堀北真希

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年2月、所属事務所を退所、芸能界から“引退”した堀北真希(29)が、10月からスタートするフジテレビ系の月9ドラマで、女優復帰する可能性が出てきた。

    h


    2015年8月に俳優山本耕史(41)と電撃婚後、翌年12月に第1子を出産。
    育児に専念していると思われていたが、状況が急変したようだ。
    大物芸能人夫婦のバックアップに加え、堀北なき後、旧所属事務所の稼ぎ頭となった桐谷美玲(28)が三浦翔平(30)と結婚秒読みとなったことが影響しているという。

    人気女優だった堀北が交際0日で山本と“電撃入籍”し、世間を驚かせたのは3年前。
    翌16年12月に出産した第1子も今年で満2歳となる。
    昨年2月、堀北は「これまでやってきたお仕事から離れることを決意しました」とコメントを残し、所属事務所を退所した。

    ところが、ドラマ制作会社関係者は「フジのドラマスタッフが、子育てが一段落した堀北に連ドラ復帰を持ち掛けているんです。
    前事務所も今では堀北の復帰を歓迎していますからね。
    早ければ10月期の月9で復帰となるとの情報が流れてますよ」と注目発言する。

    堀北の復帰については、この4月、大物芸能人夫婦との家族ぐるみの交際が報じられていた。

    「堀北は昨年の声明文でも最後まで『引退』の2文字を出さなかったんです。
    それはいずれ芸能界に戻るつもりだったから。
    4月中旬、女性週刊誌に今井美樹・布袋寅泰夫妻との食事会での会話がスッパ抜かれたでしょ。
    布袋から『子育てが落ち着いたら、女優に復帰した方がいいよ』と言われた堀北が『実はドラマの話もいただいているんです』と答えていた」(女性誌関係者)

    堀北にドラマの話を持ち込んでいたのは“月9”のスタッフだった。
    ドラマオファーの話を聞いた今井、布袋夫妻は「私たちが主題歌を作ろう」とまで言ったともいう。

    だが、堀北と前事務所との関係は復帰への障害になっていた。

    「結婚、母親願望が強かった堀北でしたが、ジャニーズの嵐・櫻井翔との交際、結婚を事務所に反対された。
    山本と交際0日で、電撃婚をしたのも事務所への当てつけといわれ、以来、険悪な関係となっていた」(芸能プロ関係者)

    ところが、その事務所も状況が変わってきた。
    現在の稼ぎ頭の桐谷が三浦と“結婚秒読み”となったことが、堀北復帰の追い風となりそうだ。

    「桐谷は結婚を機に女優業を引退し、キャスターとモデル業だけで活動したいとの意向。
    そうなると事務所にとっては稼ぎ頭の桐谷による売り上げが減ることになりそう。
    堀北の復帰は願ってもない話に変わった。
    事務所と堀北が和解、再所属が無理でも、夫の山本の個人事務所と業務提携の形をとるなど、復帰となれば方法はいくらでもありますからね」(前出の芸能プロ関係者)

    ドラマや映画で主役を張ってきた堀北が結婚、出産を経て復帰が実現すれば話題性は十分。低迷するフジテレビの月9の救世主になる可能性も出てきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:いいやん・・・

    【【状況急変】堀北真希、月9で女優復帰の模様wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年2月に芸能界引退を発表した元女優の堀北真希(29)が、“電撃復帰”に向けて動き始めたという情報が流れている。
    どうやら、夫・山本耕史(41)の懐事情が関係しているようだ。

    「2015年8月に結婚した堀北は、第1子となる長男を16年12月に出産しました。
    今は親子3人で都内にある家賃30万円ほどのタワーマンションで暮らしています。
    最近、堀北は『そろそろ2人目が欲しい』と言っているそうですが、山本の仕事はBS時代劇の主演くらいで、今は大きなものがありません。
    すぐに金銭的に困ることはないでしょうが、子供の将来のためにも、稼げるうちに“共働き”で稼いでおこうというのが夫婦の考えのようです」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

    しかし、堀北の復帰はすんなりいくとは限らない。
    昨年の突然の引退の裏では、元所属事務所との“あつれき”もささやかれていた。

    「堀北は引退発表時は、いずれまた自分が仕事をしたくなったら、山本の個人事務所の所属女優として復帰すればいいと考えていたようです。
    もっとも、芸能界はそんなに甘くない。
    元所属事務所は“そんな勝手なマネはさせない!”と、山本たちの動きにクギを刺したといいます。
    なので、もし堀北が女優復帰することがあれば、元所属事務所と業務提携などの契約を結ぶことが条件となると思います。
    稼ぎ頭である桐谷美玲と三浦翔平との結婚前提の交際も明らかになりましたし、元事務所はあいまいなことを許さないはずです」(芸能プロ関係者)


    ■早ければ年明けにも

    こうした複雑な事情が解消できたとしても、クリアすべき問題が他にもある。
    堀北本人がすっかり“ヤンママ化”してしまっているというのだ。
    今年4月には、東京・新宿御苑で楽しそうに子供を遊ばせる堀北の姿が、同年代のママたちに目撃されている。

    「ベビーカーを押す堀北さんは女優時代のサラサラの黒髪から一転し、明るく染めた茶髪のセミロングになっていました。
    スッピンにメガネで、NHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』のイメージからはかけ離れていました」(20代の主婦)

    no title


    もっとも、そこは元プロの女優。
    本人さえその気になれば、いつでも復帰できるとの見方もある。

    「茶髪は黒髪に戻せばいいだけの話。
    何より、元所属事務所も復帰に向けた順序や段取りに神経質になっているだけで、堀北の女優としての才能は高く評価しています。
    早ければ年明けにもテレビ画面に帰ってくる可能性があります」(前出の芋澤貞雄氏)

    内実がどうであれ、ファンにとっては楽しみな限りだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000009-nkgendai-ent

    所長見解:もういいよね・・・

    【【あの人は今】女優・堀北真希「電撃復帰」情報がコチラwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    布袋寅泰(56才)と今井美樹(55才)、そして山本耕史(41才)と堀北真希(29才)という2組の大物夫妻が焼肉店で会食する模様をキャッチした。

    藤原紀香(46才)や石田純一(64才)、スポーツ選手などが通う有名人御用達で知られる東京・恵比寿の焼肉店だが、この日の顔ぶれには、常連客も驚いた表情を見せていた。
    4月下旬の週末、夜9時すぎのこと。
    なにやら話し込んでいる女性2人。
    今井美樹と堀北真希だった。
     
    「意外な組み合わせに二度見してしまいました。
    テレビでもあまり見られないスターですよね。
    2人ともめちゃめちゃきれいでした。
    堀北さんは美樹さんの26才年下ですからね。
    緊張した様子もあったようですが、笑い声が聞こえていました」(居合わせた客)

    2人の妻が“あの人たちちゃんと真っ直ぐ来るかしら”“どこかで油売ってそうですよね”なんて会話をしていたかどうか、遅れること20分、店前に到着した車から今度は布袋寅泰と山本耕史の“夫コンビ”が一緒に降りてきた。
    足早に店の中へと入っていく。

    「その日は、布袋さんのDVD発売記念イベントが新宿で行われて、熱狂的ファンの山本さんがゲスト出演していました。その帰りに夫婦4人で食事の約束をしていたようです。
    堀北さんは、1才のお子さんを預けての約束は久しぶりだったみたい。
    特別な夜だったんでしょうね」(山本の知人)

    布袋と山本には“モテ男”で“飲むのが好き”、でも“妻には頭があがらない”という共通点がある。

    布袋・今井夫妻は1999年に結婚。
    2012年に一家でロンドンへ移住し、東京と行き来する生活を送っている。
    一人娘はもう15才だ。

    山本・堀北夫婦は、2015年に電撃婚。
    2016年末には第一子が誕生した。
    堀北は昨年2月に芸能界を引退して以来、表舞台には立っていない。

    「布袋さんも山本さんも流した浮き名は数知れず(笑い)。
    でも? だから? かなりの恐妻家。
    布袋さんの“美樹さん優先ルール”はみんな知るところだし、山本さんも、結婚前から堀北さんにベタ惚れで頼み込んでの結婚という関係ですね」(芸能関係者)

    この日の焼肉店でも焼肉奉行は妻たち。

    「このお店は店員さんが焼き具合を丁寧に見てくれるんですが、個室だったので自分たちでやっていたようです。
    この日の奉行は焼肉好きの美樹さん。
    お酒がどんどん進み、男性陣は放っておくと音楽話に夢中になってしまうようで、焼きすぎたらおいしくなくなっちゃうわよ、と取り仕切っていたようでした」(前出・居合わせた客)

    4人がお店を後にしたのは日付の変わる少し前頃だった。
    今井は千鳥足の布袋の腕に手をそっと絡めて歩き、その後ろに堀北らが続く。
    タクシーを止め、最初に今井が乗り込むと、布袋は名残惜しいのか堀北と軽くハグ。
    今井はそれを車内から笑いながら見つめていた。
    2人を見送ると、山本は緊張がとけたのかふらりと車道に。
    危ない!とその手を力強く引き寄せたのは堀北だった。
    2人の強妻は夫たちをしっかり“握って”いた。

    no title

    https://www.news-postseven.com/archives/20180425_669764.html


    所長見解:どんな集まり・・・
    【【あの人は今】最新の堀北真希がコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年は8社に出演した売れっ子CMタレントであり、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)ではキャスターも務める桐谷美玲(28)。
    そのほかモデル業にも勤しむ彼女だが、本業の女優については「やりたくない」と訴えているという……。

    m


    「昨年暮れに公開された映画『リベンジgirl』が女優としての仕事納めでした。今期のドラマ出演はありませんし、女優としての今後については、現在、白紙です」と明かすのは代理店関係者だ。

    彼女が女優をやりたがらない理由については、「元々、演技が上手くないため、やりたくないのでしょうけれど、彼女は芝居に限らず、全般的にハングリーさがないように見えます。その結果、演技が上手くならないという負のスパイラルに入っているのでは」(スポーツ紙記者)

    本人はモデルの仕事を増やしたい意向とのことだが、こちらの仕事での収入がCMやドラマに劣るのは明白である。
    女優をせず、ドラマに出演しないとなれば、その人気度に左右されるCM出演の依頼が減るのは必至……。
    これに頭を抱えているのが、所属事務所のスウィートパワー。
    筆頭格だった堀北真希(29)に仕事を入れすぎ、やる気を失った挙句に“結婚”“引退”されてしまった、苦い過去がある。

    「そのことがあって、事務所は桐谷に強く言えないのです」(芸能関係者)

    当の事務所に話を聞くと、

    「昨年がハードだったので、今年はクールごとにドラマの仕事を入れないようにしています。女優をしないわけではありません」と否定するが……。


    「週刊新潮」
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180131-00537195-shincho-ent


    所長見解:痩せすぎだよね・・・
    【【取扱注意】桐谷美玲、女優「やりたくない」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2017年9月27日、来年9月の引退を発表した安室奈美恵。
    今年の9月16日にデビュー25周年を迎え、故郷・沖縄での野外ライブを大成功させた直後の出来事だった。
    世間のインパクトも大きく、タレントのイモトアヤコをはじめ、“安室ロス”を嘆くファンが続出。
    世の関心も広く、12月19日に『NHK紅白歌合戦』への特別企画枠での出演が発表されるとトップニュースとして取り上げられた。
    こうした社会的な注目を浴びて惜しまれつつ去っていく芸能人がいる一方で、人知れず去っていく者、業界から追われる人など “芸能人の引退事情”は実に千差万別。
    そこで、2017年の代表的事例を元に“芸能人の引退模様”を振り返る。

    m


    ■伝説の歌姫・山口百恵を彷彿とさせた堀北真希の引退劇

    実は、芸能界において結婚を機に“寿引退”となるのは意外と稀だ。
    2017年2月末、「あたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたい」とのメッセージを残し、芸能界を電撃引退した女優・堀北真希はその稀なパターンといえる。
    前年には山本耕史と結婚、出産が報道。
    メッセージにハッキリ「引退」の文字はなかったものの、子供が成長してからの復帰も示唆されないままなので、現状は事実上の「引退」だ。
    ママタレへの転身、女優復帰の道があるにも関わらず、スッパリ芸能界を去ってしまうその姿から、メディア研究家の衣輪晋一氏は「伝説の歌姫“山口百恵”を彷彿させる」と話す。

    1980年10月5日、日本武道館でのコンサートを最後に、21歳の若さで引退した山口百恵。
    まさに人気絶頂の中での出来事で、家庭環境が母子家庭だったため、“幸せな家庭を築きたい”という想いが元々強く、またそれほど芸能界に執着してなかったとのではと言われている。
    衣輪氏は「堀北真希さんも芸能界にそれほど執着していなかったタイプでした。現役当時、堀北さんは自身について“世話焼きタイプ”であると語っており、さらには“今の自分がすべきことに集中するのがモットー。
    いろいろやらなきゃと考えすぎて自分に余裕がなくなった過去を反省しているんです”とも話していたのが印象的でした」と語る。
    堀北は自分がやりたい事、やるべき事を完璧にこなしたい人物。
    子育てと女優の両立は完璧にこなせないと考えたのかもしれない。


    ■本人の意に反して、引退せざるを得なかった江角マキコ

    一方で、2017年1月末、50歳になったのを機に芸能界引退を発表したのは女優の江角マキコだ。
    江角は2014年にそれまで所属していた芸能事務所を離れ、個人事務所・インクワイヤーを設立。
    同年8月、2012年12月頃に当時のマネジャーに命じて、タレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせていたことが雑誌『週刊文春』(藝春秋)によって報じられ、世間からバッシングを浴びた。
    さらには不倫疑惑、夫との別居など様々な情報が錯綜し好感度も激減。
    通常、こうしたゴシップは役者であれば芸の肥やしにし挽回も可能だったのだろうが、あまりに連鎖するマイナスの報道にさすがの江角も引退を決意。
    以前から育児や子どもとの時間を大切にしたいという想いを語っていたということもあり、「今一度立ち止まり、子供たちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」とコメントを残して芸能界を去った。
    一時代を築いた女優だけに、一連の報道による引退は、本人の意に反したものだったろう。

    (続く)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000365-oric-ent


    所長見解:今年も終わりだね・・・
    【【年末恒例】2017年に芸能界を去った人気タレントたちってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ