ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    圧力

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)が、辞めた者に対してこれまで以上に圧力を強める可能性があるという。

    とくに9月末で『関ジャニ∞』を辞めた錦戸亮(35)に関しては、特別な“お触れ”を出すというのだ。

    n


    「錦戸は辞めたあとの動きというべきか、下準備がすごい。
    10月からコンサートチケットを売り出し11月はじめにはライブを終えたところもある。
    11月いっぱい全国ツアーを開催。
    綿密に練った独立計画だったことがわかります」(ジャニーズライター)

    独立の翌日10月1日に事務所を設立。

    オフィシャルサイト、ファンサイト、ツイッターなども立ち上げ、個人事務所としての形もでき上がっていた。

    特筆されるのはオフィシャルインスタグラムのフォロワー数がいま(11月23日現在)、100万人ちょうどに達したことだ。

    「11月中に主要都市の全国ツアーを終え、その後12月にアルバムを発売。
    これも完成済みらしく、予約販売されています。
    9月末までジャニーズにいたのに用意周到過ぎ。
    異常なほど展開が早い」(前出・ジャニーズライター)

    12月11日、自主レーベル『NOMAD RECORDS』からアルバム『NOMAD』を発売予定。

    これが1stアルバムとなる。

    「錦戸は今年になっていきなり辞めることになったのではなく、昨年、その前から独立説が出ていました。
    今年になってジャニー喜多川氏の容態がよくなく(7月死去)、独立延期していましたが、
    いまの動きの早さを考えると、相当前から独立準備していたと見るのが普通。
    ジャニー氏のことがなければ、もっと前に辞める気だったのかもしれません」(音楽雑誌編集者)


    それにしても錦戸は、なぜ、こうも素早く再活動ができたのか。

    「ジャニーズ事務所を追放された元『KAT-TUN』赤西仁(35)が相談役だといいます。
    2人はジャニーズ時代から仲がよく、今回の独立を赤西が支援。
    スタッフまで出しているのだとか。
    事実、11月12日、都内の会場でおこなわれた錦戸のライブに赤西がお忍びで訪れている。
    “あぶれ者同士”の絆は強いみたいです」(前出・音楽雑誌編集者)


    赤西といえば、滝沢副社長の大のお気に入りとされる『KAT-TUN』の亀梨和也とは大の不仲。

    体制ベッタリでゴマすりの亀梨と対立。

    赤西も引導を渡されたクチだ。

    「錦戸が見つけたのか、赤西なのかはわかりませんが、錦戸の後ろにはメディアミックス企業A社がついているとされます。
    A社は、今後音楽に力を入れるために、錦戸をその核にするともいいます。
    A社グループの売り上げは、ジャニーズ事務所の売り上げ1000億円を上回ります」(レコード会社関係者)


    錦戸は『関ジャニ∞』時代、バラエティー色の強い村上信五(37)をメインに据える事務所の方針に猛反対だったという。

    「錦戸、赤西は事務所の不満分子である若手を今後引き抜くことを考えているみたいです。
    当然、滝沢氏としては外部でガンになりそうな錦戸を、早めに潰しにかかりたいのです」(前出・ジャニーズライター)


    事務所を辞めても、滝沢氏との抗争は続きそうだ。


    https://k-knuckles.jp/1/9346/2/

    所長見解:そやね・・・
    【【ジャニーズ事務所】滝沢副社長が錦戸亮に圧力説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《かねてよりお付き合いさせていただいている方と結婚することとなりました》

    11月12日午後11時に発表された「嵐」二宮和也の結婚。

    お相手は交際5年になる元フリーアナウンサーのIさんだ。

    考えてみると、“かねてよりお付き合いさせていただいていた方”であるIアナウンサーのことは、つい最近まで実名で報道されていた。

    例えば今年9月に『女性自身』が《独占目撃!! 二宮和也”愛の巣”「3億円豪邸」も購入──結婚決意の同棲をスタート》と題されたスクープでも、お相手のアナウンサーの名前は堂々と記されている。

    それなのに、今回はテレビやスポーツ紙、全国紙などの“大手メディア”と呼ばれるマスコミは、すべてIアナの名前を伏せているのだ。

    「Iさんは,‘03年に秋田放送にアナウンサーとして入社。
    ‘07年に独立してフリーになりました。
    二宮さんは‘12年に当時Iさんがレギュラー出演していた『news every.』(日本テレビ系)で初共演。
    その後、『VS嵐』(フジテレビ系)に彼女がゲスト出演し、そのときに連絡先を交換。
    14年頃から交際がスタートしたそうです」(ワイドショー関係者)

    ‘16年には2人のお泊り愛を『女性セブン』がスクープ。

    ‘18年には『週刊文春』がモルディブへの婚前旅行を報じていた。

    「‘18年3月にIアナは芸能活動を引退。
    事実上、二宮が生活を支える形になっていました。
    すでにこのときに結婚秒読みと言われていましたからね。
    ジャニーズが報道へのリリースで名前を出さなかったのも、彼女が“あくまで”一般人ということだからでしょう」(同・ワイドショー関係者)

    w


    ジャニーズとしては、どうしてもIアナの名前を出したくない事情があったという。

    それは、彼女が二宮のファンから快く思われていないからだ。

    「アイドルの彼女となればファンからある程度、バッシングがあるのは仕方ないのかもしれませんが、Iアナの場合はそれが激しかった。
    というのも、彼女は不用意にブログで発信し、ファンが“匂わせ行為”だとネットなどで炎上していたんです。
    その状況をジャニーズは面白く思っていないのは事実ですよ」(テレビ局関係者)


    そんなIアナの存在を消す“ステルス化作戦”は、結婚発表前から用意周到に行われていた。

    今年10月ころに一部の出版社などにIアナの代理人である弁護士から“通知書”が届けられていたのだ。

    「その通知書には、Iアナは‘18年3月末までは芸能活動をしていたが、現在は一般人なので実名、及び顔写真等などは公開しないよう記されていました。
    しかも、それが守られないようであれば、法的措置も辞さないという、かなり強い要望でした。
    つい1年半ほど前まで芸能活動していた人なのに、こんな書面が届くのは珍しいですよ」(週刊誌記者)


    そんなタブーだらけの結婚発表。

    当然ながら、ジャニーズ事務所サイドもお祝いムードとは程遠いものだった。

    「テレビで使える事務所が許可した画像素材も少なく、もちろんIアナの顔などを一切、出すなという強いお達しがありました。
    今年9月に24歳年下のグラビアアイドルと結婚したTOKIOの城島茂の結婚発表と比べたら、会見も無いし寂しいものですよ。
    Iアナがマスコミに通知書を送ったのも、当然二宮と相談してのことでしょうね」(前出・テレビ局関係者)


    ‘20年末に活動休止する「嵐」。

    ”さあこれから”という最大限に注目度が高まっているところでの結婚発表に、ファンはどう思うのだろうか――。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00000039-friday-ent
    写真 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191113-00000039-friday-000-6-view.jpg 



    所長見解:知ってるのに・・・

    【【謎】嵐・二宮和也の結婚相手(伊藤綾子)の名前をマスコミが徹底的に出さない理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。

    「“いい歳こいたばばあ”とか“おばたん”といった女性を侮辱する言葉を発したことによって、広告関係は軒並みNGになった。
    もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。
    流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー)

    y


    タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。

    「テレビではこの“タピオカ騒動”を扱わないようにしています。
    ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。
    事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者)


    テレビだけではない。

    ヤフーニュースで“木下優樹菜”と検索してみると、スポーツ紙はこの“タピオカ騒動”を報じていない。

    扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。


    「しかし世間はそう簡単に許してくれませんよ。
    週末台風19号でこれだけの被害があり、世間の注目が移っているというのに、ネット掲示板では、木下の話題は途絶えることなく炎上しています。
    マスコミを押さえつける行為というのは、“ネット全盛”の令和時代では逆効果。
    “燃料投下”に過ぎないんですよ」(前出・スポーツ紙記者)


    影響は木下だけにとどまらない。

    夫・藤本の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)は、タピオカ騒動が明るみに出たとたんに、

    《本日放送分から諸般の事情により全て放送中止いたします。
    また、AbemaVideoでも一覧から削除させて頂きます》

    とアナウンスされ、再放送とリスト公開が中止。

    皮肉にも妻のスキャンダルで、番組名のように“干され”てしまった。


    木下の最大の武器であるSNSが諸刃の剣となった今回の騒動。

    女性からお許しが出るのはいつになるのだろうか。


    https://friday.kodansha.co.jp/article/72315

    所長見解:もうね・・・
    【【暴露】テレビで木下優樹菜の騒動を取り上げようとする → 上層部から止められお蔵入り ←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜の恫喝、「記事差し止め」某事務所幹部が東スポに圧力か!?
    録音された「抗議電話」がヤバイ!? 


    タレント木下優樹菜の恫喝DM騒動で、実姉とトラブルになっているタピオカ店「#ALLRIGHT」を取材した東京スポーツ新聞に対し、大手芸能事務所Aの幹部B氏が記事差し止めの“圧力”をかけていたことが当サイトの取材でわかった。


    g

     
    今回の騒動をめぐっては、同店で働いていた木下の姉Cさんと、同店の事実上の店主Dさんとの間の確執が発端だ。

    両者は一般人だったが、ここに木下が乱入したことで一気に弾けた。

    「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」

    「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし」

    「色々頭悪すぎな」

    などとDさんを脅したのだ。


    「CさんとDさんのトラブルは事実関係がはっきりしませんが、ここに木下がDさんに対し、ヤクザのような口調で恫喝DMを送ったのです。
    これをDさんをよく知る人物がネットにさらしたため、木下のテレビでは見せない裏の顔があらわになったのです」(芸能関係者)

     
    CさんとDさんのトラブルはともかく、木下の恫喝DMは完全にアウト。

    ましてや、メディアに登場し、影響力ある芸能人が一般人に対し脅したのは、刑事事件に発展してもおかしくはない。

    それゆえに、現在ネット上で大炎上しているのだ。

     
    だが、ここにきて看過できない事案が発生したという。

    あるテレビ関係者がこう耳打ちする。

    「じつは、東スポがお店に取材した後、木下の所属事務所に何からのコメントを求めたそうなんですよ。
    すると、同事務所の後ろ盾になっている大手芸能事務所Aの幹部B氏が東スポに記事を差し止めするようにガンガン抗議の電話をしたそうです。
    東スポ側は『でも恫喝DMしたのは事実じゃん』と一蹴したそうですけど(笑)」


    https://tocana.jp/2019/10/post_118640_entry.html
    所長見解:やるやん・・・

    【【タピオカ騒動】木下優樹菜の事務所幹部がマスコミに圧力ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    香取慎吾が8月28日に『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演したことが話題になったが、今度は稲垣吾郎が10月12日に放送される『本当にあった怖い話 20周年スペシャル』(フジテレビ系)に出演することが明らかになった。

    元SMAPのメンバー3人が地上波に出るというだけでニュースになるのはなぜなのか。

    ジャニーズ事務所を退所したあと、彼らが出演していた番組は軒並み打ち切られ、地上波の番組に出演する機会がほとんどないまま2年が過ぎたからである。


    なぜ、彼らがそのような状況に置かれることになったのか。

    誰もが“考えられる理由は1つだ”と思っていたことだろう。

    それを裏付けるかのように、公正取引委員会がジャニーズ事務所に口頭注意をしたという報道があった。

    3人を出演させないよう、事務所がテレビ局に圧力をかけていた疑いがかけられたのだ。


    ジャニーズもテレビ局も報道を否定。

    しかし、大手事務所を辞めたタレントが思うように仕事ができないのは、もう何十年も前からあることなのだ。

    芸能事務所がテレビ局に圧力をかけるという話は、今では一般人でさえもよく知る話である。


    「かつては影響力を持った事務所は、“うちのタレントを引き上げます”という殺し文句をよく使っていました。
    歌番組がいい例です。
    他の事務所に移籍した歌手や、自分の事務所のタレントとキャラが被るタレントがブッキングされたとき、その事務所は面白くないわけです。
    そこであの殺し文句が出てくる。
    局としては、大手事務所の人気歌手が何人も出ないとなると困るため、仕方なく言いなりになってしまう。
    “出すな”と言っているわけではありませんが、圧力に変わりはありません」(キー局プロデューサー)


    ただ、今は露骨にそんなことを言う事務所はないという。

    それでも、事務所の意向にそぐわなければ煩わしいことが起こる――。

    そんなことは極力避けたいと思うテレビマンは少なくないだろう。

    “忖度”以前に、“触らぬ神にたたりなし”となるわけだ。

    元SMAPの3人についても、おそらくそういうことだったのではないか。

    公取委の報道が出たことで、これから先、テレビ局と事務所の関係が変化すると期待している人は多い。

    彼らが地上波に戻ってくることはその表れだろう。

    また圧力は「使うな、出演させるな」というだけではない、と語るのは前出のキー局プロデューサー。

    「大手事務所所属のタレントが出演している番組は打ち切りにくいというのもテレビ界の常識です。
    視聴率が低すぎる番組は普通打ち切りの対象となりますが、だらだらと放送を続ける場合があります。
    そういう番組はたいてい大手事務所のタレントがMCを務めていたり、主演のドラマだったりしますよね」

    v


    TOKIOの国分太一がMCを務める朝の情報番組『ビビット』(TBS系)の打ち切りが発表された。

    1年で終了した前番組『いっぷく!』も含めて5年半、TBSの朝の顔を務めたのだが、その間視聴率は低迷を続けた。

    打ち切り説が何度も出たが、即打ち切りにならなかったのは、「司会が国分さんだからですよ。
    前番組も散々だったのに、彼を交代させなかったのは事務所に対して遠慮があるから。
    簡単に打ち切りなんかしたら、その後が怖いんです。
    そんなことから、テレビ局に“忖度体質”が出来上がってしまったんです」と、TBS関係者は話す。

    そのため、もし番組を打ち切りにする場合は、事務所の機嫌を取るための代替案を考えなくてはならない。

    代わりの番組を用意するのが通例だという。

    同局で国分がMCを務める深夜バラエティ番組『世界くらべてみたら』が10月からゴールデンタイムに昇格になるという。

    深夜番組が時間帯を変更して“昇格”するのは、たいていは人気が出た場合。

    同番組が当てはまるかどうかは微妙なところであり、打ち切りに対する“忖度”なのではないかという見方もある。


    今回はジャニーズ事務所だけが俎上に上がったが、芸能界には同事務所と同じ、いやそれ以上の“影響力”を持つ事務所があるのは誰もが知るところ。

    “圧力問題”が完全になくなるにはまだまだ時間がかかりそうだ…。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00000001-friday-ent

    所長見解:あるやろね・・・

    【【ジャニーズ事務所】国分太一『ビビット』打ち切りの恐ろしすぎる舞台裏・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ