坂上忍

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂上忍とフジテレビの“蜜月”に危機 「坂上どうぶつ王国」打ち切りも?

    s


    俳優・坂上忍が司会を務めるフジテレビ系「坂上どうぶつ王国」が視聴率低迷に苦しんでいる。

    10月にスタートした同番組は、大の犬好きで人間と動物が共生する楽園を作るという夢を持つ坂上が自ら望んでスタートさせた新番組。

    芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

    「坂上さんは以前から芸能界を引退後は田舎で大好きな動物に囲まれた生活を送りたい、尊敬する畑正憲さんの『ムツゴロウの動物王国』のような“楽園”を作りたいという思いを抱いていたそうです。
    そうした中、今回の番組は数多くのレギュラー番組を抱えるフジさんに自ら企画を売り込み、多忙の中で貴重なプライベートの時間を削ってロケに臨むなど、並々ならぬ思いで番組作りに取り組んでいます」

    坂上とはお昼の情報番組「バイキング」をはじめ、複数の番組でMCを任せるなど蜜月関係にあるフジも助力を惜しまなかった。

    「バイキング」でも共演し、好感度の高さで知られるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」や現在ブレーク中の「野生爆弾」のくっきー、ジャニーズ事務所の次世代エースグループ候補「King & Prince」の高橋海人らをレギュラー陣に投入するなど、放送開始前からかなりの力の入れようだった。

    その背景には“盟友”の熱意に応えたいという思いと同時に別の思惑もあったようだ。

    「『坂上どうぶつ王国』が放送されている金曜日の午後7時台は元々激戦区。
    しかも、前番組で古舘伊知郎さんがMCを務めた『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~』が1年持たずに打ち切りになっており、フジさんとしては是が非でも人気番組を定着させたい枠でもあります。
    いわゆる“動物もの”は、テレビ離れが叫ばれる昨今においても視聴習慣が強い年配層にもウケが良く、勝算が見込めると考えたのでしょう」(テレビ誌編集者)

    ところが、同番組はいざスタートしてみると、10月12日放送の初回3時間SPこそ平均視聴率9.1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と、近年視聴率で苦戦しているフジの番組としてはまずまず健闘したものの、その後は低迷を続けて5%台を記録することも。

    そうした中、早くも同局の局内では打ち切りも取り沙汰されているとか。

    同局の情報番組スタッフは絶対匿名を条件にこう明かす。

    「来春の改編に向けて、『坂上どうぶつ王国』に関しても打ち切りや番組のリニューアルの話が局内で浮上しています。
    とはいえ、ウチの局は坂上さんにおんぶにだっこの状態なので、バッサリ切るというわけにもいかない。

    現状でもっとも有力視されているのは、とりあえずレギュラー放送は来年3月に打ち切りにし、坂上さんをメインMCに据えた別の教養番組をスタートさせる。
    その一方で『坂上どうぶつ王国』はスペシャル番組として今後も不定期に放送するという折衷案です。
    ちなみに、新たにスタートする教養番組は、識者が生徒役の出演者や視聴者に向けて役に立ったり、ためになったりする知識を紹介するという、昨今流行りの授業形式の番組になるともっぱらです」

    もっとも、「坂上どうぶつ王国」に思い入れの強い坂上がこうした案をあっさりと受け入れとも思えず、同番組の動向はもちろん、今後の坂上とフジの関係にも注目したいところである。 

    AERA dot. 
    https://dot.asahi.com/dot/2018121000066.html


    所長見解:いっしょやもんね・・・

    【【フジテレビ】「坂上どうぶつ王国」の視聴率低迷、打ち切り説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月25日発売の「女性セブン」が、坂上忍の直撃インタビューを掲載した。
    記事によると、この秋からスタートした坂上MCのバラエティ番組が物議を醸しているという。

    s


    「坂上は10月12日から、『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)という動物番組をスタートさせました。
    しかしこれが、内容だけでなくセットの雰囲気から出演者の配置まで、坂上も出演していた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と酷似しているため、業界関係者を驚かせているそうです。
    そのことを『女性セブン』が坂上に直撃したところ『局と局の間で問題がなかったから放送できているので』と、編成上は何の問題もないと説明しています」(テレビ誌記者)

    また「女性セブン」が取材した日テレ関係者によると、坂上は「志村どうぶつ園」を卒業になったことを明かし、「こちらとしては複雑な思いもあります」と動揺するコメントを残している。

    そんな中、坂上は今後、日テレとは距離を置き、フジテレビやTBSをメインに活動する可能性があるという。

    「坂上は過去、バラエティ番組『得する人損する人』(日本テレビ系)でもモメたことがあるんです。
    MCのフットボールアワー・後藤輝基と別番組で共演した際、彼は収録の途中で帰ったことがあると告白。
    一部報道によると、いつまでもゲスト扱いという待遇に不満があり、スタッフと激突し、しばらくして降板になったとのこと。
    その一方で、フジやTBSは坂上の冠番組をゴールデンで何本も制作し高待遇ですから、日テレとは今後、距離を置き始めるのではないかと噂されています」(前出・テレビ誌記者)

    また、もう1つの出演番組「有吉ゼミ」(日本テレビ系)からもフェードアウトしていくと一部で囁かれている坂上。

    はたして、このまま日テレと絶縁となってしまうのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15514012/

    所長見解:さすが・・・

    【【トラブル】坂上忍が激怒して収録中に帰った理由がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月1日、スペシャル番組『FNS番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)が放送。
    この番組中、総合司会を務めた坂上忍(51)と、月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ)の番宣で出演したゲストの織田裕二(50)との間に“事件”が起きていたと、『女性自身』(光文社)が報じた。

    記事によれば、事前に織田サイドから“イジらないでほしい”というお達しがあったにもかかわらず、坂上は織田をイジり続けた。
    これに織田が“約束が違う!”と激怒。
    番組終了後、フジテレビに織田の事務所から坂上との共演NGが伝えられたのだという。

    番組での2人を振り返ると、番組冒頭から坂上はさっそく「みなさん! フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~」と織田イジリ。
    苦笑いする織田に、坂上は「この番組に織田が出てくれるなんて、スタッフ全員ビビってる」と続けていた。

    「番組中、坂上が織田を呼び捨てで呼んでいたことや、タブーにしていた鈴木保奈美(52)との再共演ネタを突っ込まれたことも影響したと伝えられました。
    最近の坂上は、MCとしてギリギリを攻めるけど一線は越えない、とてもクレバーな番組回しをしていただけに、ちょっと驚きましたね」(芸能記者)

    o


    実は、織田と一触即発状態になったのは、坂上だけではない。

    大人気ドラマ『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)で、長年織田と共演してきた柳葉敏郎(57)もその一人だ。

    柳葉は、過去に新聞で連載していたコラムで、織田に“それ違うんじゃない”と演技をダメ出しされ、ブチギレしたことを告白。
    さらに、「室井(柳葉が演じた刑事)を劇中で殉職させてほしい」とプロデューサーに直訴していたことも明かし、関係性の悪さをほのめかした。

    それ以降、2人の不仲説は『踊る大捜査線』が映画化されるたびにメディアをにぎわせてきた。

    「2016年には、テレビ番組で陣内孝則(60)が、嫌いな俳優として織田の名前を挙げていました。
    そこで、柳葉と織田の不仲にも言及していたんですね。
    ある特番に柳葉と陣内が出演した際、収録後に、同じくゲストで出演していた織田のところに、柳葉が近寄っていったのだそうです。
    ひと悶着あるかと思いきや、柳葉は“織田ちゃーん!”と肩を抱き、じゃれあったのだとか。
    確執が噂されていただけに、陣内は“仲いいんだ……”と拍子抜けしたと語っていましたね」(テレビ誌ライター)

    ちなみに、陣内が織田を嫌った理由は“初対面のときになまいきな態度を取っていたから”だといい、今では関係は良好だという。

    また、織田のモノマネでブレイクした芸人の山本高広(43)は、織田側の怒りを買い、“ツブされかけた”ことがある。

    「2008年に、織田の所属事務所から、山本をはじめとする織田のモノマネは、人格権や肖像権の侵害となる可能性が高いと、テレビ各局に“織田モノマネ禁止令”が通達されたんです。
    これは織田自身が、ドラマの制作発表の席で山本のモノマネを“僕は笑えない”と批判したことが原因だとささやかれました。
    しかしその後も山本は織田のモノマネを続けていて、2011年には双方和解したと言われています」(テレビ局関係者)

    日本を代表する名優だが、多くのドラマ関係者が「扱いが難しい人」と評する織田裕二。
    芸能界で「振り返れば敵がいる」状態にならないことを祈るばかりだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/1551900/
    日刊大衆


    所長見解:有名だよね・・・

    【【不仲説】織田裕二と仲が悪い芸能人がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。
    ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。
    普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者)

    10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)で、“ある事件”が勃発――。
    番組の冒頭で、総合司会の坂上忍(51)がゲストの織田裕二(50)をこう冷やかした。
    「みなさん!フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~!」織田は苦笑いをしながら両手を振って“やめて”とアピール。
    それでも懲りない坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員ビビっちゃってる」と煽ったのだ。

    さらに坂上が“織田”と呼び捨てにしていたことも相まって、《MCの立場で織田裕二だけ呼び捨てにするのめちゃ不愉快!》といった視聴者からの非難の声が殺到した。
    こうした坂上の“非礼”に顔面蒼白になったのが同局のドラマ担当者だ。

    「今回、織田さんが出演したのは、あくまでも主演を務めるドラマ『SUITS/スーツ』の番宣のため。
    “イジられ役が必要であれば共演者の中島裕翔さん(25)に振る”と事前の打ち合わせで取り決めがあったと聞いています。
    そうした経緯があったにも関わらず、生放送で約束を破られたことに納得がいかなかったのも当然だと思います」(フジテレビ関係者)

    y


    そもそも織田と坂上の間には、27年前からの“因縁”が――。

    「2人は、91年の映画『就職戦線異状なし』で初共演しました。
    同い年ですが、子役から芸能界にいる坂上さんはつねに織田さんに対して先輩風を吹かせていたといいます。
    織田さんにしてみれば、それ以降は共演もなくプライベートでも接点がないのに、そこまで馴れ馴れしくされるのが理解できなかったのでしょう」(映画関係者)

    それにしても、坂上はどうしてこんな“不躾な態度”を取ってしまったのだろうか。

    「年に2回の特番の総合司会という“大役”を務める坂上さんとしては、大物である織田さんをあえてイジって番組を盛り上げようとしたのでしょう。
    織田さんとは旧知の仲だから許してくれるだろうという計算もあったのかもしれません。
    ただ、視聴者の反応にもあるように、どんなに親しくても司会者がゲストを何度も呼び捨てにするのは、バラエティー番組といえども非常識とされています」(テレビ局関係者)

    実は織田が不愉快になったのは、他にも理由があった。
    今回のドラマで織田は『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)以来27年ぶりに鈴木保奈美(52)との再共演が実現。
    同ドラマが再放送され大きな話題を浴びている。
    坂上は特番でも、織田に「(鈴木と)久しぶりに共演すると、どうなんですか?」としきりに質問していたのだが――。

    「織田さんは過去の作品のイメージを引き合いに出されることを嫌うんです。
    特番では『東ラブ』を用いたクイズも出題されましたが、織田さんに話を振るのはNGと打ち合わせされていたそうです。
    それが本番では、いきなり坂上さんに突っ込まれてしまった。
    制作サイドから坂上さんも聞いていたはずなんですが……」(前出・フジテレビ関係者)

    呼び捨て&東ラブイジリと“タブー連発”の坂上に、ついに織田からの“絶縁通告”が――。

    「収録後、織田さんは『約束が違う!』と怒っていたそうです。
    後日、所属事務所から局に『今後は坂上さんとの共演を控えたい』との連絡があったと聞きました」(前出・番組関係者)

    織田の所属事務所といえば、08年に「芸人・山本高広(43)のモノマネがパブリシティ権の侵害にあたる」という主旨の“抗議文書”をテレビ各局に送っていたことが当時騒動になった。
    だが、今回の“共演NG”について織田の所属事務所に確認すると「そのような事実はまったくございません」の一点張り。
    坂上の所属事務所は「何も聞いておりません」との回答だった。
    とはいえ、『バイキング』に加え新番組『坂上どうぶつ王国』もスタートした“功労者”である坂上にフジは“共演NG”を伝えづらいとの指摘もある。

    「そもそもの通例として、フジは坂上さんサイドにわざわざ“共演NG”の通告はしませんよ。
    制作段階でバッティングを避ければいいだけの話ですから。
    しかし、他局にも“2人が共演NGになった”という情報はすでに共有されているようです」(他局の制作関係者)

    俳優から名MCとなった坂上だが、“旧友”織田への仕切りは“異状あり”だった――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010001-jisin-ent


    所長見解:坂上らしいね・・・

    【【激怒】織田裕二、坂上忍に絶縁通告の理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『バイキング』(フジテレビ系)など多数の番組を抱える坂上忍だが、意外にも司会の進行が下手ではないかという評判が上がっている。

    10月1日、フジテレビ系の新番組やレギュラー番組の出演者が一堂に会した特別番組『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』が生放送され、坂上は総合司会を担当した。

    s


    番組にはかつて『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で共演した織田裕二と鈴木保奈美が約27年ぶりに揃った姿を見せ、さらに中山美穂や黒木瞳らが出演するなど、豪華な顔ぶれとなった。


    坂上忍が織田裕二を呼び捨てに!

    番組ではさまざまな種類のクイズやゲームが繰り広げられたが、坂上はクイズのルールについて誤った解釈をして説明したり、女優・佐津川愛美の名前を「あいみ」ではなく「まなみ」と間違えて呼んだりするなど、打ち合わせ不足が露呈する格好になった。

    さらに同い年ということもあってか、坂上は織田を呼び捨てに。
    ツイッターでは、坂上の仕切りや織田への対応に関して、

    《織田裕二とどんだけ仲良いのか知らないけど…総合司会の立場で織田裕二だけ呼び捨てにすんの胸くそ悪い》
    《坂上忍の進行が下手なんか、番組構成が下手なんか、どっちなんこれ》
    《坂上忍は台本読んでないのかな?出演者の名前もチェックしてないのかな?クイズのルールも理解してないのかな?》
    《坂上忍の進行がグダグダで辛い》
    《司会者で偉そうにするんなら、せめて出演者の名前まちがえるなよ》

    といった不満の声が上がっている。

    かつて同局では、ドラマ出演者が集まった番組ではタモリが司会を務めることが多かった。視聴者からは「良き時代」を思い起こして懐かしみ、

    《坂上忍がMCじゃなければ見るのにな。東野幸治とかいっぱいいるのにな》
    《「いいとも」はもうなくなったけれど、中居くんが司会しても良さそうなのに》

    といった他の司会者を希望する意見が続出。

    視聴者から批判を浴びても坂上を起用し続けるのは、どんな事情があるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531635/


    所長見解:フジだからな・・・

    【【放送事故】坂上忍が織田裕二を呼び捨てした結果・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ