ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年の年末は日本各地で地震が頻発した。

    12月19日、青森県東方沖を震源とする最大震度5弱の地震が発生。

    同3日から5日にかけては、関東北部(茨城県、栃木県)を震源とする震度3以上の地震が6回起き、そのうち3回で最大震度4を観測した。


    測量学の世界的権威で「MEGA地震予測」を主宰する村井俊治・東大名誉教授は、現在の日本列島の地表の動きには「東日本大震災の直前と同じ兆候が出ている」という。


    「11月中旬、東日本大震災の約2か月前と同じ兆候が現われました。
    震災以降初めての出来事で、2020年は東日本大震災と同規模の地震が起こる可能性があると危惧しています」


    村井氏が指摘するのは、伊豆諸島にある電子基準点「青ヶ島」の上下動だ。

    「11月10日から16日までの1週間で『81cm』の高低変動が見られました。
    これは、東日本大震災前年の2010年12月26日~31日の1週間に同じ青ヶ島の基準点で観測された『76cm』を大きく超える異常変動です。

    青ヶ島と宮城県沖は600km以上離れていますが、遠く離れた基準点での異常変動が、大地震の引き金となるケースは珍しくありません。
    さらに、秋田県の電子基準点『鹿角2』や『鳥海』でも7cm以上の異常変動が現われています」

     
    この「異常変動」とは、全国1300か所に設置された国土地理院の電子基準点のGPSデータをベースに、1週間ごとの基準点の上下動を調べたデータだ。

    それに加え、地表の長期的な「隆起・沈降」、地表が東西南北のどの方向に動いたかの「水平方向の動き」の3つの指標を総合的に分析し、地震発生との関連性を予測するのが「MEGA地震予測」である。

    t


    村井氏が「2020年に最も警戒すべき5つの地域」を危険度順に分析した。


    【1】東北地方警戒ゾーン

    青ヶ島「81cm」の異常変動の他にも、東北地方には注意すべき兆候が出た。
    水平方向の動きを見ても、大地震発生前の兆候が現われているという。

    「東日本大震災以降、日本列島の大半の地域は南東方向に動いています。
    しかし、それとは真逆の北西方向への動きが、北海道の根室・釧路地方、千葉県の房総半島南端などの一部地域で大きくなっている。

    地表の動きが逆転する境目にあたる青森県、岩手県北部や福島県、茨城県、栃木県に歪みが溜まり、年末にかけて地震が頻発したと考えられる。
    エネルギーはまだ放出されきっていないと見るべきでしょう」

    東日本大震災以降、太平洋側は隆起し、日本海側は沈降する傾向があったが、昨年末に秋田県、山形県での沈降傾向が強まっている点にも注意を要するという。

    「隆起と沈降の境目となっている奥羽山脈に歪みが溜まっています。
    東北地方は震度5クラスの地震の常襲地帯ですが、隆起・沈降、水平方向、上下動のすべてを鑑みると、今年は新たな大地震の危険度が高いと言わざるを得ません」


    ◆“危険水域”を超えた

    【2】首都圏・東海警戒ゾーン

    村井氏は首都圏にも警戒を促した。

    伊豆諸島や伊豆半島に異常変動が集中しているからだ。

    「10月以降、伊豆諸島と小笠原諸島は異常な変動を繰り返し、不安定な状態です。
    特に隆起・沈降では、隆起傾向の三宅島と沈降傾向の神津島は約30km程度と近距離ですが、年末の両島の高低差は6cmを超えており、“危険水域”と言えます」


    【3】九州南部・南西諸島警戒ゾーン

    九州南部も鹿児島県の電子基準点「垂水」の8.3cmを中心に異常変動が集中している。

    「年末は鹿児島県の大隅半島と宮崎県南部で、地震発生前に見られることが多い大きな沈降が見られた。
    九州南部ではこの1年間、水平方向の動きでも大きな変動があった。
    2016年の熊本地震の余震ではなく、新たな地震が発生する可能性があります」


    【4】北陸・信越警戒ゾーン

    長野県の「白馬」で9.5cm、福井県の「大野」で7cmの異常変動があった。

    「長期的な隆起・沈降では、年末に福井県の『和泉』や『福井池田』、石川県の『白峰』が大きく沈降しており、ここも注意が必要です」


    全文はソース元で

    NEWSポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200106-00000006-pseven-soci 

    所長見解:全国やん・・・


    【【悲報】東大名誉教授「東日本大震災の直前と同じ兆候出現」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ことし国内で震度5弱以上の揺れを観測した地震は9回発生し、6月に山形県沖で発生した最大震度6強の地震では、けが人や建物の被害が相次ぎました。

    気象庁は「被害をもたらすような地震は、いつ、どこで起きてもおかしくない」として、日頃の備えを呼びかけています。

    j


    気象庁によりますと、ことし国内で震度1以上の揺れを観測した地震は、今月25日までに1539回発生しました。

    このうち震度5弱以上の揺れを観測した地震は、合わせて9回発生しています。

    1月3日には熊本県でマグニチュード5.1の地震が発生し、和水町で震度6弱の揺れを観測しました。

    総務省消防庁のまとめによりますと、この地震で4人がけがをしたほか、60棟の建物で一部が壊れる被害が出ました。

    6月18日には山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の揺れを観測し、沿岸には一時津波注意報が出されました。

    けがをした人は重傷者9人を含む43人。

    ブロック塀の倒壊や屋根瓦が落ちるなどの被害が相次ぎ、住宅被害は1650棟にのぼりました。


    気象庁は「被害をもたらすような地震は今後いつどこで起きてもおかしくない。
    家具の転倒防止や備蓄など、改めて日頃の地震の備えを確認してほしい」と呼びかけています。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012231901000.html 

    所長見解:怖いな・・・
    【【来年ヤバい?】今年は震度5弱以上の地震が9回発生した模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    j


    福井県小浜市の宇久漁港内で12月19日、死んだダイオウイカが漂流しているのを京都市内の男性釣り客(46)が見つけた。

    全長3メートル、一本だけ長い触腕を含めると約6メートル。

    地元漁師たちも「初めて見た」とカメラに収めていた。


    辺りがまだ暗い同日午前4時ごろ、浮いているのを発見し、地元漁師と縄でくくっておいたという。

    全身真っ白で、姿はそのままの形で吸盤も残っている。

    市職員が県栽培漁業センター(小浜市)に連絡し、引き取ってもらった。


    見つけた釣り客は目的のアオリイカの釣果はいまひとつ。

    写真を撮りながら「釣ったことにして息子に自慢しようかな」と話していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00010000-fukui-l18


    陸に揚げられたダイオウイカ
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20191220-00010000-fukui-000-view.jpg

    所長見解:やばいか・・・

    【【もう諦めろ】全長6メートルものバカでかいイカが謎の漂着ということは・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    名古屋と横浜。

    大都市が地震の危機に晒されている。

    東日本大震災から9年近く、地殻変動が再び活発化している。

    台風に続き、一難去ってまた一難、どころではない。

    壊滅的被害から逃れる術はあるのか。


    j


    危険な断層が3本も

    秋口から巨大な台風が日本を直撃し、多大な被害をもたらしたのは記憶に新しい。

    だが、今年の災害危機はこれだけでは終わらない。

    実はいま、気象災害のほか、巨大地震発生の危機が迫っている。

    最新データが指し示すのは、日本屈指の大都市である名古屋と横浜だ。

    この2都市の「Xデー」は近い。

    「実は名古屋市内には、中心部を通る3本の断層が存在しています。
    現在、この3つの断層が危ないと言われているのです」

    こう語るのは、立命館大学・環太平洋文明研究センター長の高橋学氏だ。


    3つの断層は、

    ①JR名古屋駅から熱田神宮へとつながる断層、
    ②名古屋城から熱田神宮へとつながる断層、さらに
    ③鶴舞公園から笠寺観音へと通じる断層のことである。

    これらは市内の南北を縦断している。

    なぜいまこの断層が注目されているのか。


    名古屋市のある東海地方を襲う巨大地震として知られているのが東海地震だ。

    内閣府の中央防災会議が組織する、「南海トラフの巨大地震モデル検討会」は現在、東海地震に対しての警戒も強めている。

    駿河湾近くを震源とする東海地震は、これまで平均して150年に一回という周期で中部地方を襲ってきた。

    記録によれば、1605年の慶長地震、1707年の宝永地震、1854年の安政東海地震といった具合だ。

    直近で最後の東海地震となる安政東海地震が発生してから、すでに165年もの間隔が空いている。

    中央防災会議は、東海地震について「今世紀前半での発生が懸念されている」と警告する。

    つまり、もはや東海地震はいつ発生してもおかしくない状況なのだ。


    歴代の東海地震の規模を示すマグニチュード(以下、M)は、7.9~8.6。

    ただでさえ巨大な東海地震が165年もの間エネルギーをため込んでいるため、次の地震の際にはかなりの規模となる可能性が高い。

    名古屋を含む東海地方は、史上最大レベルの被害を受けるおそれが高まっているわけだ。

    これだけで十分に危機的な状況と言えるが、問題は前出の3つの断層だ。

    東海地震に際し、これらの断層が連動して動く。

    それこそが最悪のシナリオである。

    前出の高橋氏が語る。

    「東海地震や3・11の東日本大震災のような、海溝型の大きな地震が来る直前には前兆として直下型の地震が発生する傾向があります。

    1946年の南海地震の1年前には、内陸直下型地震であるM6・8の三河地震が起きています。東日本大震災の際にも、本震の2日前に宮城県でM7・3の地震が起こっている」



    M8超級の東海地震の前に、まず直下の3断層が動くことにより、大型の直下型地震が名古屋を直撃するのだ。

    「3つの断層のうち特に名古屋駅から熱田神宮までを通る断層は1891年の濃尾地震の際にも動いた断層です。

    濃尾地震はM8を記録していますから、この断層が動き、直下型の地震となった場合、名古屋市内は最大でM8クラスの大型地震に見舞われる可能性があります」(高橋氏)

    1995年に6000人以上の犠牲者を出した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)はM7.3だった。

    名古屋がどれほどの危険に晒されているかはその数値からもわかるだろう


    続き
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69219

    所長見解:怖い・・・

    【【悲報】巨大地震発生直前、名古屋と横浜の「Xデー」がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    j


    首都直下地震 188万人が“住宅難民” 専門家分析
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191207/k10012206091000.html


    “地獄絵図”「被災ツリー」で見えた首都直下地震3つの危機
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012204341000.html


    NHKスペシャル シリーズ 体感 首都直下地震「終わりの見えない被災」
    https://tv.yahoo.co.jp/program/65888027/


    1からわかる!「首都直下地震」【中】 暮らしはどうなるの?
    https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji44/


    首都直下地震 被害想定 死者約2万3000人
    https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/natural-disaster/natural-disaster_05.html


    あなたの街は? 首都直下地震の“被害想定マップ” | NHK「体感 首都直下地震ウイーク」
    https://www.nhk.or.jp/taikan/hazardmap/?map=1


    NHKスペシャル | シリーズ 体感 首都直下地震プロローグ あなたは生きのびられるか
    https://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html

    所長見解:いやな・・・

    【【来るの?】NHKがやたらと首都直下地震特集やっている件・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ