ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    多部未華子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小栗旬主演のスペシャルドラマ『二つの祖国』(テレビ東京系)が、3月23日と24日の二夜連続で放送された。

    同局の開局55周年記念作品だけあって大きな注目を集めたドラマだが、中でも小栗と多部未華子のキスシーンが「過激過ぎる!」とネット上で話題になっている。

    d


    同ドラマは戦争前後の時代が舞台になっており、小栗が演じるのはアメリカで生まれた日系二世・天羽賢治。

    多部は天羽とともにアメリカの日本語新聞『加州新報』で働くヒロイン・井本梛子を演じ、2人は友情と愛情の間で大きく揺れ動いていくことになる。

    その出自から戦争という波に翻弄され、徴兵・収容など「二つの祖国」の間で激動の人生を歩んでいった天羽。

    第一夜では生い立ちから梛子との離別、終戦までが描かれ、第二夜では運命の再会を果たしていった。


    「キスシーンがねっとりすぎw」

    戦後、天羽はGHQで極東軍事裁判の翻訳モニターに任命されたが、被告の量刑や命にも関わる証言の翻訳で心身ともお疲れのよう。

    すると、すり減らした心を埋めるためか梛子の部屋を訪れ、互いに惹かれ合う2人はどちらからともなくキスを交わし始めた。

    このキスシーンはなかなか激しく、天羽は椰子の頭をホールドしながら男らしく舌をグイグイ。

    椰子もこれに応えるように腕を絡めていき、その音がBGM越しでも聞こえるほど濃厚だった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1748098/

    所長見解:見てない・・・
    【【これは過激】小栗旬と多部未華子の濃厚過ぎるラブシーンでお茶の間凍る問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    j

    橋本環奈
    広瀬すず
    有村架純

    弱すぎやろ

    所長見解:ちょっとな・・・

    【【人気女優】10年前→新垣結衣、堀北真希、戸田恵梨香、石原さとみ、綾瀬はるか、多部未華子  現在→ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ちょうどいいブス」。

    最近よく耳にするキーワードですよね。

    取っつきにくいほど美人でもなく、かといって受け付けないほどブスじゃない、“おれでも口説けるかも!”という絶妙なラインの女性を指す言葉です。

    b


    そこで、女子20~30代の200人にアンケート調査。

    リアル“ちょうどいいブス”に選ばれたのは……!?(協力:アイリサーチ)

    と、その前に大前提として、第一線で活躍する女優たちが、本当に“ちょうどいいブス”かといえばそんなことはありません。

    見目麗しい超絶美女が群雄割拠する芸能界において、“比較的ちょうどいい”ブスだということ。

    そのうえで結果を見ていくと、顔の印象に好き嫌いが出やすい面々が並んだ印象です。

    フリーコメントで集めたアンケートながら、ダントツでトップだったのはこの人!(コメントは原則原文ママ)


    【1位 多部未華子 15票】

    「すごく可愛いという訳では無いけど、魅力的な子だと思う」(39歳・熊本県)
    「目がぱっちりしていない。でも、ブサイクでもない。ブサカワ」(35歳・兵庫県)
    「一重で目が小さいが、小顔でバランスいいのでそこまでブサイクにはみえない」(35歳・千葉県)


    【2位 安藤サクラ 10票】

    「そこまで美人だとは思えないけれど、きれいだと思うから」(26歳・茨城県)
    「きれいではないけど、味のある顔だと思う」(38歳・東京都)
    「またこの人か……と思うような目立ち方がなく、いい意味で個性もあって、『まんぷく』はすごくハマり役だと思う」(38歳・岐阜県)


    【2位 高畑充希 10票】

    「可愛いときもあればそうでないときもあって、人間感があるので親近感がわくため」(23歳・石川県)
    「親近感が湧く。一般人にいそう」(24歳・和歌山県)
    「特別美人ではないけれど、存在感のある女優さんだと思うから」(34歳・福岡県)


    【4位 黒木華 9票】

    「素朴で嫌味のない顔立ちだと思うから」(39歳・長崎県)
    「愛嬌がある」(25歳・栃木県)
    「どこにでもいそうなので」(33歳・佐賀県)
    「和の雰囲気があり、いろんな役を幅広くこなしているから」(32歳・鹿児島県)


    【5位 蒼井優 7票】

    「正統派美人ではないが、個性があり、印象に残る顔立ちだから」(25歳・東京都)
    「美人に見える雰囲気があるから」(34歳・兵庫県)
    「可愛いけど、一緒にいても疲れなさそうな顔だから」(36歳・大阪府)


    【6位 指原莉乃 6票】

    「人がよく感じもよく、きれいなのに自虐キャラだから」(35歳・福岡県)
    「努力、頑張ればなれそう」(26歳・宮崎県)


    【7位 前田敦子 3票】

    「AKB総選挙1位のわりに、失礼ながら可愛いと思えないから」(23歳・福島県)
    「愛嬌がある」(29歳・栃木県)


    【8位 有村架純 2票】

    「髪型によっては、可愛く見えるときがあるので」(27歳・東京都)
    「顔の輪郭」(22歳・大阪府)


    【8位 大沢あかね 2票】

    「めっちゃブスというわけでもなく、親しみがあるような憎めないブスだから」(31歳・愛媛県)


    【8位 土屋太鳳 2票】

    「エラが気になって顔が大きく見えるので」(34歳・大阪府)
    「垢抜けない感じが、どこにでもいる感じがするから」(30歳・東京都)


    以下記事詳細全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00014231-jprime-ent


    所長見解:違うのおるよな・・・

    【【結果発表】「ちょうどいいブス」芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「またかわいくなった?」多部未華子、 作品出演のたびに巻き起こる“かわいい論争”の行方

    女優の多部未華子が、ミュージカル『TOP HAT』でV6の坂本昌行の相手役としてミュージカルに本格的に初出演。

    初めてとは思えない歌やタップダンス、社交ダンスを披露すると、観劇した人々がSNSで
    「とにかく多部ちゃんかわいすぎ」、「キラキラだった…」とつぶやくなど話題になっている。

    2003年からコンスタントにドラマや映画、舞台、CMなど新たな作品に次々と登場し、そのたびに「あれ…多部ちゃんかわいくなった?」と、29歳にして“かわいさの記録更新”を
    しているようにも見える多部未華子。

    幅広い世代に認められる彼女の魅力とは?

    t


    ■芸能と学業を両立し、努力で着実に積み上げた女優としての地位

    多部は実は幼いころからからミュージカルが好きで、小5のときに感激したのをきっかけに、中2まで『アニー』のオーディションを受け続けていたという過去もある。

    周囲からも映像系の作品も受けて見たら?と言われ、現在の事務所に所属。

    2003年に映画『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、ブルーリボン賞『新人賞』を受賞するなど、スタートも順調。

    そして2007年には、ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で連続ドラマに初出演し、嵐の二宮和也や櫻井翔と共演した。

    いきなりのヒロイン抜擢だが、絶世の美少女というタイプではなく、素朴な雰囲気を残しているところが逆に新鮮で、(この娘、誰?)と思いつつも、多くの視聴者の心にどこか気になる印象を残したのである。

    2009年、『つばさ』(NHK総合)で朝ドラのヒロインを演じると、民放のドラマにも次々と主演で登場する。

    『デカワンコ』、『ドS刑事』(ともに日本テレビ系)、映画『あやしい彼女』ではコメディエンヌとしての才能も開花させるなど、まさに女優として順風満帆、同時に大学を6年かけて卒業したというエピソードもあり、公私ともに“努力の人”であることがうかがわれるのだ。


    ■UQモバイルCMで魅せる、他の女優に引けを取らない存在感

    10代からコンスタントに活躍し続ける多部。

    石原さとみや北川景子、長澤まさみといったいわゆる“王道”タイプの女優とは言えず、どことなく“親しみやすさ”を覚えるところが魅力の彼女だが、最近は少し状況が変わってきているようだ。

    たとえば、UQモバイルのCMでは、お色気たっぷりの深田恭子、若手で伸び盛りの永野芽郁といった女優たちと、アニメ『キャッツ・アイ』の来生三姉妹のような“お色気シーン”も堂々とこなして見せたり、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)では結婚に煮え切らない彼(櫻井翔)にやきもきする適齢期の女性という、抑えた演技も披露する。

    アラサーになるにつれ、かつての素朴で健康的な少女のイメージから、「どんどん垢抜けてきた」、「またかわいくなった」など、同性の女性たちから称賛の声が聞かれるようになり、多部が意外に注視されていたことがわかったのである。

    歳を重ねて発揮される多部の魅力は、王道路線を歩む女優では醸し出せなない“味”とも言えるのかもしれない。

    あるときは不思議系の少女、またあるときは快活な少女を演じたかと思えば、世のお父さんに(こういう娘がいたらいいなぁ…)と思わせるような普通に“いい娘”を演じたりもする。

    いわばどんな役にも染まれるし、溶け込めるからこそ女優としての“需要”も増すのだろう。

    さまざまな役を演じることから、そのギャップ自体がそれぞれの“かわいさ”をも際立たせることになるのかもしれない。


    ■20%から150%まで? 振り幅で魅せる“移ろいゆくかわいさ”

    特に女性にとっても、多部未華子には自然な“手の届くかわいさ”があるし、感情移入しやすい演技を見せることからも、いわば“応援したくなる”存在となっているのではないだろうか。

    さらに言えば、多部のかわいさには一種の“あやうさ”や“はかなさ”も含まれているようで、
    150%、200%増しのかわいさを見せたかと思えば、その逆で20%のときもある。

    (後略、全文はソースで)
    https://www.oricon.co.jp/special/52148/


    所長見解:いいよね・・・

    【【人気女優】多部未華子(29)、 かわいくなった説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    UQモバイルのCMに出演している深田恭子、多部未華子、永野芽郁の三姉妹のスリーショットを深田が公開し、「豪華すぎる」として話題になっている。

    6月12日の深田のインスタグラムに投稿された写真がそれで、CMそのままの美女3人だ。
    右から永野、深田、多部と並び、3人仲良くピースサインを出している。

    no title


    「さすがは人気女優3人ですね。みんな美しくとても華やかです。3人が出演するUQモバイルのCMが始まった時、『3人の中から1人選ぶなら誰がいいか?』という議論がネットで起きましたが、またそれが再燃しそうです」(週刊誌記者)

    https://www.asagei.com/excerpt/106692


    所長見解:みんなきれいだな・・・

    【【これは美人】深田恭子、多部未華子、永野芽郁三姉妹ショットがコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ