坂上忍

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ワイドショーに「つまらない」「くだらない」「いらない」の声、ここまで嫌われ者になった背景と改善点


    w


    「この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません」

    3月29日から始まるTBSの新しい朝番組『ラヴィット!』(月~金朝8時)について、チーフプロデューサー・小林弘典氏がそう宣言した。

    報道番組ではなく、視聴者の日常が今より楽しくなる情報を笑いとともに届ける“バラエティー番組”にするという。


     
    来月に現在放送中の『グッとラック!』(TBS系)、そして22年続いた『とくダネ!』(フジテレビ系)が終わりを迎え、新たな番組に生まれ変わることに視聴者の期待も高まっている。



    ■多いわりには嫌われ者なワイドショー

    現在、平日昼間の番組を見てみると『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、『ひるおび!』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)……など、ワイドショー・情報番組がとにかく多く、朝から夕方まで続く。

     
    だが、正直どれも内容は似たり寄ったりで、視聴者からは「つまらない」「くだらない」「いらない」という辛辣な声が聞こえてくる。

    SNSでも、番組を楽しむ声よりも、MCやコメンテーターの発言などに対する批判の声の方が圧倒的に多い。


     
    また連日のコロナ報道で、“煽りすぎ”と言う意見もあり、これらをきっかけにさらにワイドショーや情報番組が嫌いになったと言う声も。


     
    いつからこの類の番組は「嫌われ者」になってしまったのだろうか。


    「今ではワイドショーではなく、頑なにワイドショーと言わずに情報番組と言い張る局もある。
    なぜなら“ワイド”じゃないから。
    今は取り扱う情報がどこも似ています。
    コロナと天気と、最近ではオリンピック? くらい。
    『週刊文春』によるスクープ“文春砲”が出たときはそれに乗っかって報道することもありますが、独自のゴシップネタとかもやらなくなった。
    それを考えたら、そもそもワイドじゃないんですよね」


     
    そう話すのは、コラムニストの吉田潮さん。

    多くのワイドショー・情報番組がニュースをメインとしているが、ひと昔前は違ったという。


    「例えば20年くらい前は、芸能、ゴシップ、スキャンダルというのがメインディッシュだったはず。
    でも10年くらい前から芸能界ネタが少なくなった気がします。
    ネット社会になったというのも大きいのかなと。
    ネットには細かい情報が山ほどある。
    裏どりができてない情報だったり、ガセネタもあるけど、とにかく活発じゃないですか。
    誰でも書き散らすことができるネットがメインカルチャーになってしまったので、そこに裏どりが必要になるテレビは、スピード的にも抗えない。


    あとはゴシップなんてどうでもいいという高貴な人々が増えたのかな(笑)。
    私は下世話な人間なので、芸能系もどんどんやればいいのにって思いますが、世の中はそういう感じでもないんですね」



    ■人畜無害で特徴なし改善の鍵を握るは“女性”?

    受け手側が変わってきたこともあるが、出演陣の“体質”にも変化が。

    最近は強い発言をすれば叩かれ、発言しなければ忖度していると言われる始末。


    「”MCやコメンテーターも言えないことが増えたり、そもそも意見を言わない人が増えましたよね。
    今は毒舌とか、そういうのも受け入れられない傾向にある。
    だから“毒”を吐く人もいないし、みんな当たり障りのない、害のない人ばかり。
    なのでどこも特徴がないんです。人畜無害だらけのワイドショーって、どうですか?(笑)。


    今、毒舌といえば坂上(忍)さんくらいじゃないですか。
    他番組がえげつなさを捨てていく中で、『バイキングMORE』だけはその方向でいこうぜって。
    ある意味、プライドを持ってやってると思う。
    昔はそういう、えげつなさや、毒ある発言も楽しみの一つでしたが、今はそれがウケる時代ではなくなってきたんだと思います」


     
    実際、600人に聞いた「嫌いな司会者」アンケート(『週刊女性』2月2日号)では、『バイキングMORE』の坂上忍がぶっちぎりで1位だった。


     
    そんな中、『とくダネ!』のあと番組で3月29日から始まる『めざまし8』のMCに選出されたのは、谷原章介。

    それについて、吉田さんはこう深読みする。




    https://www.jprime.jp/articles/-/20149?display=b

    所長見解:文句ばっかやもんな・・・

    【【悲報】ワイドショー「つまらない」「くだらない」「いらない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宮迫博之が『バイキング』降板の理由を明かす

    「一番嫌いなのはワイドショー」坂上忍も宮迫博之を痛烈批判、俺もお前が嫌い 


    m


    雨上がり決死隊の宮迫博之が、17日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

    かつて宮迫自身が金曜レギュラーを務めていた情報番組『バイキング』(フジテレビ系、現在は『バイキングMORE』)を降板した経緯について明かし、「一番嫌いなのはワイドショー」と言い切った。

     
    この日はゲストにお笑いコンビTKOの木下隆行を迎え、思い出話を語っていた宮迫。

    「俺、1番嫌なのはワイドショーやったりするわけですよ」と切り出し、「昔のワイドショーはレポーターがちゃんと取材をして、それをニュースにしてたんやけど、今は雑誌の記事を自分たちでほんとかどうかを確認しないまま出して、あーでもないこーでもない(と言う)」「擁護の人がおったらわざと逆論を言う」と、ワイドショーが嫌いな理由を述べた。

    「だから、僕はワイドショーになり始めた『バイキング』を、『やめさせてください』って言ってやめたから」
     

    司会の坂上忍には、番組を降板する際、「すみません、僕は他人をどうこう言うのが好きではないので、退かせてください」と事情を説明したという。
     
    しかしその時期にオフホワイト騒動(不倫)を引き起こしてしまい、ここで降板すると不倫のせいで番組をクビになったと憶測されるので、やめる宣言を周囲にしていたにもかかわらず、時期が数カ月延びた。

    「どういう表情でおったらいいのかようわからへん」「あんなにやめるって言ったのに……」と複雑な感情を抱きながら、番組に出演していたそうだ。

    オフホワイト騒動時は、宮迫が同番組内で生釈明を行い、注目を浴びている。


    坂上忍も宮迫博之を痛烈批判、「不倫ウソ泣き」に怒り

    当時、そんな宮迫に対し、坂上忍はいら立ちを覚えていたと告白している。

    2017年10月13日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でのことだ。

    宮迫が番組でオフホワイト騒動を取り上げた際、不貞を認めて笑いに変えることを坂上は期待していたが、いざ番組が始まると、宮迫は言い訳に終始。

    一線を越えていないことを強調する「オフホワイト」発言をするなどしたことに、坂上は激怒し、「下手くそな言い訳を始めやがって」と思ったという。

    「何が途中でキレそうになったかっていうと、奥さんの話をしてちょっとウソ泣きしそうになったときに『えーっ!』と思って」と、宮迫がウソ泣きを織り交ぜようとしたことにキレそうになったとも明かした。

     
    そんな坂上の番組進行の仕方を、宮迫も嫌っていたようだ。

    2018年8月28日に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で「プライベートでも『憶測でそういう人のこと言うてあげんな』って言ってしまうタイプが、そんなものの司会やったらアカン」と語っている。

    芸能人のスキャンダルや噂話をおもしろおかしく憶測で話すことは自分にはできないと言いたげだった。

     
    そんな確執があったためだろうか。

    2019年に宮迫を含む芸人たちの闇営業問題が取り沙汰されると、坂上は「ちょっと厳しいことを言うようなんですけど」と前置きしたうえで、吉本興業に残りたいと亮が申し出たことを宮迫が明かしたことについて「なんでこれを言う必要があったのか。
    今回の一連の宮迫くんの発言なり行動を見させていただいた時に、自分の思いとか正当性っていうのを謳うために、言う必要のないことまで言っちゃってるのは、僕はどうしても納得ができない」
    「会見で確かに言い足りないことがあったのかもしれないけど、そのたびに、ほかの人たちが巻き添えになっていることを、もう少し考えてあげれないのかな」と痛烈に批判していた。

     
    宮迫の一挙手一投足に目を光らせ嫌味を向ける坂上忍と、そんな坂上を毛嫌いする宮迫。

    今はYouTubeとテレビで棲み分けしている2人だからこそ、お互いに言いたい放題言えるのかもしれないが、二度と再会することはなさそうだ。


    https://wezz-y.com/archives/87226
    所長見解:どっちもな・・・

    【【暴露】宮迫博之さん『バイキング』降板の理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    t


    坂上忍「ブスは家から出るな。女は顔」
     
    no title


    @necoodi3

    男性であろうが女性であろうが、能力でもって人を評価する森喜朗会長。

    そして能力の高い女性を今後も積極採用すると言う。

    それを猛批判する司会者は、ブスは家から出るなと言う。

    私が女性なら、司会者のほうを許さんよ。


    https://twitter.com/necoodi3/status/1358913194991882243
     
    所長見解:せやね・・・
    【【悲報】坂上忍「ブスは家から出るな。女は顔」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小倉智昭アナウンサー(73)が13日、キャスターを務めるフジテレビ系情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜・前8時)にスタジオ生出演し、3月26日の放送をもって同番組が終了することを発表した。

    1999年4月の放送開始から22年の歴史に幕を下ろす。

     
    小倉氏は、携帯電話各社の値下げプランのニュースを伝えた後に「この後は、3月でとくダネが終了しますっていう話をちょっとさせてもらいます」と伝え、CMに入った。

    CMが明けて「今日のスポーツ紙で大変大きく取り上げていただいたんですが、とくダネ!が足かけ22年、3月いっぱいで終了することになりました。
    本当にみなさんには、長い間、ごらんいただいたんですが」と明かした上で、99年4月1日の初回放送の映像を紹介し「ダブダブの服を着るのが流行っていたころなんです。
    古い感じがする、このごろはむしろ、大病しているんじゃないかって思うほど、私は細いんですけど」と笑わせていた。


    m


    後釜番組は坂上忍MCの番組が内定。

    坂上忍は既にバイキングMOREのMCを同局で帯番組で担当していることから朝から出ずっぱりということになる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5055de7aa312d56275144b3540a5f6f66fa9943

    所長見解:マジか・・・
    【【悲報】「とくダネ!」終了、後釜は坂上忍MCの番組ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント坂上忍(53)の暴露トークが話題となっている。

     
    坂上は先月27日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」で〝ナルシスト俳優〟に言及。

    ゲストの矢田亜希子が、鏡ばかり見てる俳優が多いことを明かし「逆に女優の方が見ない」と話すと、ダウンタウンの浜田雅功が「忍も(鏡ばっかり)見てる人(俳優)いっぱい知ってる?」と質問した。

     
    これに坂上は「います」と即答。

    「最高峰は〇〇」と俳優Mの名前を挙げた。

    放送ではピー音が被せられていたが、坂上は驚くダウンタウンを横目に「もう髪の毛1本、1本ですよ」と、Mの強いこだわりを明かした。


    d

     
    放送後、ネット上では〝犯人探し〟が過熱。

    消化不良の放送内容に不満の声も上がった。

     
    そこで本紙が追跡したところ、あるテレビ関係者がこうつぶやいた。

    「Mでしょ!? これ、もう1人しかいませんよ(笑い)」
     
     
    その男の名前は甘いマスクで人気のベテラン俳優・村上弘明(63)だ。

    1979年に「仮面ライダー(スカイライダー)」でデビューし、その後は時代劇「必殺仕事人」シリーズやNHK大河ドラマの常連として活躍。

    87年には映画「極道の妻たちⅡ」での演技が評価され、日本アカデミー賞で優秀助演男優賞も受賞している。

     
    村上を知る芸能関係者が明かす。

    「刑事モノなんかで喫茶店のシーンがあるとするじゃないですか。
    コーヒーを飲み終えた村上さんが『さて、行くか』と席を立つ芝居でも、顔面どアップ&3秒カメラ目線なんですよ(笑い)。
    そんな刑事います?」

     
    カットがかかれば、すぐにモニターチェック。

    顔の角度や表情が気に入らないと、テイクツーを要求するという。

     
    他方でそれはストイックに自分を磨き上げてきた証でもある。

    台本を覚えて来ない者や、二日酔いで現場に来る若手俳優が増える中、村上は役作りに余念がない。

    還暦を過ぎてもなお、驚異的な若々しさを保っている。

    「スタイル抜群ですし、清潔感がある。
    今でも女性ファンが減らないのは、日々の努力の賜物でしょう」(前出テレビ関係者)

     
    村上の演技にがぜん注目が集まる――。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2506302/ 



    所長見解:ええやんな・・・

    【【衝撃暴露】超ナルシスト俳優Mがコチラwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ