報道ステーション

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルスに感染していた、テレビ朝日系『報道ステーション』のチーフプロデューサーとチーフディレクター(フリーアナ・赤江珠緒の夫)が仕事に復帰したことがわかった。

    現状では、出社はせず、在宅勤務で、進行表や原稿のチェックなどを行っているという。


    こうなってくると、やはり気になるのはメインキャスター・富川悠太アナの復帰問題だ。

    2人より先の4月21日に退院し、すでに1カ月がたっているが、いまだ仕事に戻れていない。

    先頃、写真週刊誌に犬や子どもと散歩する様子をキャッチされており、一見回復したようにも見えるのだが……。


    t


    「テレ朝が富川アナを復帰させたいなら、とっくにしていますよ。
    ほかのキャスターと一緒にさせたくないなら、リモートワークで出せばいいんですから。
    局側に出したくない事情があるのでしょう。

    体調不良を会社に報告もせず、無理を押し4月9日まで出演を続けた結果、コロナ陽性だったんですから、上層部の信頼は失墜。
    片や、富川アナ、徳永有美アナらの不在を支えた代役の小木逸平アナの評価はうなぎ上りです。
    仕切りのうまさ、アナウンス力、冷静な対応などは富川アナの比ではありません。

    富川アナはスタッフにパワハラまがいの横柄な態度を取るとのウワサがもっぱらなのに対し、小木アナは腰が低くて、スタッフ受けも抜群だといいます。
    ですから、スタッフは富川アナから小木アナへの交代を熱望しているそうなんです。
    ましてや、富川アナのほうは妻の子どもへのDV疑惑が報道されてしまいましたから、テレ朝としては非常に使いづらい。
    視聴者やCMスポンサーからクレームが入る恐れもある。
    早ければ、『報ステ』は7月から新体制になって、富川アナは降板の可能性が高くなったようです」(テレビ局関係者)


    同局にとって、地味な小木アナがMCを務めるに当たって、最大の心配事は「視聴率下落」だったが、その不安も杞憂に終わり、富川アナから小木アナへチェンジのムードが高まっている。

    ここ最近の同番組は、月曜から水曜が徳永アナ、森葉子アナ、板倉朋希アナの3人体制、木曜と金曜は小木アナと森川夕貴アナのコンビで進行しているが、7月からは小木アナと徳永アナによる同期コンビが誕生しているかもしれない。


    https://www.cyzo.com/2020/05/post_241790_entry.html

    所長見解:もうええよ・・・
    【【コロナ感染】報道ステーションに富川悠太アナが復帰できない闇過ぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    どこまで頭悪いんだよ! お前は脳みそが腐ってんだよ!

    報ステ富川悠太アナ嫁 コロ療養中に虐待容疑で自宅に警察・児相が緊急出動



    「“黒い家”って、このへんではかなり有名なんですよ。
    あの日も『てめえはホント馬鹿だな!』と火のついたような怒鳴り声が聞こえていた。
    『ぎゃあ』とか『あぁ~』とかお子さんが激しく泣きわめいている声が聞こえてくるので、うちの子は怖がっていたんです」(近隣住民)


     
    小池百合子都知事がゴールデンウイークの「ステイホーム」を呼びかけていた5月3日(日)の午前1時頃、都内のとある閑静な高級住宅街の一軒家に、警察官と児童相談所職員が駆け付けるトラブルが発生したことがわかった。

    この“黒い家”のあるじは、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」のメインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)だ。


     
    富川アナを番組で観なくなってから約1カ月が経つ。

    富川アナは4月11日(土)、新型コロナウイルスの感染検査で陽性が確認されたことが明らかとなり、13日(月)から番組出演を見合わせている。

    その後、2度のPCR検査で陰性と判定され、21日(火)に退院し、現在は自宅療養中だ。


     
    そんな療養中の富川アナに一体何が起きたのか。

    取材班は、富川アナの自宅周辺での複数の目撃証言とともに、警察官らが事情を聴取しようとしている現場写真、さらに富川アナの妻による尋常とは言えない怒声が収められた“音声データ”を入手した。


     
    実は、複数の近隣住民の証言によれば、富川家の起こしたトラブルはこれが初めてではない。

    近隣住民は日々戦々恐々として過ごしているという。




    中学生と小学生の2人の男の子の父

    富川アナは2016年4月11日、古舘伊知郎の後任として「報ステ」のメインキャスターに就任した。

    プライベートでは2006年に結婚。

    現在では、中学生と小学生の2人の男の子の父親である。



    「富川さんの奥様は普段はとても礼儀正しい方で、性格はサバサバしている方ですよ。
    もともとタレント活動をしていたそうで、とてもお綺麗でスタイルも良い。
    最近はプリザーブドフラワーを扱うお仕事をされていると話していました」(富川家と交流のある近隣住民)


    今回の警察トラブルの一部始終を見ていた別の近隣住民が話す。


    b


    「お前は脳みそが腐ってんだよ!」近隣住民もビックリ

    「『だからお前は脳みそが腐ってんだよ!』という、富川さんの奥様の怒鳴り声が聞こえてきたのです。
    ビックリして外を見てみると、富川さんの奥様がご自宅の屋上で、中学生のほうのお子さんを叱っていたんです。
    『早く寝ろ!』とも怒っていらした。
    その声の大きさとただならぬ雰囲気に他の住民も何事かと外に出てきて、“黒い家”の様子を窺っていました。
    そして、その絶叫から10分後くらいに、2人組の自転車に乗った警察官が駆けつけてきました」


     
    富川一家は3年前に越してきたばかりだという。

    新築3階建て、屋上付きの一軒家。

    このエリアにはマンションや戸建てが密集し、富川邸の裏にはファミリー向けの大型マンションが建っている。

    近隣との距離はかなり近い。

    富川一家が越してきて間もなく、その絶叫は近隣の間で噂になったという。



    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18244840/


    ★音声
    https://youtu.be/iqjYmtxUkDM


    所長見解:もうな・・・
    【【これはヤバい】報道ステーション・富川悠太アナ宅に警察・児童相談所が虐待容疑で緊急出動の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年10月から「報道ステーション」金曜メインキャスターに抜擢された森川夕貴アナは、女子アナマニア注目の美バストの持ち主だ。


    m


    「16年入社で26歳とまだ若いのですが、スレンダーボディに、やや垂れて見える推定Fカップバストとアンニュイな雰囲気で、熟女のような色気とフェロモンを感じさせる艶アナです」(女子アナウォッチャー・たなか是政氏)

     
    そんな森川アナの食べごろバストが存分に味わえるのは、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」内の【やっぱり猫が大好き?】。

     
    森川アナが愛猫のオリちゃんと色んなことにチャレンジするゆる~い企画だが、これが「報ステ」では滅多に見られない、森川アナのマンキン笑顔とたわわなバストだらけの神企画となっているのだ。


    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0430/asg_200430_0125005815.html

    所長見解:ええね・・・

    【【検証画像】人気女子アナ・森川夕貴の無防備すぎるアレがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のメインキャスター、富川悠太アナウンサー(43)の新型コロナウイルス感染を受けて自宅待機中のフリーアナ、徳永有美(44)が、週明けの27日から出演する方向であることが23日、分かった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b09f6b80e4a7b8335cf0db727cf5121cc55af6d3

    所長見解:今のままで・・・

    【【コロナ自粛】徳永有美アナ、報道ステーション電撃復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』のメインキャスターで、同局の富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染した。

    「かつてはテレ朝の看板として大きな役割を担ってきた同番組だが、近年は問題続き。
    いよいよ打ち切りへのカウントダウンが始まったと言っていい」(テレビ制作会社関係者)


    h


    最近の報ステは窮地に追い込まれていたという。

    「一昨年、小川彩佳を切って徳永有美を起用した際は、あまりにも不可解な人事で、番組スタッフ内からも反発が出た。
    その後、小川は恨み骨髄に徹してライバル番組のTBS系、news23に移籍した。

    また昨年には番組チーフプロデューサーによるセクハラも発覚。
    今年に入っても長年携わってきた派遣社員のスタッフを派遣切りしたと問題視された。
    番組では偉そうなことばかり言っておきながら、裏では問題続きだ」(前出の制作会社関係者)


    ニュースステーションの後を受けて、2004年に始まった報ステ。

    まさにテレ朝を代表する番組だったが、これだけ問題ばかりが起きてしまうとさすがに厳しいようで…。

    「秋の改編での打ち切りがはっきりと見えてきた。
    幹部たちも一度終わらせて、タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げを見据えている」(前出のテレ朝関係者)


    崖っぷちの報ステだったが、富川アナがトドメを刺してしまったようだ。


    https://news.livedoor.com/article/detail/18114874/

    所長見解:しゃあない・・・

    【【コロナ制裁】報道ステーション関係者「タイトルやスタッフを変えた違う報道番組の立ち上げ」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ