地震

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    n


    ひっくり返った軽自動車に掛け布団がジャストポジションでかかってて笑った

    そのニュース番組のキャプ画像が出回らなかった点で、日本が混乱していたのがわかる


    所長見解:ヤバかったな・・・

    【【あの日を忘れない】東日本大震災の思い出がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    相次ぐ異臭騒ぎは「スーパー南海地震」の前兆? 

    過去の大地震でも前例〈週刊朝日〉


    j


    そんな中、立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は、異臭騒ぎは巨大地震の予兆だ、と警鐘を鳴らす。

    「活断層が割れたり、プレートがこすれて剥がれたりすると異臭がする。
    三浦半島と房総半島南部は活断層が地表に露出していて、活断層の岩が割れれば異臭がするはず」


    過去にも地震発生前、異臭騒ぎが起きたという。

    「1923年の関東大震災の後、内務省がまとめた文書の中に、三浦半島の城ケ島と浦賀で異臭騒ぎがあったということが記録されている。
    95年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災の前も異臭があった」


    高橋教授は、今後も異臭が続くと予想する。

    三浦半島と房総半島の間の東京湾の海底にある相模トラフ。

    これが北米プレートとフィリピン海プレートに接し、ひずみが蓄積されているというのだ。

    「そのプレートがこすれ合い、やがては『海溝型地震』につながる。
    関東大震災もまさしく、相模トラフから発生した海溝型地震」と高橋教授。

    相模トラフの異変で首都圏直下型地震が起き、「首都圏だけでなく西日本や台湾、フィリピンまで一蓮托生(いちれんたくしょう)の『スーパー南海地震』が起きる。
    そうなれば東京五輪どころではない」。


    スーパー南海地震は、津波だけで47万~50万人が死亡するとされる。

    異臭騒ぎをきっかけに、震災への備えを改めて確認しておきたい。

    所長見解:怖いやん・・・

    【【日本沈没】神奈川県の異臭はスーパー南海地震の予兆ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「8月21日朝5時16分、横浜・東京で巨大地震が起きる」政財界で話題の当たりまくる予言者が断言!! 緊急独占インタビュー!


    j


    「2020年8月21日5時16分、横浜と東京を大きな地震が襲う」

    スピリチュアルヒーラー・昭島レイラ氏の衝撃的預言が今、話題になっている。

    天からのメッセージを人々に伝えるとともに、ヒーラーとしても『an・an』(マガジンハウス)の特集で取り上げられたり、著書『幸運の扉を開く』(幻冬舎)を出版するなど長年の目覚ましい実績を誇るレイラ氏が、この7月7日から突然、YouTubeチャンネル「Rayla -レイラ- の都市伝説」を開設。

    その理由は、天からの大預言「2020年夏、日本を襲う史上最悪の大地震」を警告するためだという。


    大地震の発生日時をピンポイントで断言する動画は当然ながらネット上で大反響を呼び、編集部にも真相を探ってほしいという声が数多く届いていた。

    これが真実であれば、前代未聞の恐るべき事態である。

    このたびTOCANAは、レイラ氏に戦慄の預言について真相を問いただすべく緊急独占インタビューを敢行。

    前編と後編に分けてお届けする。


    動画がコチラ



    https://tocana.jp/2020/08/post_166990_entry.html

    所長見解:どうすんねや・・・


    【【緊急速報】予言者「8月21日 朝5時16分、横浜・東京で巨大地震が起きる」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大地震のXデーが近い気がする

    x

    所長見解:ヤバいやん・・・

    【【悲報】大地震のXデーが近い説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【緊急警告】

    本日、巨大地震発生か!?

    自転速度、地中の電子、月の位置… 「電気的地球科学」的に最悪の条件が揃った!

    物理・科学・IT専門家の平清水九十九が解説! 最先端「電気的宇宙論」からみた地球科学を紹介する!


    j
     

    5月4日、6日(5日未明)に関東東部で2つの地震があった。

    どちらもM5程度、最大震度が4と地震としては被害が出るか出ないかの微妙な大きさだ。

    二つの地震に特徴的なことは、震源の深さがそれぞれ50km、70kmと中途半端な深さである点だ。

    これが何を意味しているかを電気的地球科学から見てみよう。

     
    以前の記事でも解説しているが、電気的地球科学では地震は岩盤内部での放電現象と考えている。

    太平洋火山帯を取り巻くマグマの帯に電流が流れていて、地球磁場と作用することで、ファラデーモーターとして地球を自転させている。

    マグマに流れる電流が周囲に放電するのが地震の発生だ。

     
    日本列島の下には厚さが30kmから100km程度のマグマが留まっていると予想されている。

    マグマの分布は太平洋側が薄く、日本海側に行くにしたがって厚くなっている。

    地表の10km下からマグマがある。

    (中略)

    これから夏至を迎えるが、北半球では太陽の高度があがるため、地下の電子を引き付ける力が強くなる。

    もし、日中、太陽が高い時、月がちょうど地球の裏側に位置すると、マグマに流れる電子は地表に上がって放電する。

    地表近くに震源があると直下型地震になり、被害も増すことになる。

    地震危険日は地球の自転速度が速くなり、月が地球に近づく6月2日前後だが、この日に地震が起きた場合、そのタイミングと月と地球の位置関係によって、大地震となるかどうかを決定するだろう。

    地下で起きている地震は宇宙と密接な関係を持っている。


    https://tocana.jp/2020/06/post_155179_entry.html

    所長見解:マジかいな・・・


    【【緊急警告】本日、巨大地震が発生する模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ