大物

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    約12年間も司会を務めていた、『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)から勇退することが発表された、みのもんた(75)。

    みのは4月の番組リニューアルに合わせて勇退し、爆笑問題の田中裕二(55)が後任になることが決まった。

    キー局関係者が話す。

    「みのの勇退は高齢による体調面もありますが、ギャラの問題もあったんでしょう。
    現在は、全局で番組制作費の削減がキツくいわれていますからね。
    たとえばフジテレビでは、“1番組につき年間制作費を2から3億円減らせ”との指令が出ているといいます。
    CMの出広額は数年前に比べて激減していますから」


    昨年電通が発表した「2018年日本の広告費」によると、地上波テレビ広告費は1兆7848億円の一方、インターネット広告費は5年連続2桁成長の1兆7589億円で、テレビの背中をとらえているのだ。

    「広告をネットにとられ、テレビの予算が大幅に削られる中で、ギャラの高い大物司会者の首も寒くなっているわけです。
    テレビ界では、一度決めたギャラは下げられないという通例がありますからね」(前同)

    となると、“クビ斬り”はみのに限ったことではない。

    k

    制作会社関係者は話す。

    「特にTBSは3月、月曜日の19時から22時まで大胆な打ち切りを敢行します。
    アンジャッシュの渡部建(47)がMCを務める『名医のTHE太鼓判!』、くりぃむしちゅーの有田哲平(48)が司会の『人生イロイロ超会議』、南海キャンディーズの山里亮太(42)の『メイドインジャパン!』、そして坂上忍(52)が司会を務める『1番だけが知っている』が軒並み終了。全滅です」


    また、6年連続年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビも、他人事ではない。

    「改編に向けての会議で、視聴率の上がり目のない2つの老舗番組の終了が検討されたそうです。
    それは、堀尾正明(64)がMCを務める『誰だって波瀾爆笑』と、久本雅美(61)がMCの『メレンゲの気持ち』です。
    結果的には、昨年、堀尾の熟年不倫疑惑が報じられたことも問題視され、『波瀾?』のほうが打ち切られることが決まったとのことです」(前出のキー局関係者)


    さらに、お笑いビッグ3のビートたけし(73)も今春、“クビ斬りリスト”に名を連ねてしまったという。

    「『名医とつながる! たけしの家庭の医学』(テレビ朝日系)も、3月で終了するといいます。
    たけしさんは昨年、所属事務所を移籍した際、各局にギャラアップを要求し、ひんしゅくを買ったそうです。
    それも番組終了の一因なのでは……」(前同)


    “ビッグ3”の一角をも吹き飛ばすテレビ界の大不況。

    もはや誰にも止められそうにない。


    http://dailynewsonline.jp/article/2187348/
    日刊大衆
    所長見解:しかたない・・・

    【【悲報】テレビ番組のクビ切りリスト流出がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    作家の百田尚樹が佐藤浩市を酷評し、丸山穂高議員も和田アキ子にケンカを売った。

    すべてはTwitter上でのことで、面と向かっていないネット空間だからこそ噛みつけたとも言える。

     
    しかし、こうしてネット上で絡んで相手を酷評する人も一線を超えることはないと業界関係者が教えてくれた。

    つまり、どんなに感情が高ぶろうとも「文句を言って敵に回すことがあってはならない人間」が芸能界には数名いるというのだ。


    g


    一体誰なのか。

    「酔った勢いだろうと一過性の怒りであろうと、ネットを使ってバッシングしようものなら、下手すれば拳が飛んでくると言われるのがKさんです。
    演歌界の超大御所のため、人間関係はかなりややこしいです。
    トップがゆえに関係者も多いから仕方ないのでしょうが…本当に怖いですよ。
    歌などの作品面での評価や論評であればまだしも、人間性をバッシングするのは絶対にやめておいたほうがいいです」(音楽番組関係者)
     
     
    2人目は本人がとにかく怖いというあの人だ。

    「超大物歌手のNさんはみな怖がっています。
    Twitterなどで芸能人や著名人がNさんの文句を言ったら、翌日には現場で待ち構えられる可能性もあります。
    暴力は無いでしょうが、筋肉ムキムキですし、話し合いを求められたら解放されないと思いますよ。
    番組の編集などで本人が納得しないとテレビ局に駆け込んでくることもあると言われますし、とにかくそういう人ですから」(テレビ局プロデューサー)

     
    こちらも想像するだけで恐ろしい。

    そして最後もご本人が怖いという理由でアノ人の名前が出てきた

    「もうひとりは日本でロックを定着させた歌手のSさんです。
    ケンカの強さやケンカっ早いのは有名ですが、本当にキレたら怖いですよ。
    さすがに今はもう手出しはしないでしょうが、口で言われるだけでも相当な恐怖があります。
    有象無象の芸能人を相手に仕事する40代の第一線のスタッフでもビビるほどの相手です」(同)

     
    同世代のNさんと同じくキレたら誰も止められないお方のようだ。

    日頃からTwitterなどSNSでつい他人の悪口や論評を書いてしまう癖のある有名人の皆様方におかれてはくれぐれもご注意願いたい。


    https://tocana.jp/2020/02/post_143309_entry.html

    所長見解:なんとなく・・・
    【【衝撃暴露】絶対に敵に回してはいけない芸能人がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年も12月24日深夜に、『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)が放送される。

    この番組の目玉と言えば、芸能人の電話であろう。

    離婚など直球の不幸を経験した人物は名乗っただけで即合格となる。

    過去には、離婚した雛形あきこ、芸能活動を休業していたナインティナインの岡村隆史などが即合格となっている。


    芸能界にとっては大きな出来事が続いた年とも言えるだけに、電話をかけてきそうな芸能人は多い。


    s


    まず本命視されるのは、闇営業問題で渦中の人となってしまった雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が挙げられるだろう。

    特に宮迫は、さんまが自身の個人事務所で引き取る姿勢を示しており、先日囲む会も開かれただけに期待大だ。

    ただ、2人が出た場合は良くも悪くも注目を集めてしまいがちである。

    そのため、14日放送の『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(同)で謹慎していたガリットチュウの福島善成がさらっと復帰したように、その他の謹慎芸人が電話をかけてくるといったことはありそうだ。


    さらに、ここ最近の動きでは、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎からなる「新しい地図」メンバーが、大みそか放送の『絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)への出演が発表されている。

    地上波出演解禁の動きもあるだけに、この番組へ登場といった可能性はありそうだ。

    もちろん、さんまと親交のある中居正広や木村拓哉の登場にも期待がかかる。


    離婚芸能人系では、さんまと親交のある人間では、24歳年下夫と離婚した磯野貴理子、テレビ制作会社スタッフと離婚したSHELLYなどが有力であろう。

    大穴ではビートたけしといった線もありそうだ。

    もちろん、才賀紀左衛門と離婚したあびる優あたりが登場する可能性もありそうだ。


    今年は例年以上に話題の人物が多いだけに、要注目の番組となりそうだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17563908/

    所長見解:まだあかんやろ・・・
    【【緊急速報】「明石家サンタ」にあの話題の芸能人が電話するってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6日、合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優・沢尻エリカ被告が保釈された。

    保釈金500万円を納付したとして20日ぶりに保釈。

    10年以上前から複数の麻薬の使用を認めたものの、尿検査は陰性ということもあり、まだまだ真相解明は続いていく。

     
    その一方で、沢尻被告の一連の報道により“新たな疑惑有名人”がメディアで取り上げ始められている。

    渦中の人物は“大物俳優X”と称され、マスコミだけでなくネット上でも人物特定が着々と進んでいる。

     
    大物俳優Xに疑惑が向けられる発端となったのが、5日に有名情報誌・東スポが公開した一枚の写真。

    クラブと思われる場所でゴキゲンなピースポーズをする沢尻の隣で、おどけた動きで沢尻を指さす迷彩服の人物こそ、クスリの噂で現在注目が高まっている大物俳優Xだ。

    場所は六本木のクラブのVIPルームで、そこではしゃいでいる様子を写した写真とされる。

    5年前のものという情報だが、沢尻は10年前から麻薬を使用していたと認めているだけに、この時も使用していると予想する声も。

    それだけに、共に写る大物俳優Xにも疑いの目が向けられるのは、いささか自然の流れだ。


    j


    “大物俳優X”とネームバリューを高らかに報じられれば、その特定を急ぐのが現代のネット社会。

    ネットユーザーの中には、その“ファッション”をヒントに人物特定を進めている者もいる。

    迷彩柄のラフな服装は、ヒップホップやラップをたしなむ層が愛好するファッションとされ、『大物俳優+ヒップホップ・ラップ』という条件でだいぶ人物を絞れたという声も。

     
    さらに、大物俳優Xは日本アカデミー賞受賞歴があると報じられており、そうなると該当者は一気に狭まる。

    人によってはぴんとくるとかこないとか。

    大物という立場を考えると、もし逮捕となれば沢尻級のインパクトが年末年始に押し寄せるかもしれない。

     
    大物ともなれば撮影中の仕事や出演作品・CMを抱えていることは間違いなく、社会的・経済的に与えるダメージは絶大だ。

    今年は芸能界に巣くうクスリ問題が公になった年であり、マトリの気合いも並々ならないことだろう。

    それだけに大物俳優Xの正体が明らかになる瞬間は、すぐそこまで迫っているのかもしれない。


    https://entamega.com/28365

    所長見解:あれな・・・

    【【沢尻逮捕】新たな疑惑の大物俳優Xを特定ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    このところ、芸能界が結婚ラッシュに沸いている。

    ざっと直近だけでも以下のような具合だ。


    11月12日
    ・「嵐」二宮和也(36)と元フリーアナウンサー(38)


    11月22日
    ・壇蜜(38)と漫画家の清野とおる(39)

    ・「メイプル超合金」安藤なつ(38)と一般男性

    ・「Official髭男dism」のボーカル藤原聡(28)と一般女性


    11月23日
    ・川村ゆきえ(33)と「back number」ドラム栗原寿(34)


    11月24日
    ・オードリー若林正恭(41)と看護師(26)

    ・日本テレビ尾崎里紗アナ(27)と大学同級生

    ・元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と一般男性

    ・イモトアヤコ(33)と「世界の果てまでイッテQ!」の石崎史郎ディレクター(41)


    11月25日
    ・「ますだおかだ」岡田圭右(51)と30代一般女性(再婚)


    11月27日
    ・橋本マナミ(35)と年下医師


    k


    トップアイドルの二宮がグループの活動休止を待たずして結婚したことが号令になったのかは定かではないが、連日おめでたい話題が相次いでいる。

    この流れについて、ベテラン芸能リポーターが以下のように分析する。

    「令和元年という特別な年というのもあると思いますが、やはり芸能界全体が結婚に寛容になったことが大きいと思います。
    昭和や平成初期ではアイドルが絶頂期に結婚なんてもってのほか。
    それが時代の移り変わりとともに、女性の社会的地位も向上し『結婚・出産は誰にでも平等に与えられた権利』という考えが浸透していった。
    今後も芸能人がいち個人に立ち返り、幸せをつかみに行くケースは増えると思います」


    今年も残すところあと1か月。

    ちょうどこの時期は、スポーツ紙記者が元旦一面用の特ダネを仕込みにかかる頃だ。


    「新年最初の一面記事は縁起物であり、結婚や熱愛などを扱うことが多い。
    縁起物なので多少飛ばし気味に書いても、大目に見てもらえる部分はある。
    各社、けん制し合いながら、特大スクープを探していますよ」(スポーツ紙記者)


    そんななか、元旦特大ネタの1つとしてウワサになっているのが、女優の綾瀬はるかの電撃婚だという。

    前出のスポーツ紙記者が語る。

    「最近になって急激に広まり始めました。
    一部ネットメディアが報じたのもありますが、彼女も気付けば結婚適齢期ですからね。
    所属事務所『ホリプロ』にも十分貢献してきましたし、女優として確たる地位を築いているので、結婚してもマイナスにはならないと思います」

    ただし、肝心のお相手がなかなか絞り込めない。

    あるフリーカメラマンによると、

    「彼女は記者泣かせで、昔から張り込んだり、車で追っかけていてもすぐにバレる。
    ここまで“第六感が鋭いのは綾瀬さんと上戸彩さんくらい」

    という。


    ‘10年にはTBS系ドラマ『JIN‐仁‐』で共演した年上俳優の大沢たかおとの熱愛が報じられたが、所属事務所は頑として交際を認めなかった。

    直近では‘15年に報じられた実力派俳優・松坂桃李との熱愛報道が最後か。

    こちらも所属事務所は認めていないが、ネット上では2人の目撃談が散見される。


    「実は2人の交際が浮上したのは、オンラインショッピングで購入した商品の郵送先住所が綾瀬さんと松坂さんで一緒だったからと言われています。
    『ひょっとして同棲しているのでは?』となり、ニッカンスポーツが元旦に一面で報じたんです」(女性誌記者)


    その後、2人の動向は全く報じられていないが、業界では「まだ付き合っている」という証言が多く飛び出す。

    ただ、テレビ局のワイドショー関係者は次のように語る。

    「綾瀬さんは天然キャラですが、実は恋愛には積極的という話があります。
    ‘11年には東京・目黒川沿いで、大沢さんや松坂さんとは別のイケメン俳優とデートしていたところを複数人に目撃されています」


    数々のナショナルクライアントのCMに出演し、NHK紅白の司会を務めるなど、文字通り国民的女優に成長した綾瀬。

    アッと驚く“令和婚”はあるのか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00000001-friday-ent

    所長見解:まじか・・・

    【【令和の結婚ラッシュ】今年最後の大物結婚が「○○○○○」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ