ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元テレ朝の小川彩佳アナ(34)を迎え、鳴り物入りでスタートした「news23」(TBS)。

    6月3日の初回視聴率が4・3%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)で、期待外れだったことはお伝えしたが、最近では3%台もあるという。

    となれば、振り返れば「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(テレ東)が控えている。早くも危険水域との声も出始めた――。


    23


    民放プロデューサーは言う。

    「実は小川アナが、アナウンサーとしての実力を発揮し、『news23』浮上のきっかけになると思われた出来事がありました。
    それが6月18日夜に新潟県村上市で最大震度6強を観測した山形沖地震でした。
    この日、TBSは夜10時からドラマ『わたし、定時で帰ります。』の最終回を放送、『news23』はいつもより遅い11時15分開始予定でした。
    地震が発生したのは10時22分、まずは画面上に速報のテロップを流し、26分にはCM中だったにもかかわらず、報道特番に切り替えました。
    『news23』のサブキャスターを務める山本恵里伽アナ(25)が各地の情報を伝える中、45分からは小川アナが出演し、予定よりも30分前倒しで『news23』が始まりました。
    生放送中のNHKやテレ朝はそれより早く地震のニュースに切り替えましたが、TBSの対応もかなり早かったと思います」

    ちなみに、NHKは『クローズアップ現代+』を放送中で、10時22分の発生直後に地震速報が画面中央に表示され、司会の武田真一アナ(51)が原稿を読む態勢を取った。

    しかし、画面が切り替わり、別のスタジオからの中継に。

    テレ朝は『報道ステーション』の放送中で、24分から富川悠太アナ(42)が慌てて地震のニュースを読み始めた。

    日テレはバラエティの「幸せ! ボンビーガール」を放送中だったが、TBS同様、26分には番組は地震特番に切り替えられた。

    フジテレビはバラエティ「レディース有吉」を放送中だったが、切り替わったのは27分頃である。

    独自の路線を行くテレ東も「ガイアの夜明け」を40分頃に切り替えている。

    前出プロデューサーが続ける。

    「この時の小川アナの対応は良かったと思いますよ。
    余計な挨拶はなく、『「news23」です。地震の~』とスッと入り込み、切り回していました。
    30分前倒しで始まり、なおかつ深夜1時10分まで放送を続けました。
    こういう緊迫した状況に彼女のキリッとした顔は合うと思います。
    実際、視聴率も人気ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の最終回だっただけに、11時頃までは10%台をキープしていましたし、全体で見ても、古巣『報ステ』を上回る、民放1位だったことは間違いない」

    >>2以降に続きます

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00569110-shincho-ent

    所長見解:あれがな・・・

    【【news23】小川彩佳アナ、そろそろヤバい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    入浴中に大地震が来たらどうすればいいのか? 

    フルチンでダッシュは許される?
    j

    所長見解:しかたない・・・


    【【南海トラフ】風呂に入ってる時に大地震が来た場合 ←フルチンでダッシュは許される?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “先輩”とは見事に真逆な反応が見られた?

    フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが6月18日夜、山形県沖を震源とする地震の緊急ニュースに出演。

    その際の“顔”が注目を集めている。


    m


    「当初放送予定だったバラエティ番組『レディース有吉』の放送を延期しての緊急放送とあって、三田アナはすっぴんに近いメイクとおぼしき顔で急遽出演。
    やはりフルメイク時との違和感はありましたが、元々、美人ということもあって、薄化粧も“可愛らしい”との声が上がりました。
    メイクが整っていない状況でのテレビ出演となりましたが、震度6という大きな揺れと津波注意報も出ていましたから、四の五の言っていられない状況だったのでしょう。
    番組ではしっかりと仕事モードで対応しており、その高いプロ意識も改めて称賛を集めています」(エンタメ誌ライター)


    ミタパンファンからは

    「薄化粧でも全然イケてるやん」
    「すっぴんミタパンかわいいな」
    「メイク薄い方がかわいい」
    「ショーパンとは大違いだな」

    などといった声が上がっており、三田アナのルックスの良さを再確認できたようだ。


    https://cdn.asagei.com/asajo/uploads/2019/06/20190621_asajo_mita.jpg

    https://asajo.jp/excerpt/74217

    所長見解:生野・・・

    【【ミタパン】フジ・三田友梨佳アナ、緊急地震中継での“ほぼすっぴん”が話題www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本が世界に誇る名峰「富士山」。

    ユネスコ世界文化遺産に登録され、国内外から多くの観光客が訪れる日本一高い山だが、かつて大噴火を何度も起こしてきた活火山であることは忘れられがちだ。

    最後の1707年に発生した「宝永噴火」では、噴火が16日間も断続的に続き、火山灰は遠く房総半島にまで達した。

    雪のようにも見える白い火山灰は10日以上も降り続き、外は昼間でも薄暗くなったそうだ。


    そんな富士山が、宝永噴火から300年以上経った現在、いつ噴火してもおかしくない「スタンバイ状態」に入っているという。

    そう警鐘を鳴らすのが、本稿で紹介する『富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ(ブルーバックス)』(鎌田浩毅 /講談社)だ。

    本書を読むと、火山学の第一人者として富士山を長年見続けてきた著者が、なぜ今のタイミングで、富士山の噴火を懸念しているのか理解することができる。

    f


    ■東日本大震災で富士山の状況が一変

    富士山は噴火を繰り返して現在の高さになった「活火山」だが、江戸時代から令和を迎えた現在まで300年以上にわたって平静を保ってきた。

    しかし鎌田氏によると、2011年の東日本大震災によって、富士山の状況は一変したという。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16616794/
    所長見解:怖いな・・・

    【【これはヤバい】富士山が噴火するXデーがコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    5月26日、南米ペルーでM8.0の巨大地震が発生した。

    地球の裏側の話にすぎないと気に留めていない読者も多いかもしれないが、それは大きな誤りである。

    ペルーは日本列島もすっぽりと収まる「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」に位置しており、同国で起きる地震と日本列島で起きる地震は不気味に連動しているのだ。

    この恐怖の法則、そして間もなく日本を襲うことになる地震について詳しく解説したい。

    j


    ■ペルーでM8.0、他人事ではない!
     
    まずは、今回ペルーで発生した巨大地震について概要を述べる。

    発生日時は26日の未明、2時41分(日本時間26日16時41分)。

    震源はペルー北部ラグナスから南南東約80kmの内陸、地震の規模はM8.0だった。

    深夜だったこともあり、現地では就寝中を襲われた多くの人々が戸外へと飛び出した。

    今回の地震によって少なくとも1人が命を落とし、10人以上が負傷した模様だ。
     
    ペルーでは、太平洋上のナスカプレートが大陸の南米プレートに潜り込んでおり、過去にも内陸部でM8クラスを含む大地震が繰り返し発生している。

    今回は幸いにも津波の危険はなかったが、発生した場合にはそれが日本付近まで到達することもある。


    https://tocana.jp/2019/05/post_97295_entry.html

    所長見解:怖いな・・・

    【【悲報】南海トラフ巨大地震は今から3カ月以内に発生する説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ