ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    坂上忍

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月1日、スペシャル番組『FNS番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)が放送。
    この番組中、総合司会を務めた坂上忍(51)と、月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ)の番宣で出演したゲストの織田裕二(50)との間に“事件”が起きていたと、『女性自身』(光文社)が報じた。

    記事によれば、事前に織田サイドから“イジらないでほしい”というお達しがあったにもかかわらず、坂上は織田をイジり続けた。
    これに織田が“約束が違う!”と激怒。
    番組終了後、フジテレビに織田の事務所から坂上との共演NGが伝えられたのだという。

    番組での2人を振り返ると、番組冒頭から坂上はさっそく「みなさん! フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~」と織田イジリ。
    苦笑いする織田に、坂上は「この番組に織田が出てくれるなんて、スタッフ全員ビビってる」と続けていた。

    「番組中、坂上が織田を呼び捨てで呼んでいたことや、タブーにしていた鈴木保奈美(52)との再共演ネタを突っ込まれたことも影響したと伝えられました。
    最近の坂上は、MCとしてギリギリを攻めるけど一線は越えない、とてもクレバーな番組回しをしていただけに、ちょっと驚きましたね」(芸能記者)

    o


    実は、織田と一触即発状態になったのは、坂上だけではない。

    大人気ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)で、長年織田と共演してきた柳葉敏郎(57)もその一人だ。

    柳葉は、過去に新聞で連載していたコラムで、織田に“それ違うんじゃない”と演技をダメ出しされ、ブチギレしたことを告白。
    さらに、「室井(柳葉が演じた刑事)を劇中で殉職させてほしい」とプロデューサーに直訴していたことも明かし、関係性の悪さをほのめかした。

    それ以降、2人の不仲説は『踊る大捜査線』が映画化されるたびにメディアをにぎわせてきた。

    「2016年には、テレビ番組で陣内孝則(60)が、嫌いな俳優として織田の名前を挙げていました。
    そこで、柳葉と織田の不仲にも言及していたんですね。
    ある特番に柳葉と陣内が出演した際、収録後に、同じくゲストで出演していた織田のところに、柳葉が近寄っていったのだそうです。
    ひと悶着あるかと思いきや、柳葉は“織田ちゃーん!”と肩を抱き、じゃれあったのだとか。
    確執が噂されていただけに、陣内は“仲いいんだ……”と拍子抜けしたと語っていましたね」(テレビ誌ライター)

    ちなみに、陣内が織田を嫌った理由は“初対面のときになまいきな態度を取っていたから”だといい、今では関係は良好だという。

    また、織田のモノマネでブレイクした芸人の山本高広(43)は、織田側の怒りを買い、“ツブされかけた”ことがある。

    「2008年に、織田の所属事務所から、山本をはじめとする織田のモノマネは、人格権や肖像権の侵害となる可能性が高いと、テレビ各局に“織田モノマネ禁止令”が通達されたんです。
    これは織田自身が、ドラマの制作発表の席で山本のモノマネを“僕は笑えない”と批判したことが原因だとささやかれました。
    しかしその後も山本は織田のモノマネを続けていて、2011年には双方和解したと言われています」(テレビ局関係者)

    日本を代表する名優だが、多くのドラマ関係者が「扱いが難しい人」と評する織田裕二。
    芸能界で「振り返れば敵がいる」状態にならないことを祈るばかりだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1551900/
    日刊大衆


    所長見解:有名だよね・・・

    【【不仲説】織田裕二と仲が悪い芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。
    ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。
    普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

    10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。
    番組の冒頭で、総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。
    「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。
    それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

    さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。
    こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

    「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。
    “イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。
    そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

    y


    そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

    「2人は、91年の映画『就職戦線異状なし』で初共演しました。
    同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんはつねに織田さんに対して先輩風を吹かせていたといいます。
    織田さんにしてみれば、それ以降は共演もなくプライベートでも接点がないのに、そこまで馴れ馴れしくされるのが理解できなかったのでしょう」(映画関係者)

    それにしても、坂上はどうしてこんな“不躾な態度”を取ってしまったのだろうか。

    「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。
    織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。
    ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

    実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。
    今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来27年ぶりに鈴木保奈美(52)との再共演が実現。
    同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。
    坂上は特番でも、織田に「(鈴木と)久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが――。

    「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。
    特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。
    それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。
    制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(前出・フジテレビ関係者)

    呼び捨て&東ラブイジリと“タブー連発”の坂上に、ついに織田からの“絶縁通告”が――。

    「収録後、織田さんは『約束が違う!』と怒っていたそうです。
    後日、所属事務所から局に『今後は坂上さんとの共演を控えたい』との連絡があったと聞きました」(前出・番組関係者)

    織田の所属事務所といえば、08年に「芸人・山本高広(43)のモノマネがパブリシティ権の侵害にあたる」という主旨の“抗議文書”をテレビ各局に送っていたことが当時騒動になった。
    だが、今回の“共演NG”について織田の所属事務所に確認すると「そのような事実はまったくございません」の一点張り。
    坂上の所属事務所は「何も聞いておりません」との回答だった。
    とはいえ、『バイキング』に加え新番組『坂上どうぶつ王国』もスタートした“功労者”である坂上にフジは“共演NG”を伝えづらいとの指摘もある。

    「そもそもの通例として、フジは坂上さんサイドにわざわざ“共演NG”の通告はしませんよ。
    制作段階でバッティングを避ければいいだけの話ですから。
    しかし、他局にも“2人が共演NGになった”という情報はすでに共有されているようです」(他局の制作関係者)

    俳優から名MCとなった坂上だが、“旧友”織田への仕切りは“異状あり”だった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent


    所長見解:坂上らしいね・・・

    【【激怒】織田裕二、坂上忍に絶縁通告の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『バイキング』(フジテレビ系)など多数の番組を抱える坂上忍だが、意外にも司会の進行が下手ではないかという評判が上がっている。

    10月1日、フジテレビ系の新番組やレギュラー番組の出演者が一堂に会した特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』が生放送され、坂上は総合司会を担当した。

    s


    番組にはかつて『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で共演した織田裕二と鈴木保奈美が約27年ぶりに揃った姿を見せ、さらに中山美穂や黒木瞳らが出演するなど、豪華な顔ぶれとなった。


    坂上忍が織田裕二を呼び捨てに!

    番組ではさまざまな種類のクイズやゲームが繰り広げられたが、坂上はクイズのルールについて誤った解釈をして説明したり、女優・佐津川愛美の名前を「あいみ」ではなく「まなみ」と間違えて呼んだりするなど、打ち合わせ不足が露呈する格好になった。

    さらに同い年ということもあってか、坂上は織田を呼び捨てに。
    ツイッターでは、坂上の仕切りや織田への対応に関して、

    《織田裕二とどんだけ仲良いのか知らないけど…総合司会の立場で織田裕二だけ呼び捨てにすんの胸くそ悪い》
    《坂上忍の進行が下手なんか、番組構成が下手なんか、どっちなんこれ》
    《坂上忍は台本読んでないのかな?出演者の名前もチェックしてないのかな?クイズのルールも理解してないのかな?》
    《坂上忍の進行がグダグダで辛い》
    《司会者で偉そうにするんなら、せめて出演者の名前まちがえるなよ》

    といった不満の声が上がっている。

    かつて同局では、ドラマ出演者が集まった番組ではタモリが司会を務めることが多かった。視聴者からは「良き時代」を思い起こして懐かしみ、

    《坂上忍がMCじゃなければ見るのにな。東野幸治とかいっぱいいるのにな》
    《「いいとも」はもうなくなったけれど、中居くんが司会しても良さそうなのに》

    といった他の司会者を希望する意見が続出。

    視聴者から批判を浴びても坂上を起用し続けるのは、どんな事情があるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531635/


    所長見解:フジだからな・・・

    【【放送事故】坂上忍が織田裕二を呼び捨てした結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年9月25日放送の『バイキング』にて、毎週火曜レギュラーとして出演していたお笑い芸人の小籔千豊が、この日限りをもってバイキングのレギュラーを卒業することを発表した。

    k


    この日の放送の最後、MCの坂上忍から「長らく火曜バイキングを支えてくださった小籔っちが今日をもって卒業となります」と報告し、小籔も「ありがとうございました」と視聴者へ向けて挨拶した。

    小籔は『バイキング』には、番組開始当初の2014年4月から火曜日レギュラーとして出演。約4年半の長期レギュラーとなった。

    さて、改編期とは言え今回の突然ともいえる小藪の降板だが、一部業界の噂によると、今回の降板は、今年3月に金曜日MCを降板した雨上がり決死隊の一件が関係しているのではないかと噂されている。

    「『バイキング』は金曜MCの雨上がり決死隊が降板した後、誰も後枠に入っていません。本来の吉本興業であれば、吉本芸人が降板した後は後釜を用意するのですが、空白のままになっています。
    これは雨上がり決死隊の宮迫が不倫騒動で叩かれた際、坂上が同じ出演者である宮迫に対しフォローに入らず、逆に糾弾したことで番組に居づらくなり、吉本側も無鉄砲で何にでも噛み付く坂上を警戒していたためとされています」(某業界関係者)

    現に、小籔は『バイキング』における坂上の司会ぶりについて、AbemaTVでの生放送にて「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」と語っており、ベテランの小籔といえど、『バイキング』はかなりやりづらい仕事であったのは間違いないようだ。

    なお、ネットでは、今回の小籔の降板に対し「火曜レギュラーの中では弁が立つ人なので残念」「坂上さんに対しても真正面から意見が言える人だったので番組に必要な人材だと思っていた」と残念がる人も多い。

    今年に入り、レギュラーが続々と降板していく『バイキング』。
    果たして小籔の後釜には誰が就任するのか……?

    https://npn.co.jp/article/detail/86763017/


    所長見解:不仲?・・・

    【【不仲説】小籔千豊が『バイキング』突然降板した理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2014年から金曜MCを務めてきた『バイキング』(フジテレビ系)を、3月いっぱいで降板した雨上がり決死隊。
    その理由を、宮迫博之が8月28日放送のラジオ『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で明かした。

    「ほんまに、しんどいから辞めた。ニュースとかいうよりも、人のことをとやかく言うの、俺、昔から嫌い。人の噂話とか。
    プライベートでも、『憶測でそういう人のこと言うてあげんな』って言うてしまうタイプが、そんなものの司会やったらアカンやん。無理やねん」

    m


    昨年8月9日発売の『週刊文春』で宮迫は不倫疑惑が報じられ、8月11日の『バイキング』で「『このご時世にダメですよね』と断られ、3回ともフラれた」と肉体関係を否定。
    同回の視聴率は6.9%を記録して、各局の同時間帯で横並びトップとなった。

    2017年8月31日放送の同番組では、不倫後の家庭内の様子について「家の中ではもう、何も言うことが通らない」と苦虫を噛み潰したような表情で吐露していた。

    卒業を発表した3月30日放送の同番組では、「4年間、本当にいろいろ貴重な経験をさせていただきました。生放送で謝罪もして、本当に思い出深い番組でした」と回顧。

    生放送で、言葉選びに注意しつつ、時事問題について一家言あることを言うのはかなりの労力を必要とする。
    人間だれにも向き不向きがあるが、宮迫に噂話は向かなかったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15291066/


    所長見解:坂上でしょ・・・

    【【衝撃告白】宮迫博之、『バイキング』降板の理由がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ