地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大地震のXデーが近い気がする

    x

    所長見解:ヤバいやん・・・

    【【悲報】大地震のXデーが近い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【緊急警告】

    本日、巨大地震発生か!?

    自転速度、地中の電子、月の位置… 「電気的地球科学」的に最悪の条件が揃った!

    物理・科学・IT専門家の平清水九十九が解説! 最先端「電気的宇宙論」からみた地球科学を紹介する!


    j
     

    5月4日、6日(5日未明)に関東東部で2つの地震があった。

    どちらもM5程度、最大震度が4と地震としては被害が出るか出ないかの微妙な大きさだ。

    二つの地震に特徴的なことは、震源の深さがそれぞれ50km、70kmと中途半端な深さである点だ。

    これが何を意味しているかを電気的地球科学から見てみよう。

     
    以前の記事でも解説しているが、電気的地球科学では地震は岩盤内部での放電現象と考えている。

    太平洋火山帯を取り巻くマグマの帯に電流が流れていて、地球磁場と作用することで、ファラデーモーターとして地球を自転させている。

    マグマに流れる電流が周囲に放電するのが地震の発生だ。

     
    日本列島の下には厚さが30kmから100km程度のマグマが留まっていると予想されている。

    マグマの分布は太平洋側が薄く、日本海側に行くにしたがって厚くなっている。

    地表の10km下からマグマがある。

    (中略)

    これから夏至を迎えるが、北半球では太陽の高度があがるため、地下の電子を引き付ける力が強くなる。

    もし、日中、太陽が高い時、月がちょうど地球の裏側に位置すると、マグマに流れる電子は地表に上がって放電する。

    地表近くに震源があると直下型地震になり、被害も増すことになる。

    地震危険日は地球の自転速度が速くなり、月が地球に近づく6月2日前後だが、この日に地震が起きた場合、そのタイミングと月と地球の位置関係によって、大地震となるかどうかを決定するだろう。

    地下で起きている地震は宇宙と密接な関係を持っている。


    https://tocana.jp/2020/06/post_155179_entry.html

    所長見解:マジかいな・・・


    【【緊急警告】本日、巨大地震が発生する模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京湾震源の小さな地震が頻発 - ウェザーニュース


    j


    昨日から今日21日(木)未明にかけて、東京湾を震源とする小さな地震が頻発しています。

    昨日20日(水)の14時54分と15時00分頃にマグニチュード2.9の地震が相次いで発生し、今日21日(木)未明には3回の有感地震(震度1以上の地震)が発生しました。

    2時07分頃の地震はマグニチュード3.5と最も大きく、東京都江戸川区と千葉県市原市で震度2を観測しています。

    東京湾でマグニチュード3程度の地震は時々発生しており、5年前には数時間で小さな地震が5回続けて起こりました。


    https://weathernews.jp/s/topics/202005/210005/

    所長見解:怖いやん・・・

    【【来るぞ】東京湾震源の小さな地震が頻発中の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鏡の国のアリス

    反転させるとそれぞれ5.11、3.11に

    no title


    五輪マークと銀座和光の住所5-11

    no title

    所長見解:ほんまかいな・・・

    【【緊急速報】今日、5/11に大地震が起こるらしい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月25日午前11時49分ごろ、千島列島沖東方を震源とするマグニチュード(M)7.5の地震が発生、深さは56キロメートルだった。

    今後、同周辺ではM9級の巨大地震が起きる可能性があるという。


    m

     
    武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏が指摘する。

    「千島海溝は地震活動が非常に活発なところで、十勝沖から千島列島を経てカムチャツカ半島の太平洋沿岸に沿って約2100キロメートルも延びています。
    1952年にはM9のカムチャツカ地震が起き、広い範囲で津波が襲った。
    千島列島では最大10メートル近い高さの津波となった上、ハワイまで押し寄せた。
    今回は震源が深かったので数十センチの津波で済みましたが、これがもっと浅いところで起こっていたら、甚大な被害になっていたはずです」

     
    千島海溝では陸側のプレートの下に太平洋プレートが沈み込んでいるため、境界部でM8級の大地震が繰り返し発生している。

    政府の地震調査委員会は長大な千島海溝の一番南に位置する北海道十勝沖、北方領土の色丹・択捉島沖にかけての活動について再調査し、結果を発表した。

    「沿岸の津波堆積物などの結果から、この一帯を震源とする大地震の間隔は平均340~380年。
    すでに前回から約400年が経過しており、切迫性が高いと判断しています。
    つまり、この周辺で東日本大震災を起こしたような巨大地震は、待ったなしなのです」(サイエンスライター)

     
    同委員会が想定する30年以内の発生確率は7%~40%である。


    週刊実話
    https://wjn.jp/article/detail/8604453/

    所長見解:今はヤバい・・・

    【【スーパームーン】政府が警戒するM9級巨大地震の件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ