報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。

    同作で女優デビューを飾る。

    ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

    小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。


    小川彩佳アナ、久々地上波出演はドラマオファー

    2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。

    今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。
    自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

    そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。

    「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。
    そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。


    米倉涼子の存在感&華やかさに圧倒

    米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。
    小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。
    画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

    その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。

    今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。

    「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。
    私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

    (小川彩佳アナコメント他全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1809015

    no title


    所長見解:ええやん・・・

    【【報ステ降板】テレ朝・小川彩佳アナ、ミニスカ刑事役で女優デビューってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    報ステ富川アナ、「中国を刺激することになる」と発言し炎上
    “どこの国のアナウンサー?”の声も

    5日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、MCの富川悠太アナウンサーが尖閣諸島で領海侵犯を続ける中国を擁護するような発言を行い、炎上している。

    t


    番組では政府が防衛計画の大綱を見直す意向を示し、その中で「護衛艦『いずも』の甲板を改修し、多用途運用護衛艦とする方針であることを紹介。

    番組は「事実上の空母化」と何度も繰り返し、「(空母化に伴い)垂直に着陸できる戦闘機F35BとF35Aを計100機購入する」と報道する。

    そして、小野寺五典前防衛相に「事実上の空母化ではないか」と女性記者が質問。

    同氏は「多用途で使える護衛艦という議論なので空母という範疇にはあたらない」とコメント。

    続けて女性記者は自民党の中谷元(げん)元防衛相には「専守防衛に反する」などと質問をぶつける。

    これに対し、中谷元防衛相は、「南西の島が不当に上陸された場合に、奪回したり阻止する意味においては、その作戦が可能な態勢というのは取っておかねばならない」と至極当然と思える回答を行った。

    しかし、『報道ステーション』は野党の声として、国民民主党玉木雄一郎代表が「他国を攻撃できる能力を持つことになれば専守防衛という防衛の基本的な考え方を逸脱する可能性がある。説明を求めたい」と話す様子を放送。

    そして、小野寺前防衛相が「空母化ではない」と否定しているにもかかわらず、「事実上の空母化」と決めつけ、議論を進める。

    スタジオではテレビ朝日の解説員を登場させ、「北の脅威を理由にこれ(防衛力)を整備したかったのではないか」と問題視。

    さらに、機密情報に近い「いずも」の能力やステルス戦闘機F35Bの能力を大々的に紹介。

    そして、解説員は「空母という定義はないが、周辺国は空母と思うだろう」として、「空母化である」と断言した。

    次に富川アナは尖閣諸島周辺の地図が書かれたフリップを見ながら、
    「じつは昨日ですね、中国海警局の船4隻が尖閣諸島の近くを航行していたそうなんですね。
    例えばこういうことがあったとき、那覇からだと尖閣諸島まで単純計算すると20分くらいかかるんですって」

    と状況を説明。そして、

    「これを空母化した『いずも』を尖閣諸島の近くに置いておけば、20分と言わずすぐに対応できるんじゃないかと。
    たた僕思うんですけども、尖閣諸島のすぐ近くにに空母がずっと待機していると中国を刺激することになりませんか?」

    と、意味不明な発言を行う。

    これにはテレビ朝日の記者が「日本は尖閣諸島を守る側の立場ですので、刺激することにはならないと思います」と一瞬で完全論破。

    左寄りの記者も富川アナの発言は、「中国側の物の見方」と感じた様子。

    その後、徳永有美キャスターが「なぜ事実上の空母にたどり着かなきゃいけないのか」と政府批判に話を軌道修正。

    そして、「空母という言葉を使わないのはおかしい」と政府批判を繰り返した。

    そこに「尖閣諸島を防衛しなければならない」という視点は、全く入っていなかった。

    富川アナの「尖閣諸島に事実上の空母を置くと中国を刺激する」発言に、ネットユーザーは大激怒。

    「どこの国のアナウンサーなんだ」
    「尖閣諸島は日本の領土だと思っていない」
    「日本人とは思えない発言」

    と非難轟々。
    さらに、

    「中国が日本を刺激している」
    「中国に対する対抗措置」
    「そもそも中国の船が尖閣諸島に来ることが問題。なぜそこを問題視しないのか」

    などと、冷静にツッコミを入れるユーザーも多かった。

    尖閣諸島は日本の固有の領土であり、中国が領海や領空侵犯を続けている現状で、防衛力を強化することは当然のことだろう。

    それについて「中国を刺激する」と中国政府を慮るような発言を行うことについては、日本国民から怒りの声が出るのは当然だ。

    専守防衛を逸脱するのではないかという声も1つの意見ではあり尊重されるべきだが、「尖閣諸島に中国の船が侵入している」という事実をひた隠しにして議論を進めるのは、放送法に定められた「放送の中立性」を逸脱していると言わざるを得ない。

    富川アナと『報道ステーション』スタッフは、ネット上に溢れる「批判の声」に耳を傾けるべきだろう。

    https://wjn.jp/article/detail/1612827/

    所長見解:富川・・・

    【【炎上中】報道ステーション・富川アナ「中国を刺激することになる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月末をもって『報道ステーション』を卒業し、この10月からインターネットの報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ。
    局内では「都落ち」「左遷人事」といったネガティブな声も上がっていたが、ここにきてブレイクの兆しを見せているのだ。

    女子アナ評論家・戸部哲也氏が解説する。

    「彼女は2011年から『報ステ』のサブキャスターを務めていて、番組の性格上、ほぼ素顔が見えなかった。けど、『Abema...』では、そんな硬派なイメージが激変。
    初回放送では、テスラのモデルXでスタジオまで乗りつける演出があったのですが、『大物スターが登場するかと思いきや、こんな私ですみません』と恥ずかしそうにコメントしたり、はたまたバラエティさながらに箱の中身を当てるクイズに喜々として挑戦したりと、これまでとはまったく違う姿を見せているんです。
    『報ステ』時代とのギャップからか、そんな彼女に対し、ネットでも『かわいい』と評判になっています」

    彼女を知る局員も、次のように話す。

    「もともとは男っぽい性格で、野外フェスが大好きではっちゃけるし、食事に行っても大盛りでご飯を食べたりする。
    『報ステ』時代はプレッシャーや対外的な責任もあったのか、局内でもしおらしくしていた。
    これからようやく、彼女の本来の魅力が現れると思いますよ」

    『報ステ』の呪縛が解けた彼女から目が離せない!

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-01073160-playboyz-ent

    no title


    所長見解:美人だもんな・・・

    【【報道捨てーション】小川彩佳アナ、キャラ変の結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の竹内由恵アナにとって、この10月は女子アナ人生のターニングポイントになりそうだ。

    秋の番組改編に伴い、2015年からメインキャスターを務めていた夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』を卒業。
    新たに『報道ステーション』のスポーツ担当(月~木曜)と、金曜メインキャスターに就任した。
    しかし、その裏にはある失望が隠されていた。

    t


    30歳を超えてから報道の楽しさに目覚め、公言はしていませんでしたが、実はずっと『報ステ』キャスターの座を狙っていたんです。
    ようやく念願叶(かな)ったわけですが、基本的な立ち位置はスポーツキャスター。
    『報ステ』起用が決まった当初、微妙な表情を浮かべていたと聞いています」(テレビ朝日関係者)

    さらに彼女のメンタルに追い打ちをかけたのが、新人時代から担当していた『やべっちF.C.』からの卒業だとか。

    「10年間も担当していただけあって、とにかく思い入れが強いんです。
    過去に何度も降板話があったものの、そのたびに出演者やスタッフが上層部に掛け合ってくれたらしい。
    それだけ彼女は愛されていましたし、彼女も同様だった。
    けど、『報ステ』は他番組との掛け持ちを快く思わないため、彼女も渋々降板を受け入れるしかなかったようだ」(制作会社ディレクター)

    卒業ラッシュとなった9月は落ち込む様子を見せていたというが、今は前を向いて新たな仕事に必死に打ち込んでいるという。
    今後の活躍に期待したいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-01072590-playboyz-ent


    所長見解:やべっちって・・・

    【【衝撃理由】念願の「報道ステーション」に起用された竹内アナが素直に喜べない理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月いっぱいでテレビ朝日の看板番組『報道ステーション』のキャスターを卒業し、同局が出資するAbemaTVへと主戦場を移した小川彩佳アナウンサー。
    しかし、異動先での仕事が汚れ役ばかりで、早くも“メンタル崩壊”疑惑が囁かれている。

    小川アナが報ステのキャスターに就任したのは2011年4月のこと。
    当時は東日本大震災の発生直後で、報道現場も混乱の渦中にある難しいタイミングだった。しかし小川アナは落ち着いたアナウンスや番組進行で、徐々に視聴者からの信頼を獲得。
    以後、先月まで7年半もの間キャスターを務め上げ、番組卒業時には「小川ちゃんが降りたらもう見ない」「小川ロス」という声が上がるまでになった。

    そんな報ステでの経験を買われてか、この10月から小川アナはAbemaTVが放送するニュース帯番組『Abema Prime』の司会に就任。
    しかし、最初に彼女を待っていたのは『ドッキリ歓迎式』と題した“汚れ仕事”だった。

    o


    “ワキ見せ衣装”で男の顔をなでなで…

    同企画の小川アナは『箱の中身はなに?』クイズに挑戦したのだが、何と着用した衣装はノースリーブ。
    手を出し入れする度にワキがあらわになる環境の中、こんにゃくやパイナップルに恐る恐る触っていく。
    さらに第2問の中身は男性の頭部で、小川アナが耳や頬を触って当てるという芸人顔負けのムチャブリに挑戦させられていた。

    また10月2日の『Abema Prime』では、ぶりっ子キャラで知られるお天気キャスター・穂川果音とともに“きゅるんポーズ”を披露。
    翌3日の放送では天使のコスプレに身を包み、「体の節々が痛いのはこのコーナーのせいだと思っています」と苦笑いを浮かべている。

    小川アナの新たな一面は視聴者に大好評で、ネット上には連日興奮する声が。
    しかしこうした“イメージチェンジ”で、本人のメンタルには暗雲が…。

    「小川アナは報ステの出演によって、一般視聴者からお堅い真面目なお姉さんといったイメージを持たれることになりました。
    しかし元から小川アナは、父親が慶大の医学部教授で大学病院部長。
    本人も『日本舞踊花柳流 名取』『TOEIC915点』といった超エリートのお嬢様です。
    報ステで真面目にニュースを伝えている分にはよかったでしょうが、フランクなネット番組は小川アナの性に合いません。
    その上、ワキ見せやコスプレまでさせられたせいで、小川アナのメンタルはズタズタ。
    すでに番組を降りたがっているようですよ」(テレビ朝日関係者)

    果たして、いつまで小川アナは“ネットの世界”の仕打ちに耐えられるだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-63851/


    所長見解:干されたの?・・・

    【【報ステからAbemaへ】小川彩佳アナのメンタル崩壊説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ