夏目三久

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「私のせいで……。力不足で番組を引っ張れなくてごめんなさい」

     
    昨年12月末、東京・青山のアイビーホールで行なわれた情報番組「あさチャン!」(TBS系)の大忘年会。

    和気あいあいとした空気を一変させたのはメインキャスター夏目三久(35)のスピーチだった。


    忘年会に参加したTBS社員が語る。

    「会場には100人以上の番組関係者が集まり、立食形式でにぎやかに会は進んでいました。ところが、1年を振り返るVTRなどを見た後に挨拶に立った夏目さんが突然、涙を流して視聴率の低迷を詫びたのです。
    しゃくり上げるような嗚咽(おえつ)が響き渡り、にぎやかだった会場が水を打ったように静まり返っていました」

     
    周囲のスタッフから「泣かないで」、「頑張って、夏目さん」と激励の声が上がったという。

    n


    夏目が泣きたくなるのも無理はない。

    「あさチャン!」の視聴率は目下、2~3%台を推移。

    14年3月にスタートして以来、テレビ東京をのぞく民放の同時間帯最下位に甘んじ、一向に上昇の兆しが見えないのだ。


    「ライバルの『めざましテレビ』(フジテレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)、『ZIP!』(日本テレビ系)が8~10%台で鎬(しのぎ)を削る中、勝負の土俵にも上がれずにいる。
    今年1月から放送時間が約30分短縮され、出演者やスタッフがリニューアルされましたが、数字は微動だにしていません」(TBS関係者)

     
    昨年11月の定例会見で、TBSの佐々木卓社長は「あさチャン!」を含むノンプライム帯の厳しい現状に触れ、「より多くのファミリーを意識して見ていただきたいと体質改善している」と話したが、局内には諦念が漂い始めている。


    「今年の2月に入ってすぐ有能なプロデューサーが番組から外されたことも現場の士気を下げる一因に。
    代わりに戻ってきたのが、かつて元局アナの宇垣美里に降板を一方的に伝え、彼女を激怒させたプロデューサー。
    スタッフはいつリストラされるのかとビクビクしている」(同前)

     
    もっとも「あさチャン!」の打ち切りが取り沙汰されるのは初めてではない。

    「むしろ結果を出さずに6年近く続けられたことの方が奇跡。
    実は、その裏には平成最大のヒットドラマ『半沢直樹』の影響があったのです」(別の社員)

     
    今年4月期にTBS系で続編が放送されることが決まっている「半沢直樹」。

     
    13年のシリーズ第1作では、最終回の視聴率が42%を超え、決めゼリフの「倍返しだ!」はその年の流行語大賞にも選ばれた。

    夏目は、主演の堺雅人と同じ田辺エージェンシーの所属タレントだ。

    「『半沢』の劇中にポスターのモデルとして登場したこともある。
    堺に続編の出演を交渉し続けていたTBSに夏目を降ろす選択肢はなかった。
    TBSと夏目の契約は、6年目を終える来年3月あたりで番組が終了する可能性が高い」(同前)

     
    16年に「週刊文春」の取材に、夏目の父はこう語っていた。

    「早く(仕事を)やめた方がいい。
    親としてはあまりチャラチャラした世界にはいない方がいいかなと思っています」

    所長見解:見ないよな・・・
    【【悲報】夏目三久さん、大号泣の悲しすぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月13日発売の「週刊文春」で、昨年末の忘年会で号泣していたことが報じられた、フリーアナウンサーの夏目三久。


    記事によれば、都内で行われた、自身がメインキャスターを務める「あさチャン!」(TBS系)の大忘年会で、1年を振り返るVTRなどを観た後に挨拶に立った夏目が、涙を流しながら番組の視聴率低迷を詫びたのだという。

    「その泣き方も尋常ではなかったようで、忘年会に参加した社員によれば“しゃくり上げるような嗚咽が響き渡り”といった号泣状態だったとのこと。
    確かに『あさチャン!』の低迷は著しく、いい時でも視聴率は3%そこそこで、今年1月からは放送時間が30分短縮され“いつ打ち切りになってもおかしくない”と方々で報じられている。
    文春では、それでもやめない理由を、夏目と同じ事務所の堺雅人が主演のドラマ『半沢直樹』の続編が今年4月期に放送されることが影響していると指摘しています」(芸能記者)

    そのため来年の3月あたりまで「あさチャン!」を引っ張るとも伝えているのだが、夏目にしてみれば完全に生殺し状態。

    そうした鬱屈した気持ちも、忘年会の涙に込められていたのだろう。

    g

    「ただし夏目は、日本テレビ時代の09年に当時の彼氏との衝撃のペアショットが写真誌に掲載され、結果的に退社に追い込まれた際、救ってくれたのが現在の事務所。
    一部スポーツ紙が報じたものの訂正した有吉弘行との“熱愛”も、本当は事実だったのではないかとの噂もいまだに根強く、二度目のスキャンダルは絶対NGと、過剰なまでに守られ続けている。
    それだけに、現在の苦境も致し方ないといったところでは」(前出・芸能記者)


    昨秋には、「あさチャン!」で登場した姿の“激太り”も視聴者の間で話題となった夏目。

    しばらくは不安定な心情の日々が続きそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2196001/

    所長見解:有吉・・・
    【【スクープ】夏目三久が「忘年会で大号泣」の笑えない理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年は、オードリーの春日俊彰、若林正恭、バカリズムなど40代独身芸人の結婚が相次いだ。

    これに続く芸人に注目が集まるのは確かであろう。

    かねてからゴールイン目前と言われるケンドーコバヤシは、間もなく結婚を報じる一部報道を否定している。


    独身芸人の番長格とも言える今田耕司や、それに続くナインティナインの岡村隆史は有名すぎる独身芸人であろう。

    その陰に隠れて目立っていないが、独身芸人キャラがすっかり板に付いているのが有吉弘行である。

    y


    有吉は1974年生まれであり、今年46歳を迎える。

    現在も多くのレギュラー番組を持つ売れっ子芸人である。

    オードリーの春日俊彰の結婚時には、『ぶらサタ・有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)で共演した際に「おめでとうございます」と祝福を向けるも、「また行っちゃったか」と悔しさをにじませ、馴染みの定食屋のおばちゃんから見合いをすすめられたエピソードも披露された。

    メイプル超合金の安藤なつの結婚時には、「やっと『出荷先』が決まりましたね」と毒舌ユーモアメッセージも話題となった。

    そんな有吉に結婚のイメージがないのは、私生活の素性にも起因していそうだ。


    「有吉は酒好きとして知られています。
    女性のいるキャバクラのような店よりも、後輩芸人を連れ立って安めの店で飲むのが好きなようですね。
    さらに、テレビではそれほど語りませんが、ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)では、性風俗通いを公言しているほか、リスナーからの『中学生レベル』の下ネタメールも嬉々として読み上げています。
    根がそうしたタイプなのでしょう」(芸能関係者)


    有吉は猿岩石解散後、毒舌あだ名芸で再ブレークを果たすまで、全盛期の貯金を切り崩す生活をしていた。

    その時も芸人にありがちな「女性に食べさせてもらう」といった経験はないようだ。

    元相方の森脇和成が社長に可愛がられるタニマチ気質に対し、有吉には孤高のイメージが伴う。

    「もちろん、彼も全くモテないと言うわけではないのでしょうが、それを表に出すことを良しとしていないのでしょう。
    有吉の毒舌芸の元になった『口の悪さ』は本来のキャラクターに起因するものですから、結婚して良き家庭人となるのは、現在のタレント性を否定することにもつながりかねません」(前出・同)


    芸人にとって、「独身」もひとつのキャラなのは確かだろう。

    有吉の場合、それを捨てるデメリットが大きいと言えそうだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2159334/

    所長見解:アレやろ・・・
    【【闇深案件】有吉弘行が結婚しない理由は「あの女子アナの件」説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーの夏目三久アナウンサーが17日、MCを務めるTBS系「あさチャン」で、現役引退を表明した大相撲・関取最年長40歳の安美錦(伊勢ケ浜部屋)に言及し涙ぐんだ。

    安美錦は西十両11枚目の今場所、古傷の右膝を痛めて3日目から休場。

    次の秋場所で幕下への転落が確実となり、引退を決断していた。

    夏目アナは「大の相撲ファン」を公言。

    安美錦のVTR明け、目にうっすらと涙を浮かべ、「ちょっと寂しくて昨日から」としみじみ。

    「本当に安美錦関が土俵に上がると、ファンが一番の声援を常に送り続けたんですよね。
    いや、こんな力士はもう出てこないんじゃないかと思うとさみしいです」と続けた。

    安美錦は今後、年寄「安治川」を襲名するが、夏目アナは「いいお弟子さんをいっぱい育ててほしいと思います」と笑顔でエールを送った。

    「このところ、あまりキレのいい発言はなかったが、得意分野だけに、しっかりと自分の色を出せた。
    とはいえ、このところ、番組の視聴率は低迷。
    それでも、不思議なことに、なかなか降板説が出ない」(TBS関係者)

    n


    11年1月いっぱいで日テレを退社してフリーに転身した夏目アナ。

    現在のレギュラーは「あさチャン」のほか、日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」のメインキャスター、テレビ朝日系のトークバラエティー番組「ポルポ」の3本で、CMは0本だが、今後、新規の仕事は入りそうにないという。

    「以前の有吉弘行との熱愛騒動の際、非常に扱いが面倒なことが発覚した。
    なので、どの番組も降板させられないし、新規で一緒に仕事をしようという動きもない。
    決していい意味ではないが、安定している」(テレビ局関係者)

    アンタッチャブルな存在になってしまったようだ。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16788382/

    ▼写真https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/5/b5227_188_6663fa81_b68defe2.jpg

    所長見解:あれね・・・

    【【闇深案件】夏目三久アナに新規の仕事が入らない理由「以前の有吉弘行との熱愛騒動の際に」←これ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。
    この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。
    彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。
    以下の逸話がその適例である。

    r


    政界や球界、メディアに大学、談合まで。
    あらゆる業界に“ドン”は存在する。
    芸能界にもそう称される人物は幾人かいるものの、田邊氏こそ、“ドンの中のドン”にほかならない。

    まずは、そんな大物の雰囲気が味わえる肉声を紹介したい。
    が、少し前置きを。
    田邊氏は、メディアの取材にはめったに応じないことで知られるため、その肉声はかなりレアである。
    本誌(「週刊新潮」)は7月26日号で、タモリと脚本家の中園ミホ氏の逢瀬を報じた。
    実はこの取材過程で、電話で接触していたのだ。
    タモリの中園宅通いに関する本誌の説明を聞いた田邊氏は、

    「不倫!? 事実じゃないと思いますけど。把握なんかしてませんし、そんなことはないと思いますよ」

    驚きは隠せないものの、こう全面否定した。
    タモリは田辺エージェンシー所属。
    自社タレントをかばう感じでもなく、本当に初耳の様子である。
    やりとりは続き、本誌が、中園宅のそばでタモリのマスク姿が撮れていることなどを伝えても、

    「あなたと議論しても、水かけ論でしょ」

    と、2人の道ならぬ関係について言質は取らせない。
    だが、突如としてスイッチが入った。

    「どうでもいいんですけど、なんで、この電話にあなたがかけてこられるんですか? 
    僕の電話ですよ、個人の! 
    そうですか、じゃないんだよ。
    分かってて電話してるんだろ。
    誰に電話しているんですか。
    だから、なんで僕の電話番号知っているんですか、って!」

    言葉遣いはぎりぎり崩れなかったが、内容は切っ先鋭い刃のようで、ドスが利いている。
    約(つづ)めれば、“オレを誰だと思ってるんだ”となる。
    このくだりを最後に、取材は5分ほどで打ち切られたのだが、その後、タモリの艶聞も本誌が報じただけで打ち切り。
    新聞やテレビに扱う媒体はない。

    ではなぜ、“後追い記事”がないのか。
    業界では当然のことながら、一般にはこの単純なナゾに、首を傾げる向きもあるだろう。
    スポーツ紙の芸能担当記者が苦笑しながら明かす。

    「タモリさんの不倫ネタは、たしかに口封じがありましたよ。
    ただし、田邊社長からではなく周辺の芸能プロダクション関係者からです。
    “書くな”という調子ではなく、“書かないよね?”という口ぶりで」

    今回のような場合でも、田邊氏自らが火消しに回ることはないという。

    「マスコミ対策は、周辺の関係者が自発的にやる流れができ上がっているんです。
    いつも、それできっちり鎮火する。
    新聞やテレビは、特オチや、番組にタレントを出してもらえなくなる事態に怯えつつ、サジ加減を調整しながら扱わざるをえないのです」

    つまりは“大人の事情”である。
    かようなシステムの頂に君臨するのが、田辺エージェンシー社長。

    そんな田邊氏は日ごろ、東京は渋谷にある高級ホテルで静かに暮らしている。
    が、ひとたびコトが起きれば、直接、乗り出す機会も皆無ではない。
    “後追い記事なし”のナゾとも関連するので、いくつかの例とともに説明していこう。

    >>2以降に続きます


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180806-00546474-shincho-ent


    所長見解:有吉のやつな・・・

    【【闇深業界】芸能界のドン「タモリ不倫」「有吉・夏目熱愛」を完全鎮火 ←これ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ