大橋未歩

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元・テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(41)が31日までに自身のインスタグラムを更新し、風呂上がりのスッピンショットを公開し、話題となっている。

     
    大橋アナは「めちゃオススメ。
    髪が伸びてきて、お風呂上がりのヘアタオルがずぶ濡れになることに悩んでましたが、このヘアラップ 吸水性と速乾性抜群だし、可愛いヤドカリ形になるのだ」と記し、風呂上がりの髪をまとめたスッピンの写真をアップ。
     
    「クルクルっとまとめて、紐をボタンに止めるだけ。
    色もたくさんあって、私は赤とグレーを買いました。
    とにかく可愛くて便利 コロナ禍で買って良かったものの1つかもしんない」とつづった。

     
    この投稿には

    「素っぴん超絶綺麗です」
    「スッピンの方が綺麗」
    「可愛い」
    「まだまだ若いね!」
    「かわいいじゃん!」
    「お風呂上がりも素敵です」
    「未歩さん、若い小娘には無い色気が残っていらっしゃいます」
    「まだまだお若いですね」
    「旦那の自慢が聞こえるなあ」
    「セクシー」
    「すごい透き通ってますね 永野芽郁ちゃんかと思いました」
    「だれ? 未歩さん……?」
    「嫁さんと娘達にプレゼントするね」
    「すっぴんでも美人さんだ」
    「お風呂あがりもいい感じ」
    「五時夢で弄られて下さい(笑)」

    などの声が寄せられた。


    https://hochi.news/articles/20200531-OHT1T50143.html


    画像
    no title

    no title

    所長見解:そうでもないな・・・

    【【検証画像】大橋未歩アナの風呂上がりがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元テレビ東京でフリーの大橋未歩アナウンサー(41)が2日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。

    トイレでウォシュレットを使用しないことを明かした。


    m

     
    新型コロナウィルス余波でトイレットペーパーが品薄になっている話題の中、コメンテーターで出演の株式トレーダー・若林史江(42)が「トイレットペーパーを私はたくさん使う。
    だって、ウォシュレット使わないから」と明かすと、「私もー!」と大橋アナ。

    「はねた水がお尻につくのが耐えられないんです」と絶叫。

    すかさず、共演のマツコ・デラックス(47)から、「汚ねーな。
    おまえら、ク●ついてるんだからな!」と責められていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-03020107-sph-ent

    所長見解:使えよ・・・

    【【悲報】大橋未歩アナのお尻汚い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大橋未歩が胸ばかり見てしまうと言われ「自分の身体はセットの一部」

    no title

    元テレビ東京のフリーアナウンサー、大橋未歩(41)が22日、ツイッターを更新。

    「胸ばっか見ちゃう」という声に対して、持論をつづった。

    TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でアシスタントを務めている大橋。

    この日は私服姿の写真をアップし「gojimu(5時夢)で私が体のラインが出る衣装を着ていると胸ばっか見ちゃうというというお言葉が先日ありましたが、私はテレビに出てる時は自分の身体はセットや舞台装置の一部だと思っている」と持論を展開。

    「これからも綺麗な色形だなと思うものは着続けます。胸の曲線好きだし」と宣言し、「一方の私服は紺、黒、灰色ばっかり」と付け足し、笑わせた。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17124936/ 



    所長見解:ええやん・・・

    【【朗報】41歳の胸はガン見してもいい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月3日放送のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)に元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが出演。

    自身の離婚を“卒業”と表現し、物議を醸している。

    ooha


    番組では、元フジテレビアナウンサーの河野景子さんと電撃離婚した元貴乃花親方が「今回の離婚はこれまでの夫婦としての成り行きを良い思い出に、卒業しようということでした」というコメントを取り上げた。

    この“卒婚”に対し、意見を求められた大橋アナは「卒婚はとても共感できます」とし、「結婚するときに離婚しようと思って結婚する夫婦はいないわけで、継続させるために相当な努力をされてこられたと思う。
    その努力した結果がダメだったということで、その状態からの卒業じゃないですけど、限界まで頑張ったことの表れなのかな」と持論を展開。

    しかしMCで俳優の坂上忍から「夫婦関係に卒業なんてないんだよ、という考え方もある」と反論されると、「私も1回目は卒業したような感覚だったので…」と、なぜか自分の離婚の感想を述べたのだ。

    大橋アナは、2007年にプロ野球・城石憲之(現・日ハム1軍打撃コーチ)と結婚したが、16年1月に離婚と、10歳年下の男性との再婚を同時発表。

    当時、その大橋アナの離婚を問題視する声もあったと週刊誌記者は振り返る。

    「13年1月に大橋アナは脳梗塞で倒れ、退院後に夫は大橋アナの健康を気遣い、毎朝手作りのスムージーを飲ませるなど、献身的に介護していたことが報じられていました。
    そのお世話になった城石氏と別れ、10歳も年下の男性と再婚したことでネット上では大橋アナを批判する声もありました。
    にもかかわらず、今回城石氏との離婚を“卒業”と表現したことにドン引きする視聴者もいたようです」

    事実、ネット上にも「脳梗塞で助けてくれた城石憲之を捨てた大橋未歩が、バイキングで元貴乃花の卒婚を語る恐怖…」などと違和感を唱えるコメントもあった。

    やはり大橋アナの場合は卒業ではないのかも。

    http://dailynewsonline.jp/article/1597561/


    所長見解:まあね・・・

    【【即再婚】大橋未歩アナが離婚を“卒業”と表現した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「テレビ東京に15年間育てていただきました 有難うございました」

    Twitterのプロフィール欄にこうつづっているのは、大橋未歩アナ(39)。
    昨年12月に長年勤めたテレビ東京を退社し、2月にはフリーアナウンサーとして再始動。
    各局の番組に出演し、日々活躍の幅を広げている。
    だが実は、その陰で古巣から三行半をつきつけられているという。

    o


    「局内の一部で、『大橋をテレ東の番組に出すな』との番組出禁通達が出回っているようなんです」(テレビ東京関係者)

    15年にわたってテレ東を支えたアイドルアナウンサーが、まさかの“出禁”。
    いったい何があったのか。
    そこにはテレビ業界の“ある慣習”が関係しているという。

    「テレビ業界には『独立してから1年は育ててくれたお礼も込めて、勤めていた局の番組に出る』という暗黙のルールがあります。
    しかし人気者の大橋さんには、各局から多くの声がかかったのでしょう。
    結果として、独立後最初に出たのが他局の番組だったんです。
    そのため、上層部の一部がヘソを曲げているようです」(前出・テレビ東京関係者)

    大橋の所属事務所とテレビ東京に対して確認したところ、ともに事実を否定した。

    「そのような事実はございません」(大橋の所属事務所)

    「すでに退社した社員に関しては、コメントは控えさせて頂きます。
    大橋さんの退社後につきましては、弊社がご出演を止めている事実はございません」(テレビ東京広報部)

    だが、前出のテレビ東京関係者はこう語る。

    「たしかに大橋さんは7月に系列局であるテレビ大阪の番組に出演し、テレ東内で収録が行われました。
    しかしフリーになってから、彼女はテレビ東京自体の番組には出ていないんです。
    いっぽうでTBS、日本テレビ、フジテレビの番組にはバンバン出ていますからね。
    そうした状況自体、かなりの異常事態といえるでしょう」

    大橋アナの姿が再びテレビ東京で見られる日は、果たしてやってくるのだろうか――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00010000-jisin-ent


    所長見解:遅いよな・・・

    【【女子アナ】大橋未歩、テレ東番組出禁の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ