報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「報道ステーション」セクハラ事件 被害「森葉子アナ」のマンションで抱きつきキス…


    テレビ朝日には、自社社員が福田前事務次官からセクハラを受けた際、被害の公表を望む意思を退け、自社で放送しなかった過去がある。

    そして今回は、謹慎わずか3日間という処分である――。


    h


    セクハラ事件が起きたのは5月4日未明のこと。

    加害者は「報道ステーション」の桐永洋チーフプロデューサー(49)。

    被害にあったのは同番組のフィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー(33)である。
     

    森アナは、4月から番組に起用されたばかりの“新顔”で、対して桐永氏は“番組の最高権力者”。

    ゆえに気をつかった森アナ、桐永氏に誕生日プレゼントとして、1000円程度の焼き菓子を贈ったという。

    これが引き金となってしまった。


    「桐永さんはよほど嬉しかったのか、そのお返しということで食事に誘った。
    〈軽く飲みに行きませんか〉というLINEだったが、それを断っていると、こんなメッセージが届いたようなんです」(テレ朝関係者)

    〈5月3日24時、麻布十番の○○を予約しました〉

    「これに対して彼女は、“他にも人がいるのかな”と思ってその居酒屋に行ったところ、個室に桐永さんひとり。
    驚いたけれど、相手は上司ですからイスを蹴って帰るわけにもいかず、二人きりで飲むことに……」(同)
     
    もっとも、酒に強い森アナ。

    最後まで酔っ払うことはなく、会はお開きとなった。

    ところが、歩いて帰ろうとする森アナを桐永氏は引き止め、タクシーで送っていくと主張。

    そして2人を乗せた車が森アナのマンションの前につくと、今度は“酔っているから送っていく”と、なぜか桐永氏も下車してしまう。

    「大丈夫です」を繰り返す森アナに対し、桐永氏の進撃は止まらず、エントランスを突破し、エレベーターの中へ……。

    「桐永さんに帰るように促したところ、いきなり彼が、がばっと抱きついてキスをしてきた。
    彼女はもちろん嫌だったんですが、相手は上司であるうえに、全然帰ってくれない。
    これで離れてくれるなら、と引っぱたいたりすることはなかったようです」(先の関係者)

    “また飲もうね”と悪びれもせず帰って行った桐永氏は、その後も数回、森アナを飲みに誘うLINEを送ったという。
     

    この後、森アナ、そして被害を聞きつけた複数のディレクターも、相前後してテレ朝内のコンプライアンス統括室へ本件の相談に駆け込んだ。

    ちなみに桐永氏は既婚者で、2人の子供がいる。

    ただし関係者によれば、桐永氏は“彼女は酔っていて放っておけず、マンションまで送った”
    “彼女から抱きついてきた”などとコンプラ担当に説明。

    担当者の判断は揺らいだという。
     
    そして社内調査の結果、このたび桐永氏に処分が下された。

    先述のとおり、3日間の謹慎とチーフプロデューサーの解任、BS朝日への“出向”だという。
     

    セクハラ問題に詳しい板倉由実弁護士はこう語る。

    「キスは強制わいせつに当たりますから、3日間の謹慎処分では軽すぎます。
    これが外資系の企業だったら、懲戒解雇の対象になるはずです」
     

    9月5日発売の週刊新潮では、他のセクハラ被害者の存在、そして事件の背後にあった報ステ内の“対立”と併せ、詳しく報じる。


    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/09041600/

    森葉子アナ
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/09/1909041600_1.jpg

    所長見解:あかんやん・・・

    【【これはひどい】「報道ステーション」セクハラ被害者は人気のあの女子アナだった問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    “身から出たサビ”だ。

    テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭された。

    いったい何があったのか。


    「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。
    普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。
    名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)

     
    K氏は40代後半の妻子持ち。

    昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。

    社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。

    「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。
    権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。
    被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出のテレ朝関係者)


    s


    ■週刊誌にかぎつけられ慌てて懲戒処分

    女子アナを含め、被害者は十数人に上るという。

    現場を取り仕切る役職であるのをいいことに、女性社員にLINEで「会いたい」と迫ったり、体を触ったり、抱きついたり、やりたい放題だったようだ。

     
    しかし、被害女性のひとりが今年5月にK氏のセクハラを告発したにもかかわらず、上層部の腰は重かったという。

    「週刊誌がK氏のセクハラ問題をかぎつけたことで、隠し切れなくなったのでしょう。
    だから、異例の時期に処分を下したのだとささやかれています」(番組関係者)

     
    テレ朝にK氏のセクハラ行為や異動について問い合わせると、次のような回答だった。

    「当社では7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に慎重に調査を進め、その中間報告を受けて8月19日に調査委員会を立ち上げ、事実関係を確認しました。
    その結果、ハラスメントととられかねない不適切な行為があったとして8月30日に当該職員を懲戒処分とし、あわせてその職務を解きました」(広報部)


    再発防止はもちろん、これで報ステは政権に忖度しなくなるのか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000025-nkgendai-ent

    所長見解:報ステ・・・

    【【懲戒処分】報道ステーションで女子アナにセクハラした男がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    報ステに映った渋谷の通行人が美人すぎると話題に

    b


    ※画像がコチラ

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000161447.html

    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】渋谷の通行人が美人すぎる問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は20日、同局の竹内由恵アナウンサー(33)が退社することを発表した。

    今年3月末に同学年で医師の男性と結婚した竹内アナ。

    同局は報道各社へのファックスで退社理由を「一般男性との結婚を機に退社することになりました」と発表し、現在出演中の「報道ステーション」は9月いっぱいで卒業する。


    h


    竹内アナは以下の通りコメントを発表した。

    「11年間、お世話になったテレビ朝日を退社することになりました。
    結婚するにあたって東京から離れて住むことになり今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました。
    何者でもない自分の夢をたくさん叶えてくれたテレビ朝日、応援してくださった視聴者の皆様には感謝の言葉しかありません。
    感動と笑いに溢れた日々はもちろん、小さなことで悩む未熟な自分を励まし助けてくれた人たちがいたことが温かい思い出として残っています。
    今後は家庭を大切にしながら、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています」


    ◆竹内 由恵(たけうち・よしえ)

    1986年1月20日、東京都生まれ。33歳。
    小、中学校時代は父の仕事の関係で米国、スイス、仏で過ごす。
    慶大在学中の2006年に「ミス慶応」に選ばれ、08年にテレビ朝日入社。
    同期は本間智恵アナ、八木麻紗子アナ。
    担当番組は「報道ステーション」「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います」(不定期放送)。
    身長162センチ。血液型O。
    大学時代はボクシング部のマネジャーを務めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000111-sph-ent

    竹内由恵アナ
    http://hochi.news/images/2019/07/20/20190720-OHT1I50050-L.jpg

    所長見解:結婚してたんやね・・・

    【【悲報】竹内由恵アナ、引退ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    テレビ朝日を寿退社したと思うと、2カ月後にはTBSでメインキャスターに抜擢された小川彩佳(34)。

    人気の美人アナを獲得したTBSに、他局から妬みソネミの声が上がったのも束の間。

    いまや他局は歯牙にもかけず、局内からは異論反論の大合唱だという。


    g


    昨年9月いっぱいで、7年半出演した「報道ステーション」を卒業し、4月5日付でテレビ朝日も退社。

    「嵐の櫻井翔に捨てられたイメージや、MCの富川悠太にいじめられているという報道のせいで、スポンサー受けがよくない。
    それに寿退社と言うけど、夫がだれだか公表もしない」

    というスポーツ誌記者の談話は、スキャンダラスな印象があるうえ秘密主義で感じが悪い、というニュアンスである。

    とはいえ夜10時以降のニュース番組で視聴率トップを独走する「報道ステーション」の華だった人材。

    不振の「news23」に起用すれば、「これで夜のニュースで他局と勝負できる」と期待の声が上がったという。

    ところが、雨宮塔子を追い出し、筑紫哲也時代の「異論反論オブジェクション」を復活させて臨んだ“小川23”は、初回の視聴率が4・3%。

    昨年10月から有働由美子がMCを務め、小川の元カレ櫻井翔も出る「news zero」は、当初は視聴率5%前後で低迷していたのに、同じ日に9・6%を記録。

    敵失で勢いづいた格好だ。

    6月27日を確認しても、「23」が4・0%で「zero」が8・5%。

    ちなみに「報道ステーション」は11・5%だった。


    もはや日テレ局員に、

    「小川の起用に構えていましたが、TBS側が自滅してくれました。
    うちの視聴率は8~10%で、意識するのは『報道ステーション』。
    『23』は敵ではない」

    と、突き放されてしまう始末である。


    「まとめられない」

    こうなるとTBSの局内が「異論反論オブジェクション」状態で、「小川が抜擢されたのは、彼女の父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だからだろう、と囁かれています。
    報道のTBSで売ってきたのに、なぜテレ朝の使い古しを起用するのか」

    と、中堅の局員が言えば、別の局員は、

    「1本30万円程度と、破格に安いギャラで使っている小川には、無理なことは言えない。
    そうしている間に、雨宮を推していた旧筑紫派と、小川を起用した若手グループの間もギクシャクして、スタッフのぶつかり合いが起きています」

    また40代の局員は、

    「うちの幹部は、小川はたしかなアナウンス技術を持っていると評価しています。
    でも、数字に結びつかないのは、冒頭に問題提起型の長尺の特集を持ってきているのが、もはや時代遅れなのでしょう」

    と小川をかばうが、別の40代局員は、

    「小川は自分を“優等生の良い子”として演出していますが、それではダメ。
    有働は本番中に多量の脇汗をかいて叩かれたり、トイレでお漏らしして下着を汚した、と発言して苦情の電話を受けたり、ズタズタな部分も晒している。
    それが肥やしになっているんですね。
    小川も飾られたお人形さんを脱しなければ」

    と厳しい。

    放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、

    「名の通ったキレイな女子アナを連れてくれば番組ができると思っているところが、そもそもの間違い」

    と切り捨て、続ける。

    「小川には力量がない。
    たとえば、トランプ大統領と安倍総理の会談をどう受け止めたか、小川が自分の言葉で話すべきなのに、まったくできていません。
    コメンテーターに振ることもできない。
    各トピックをまとめられない、これでは観てもらえないでしょう」

    問題は、編成会議で手を打ってどうなる、というレベルを超えているようだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00570928-shincho-ent

    ▼画像
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/07/1907110559_1.jpg

    所長見解:かわいそうに・・・

    【【news23】小川彩佳アナ、ついにTBS局内から異論反論の模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ