堺雅人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月末のよく晴れた昼間、都内にある公園のそばを一台のママチャリが颯爽(さっそう)と駆けていった。

    ママチャリに乗った女性は、柄の入った手作り風の布マスクを着け、白いプリーツスカートをはためかせながら力強くペダルを漕(こ)いでいる。

    前後にはチャイルドシートが取り付けられ、カゴの中にはスーパーで買ったチンゲン菜などの食材が入っている。

    なんとこのママチャリの主は、女優の菅野美穂(42)だった。

    k


    ’15年と’18年に夫の堺雅人(46)との間に2児をもうけ、育児に奮闘中の菅野。

    すっかりママの顔となった彼女は、わが子が待つ自宅へと走り去った。


    菅野の意外なまでに庶民的な姿を見かけた翌日、今度は同じ場所に、夫の堺の姿があった。

    丸メガネに黒マスク、白いトレーナー、黒いスウェットパンツ、そして背中にはデイバッグというカジュアルファッションに身を包んだ堺は、キョロキョロと後ろを振り返りながら少しずつ歩いていく。

    どうやらタクシーを拾いたいようだ。

    100mほど歩いてようやくタクシーを捕まえることができたが、その表情は心なしか冴(さ)えない。

    「4月に放送開始予定だった主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)は撮影が進まずスタートが延期になりました。
    今回の主演は、二人目の子供ができて以来仕事をセーブしていた堺にTBSが無理を言って頼み込む形で実現したもの。
    そんな中、撮影が延期となってしまい、堺は困惑しているようです」(芸能プロ幹部)


    そもそも、堺が『半沢直樹』で久しぶりに連ドラ主演を務めることを決意したのは、先ほどママチャリで逞(たくま)しく買い物をしていた妻・菅野の影響だったという。

    「菅野は家計のやり繰りから家事、育児、ママ友付き合いまでを一手に引き受けてこなしています。
    『夫には家のことは気にしないで仕事に打ち込んでほしい』という思いからなのだとか。
    堺はそんな菅野の”肝っ玉母ちゃん”ぶりに背中を押されて、連ドラ主演という大役を引き受けることに決めたのです。
    堺は菅野へのお礼の気持ちを込めてか、今年1月に彼女と彼女の両親をハワイ旅行に連れて行っていました」(前出・芸能プロ幹部)


    仕事が思うように進まず、いまは堺にとってもどかしい状況かもしれない。

    ただ、菅野の支えがあればこの現状も乗り切ることができるだろう。


    『FRIDAY』2020年5月22日号より

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200517-00000002-friday-ent


    ▼写真 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200517-00000002-friday-000-1-view.jpg

    所長見解:母ちゃんやん・・・

    【【激写】女優・菅野美穂さん、意外すぎるプライベート姿がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『半沢直樹』続編の制作が決定! 堺雅人が「7年越しの出演OK」を出した理由


    「ついにドラマ『半沢直樹』の続編が決まったんです!」(芸能プロ関係者)

    '13年7月クールで放送された『半沢』は、平均視聴率が28・7%、最終回は平成のドラマで最高の42・2%を記録。

    そんな“お化けドラマ”の続編がついに制作されるというビッグニュース!

    h


    いつから放送が始まるの?

    「来年4月の『日曜劇場』枠で放送される予定で、前作から約7年ぶり。
    TBSは7月から『東京五輪』の中継や特番を放送する関係で『日曜劇場』枠はお休みなんです。
    五輪開催の直前に『半沢』の続編を放送することで、局全体にいい流れを作るという狙いがあるのでしょう。
    今回の『半沢』の原作は、池井戸潤さんの『ロスジェネの逆襲』になるそうです」(同・芸能プロ関係者)


    首を縦に振らなかった堺

    『ロスジェネ』は、半沢が銀行から子会社に出向させられたあとのお話。

    もちろん今回も、堺雅人の主演は決定しているというのだが……。

    「実は、キャスティングに関しては、まだ堺さんしか決まっていないんです。
    半沢の妻役である上戸彩さんは、さすがに出演されるとは思いますが、前回出演していた及川光博さんや滝藤賢一さん、香川照之さんなどはまだ白紙の状態です」(TBS関係者)


    『半沢』の続編決定について、TBSの広報部に問い合わせてみると、

    「番組の編成については、お答えしていません」

    とのこと。


    そこで、5月中旬、原作者の池井戸潤氏に話を聞いてみた。

    ─『半沢直樹』の続編が決まったと聞きましたが?

    「ドラマの件は、私がやりとりをしているわけではないので、わかりません。
    テレビ局が動いていたとしても、私が知ることになるのは、後になってのことなので。
    現時点で、私からお答えできることはありません。
    原作者というのは、基本的に原作を提供するだけです」


    これまでも『半沢』続編については、何度も取りざたされてきたが、なぜ続編が決まるまで7年もかかったのか。

    「実は『半沢』が終了した直後、続編の制作は内定していましたが、主演の堺が首を縦に振らなかったんです。
    あれほど大ヒットすると、続編が前作を超えるのは難しく、コケてしまうとせっかくの人気を失ってしまいます。
    しかし、今や人気俳優として不動の地位を確立した堺ですから、今回は満を持して続編の出演オファーを承諾したのだと思いますよ」(前出・芸能プロ関係者)

    待ちくたびれていた『半沢』ファンのために
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00015160-jprime-ent



    所長見解:やっとやね・・・

    【【倍返し】大人気ドラマ『半沢直樹』が続編やるってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年、「花王」のCMから菅野美穂(41)がひっそりと消えた。

    その理由を、昨年12月に発表された第2子の出産と、育児に求める向きもある。

    “家庭最優先”で仕事を削るのだろうというのだ。

    しかし、芸能界の“事情通”の見方は異なる。

    その見方は、2013年4月に結婚した堺雅人(45)にも大いに関係するのだが、まずは、広告代理店関係者の話を紹介しよう。

    「花王は国内の化粧品業界では資生堂と並ぶ最大手ですよね。
    テレビ業界にとってもメインのスポンサーです。
    他社からすれば、“花王の菅野美穂”と契約している意味合いが多分にあるのです。
    メインスポンサーとの契約が切れたから、ほかの社もCMを打ち切る、これって実はよくあることなんですよ」

    この誘発効果が現実となるかは時を待つことにして、ここで、直近の菅野の出演CMを整理しておきたい。

    初めて花王の化粧品「ソフィーナ」に出たのは98年11月。

    20年来、プリマヴィスタやボーテといったラインナップに登場してきた。

    現在は、「味の素」に「朝日生命保険」、「三井ホーム」の3社だ。

    代理店関係者曰く、

    「業界では、花王を降板した菅野美穂を“賞味期限切れ”と判じる会社もあるのでは、と話題です」

    奇しくもこの“賞味期限”は、堺雅人にとってのキーワードでもあった。

    k


    ■扱いにくいイメージ

    さる芸能事務所の関係者が囁く。

    「堺は、NHK大河の『真田丸』以降、2年以上もドラマ出演がない。
    そんなにのんびりしていて大丈夫なのかな。
    TBSの『半沢直樹』やフジの『リーガル・ハイ』といったヒット作はもう5年も前なんですよ」

    話は逸れるが、「半沢」は視聴率42%のお化けドラマだった。

    「なのに続篇が決まらないのは“芸能界のドン”、田辺エージェンシー社長とTBSの事情がある。
    なにかしらTBS側が配慮を欠いたことがあり、これがドンの不興を買った。
    それで続篇が撮れずにいるのです」

    半沢は、銀行から子会社の証券会社に出向させられたままなのだ。

    で、最近の堺といえば、昨春公開の映画「北の桜守」と昨夏の「くまのプーさん」実写映画の吹替えぐらいである。

    そんな堺を、芸能評論家の三杉武氏はこう評する。

    「20年にアメリカドラマ『24』の日本リメイク版をテレ朝が放送予定で、堺さんも主演候補と聞きました。
    ほかにも、同じ20年のNHK大河『麒麟がくる』から特別出演のオファーがあったものの、堺サイドが断ったようです。
    仕事を選びすぎると、扱いにくいイメージがついてしまうかもしれませんよ」

    先の芸能事務所関係者の話は手厳しい。

    「菅野は花王のCMがなくなっても、“夫にはドラマの当たり役、将来の出演依頼もある”と、家庭最優先を求めているのかもしれません。
    ですが芸能関係者には、『半沢』続篇は厳しそうだし、“堺の演技は一本調子で幅がない”との声もある。
    どんな役を演じても堺にしか見えないというのです」

    夫の、役者としての“賞味期限”をチェックし直したほうがよさそうだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00556113-shincho-ent

    所長見解:続編見たいやん・・・

    【【人気女優】菅野美穂、CM降板のヤバ過ぎる理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “倍返しだ!”の決めゼリフをもう一度聞きたくてウズウズしていたファンには残念な情報だ。

    TBSが今年7月に放送を予定していた堺雅人主演の「半沢直樹」の続編の企画が宙に浮きそうだという。

    「下町ロケット」や「陸王」など、池井戸潤シリーズを手がけてきた福澤克雄氏が、今回も演出を担当する予定だった。

    何があったのか。

    h


    「これまでも続編が決まりかけるたびに、堺側の『役のイメージがつくのが好ましくない』などの理由で企画が頓挫してきたと報じられました。
    でも、どうやら堺本人の問題のようですね。
    今の堺は子育てに夢中だというのです」(関係者)

    昨年12月、堺は2013年に結婚した妻・菅野美穂との間に第2子が生まれたばかり。

    近所の公園で子供を遊ばせる堺の姿が頻繁に目撃されており、すっかりイクメンになったようだ。

    確かに堺は、ソフトバンクのCMだけで6000万円以上のギャラをもらっているというから、無理して働かなくても生活に困ることはない。

    半沢直樹ファンは、まだまだジラされることになりそうだ。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15898525/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【衝撃事実】堺雅人、ドラマ「半沢直樹」続編延期の真相がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ソフトバンクなどのCMには出演しているから、テレビで見かけないことはない。

    だが、お気づきだろうか。

    彼は2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」以来、テレビドラマに出演していないのだ。

    r


    「当たり役は、腕は立つけれどもエキセントリックで人格の破綻した弁護士を演じた12年の『リーガル・ハイ』(フジテレビ系:平均視聴率12.5%)でしょうね。
    異様な早口のセリフも話題となりました。
    さらに翌13年に放送されたTBS系の『半沢直樹』で大ブレイク。
    “やられたらやり返す、倍返しだ!”のセリフで正義のバンカーを演じて番組も大ヒット。
    平均でも28.7%、最終回は42.2%を獲得し、『下町ロケット』や『陸王』につながる原作・池井戸潤シリーズの第1弾となりました」(民放ディレクター)

    だが、これ以来、堺はTBSのドラマに出演していない。

    さらに、同じ13年に『リーガル・ハイ』の第2シリーズ(平均視聴率18.4%)、さらに翌14年11月の特番『リーガルハイ・スペシャル』(視聴率15.1%)に出演して以来、フジにも出なくなったのだ。

    「14年はWOWOWの単発ドラマ『パンドラ~永遠の命~』に出た程度で、15年には日テレの連ドラ初主演となる『Dr.倫太郎』(平均視聴率12.7%)で精神科医を演じました。
    そして16年の大河『真田丸』(平均視聴率16.6%)での主演です。
    三谷幸喜(57)脚本で、真田幸村の父・昌幸を演じた草刈正雄(66)の人気も再燃して、役者としても復活。
    しかし堺はその後、どういうわけか大河を機にテレビドラマに出演することはなくなっているのです」(同・民放ディレクター)

    TBS、フジ、日テレというドラマに強い民放キー局(当時)、そしてNHKに“数字の取れる役者”という爪痕を残して堺は去った……。

    もちろんテレビドラマだけが役者の仕事ではない。

    映画では、17年12月に公開された主演作「DESTINY 鎌倉ものがたり」(東宝/山崎貴監督)は興行収入32.1億円のヒットもしている。

    今年(18年)春に公開された吉永小百合(73)120本目の映画出演作「北の桜守」(東映/滝田洋二郎監督)では吉永の息子役を演じたりもしている。

    そして9月に公開された「くまのプーさん」の実写版映画「プーと大人になった僕」(ウォルト・ディズニー・ジャパン/マーク・フォースター監督)では初の日本語吹き替えにも挑戦した。


    仕事せずとも食える

    「他に『NHKスペシャル』のナレーションもやっていますが、『真田丸』以来この2年間で、身体を使って演じたのは、映画2本とCMだけなんです。
    確かに大河主演のあとに一時、仕事を減らす役者はいます。
    疲れもあるでしょうし、1年間演じ続けて色がつきますからね。
    それにしても堺の場合は、いくら何でも長いですよ」(同・民放ディレクター)

    ニュースと言えば、13年に結婚した妻・菅野美穂(41)の第二子出産が昨年12月に伝えられたことくらい。

    ちなみに第一子の出産は15年8月。

    子作りと子育て中心の毎日なのか……。

    「生活は問題ないでしょう。
    ソフトバンクのCMだけでも1億まではいかないにしても、ギャラは6000万円から8000万円と言われていますから。
    でも、本人はフラストレーションもかなり溜まっているようで、仕事をしたがっていると聞きます」(同・民放ディレクター)

    働かずに不自由のない生活ができれば、この上ないが……。

    「でも、事務所の上層部が、本人も知らぬ間にオファーを断っているそうです。
    おそらく、脚本がつまらないとか、共演者がダメとか、主演でないと、といった理由でしょう。
    フジだって『リーガル・ハイ』は第2シリーズまで放送しましたし、TBSとしても『下町ロケット』のように『半沢直樹』をもう一度やりたいはずですから。
    そして堺もやりたいと思っているようです。
    だけど事務所がなかなかOKを出さない。
    大河主演まで果たした役者ですから、大事にしたいのはわかるのですが、業界では“このままだと堺はCMタレントになってしまうんじゃないか”と心配する声も出てきています」(同・民放ディレクター)

    役者としての倍返しはいつになるのだろうか? 


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00554422-shincho-ent&p=1


    所長見解:半沢いいね・・・

    【【人気俳優】堺雅人、2年間テレビドラマ出演なしの理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ