘルメットを取ってスタンドのカーテンコールに応えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00169434-nksports-base


    所長見解:すごいよね・・・
    【【メジャー恒例】大谷翔平→ホームラン→知らんぷりベンチ→おねだり→歓喜がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いきなりボコボコにされた模様

    s


    所長見解:これからだよね・・・
    【【衝撃悲報】大谷翔平さん、これはダメかもってよwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ