大河ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    舞台裏では女優としてのプライドがぶつかり合っているようだ。

    長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が順調な滑り出しを見せている。

    初回平均視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートすると第2回は17.9%、第3回16.1%を記録。

    前作『いだてん~東京オリムピック噺~』の全話平均視聴率が8.2%だったことを考えると、今のところは合格点と言えるだろう。


    そんなドラマで、主演の長谷川以上に注目を浴びているのが2人の女優だ。

    「濃姫役だった沢尻エリカが降板となったことで、代役の川口春奈がクローズアップされています。
    もちろん、彼女も初の時代劇をそつなくこなしていますが、本作のヒロインは、オリジナルキャラクターである戦災孤児の駒を演じる門脇麦です。
    第1話では、川口よりも出番が多く『存在感抜群』と称賛されていました」(テレビ誌ライター)


    今後は川口派と門脇派でお茶の間の人気を二分しそうだが、撮影現場では2人の険悪な関係に共演者が振り回されているという。


    k


    川口が楽屋に挨拶にいくと門脇に無視された?

    「発売中の『週刊現代』(講談社)によれば、2人は会話どころか目を合わせないほどバチバチ。
    もともと沢尻とのWヒロインのはずだった門脇ですが、メディアの話題は川口一色。
    門脇はそれが気に入らないようで、川口が楽屋に挨拶にいったところ、門脇に無視されたことで不仲が決定的なものに。
    長谷川は2人を平等に扱うように苦慮しているといい、トーク時間も均等にして、差し入れも必ず楽屋で同じ数量を手渡しているそうです」(芸能記者)


    ヒロイン争いに注目すれば、視聴率はさらに上振れするかもしれない。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231040_entry.html?utm_source=nikkan&utm_medium=tab&utm_campaign=ctr

    所長見解:そうなんや・・・
    【【不仲説】『麒麟がくる』川口春奈と門脇麦が不仲すぎる模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢尻エリカ(33)が合成麻薬MDMA所持容疑で16日に逮捕されたため、NHKは来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を務めるはずだった沢尻の代役探しを急ピッチで進めていたが、川口春奈(24)に決まった。

    NHK側は「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただける」と起用理由を説明したが、制作現場からは早くも不安の声が聞こえてくる。

    「民放ドラマの主演を務めたこともあり、川口さんの女優としてのキャリアは申し分ありません。
    恐らくセリフもスラスラ覚えてくれることでしょう。
    ただ、時代劇が未経験なのが引っ掛かります。
    時代劇では和服の着こなしや立ち居振る舞い、裾さばきといった“所作”が重要で、これが思いのほか難しい。
    未経験の川口さんで果たして大丈夫なのかという声が上がっています」(ある制作スタッフ)


    21日付の「スポーツニッポン」が「代役“本命”女優NHKに断り」という記事を掲載した。

    n


    どうやらNHKは沢尻の逮捕直後から、川口以外にも代役のオファーをしていたようだ。


    実際、真っ先に“適任者”として名前が挙がったのは、昨年10月に第1子を出産したばかりの宮崎あおい(33)だという。

    来年1月放送予定の新春特別ドラマ「あしたの家族」(TBS系)で女優復帰するが、宮崎は2008年の大河ドラマ「篤姫」に主演し、平均視聴率24・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した実績もある。

    「NHK側の発表では前半10話分が撮り直しになるとのことでしたが、宮崎さんなら1~2週間あればこのくらいの撮影は可能でしょう。
    ただ、産後1年でかわいい赤ちゃんを置いての緊急登板は心の準備ができなかったのかもしれません」(芸能プロ関係者)


    もう一人、制作側から漏れてきたのが北川景子(33)の名前だ。

    18年に放送された大河ドラマ「西郷どん」での“天璋院篤姫”役は視聴者から評判だった。

    業界では宮崎以上に「数字が取れる女優」と評判だが、今年12月から来年4月末までスケジュールを押さえるのが現実的に難しかったようだ。

    「北川の所属事務所は『後輩の夏帆なら』と提案したと聞きます。
    夏帆さんは14年3月に放送されたテレビ朝日系『宮本武蔵』などで時代劇のキャリアがありますし、今年の大河ドラマ『いだてん』にも出演。
    “芝居のできる女優”として関係者の間で認知されています。
    ただ、沢尻の代役を務めるのは少々荷が重かったのかもしれません」(テレビ局関係者)


    満島ひかり(33)の名前も挙がったようだ。

    満島は15年5月公開の時代劇映画「駆込み女と駆出し男」(松竹系)に出演し、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得した。

    「18年3月に所属事務所を独立してからあまり作品に恵まれない満島にとって、“濃姫”役は再浮上のチャンスでした。
    ただ、満島の前事務所に所属する安藤サクラさんが昨年下期の朝ドラ『まんぷく』でヒロインを務めています。
    四の五の言っていられない緊急事態ですが、NHK側は遠慮せざるを得なかったのでしょう」(前出の芸能プロ関係者)


    3人の女優には「“格下”の沢尻エリカの代役なんて務められない」というプライドもあったのかもしれないが、いずれも演技派で沢尻以上の演技も期待ができた。

    出演が消えた沢尻と代役の川口の濃姫役を比べて物足りなく感じる視聴者も中にはいそうだ。


    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/265198

    所長見解:そうなんや・・・

    【【暴露】大女優さん「格下の沢尻エリカの代役なんて務められない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の泉ピン子(72)が24日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、合成麻薬MDMA所持容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)について「腹立つわ」と述べた。

    p

     
    沢尻容疑者が出演していた来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜後8・00)が別のキャストで撮り直しになったことについて、自分が共演者だったら「私、嫌。とっても嫌。私も(出演を)辞める。一緒に辞める」と不快感を示し、一度演じたシーンを他人のために再度撮影することはないとした。

     
    さらに、沢尻容疑者に対して、大役に選ばれたなら「自覚しないさいよ」と苦言を呈した。

     
    自身の大河出演を振り返り、「こういう事件を起こす人は誰一人いなかった」と強調。

    大河の出演者に選ばれたら「身が引き締まった。役者の紅白歌合戦なんですよ」と続けた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/24/kiji/20191124s00041000186000c.html

    所長見解:そやね・・・

    【【沢尻逮捕】泉ピン子さん激怒「腹立つわ」←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)。

    容疑を認めており、出演が決まっていたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」も撮り直しの方向で固まった。

    そこで注目されるのが後任だが、簡単にはいかないようだ。


    日本の歴史上、最大のミステリーともいわれる「本能寺の変」の首謀者、明智光秀を主人公とする「麒麟がくる」。

    沢尻は斎藤道三の娘で、織田信長の妻となる帰蝶(濃姫)役を演じることになっていた。


    「出演者発表の会見では涙を流して喜びを表していましたが、すべてがおじゃん。
    ストーリー上重要な役回りで初回から登場する上、すでに10話まで撮影が進んでいる。
    撮り直すことになりましたが、今からだと1月5日の放送開始に間に合うか分からない。
    初回放送の延期も検討されています」とNHK関係者。


    s


    そこで注目されるのが代役を誰が務めるかということだ。

    「沢尻は大河初出演でしたが、明智の半生を描くドラマの中で、帰蝶という存在は準主役級といっていいでしょう。
    父である斎藤道三は本木雅弘が、夫となる織田信長は染谷将太がそれぞれ演じますが、ともに演技派。
    この2人と渡り合える女優でなければなりません。
    さらに長期でスケジュールを押えないといけない」と制作会社関係者。

    さらに続ける。

    「本来であれば、所属事務所が代役を差し出してもおかしくありませんが、いかんせん事務所には沢尻クラスの女優があまりいない。
    なので別の事務所から選ばざるを得ないのです」

    そこで名前が挙がるのが柴咲コウ(38)。

    「柴崎は2017年に大河『おんな城主 直虎』で主演しており、正直、格は上です。
    14年の『信長協奏曲』(フジテレビ系)で帰蝶を演じていますし、武将の間を堂々と渡り合う帰蝶にはぴったりのイメージです」と演劇関係者。

    とはいえ、突然のオファーを受けて、1年間近い撮影に応じられるかどうかははなはだ難しいというしかない。

    そこで代役の最有力とささやかれているのが剛力彩芽(27)だというのだ。

    「剛力は先日、ZOZO創業者の前澤友作氏と破局したばかり。
    仕事をセーブしたこともあり、CMはゼロ本。
    レギュラー番組は1本という状況。
    これまで連ドラの主役も多く、キャリア的にも申し分ない。
    本人は女優業に意欲的だそうです。
    ただ事務所側は現時点では否定的で、オファーが来ても受けるかどうかは分かりません」と先の制作会社関係者。

    http://www.zakzak.co.jp/ent/news/191120/enn1911200004-n1.html

    所長見解:どうなん・・・

    【【朗報】NHK大河ドラマ、沢尻エリカの代役は「ごうり・・・」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月初旬、都内にあるコインパーキングから颯爽と出てきたのは沢尻エリカ(33)。

    来年1月より放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する沢尻。

    オフだったこの日、真っ赤な花柄のバッグとスカートという華やかな装で沢尻はヨガスタジオへと向かっていた。

    ヨガに詳しい芸能レポーターの川内天子さんはこう語る。

    「沢尻さんが訪れていたのは、ハンモックを使って行う空中ヨガを扱うことで話題のヨガスタジオ。
    多数の芸能人やモデルも通っているそうです。
    沢尻さんが演じるのは織田信長の妻・濃姫という重要な役どころ。
    長期間にわたって撮影する大河を乗り切るには、日ごろのメンテナンスが何より重要。
    沢尻さんは週2回ほど通って、自分磨きに励んでいるそうです」


    大河に向けて奮闘を続ける沢尻。

    しかし、その裏で彼女は“大きな決断”を下していた。

    「沢尻さんは8年間交際していた恋人のAさんと最近別れたそうです。
    彼女から切り出したと聞いています」(沢尻の知人)

    11年からアパレルブランドのデザイナー・A氏との交際をスタートさせた沢尻。

    本誌も14年に沢尻の母・リラさんとA氏と都内の自宅で同居する姿を目撃するなど、“母公認”の関係を続けてきた。

    「リラさんもA氏を息子同然のようにかわいがっていたといいます。
    2人はつかず離れずの関係で同棲を解消したこともありましたが、それもA氏の仕事に合わせてのこと。
    今年に入っても六本木でデートする姿が目撃され、結婚目前といわれていました」(映画会社関係者)


    j


    リラさんは17年12月の本誌取材に対してこう語っていた。

    「孫がいれば楽しいですよね。
    もちろんエリカが産んでくれればうれしいですけど、エリカと彼が結婚をどう考えているのかわからないんですよ」


    しかし、破局という形で裏切られた母の期待――。

    当の沢尻は、『Numero』19年10月号のインタビューで、こうほのめかしている。

    《結婚がすべてじゃない。幸せになるにはいろんな道があるし、選ぶのは人それぞれ/結婚という形にはとらわれなくていいと思う》


    突如、8年間の日々に終止符を打った沢尻。

    そこには彼女の役者人生を懸けた覚悟があった――。

    07年に主演映画の舞台挨拶での「別に」発言により批判を浴び、女優活動を休止した沢尻。

    その後も高城剛氏(55)との結婚と離婚や海外移住など、波瀾万丈な芸能生活を送ってきた。

    しかし、最近は苦難の日々が報われつつある。

    「12年の映画『へルタースケルター』で女優復帰してから、沢尻さんは評価を高めてきました。
    16年に出演した『24時間テレビ』(日本テレビ系)でのスペシャルドラマでは両目を失明した中学校教師の妻という難役を熱演。
    確かな演技力が認められ、その後オファーが殺到したといいます。
    今年5月放送のドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)や9月公開の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』など話題作への出演が相次いでいます」(テレビ局関係者)


    ついに手にした大河への切符。

    3月に行われた発表会見で、沢尻は涙ながらに万感の思いを打ち明けていた。

    「芸能生活20周年目に、やっと大河に出演することができました。
    本当にうれしい(中略)
    この20年間、芸能界で培ってきたものや築き上げてきたものを作品に捧げたい。
    沢尻エリカの集大成をここで」


    沢尻の並々ならぬ熱意は撮影現場でもあらわれていた。

    「沢尻さんはスタッフに飲み物を差し出したり、自ら話しかけたりと常に現場を明るくしようとしています。
    “別に”のイメージから怖がっているスタッフもいましたが、今では“姐御”と慕われているほどです」(NHK関係者)


    そして沢尻は大河への情熱と引き換えに、A氏へ破局を宣告したのだった。

    「1年間にわたって撮影する大河の撮影に全力をつくすため、沢尻さんは『今はプライベートを封印する!』と決断。
    そこで未練を断つために自ら別れをA氏に持ちかけたのです。
    A氏と話し合った結果、双方納得する形で別れることになったそうです」(前出・知人)


    破局の真相を沢尻の所属事務所に聞くと、担当者は「プライベートなことは本人に任せています」と答えるのみだった。


    “永い春”に終止符を打ち、沢尻は新たな道を歩み始めた――。


    画像① 

    画像②



    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1773055/

    所長見解:きれいやね・・・

    【【別に女優】沢尻エリカさん、交際8年の男性と破局ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ