報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は20日、同局の竹内由恵アナウンサー(33)が退社することを発表した。

    今年3月末に同学年で医師の男性と結婚した竹内アナ。

    同局は報道各社へのファックスで退社理由を「一般男性との結婚を機に退社することになりました」と発表し、現在出演中の「報道ステーション」は9月いっぱいで卒業する。


    h


    竹内アナは以下の通りコメントを発表した。

    「11年間、お世話になったテレビ朝日を退社することになりました。
    結婚するにあたって東京から離れて住むことになり今の仕事との両立が難しく、新しい生活をスタートする道を選びました。
    何者でもない自分の夢をたくさん叶えてくれたテレビ朝日、応援してくださった視聴者の皆様には感謝の言葉しかありません。
    感動と笑いに溢れた日々はもちろん、小さなことで悩む未熟な自分を励まし助けてくれた人たちがいたことが温かい思い出として残っています。
    今後は家庭を大切にしながら、一歩一歩前に進んでいきたいと思っています」


    ◆竹内 由恵(たけうち・よしえ)

    1986年1月20日、東京都生まれ。33歳。
    小、中学校時代は父の仕事の関係で米国、スイス、仏で過ごす。
    慶大在学中の2006年に「ミス慶応」に選ばれ、08年にテレビ朝日入社。
    同期は本間智恵アナ、八木麻紗子アナ。
    担当番組は「報道ステーション」「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います」(不定期放送)。
    身長162センチ。血液型O。
    大学時代はボクシング部のマネジャーを務めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000111-sph-ent

    竹内由恵アナ
    http://hochi.news/images/2019/07/20/20190720-OHT1I50050-L.jpg

    所長見解:結婚してたんやね・・・

    【【悲報】竹内由恵アナ、引退ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    テレビ朝日を寿退社したと思うと、2カ月後にはTBSでメインキャスターに抜擢された小川彩佳(34)。

    人気の美人アナを獲得したTBSに、他局から妬みソネミの声が上がったのも束の間。

    いまや他局は歯牙にもかけず、局内からは異論反論の大合唱だという。


    g


    昨年9月いっぱいで、7年半出演した「報道ステーション」を卒業し、4月5日付でテレビ朝日も退社。

    「嵐の櫻井翔に捨てられたイメージや、MCの富川悠太にいじめられているという報道のせいで、スポンサー受けがよくない。
    それに寿退社と言うけど、夫がだれだか公表もしない」

    というスポーツ誌記者の談話は、スキャンダラスな印象があるうえ秘密主義で感じが悪い、というニュアンスである。

    とはいえ夜10時以降のニュース番組で視聴率トップを独走する「報道ステーション」の華だった人材。

    不振の「news23」に起用すれば、「これで夜のニュースで他局と勝負できる」と期待の声が上がったという。

    ところが、雨宮塔子を追い出し、筑紫哲也時代の「異論反論オブジェクション」を復活させて臨んだ“小川23”は、初回の視聴率が4・3%。

    昨年10月から有働由美子がMCを務め、小川の元カレ櫻井翔も出る「news zero」は、当初は視聴率5%前後で低迷していたのに、同じ日に9・6%を記録。

    敵失で勢いづいた格好だ。

    6月27日を確認しても、「23」が4・0%で「zero」が8・5%。

    ちなみに「報道ステーション」は11・5%だった。


    もはや日テレ局員に、

    「小川の起用に構えていましたが、TBS側が自滅してくれました。
    うちの視聴率は8~10%で、意識するのは『報道ステーション』。
    『23』は敵ではない」

    と、突き放されてしまう始末である。


    「まとめられない」

    こうなるとTBSの局内が「異論反論オブジェクション」状態で、「小川が抜擢されたのは、彼女の父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だからだろう、と囁かれています。
    報道のTBSで売ってきたのに、なぜテレ朝の使い古しを起用するのか」

    と、中堅の局員が言えば、別の局員は、

    「1本30万円程度と、破格に安いギャラで使っている小川には、無理なことは言えない。
    そうしている間に、雨宮を推していた旧筑紫派と、小川を起用した若手グループの間もギクシャクして、スタッフのぶつかり合いが起きています」

    また40代の局員は、

    「うちの幹部は、小川はたしかなアナウンス技術を持っていると評価しています。
    でも、数字に結びつかないのは、冒頭に問題提起型の長尺の特集を持ってきているのが、もはや時代遅れなのでしょう」

    と小川をかばうが、別の40代局員は、

    「小川は自分を“優等生の良い子”として演出していますが、それではダメ。
    有働は本番中に多量の脇汗をかいて叩かれたり、トイレでお漏らしして下着を汚した、と発言して苦情の電話を受けたり、ズタズタな部分も晒している。
    それが肥やしになっているんですね。
    小川も飾られたお人形さんを脱しなければ」

    と厳しい。

    放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、

    「名の通ったキレイな女子アナを連れてくれば番組ができると思っているところが、そもそもの間違い」

    と切り捨て、続ける。

    「小川には力量がない。
    たとえば、トランプ大統領と安倍総理の会談をどう受け止めたか、小川が自分の言葉で話すべきなのに、まったくできていません。
    コメンテーターに振ることもできない。
    各トピックをまとめられない、これでは観てもらえないでしょう」

    問題は、編成会議で手を打ってどうなる、というレベルを超えているようだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00570928-shincho-ent

    ▼画像
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/07/1907110559_1.jpg

    所長見解:かわいそうに・・・

    【【news23】小川彩佳アナ、ついにTBS局内から異論反論の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    小川彩佳アナ(34)をスカウトしてスタートした新生「news 23」(TBS系)だが、初回視聴率は4・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)だった。

    裏かぶりの「news zero」(日本テレビ系)は9・6%、古巣の「報道ステーション」(テレビ朝日系)は9・9%と、Wスコア以上の惨敗で、大荒れの船出となった。

    2


    TBSの力の入れ様はハンパなかった――。

    「news 23」は夜11時から始まるが、その直前に小川アナがどアップで登場。

    通常はアスリートもののミニ番組が流れる枠で、自ら番宣を行ったのであった。

    「こんばんは。今日から『news 23』のメインキャスターを務めます小川彩佳です。
    喜びや悲しみといったニュースを巡る温度、熱のようなものを皆さんと共有できるような、そんな地続きの場を作っていきたいと思っています。
    よろしくお願いします」

    “ニュースを巡る温度、熱のようなもの”、テレビで“地続き”というのも、なんだかわかるような、わからないような……。

    彼女は、これまで通りアンカーとして登場する星浩キャスター(63)らを紹介すると、「さて、番組開始まであとわずかとなりました。あなたと私、『news 23』スタートです」

    CMを挟んで、いよいよ番組が始まった。

    前任の雨宮塔子アナ(48)の時には、ニュース映像に「NEWS 23」の文字を被せるというオープニングだったが、新生「news 23」はアニメでスタート。

    しかも、画は大ヒット映画『君の名は。』の新海誠監督(46)で、音楽はサカナクションという力の入れよう。

    ようやく映し出されたスタジオは、教会のパイプオルガンを思わせる金ピカのパイプが出演者たちをぐるりと取り囲み、なんだか秘密結社の儀式のようにも見えるが、とにかくおカネはかかっていそうだ。

    そして、再び小川アナの所信表明。

    「今夜から『news 23』は新しいスタートを切ることになりました。
    そんな初日にこうして番組をご覧くださっている皆さん、本当にありがとうございます」


    ■“地続き”だものなあ。

    「今やスマホでどこでも誰でも簡単にあらゆる情報にアクセスできる時代になっていますが……」

    さっきの番宣では、「ネット空間で先鋭化する言葉」についても取り上げると言っていたから、挨拶はあっさり目で、早速ニュースかと思われたが……。

    「そんな時代に、このようにテレビをつけて『news 23』を覗きに来てくださっている皆さんと私自身も、一緒に考え、感じ、気づき、そして触れる。
    ネットを見ながらでもいいですし、晩酌しながら、また半分お布団に入った状態でもいいです。
    一緒にこうして繋がっていられる、そんな1時間を毎晩持てたらと思っております」

    小川アナ、ずいぶんと低姿勢である。


    ■元カレと古巣を敵に回し

    他局プロデューサーが語る。

    「この日は、白ジャケットに白シャツ、白スカートと純白の出で立ちで、花嫁のような衣装でしたが、視聴者は、元カレの櫻井翔(37)との破局、古巣『報ステ』の富川悠太キャスター(42)との確執報道に、未だにモヤモヤした感じを抱いています。
    彼女がしなを作れば作るほど逆効果で、なんだかウソくさいと思う視聴者は少なくないでしょう」

    この日は月曜であるから、裏番組「news zero」には櫻井が出演していた。

    「『zero』への対抗なのか、話題作りか、わざわざ『23』もnewsを小文字に変えたところにもあざとさを感じました。
    『報ステ』の頃は、才色兼備と話題になった小川アナですが、こうしてよくよく見ると、言われていたほどでもなかったのかも。
    まあ、誤解を恐れずに言えば、人気ホステスがスカウトされて、お店のママになっても、客が集まるとは限らないというか……。
    そのあたりがTBSはわかっていないような気がします。
    『23』は雨宮アナの前には、NHKで人気だった膳場貴子アナ(44)をメインに据えて失敗しましたが、あの経験が活かされていません。
    前任者の雨宮アナは、評判は悪くなかったのに、彼女を降ろしてまで小川アナを起用したことで、TBSアナウンス部の雰囲気は最悪だそうですよ」(同・他局プロデューサー)

    >>2以降に続きます

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190605-00563983-shincho-ent

    https://www.dailyshincho.jp/wp-content/uploads/2019/06/1906040559_1.jpg

    所長見解:あらら・・・

    【【news 23】小川彩佳さん、元出演の報ステ、元彼の櫻井翔にも惨敗ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「NEWS23デビュー」小川彩佳を「全力で潰す!」包囲網の“メラメラ現場”


    6月3日からTBS系「NEWS23」のメインキャスターに就任した元テレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(34)。

    だが、古巣では小川への怨嗟の声が渦巻いているという。

    u


    テレビ関係者が証言する。

    「業界の慣習からすれば小川の移籍は“だまし討ち”。
    完全にメンツを潰されてしまったテレ朝の内部では『全力で小川彩佳を潰すしかない』と殺気立っているんですよ」

    なんとも血なまぐさい話だが、「要は彼女が出る『NEWS23』に数字を取らせないということ。
    6月からテレ朝による『小川潰し』が徐々に形になってくるはずですよ」(前出・テレビ関係者)

    いったいテレ朝は何を仕掛けてくるのか。

    「第一段階として動いているのが、『NEWS23』が始まる23時ジャストに『報ステ』で新コーナーを設けるという計画。
    そこで小川への“刺客”として名前が挙がっているのが、彼女がテレ朝在籍中にとりわけ親身していた後輩の森川夕貴アナ(25)なんです」(前出・テレビ関係者)

    森川アナといえば、入社直後の16年4月からお天気キャスターとして同番組に出演している有望株だ。

    「近くタイムテーブルを変更し、森川アナを全面に押し出すコーナーを23時ジャストにぶつけるという話です。
    テレ朝としては男性人気高騰中の森川アナが数字を持っていることを把握しているので、小川対策に最適だと判断したんですよ」(前出・テレビ関係者)

    より大胆な“迎撃プラン”も現実味を帯びているという。

    「昨年10月、終了時刻を5分繰り下げて23時15分にしましたが、秋の改編でさらに20分繰り下げしてはどうか、といった話が出ているんです。
    放送時間の延長は、少しでも『NEWS23』に圧力をかけたいとの思惑があるはず」(前出・テレビ関係者)

    小川への対抗心を燃やすのは古巣のテレ朝に限らない。

    6月4日発売の「週刊アサヒ芸能」6月13日号では民放各局の小川対策について、視聴率バトルの舞台裏を徹底リポートしている。
     
    https://www.asagei.com/excerpt/127726

    所長見解:どっちもな・・・
    【【テレビ朝日】報道ステーション 「小川彩佳を全力で潰す!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレ朝・竹内由恵アナ、結婚 交際8か月、お相手は33歳同学年の山崎賢人似の医師

    3月に医師と結婚したことが明らかになったテレビ朝日の竹内由恵アナウンサー

    テレビ朝日の竹内由恵アナウンサー(33)が結婚したことが9日、分かった。

    お相手は同学年で医師の一般男性で、昨年8月頃に交際をスタートし、今年3月末に婚姻届を提出。

    交際約8か月でのゴールインとなった。

    年内に挙式する予定。

    k


    竹内アナは同局の看板番組「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)でスポーツコーナーなどを務めている女性アナのエース。

    妊娠はしておらず、今後も仕事を続けていく。

    関係者によると、竹内アナは今年3月末に婚姻届を提出した。

    お相手は同学年の一般男性。

    関係者によると人気俳優の山崎賢人に似たイケメン医師だという。

    2人は昨年8月頃、友人の紹介で知り合い真剣交際に発展。

    10月には週刊誌に交際が報じられたが、約8か月の交際期間でスピード婚。

    挙式は年内に行われる予定。

    最近では、竹内アナもトレードマークだったショートカットを伸ばし始めており、ウェディングドレスを着る準備を順調に進めている。

    明るい笑顔とノリのいいリアクションで「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)では上位の常連だ。

    慶大在学中の2006年に「ミス慶応」に選ばれ、入社した08年から「ミュージックステーション」(金曜・後8時)で司会。

    また同年に「やべっちFC~日本サッカー応援宣言~」(日曜・深夜0時5分)に出演するなど名物番組を担当し、たちまち人気に。

    14年にはソチ五輪で現地でキャスターも務めた。

    芸能やスポーツのジャンルで経験値を積み上げてきた。

    そして15年から昨年9月まで「スーパーJチャンネル」(月~金曜・後4時50分)ではこれまでのフィールドとは変わり、初めて本格的に報道番組に関わった。

    “夕方の顔”としてメインキャスターを務めた。

    10月からは局の代名詞ともいえる「報ステ」へ。

    月~木曜はスポーツコーナーを担当し、英語力を生かして外国人選手のインタビューを積極的に行っている。

    プロ野球の好プレーを集めた「熱盛!」のタイトルコールが「カワイイ」とサラリーマンを中心に人気だ。

    9日も爽やかなグレーの半袖姿で出演し、笑顔で大リーグの結果などを伝えた。

    メインキャスターを務める金曜日も、高視聴率で安定し“夜の顔”としても浸透してきている。

    「報ステ」では最後の反省会が深夜近くまで及ぶことも。

    交際中に大きく生活リズムが変わったことで、男性と会える回数は減った。

    だが、もともと結婚願望が強かった竹内アナ。

    現場への取材やスタジオ出演など、忙しい仕事の合間を縫って愛を育んできた。

    関係者によると、竹内アナは妊娠しておらず、今後もこれまで通り仕事を続ける。

    来年開催される東京五輪・パラリンピックでも、テレ朝の主力としての活躍が期待されている。

    10日は、「報ステ」にメインキャスターとして出演予定で、自らの口で視聴者に報告する可能性もあり、発言が注目だ。


    ◆竹内 由恵(たけうち・よしえ)
    1986年1月20日、東京都生まれ。33歳。
    小、中学校時代は父の仕事の関係で米国、スイス、仏で過ごす。
    慶大在学中の2006年に「ミス慶応」に選ばれ、08年にテレビ朝日入社。
    同期は本間智恵アナ、八木麻紗子アナ。
    担当番組は「報道ステーション」「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います」(不定期放送)。
    身長162センチ。血液型O。
    大学時代はボクシング部のマネジャーを務めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00010000-spht-ent

    所長見解:ついに・・・


    【【悲報】竹内由恵アナが結婚、お相手がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ