堀江貴文

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ホリエモン、ジャニーズ退所者続出の裏側を暴露…今後も「脱退は止まらない」と予言

     
    実業家の堀江貴文氏が、自身のYouTubeチャンネルで『ジャニーズやYouTuberの事務所退所が止まらない理由を説明します』と題する動画を公開し、ジャニーズタレントをはじめとして、芸能人やユーチューバーが所属事務所から脱退する動きが加速している事情について語った。

     
    7月22日、長瀬智也(TOKIO)が来年3月をもってジャニーズ事務所を退所すると発表し、大きな話題となった。

    昨年9月には元関ジャニ∞の錦戸亮、今年3月には元SMAPの中居正広、そして6月19日には元NEWSの手越祐也が退所するなど、人気アイドルが相次いで同事務所を退所している。


    j


    堀江氏は聞いた話として、以前、ある男性アイドルグループの事務所が、ジャニーズから強い圧力をかけられて「大変な目に遭った」と暴露。

    そんな絶大な力を誇っていたジャニーズが、創業者のジャニー喜多川氏が亡くなったことで影響力を失いつつあると分析。

     
    さらに、テレビに出ないとタレントとして生きていけなかった芸能界が、今は大きく変わってきたと持論と展開。

    テレビ業界は、極めて偏った人間関係によって成り立っており、一部の強い力を持った作家やディレクターの好き嫌いでキャスティングが決まる世界だと明かす。

     
    だが、YouTubeやAbemaTVなどタレントが活躍できる場が増え、テレビの力は変わってきた。

    場合によっては、テレビよりも視聴数を伸ばすことがあり、ネットだけでも稼げるようになった。

     
    堀江氏は、SMAPの元マネージャーで、現在は稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が所属する事務所の社長が、SMAP解散前にサイバーエージェントの社長に相談していたと明かす。

    そこで、テレビに出られなくなっても稼ぐことができると確信し、ジャニーズ退所を選択したと示唆。

     
    堀江氏は、手越が退所する際にも相談を受けていたと明かしており、今後、人気のある人から始まり、雪崩を打ってジャニーズから独立するようになると推測。

     
    加えて、これまでは、退所したり独立するタレントやアーティストに対して、所属事務所が妨害したり、芸名の使用を禁止するといった“理解を示さない動き”があったが、今後はそのような行為は、かえって「タレントの独立意欲を高める」と警鐘を鳴らす。

     
    他方、ユーチューバーが所属事務所を退所する理由としては、マネジメント料が一番の要因だと語る。

    UUUMを退所した木下ゆうかや関根理紗から、マネジメント料が高すぎるとの不満を聞いたと暴露。

    名前が売れて個人で稼げるようになったユーチューバーは、高額な料金を払って事務所に所属するメリットを感じにくくなる。

    今後は、事務所が徴収できるマネジメント料に制限がかかってくるだろう。

     
    近年相次ぐ大物タレントや有名ユーチューバーの独立は、堀江氏が予測するように、今後さらに加速していくのだろうか。


    https://biz-journal.jp/2020/07/post_171129.html

    所長見解:しってるよな・・・

    【【裏側暴露】ホリエモン「ジャニーズの脱退は止まらない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    手越祐也の背後でうごめく“カルロス・ゴーン人脈”がマジやばい!

    謎の女経営者Xとヒカル周辺の気性の荒い人々


    早くも元「NEWS」手越祐也の周辺がキナ臭い。

    ジャニーズ事務所を退所し、今月23日に会見を実施、その模様はユーチューブで配信され、最大130万人が視聴するなど、高い関心が寄せられている。

     
    会見内容を巡っては「子供っぽい」「自意識過剰」「調子に乗ってる」など、散々な評価だが、手越の自信が揺らぐことはない。


    スポーツ紙記者の話。

    「あそこまでの会見をわずかな準備期間で開催するのですから大したもの。
    手越は夜の社交場で培った人脈に絶対の自信を持っている。
    手越の会見後、ホリエモンこと堀江貴文氏が『手越君から相談を受けていた』という主旨の動画をアップしていましたが、あれはガチ。
    手越は芸能界の重鎮ではなく、堀江氏のような“最先端の人々”と組んで、業界に風穴を開けるつもりなのです」
     

    会見では、手越の隣にいたジブリ映画の宮崎駿監督似の男性にも注目が集まった。

    正体は高野隆弁護士で、日産自動車前会長で保釈中に「海外逃亡」したカルロス・ゴーン被告の弁護団を務めた大物だ。

    なぜ高野氏のような大物を手越が差配できるのか?

    「キーマンに女性経営者X氏の名前が挙がっています。
    彼女が手越に高野弁護士を紹介したとか。
    そういえば、ホリエモンも逃亡したゴーンをレバノンでインタビューしていましたよね? それも彼女の人脈が関わっています。
    ようは手越周りは“ゴーン人脈”なんですよ」

    t
     
    有象無象もいる。

    手越の配信デビューを手助けしたとされるのが、人気ユーチューバーのヒカル。

    彼をめぐってはネット上でキナ臭い話も飛び交っている。

     
    前出スポーツ紙記者は「ヒカルの人脈には気性の荒い人たちもいる。
    そうした人たちが一部メディアに手越のネガティブ報道をするなと、間接的に圧力をかけ出している」と明かす。

     
    会見では明快に今後のビジョンを語っていた手越。

    しかし、本人の知らぬところで“親衛隊”のような輩が良からぬ動きをしている。

    いずれ、とんでもないことをやらかしそうな雰囲気だ。


    https://tocana.jp/2020/06/post_161271_entry.html

    所長見解:そやな・・・

    【【閲覧注意】手越祐也氏の背後にうごめくヤバすぎる人脈がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月19日にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)。

    退所にあたり頼りにしたのは、ホリエモンこと堀江貴文氏(47)だった。

    会見後、堀江氏はYouTubeでこう明かした。
     
    「手越くんとは飲み友達で退所の相談を受けていた。
    ネットでの展開とかテレビ以外の展開も僕もアイデアがある。
    一緒に面白いことをやれたらいい」

     
    t


    堀江氏の本はすべて読破しているという手越。

    2年前、彼への傾倒ぶりを『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で熱く語っている。

     
    《熱烈に大好きで、つなげてもらって、よくしてもらっている。
    大好きでドキドキして震えるぐらい。
    一緒にいてパワーをもらえる。
    常に新しいことを起こそうとするモチベーションは一緒にいて刺激になる》
     

    彼が実業家を目指すようになったのは明らかにホリエモンの影響だという。

    手越を知る関係者によると、会見時に並んでいた高野隆弁護士もホリエモンの助言だそう。


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1872592/

    所長見解:どうなん・・・

    【【熱愛発覚】手越祐也「大好き」「ドキドキして震えるぐらい」「よくしてもらっている」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ホリエモン政策発表。一覧がこちら

    だれか文字に起こしてくれ

    no title

    no title

    no title


    ちなみに
    まだ今のところ出馬宣言してない
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20200520-00179383/ 



    所長見解:おもろいけどな・・・

    【【都知事選へ】ホリエモンの東京改造計画がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年の都知事選候補者wwwwこれもう地獄だろ


    自民党東京都連、都知事選で堀江貴文氏を支援か 

    反小池陣営「敵の敵は味方」で対抗へ


    s


    東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への立候補に意欲を示している元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏(47)を巡り、自民党東京都連の一部が堀江氏の支援に回る可能性が出てきた。


    所属議員の1人は22日、「堀江さんが出るならかなりの票を取る」と予測。

    “アンチ・ホリエモン”も一定数いるだけに、慎重な意見もあるが「敵の敵は味方」という反小池陣営は来年7月の都議選に向け、小池百合子知事の圧勝や不戦敗は避けたいとの思惑がある。


    自民党は都知事選で独自候補擁立を断念し、二階俊博幹事長は18日、小池氏を推薦する方針を示した。

    だが、都連内部は一枚岩ではない。

    2016年7月の都知事選では推薦した候補者が小池氏に大敗。

    17年7月の都議選でも小池氏を支持する都民ファーストの会が55議席を獲得し、自民は23議席と惨敗を喫した。

    知名度の高い堀江氏なら、小池氏に対抗できるとの見方がある。


    この日、国会内で会見したNHKから国民を守る党の立花孝志党首は堀江氏と4月下旬に会った際、すでに選挙ポスターを作製していたと明かし「出馬を決めたと確信した」と述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/087d921b48882edc7044566dca7961ad0611c941


    ・都民が選ぶ2020東京都知事選候補

    1.小池百合子(現職)

    2.堀江貴文(YouTuber) ←自民党公認

    3.桜井誠(在日特権を許さない市民の会会長)

    4.山本太郎(れいわ新選組)

    5.七海ひろこ(幸福実現党広報本部長)

    6.立花孝志(NHKから国民を守る党)

    所長見解:これな・・・

    【【悲報】今年の都知事選候補者がコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ