報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日退社からわずか2週間で、他局、TBSの『NEWS23』メインキャスターを務めると報じられるのは前代未聞のことだ。

    小川彩佳アナ(34才)の“寿退社”が「女性キャスター夜の陣」に大きな一石を投じた。

    「円満退社の場合、女子アナはフリー転身後、1年ほどは在籍していた局を中心に仕事をするというのが暗黙の了解です。
    たとえば、フジテレビ退社後のカトパンも1年はフジ以外の仕事は受けていませんでした。
    小川アナのような転身は聞いたことがない」(テレビ朝日関係者)

    小川アナは入社5年目の2011年に『報道ステーション』のサブキャスターに抜擢。

    ニュースに対するこだわりや、安定感、実力は折り紙付きだったが、昨年9月に降板している。

    「『報ステ』のライバル番組へ突然の鞍替えですから、上層部も穏やかではないですよ。
    視聴率不振に悩んでいた『NEWS23』サイドから声がかかったのはわりと最近のことだったみたいですが…。
    小川アナがテレ朝内で冷遇されていると聞きつけてのことだったそうです。
    彼女は『報ステ』に戻れないなら退社も辞さないという意思を上層部に伝えたが、聞き入れてもらえなかった。
    それでキッパリ決意。
    “ルール違反”と言われても、キャスターを務めたいという強い思いがあったのでしょう」(TBS関係者)

    現在、夜のニュース番組の視聴率は徳永有美アナ(43才)の『報ステ』が12~13%でトップを走り、有働由美子アナ(49才)の『news zero』(日本テレビ系)が11%と猛追している(ビデオリサーチの2月11~17日の番組平均世帯視聴率)。

    大きくあけて、雨宮塔子アナ(48才)の『NEWS23』はよくて5%台と低迷のままだ。

    「昨年10月から同時期に新キャスターとなった徳永アナ対有働アナに注目が集まりました。
    小川アナが『報ステ』を降板したのも、徳永アナの就任が原因でした。
    一度はテレビ朝日をやめた徳永アナをメインに据えるのはどうなのか。
    夫の内村光良さん(54才)に取り入りたいだけなのではないかと、局内ではかなりの反発もあった。
    小川アナもその1人といわれました。
    とはいえ結果を残したのは徳永アナ。
    メインキャスターの富川悠太アナ(42才)も降板させて、9月からは徳永アナをメインに据える形で調整に入っているという話もありますよ」(スポーツ紙記者)

    t


    前出のテレビ朝日関係者が続ける。

    「徳永アナ体制の前は富川アナと小川アナの熾烈な闘いがありました。
    2人の折り合いは周囲が心配するほどよくなく、いずれどちらか1人で番組を担当するといわれていたんです。
    その2人ともがいなくなるとは…。
    何が起きるかわからない」

    その小川アナがTBSのメインともなれば、さらに激しい三つ巴戦となりそうだ。

    メインキャスターが全員女性というのも前代未聞のこと。

    30代の小川アナ、40代の徳永アナ、50代の有働アナ(3月22日に50才)──それぞれ独自の切り口でニュースを見せてくれそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00000013-pseven-ent

    所長見解:小川ちゃんかな・・・

    【【報道ステーション】 富川アナがついに降板ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小川彩佳アナ TBS「NEWS23」メインキャスター就任へ 7月から担当か

    テレビ朝日を寿退社することを発表した小川彩佳アナウンサー(34)が、7月からTBS「NEWS23」のメインキャスターを務める方向で調整に入ったことが22日、分かった。

    テレビ朝日で入社5年目から「報道ステーション」に抜てきされた実力派。

    今夏から再び夜の顔としてお茶の間にニュースを届けてくれそうだ。

    g


    今月8日、1歳年上の一般男性との結婚と退社を電撃発表。

    正式な退社日は調整中だが、今後について「公私ともに新たな環境に身を置くという決断をいたしました」と話し、4月以降はフリーアナウンサーとして活動していくとしていた。

    テレビ朝日では報道畑を歩み、エースとして活躍してきた。

    幼少期を米国で過ごした帰国子女で、英語が堪能。

    さまざまな場面での取材やインタビューも行ってきた。

    東京五輪・パラリンピックを控え、語学力や取材力が生かされるとみられる。

    民放関係者は「キャスターとしての安定感と実力、華を兼ね備えた小川アナについては各局ともに欲しい逸材」と評価。

    「報道色の強いNEWS23なら、その特性が十分発揮されるでしょう」と話している。


    小川アナは「報道ステーション」を降板後、昨年10月からインターネットテレビ局「AbemaTV」の報道番組「AbemaPrime」のキャスターを務めていたが、3月いっぱいでの卒業を発表していた。


    ◆小川 彩佳(おがわ・あやか)
    1985年(昭60)2月20日生まれ、東京都出身の34歳。
    2007年にテレビ朝日に入社。
    11年4月から18年9月まで「報道ステーション」の3代目サブキャスターを担当。
    青山学院高から青山学院大に進学し国際政治経済学を専攻。
    2年の時には学科の成績最優秀者に贈られる学業奨励賞を受賞した。
    TOEIC915点、スペイン語検定4級。日本舞踊花柳流名取の資格を持つ。
    1メートル68、血液型A。


    小川彩佳アナウンサー
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190223-00000001-spnannex-000-2-view.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000001-spnannex-ent

    所長見解:ほんまなんや・・・

    【【衝撃移籍】小川彩佳アナ TBS「NEWS23」メインキャスター就任の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月8日、テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが一般男性と結婚し、退社すると発表された。

    小川アナといえば、つい最近まで『嵐』櫻井翔との熱愛報道が過熱していたばかり。

    この電撃結婚にはさまざまな反響が起こっている。


    今回の結婚&退社に関し、小川アナは局を通じて、

    《アットホームであたたかなテレビ朝日という会社を離れる決断は簡単なものではありませんでしたが、あらためて自分の人生やキャリアについて思いを馳せる中、悩み抜き、このタイミングで公私ともに新たな環境に身を置くという決断を致しました》

    とコメント。

    円満な退社であることをうかがわせているが…。

    「双方とも大人ですから、このように体裁のいいコメントを残すのは当然。
    実際はギスギスの関係ですよ。
    小川アナは『報道ステーション』のキャスターという超主力ポジションだったにもかかわらず、昨年9月に突然降板。
    その後はネット番組に左遷させられ、“ワキ見せ”や“コスプレ”など、ヨゴレ仕事をやらされていましたからね。
    テレ朝を憎んでいてもおかしくありません」(芸能記者)

    g


    ◆2021年はあまりに遠い

    ここまで露骨な左遷があった理由については、当初から「櫻井との熱愛報道でジャニーズに干された!」とネット上で騒がれた。

    「左遷はジャニーズに干されたというより、テレ朝の勝手な忖度もあったと思います。
    しかし干される前から小川アナは、退職して櫻井と結婚するつもりでした。
    だが櫻井は『嵐』のファンを思い、2020年に活動休止するまでは独身でいると決意。
    今年で34歳になる小川アナにとって、将来の子育てを考えると、2021年の結婚はあまりにも遠い。
    2人の破局の理由はそこだったのです」(芸能記者)

    櫻井と別れて他の男性を選んだ小川アナ。

    一方で、二宮和也と交際している元アナウンサーの伊藤綾子は、38歳でも結婚を待ち続けている。

    幸せはそれぞれだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1684536/

    所長見解:お幸せに・・・
    【【寿退社】小川彩佳アナ、嵐・櫻井翔と別れた理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は8日、小川彩佳アナウンサー(33)が一般男性との結婚を機に退社することを発表した。

    正式な退社日は調整中で、出演中のインターネットテレビ局「AbemaTV」の報道番組「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)は3月いっぱいで卒業となる。

    退社後はフリーアナウンサーとして活動していくという。

    g


    小川アナは同局を通じてコメントを発表。

    「アットホームであたたかなテレビ朝日という会社を離れる決断は簡単なものではありませんでしたが、改めて自分の人生やキャリアについて思いを馳せるなか悩み抜き、このタイミングで公私ともに新たな環境に身を置くという決断を致しました」と心境を明かしている。

    小川アナは青山学院大卒業後の2007年にテレビ朝日に入社。

    報道、情報番組を中心に活躍し、「やじうまプラス」「サンデープロジェクト」「スーパーJチャンネル」に出演。

    11年4月から昨年9月末まで「報道ステーション」のサブキャスターを務めた。

    https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20190208-0118.html

    ▼小川彩佳アナ
    https://img.news.goo.ne.jp/picture/sponichi/m_sponichi-spngoo-20190208-0118.jpg

    所長見解:早かったね・・・

    【【悲報】小川彩佳アナ(33)が一般男性と結婚、退社ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6日、立憲民主党の辻元清美国対委員長が韓国籍弁護士から献金を受けていたことが判明。

    そのニュースをほとんど報じないTVメディアに違和感を覚える声が相次いでいる。

    辻元氏の献金問題は夕刊フジがスクープで伝えたもので、同氏は2013年から少なくとも2年間、韓国籍弁護士から献金を受けていたという。

    外国人からの献金は政治資金規正法によって禁じられており、抵触する可能性が高い。

    報道を受けた辻元氏は6日、記者の質問に対し、事実を認めた上で「こうした間違いがあったことにショックを受けている」などとコメント。

    ただし、既に訂正しており、問題はないとの認識でいるようで、「直ちに訂正できてよかった」と述べた。

    外国人からの献金問題については民主党政権時代の平成23年、当時の前原誠司外務大臣が韓国籍の人物から献金を受けていたことが発覚し、責任を取る形で外務大臣を辞職しているが、辻元氏は国対委員長の辞任について聞かれると「そこまでは至らない」「それぞれの判断だ。前原さんは前原さん」と開き直りとも取れる発言で、留任する意向を示した。

    このニュースはネット上で話題となり、Twitterのトレンドでは上位に「辻元清美議員」「外国人献金」「辻元議員」のワードが長時間並んだ。

    そして、「責任を取るべきだ」「与党や官僚を厳しく批判しながら自身の不祥事には甘い」と批判が噴出する。

    当然テレビでも取り上げられるものと思われたが、なぜかほとんど報じない状況に。

    与党の「政治とカネ」を厳しく批判し続ける『報道ステーション』(テレビ朝日系)は取り上げたものの、その時間はわずか1分ほどで、天気予報よりも短い時間。

    しかも、「韓国籍」ではなく「外国籍」とし、「国籍は確認していない」「既に訂正」と強調。

    安倍政権や官僚のスキャンダルを追及するジャーナリストの後藤謙次氏がコメントすることもなく、そそくさと次の話題へと移った。

    h


    この様子にネットユーザーは

    「なぜ扱いが天気予報より短いのか」
    「大臣の失言より議員の法律違反のほうが糾弾されるべきではないのか」
    「同じ不祥事で与党と野党で扱いに差をつけるのはおかしい」

    と怒りの声を上げる。

    また、

    「取り上げないのは訂正したからギリギリセーフってことですか?」
    「野党の法令違反は許されるんですね」

    と皮肉るネットユーザーも散見された。


    また、辻元氏のニュースは『報道ステーション』に限らず、『news zero』(日本テレビ系)や『NEWS 23』(TBS系)でも同様の扱いだっただけに、「なぜこのニュースを報じないのか」「なにか圧力がかかっているのか」という声や、「扱うニュースにフィルタがかかるテレビのニュースは信用できない」「オールメディアよりもネットのほうが真実を報じている」「特定の人物に忖度するニュースに価値などない」と厳しい声を上げるネットユーザーも多かった。

    テレビメディアは閣僚の失言や政府の失態を常に報道しており、『報道ステーション』のようにコメンテーターや出演者が厳しく批判している。

    そのことについては、権力を監視するという観点から「必要なこと」と考える人は多く、一定の支持を得ている様子。

    しかし、野党の失態や人権派弁護士の連続レイプ事件など、「なぜかテレビで報道されないニュース」も多い。

    今回の辻元氏の件でも、ネットでは猛批判が噴出しているにもかかわらず、ほぼスルーの状態。

    「なぜこのような措置をするのか」と違和感を覚える人は多い。

    なぜ報道しないのかはわかっていないが、今後も同じような状況が続けば、テレビメディアの信頼は大きく失墜することになってしまうだろう。

    https://npn.co.jp/article/detail/38539977/

    所長見解:いつもやん・・・

    【【報道ステーション】辻元清美議員「外国人献金問題」の報道時間が天気予報より短い問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ