ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    国分太一

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    香取慎吾が8月28日に『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演したことが話題になったが、今度は稲垣吾郎が10月12日に放送される『本当にあった怖い話 20周年スペシャル』(フジテレビ系)に出演することが明らかになった。

    元SMAPのメンバー3人が地上波に出るというだけでニュースになるのはなぜなのか。

    ジャニーズ事務所を退所したあと、彼らが出演していた番組は軒並み打ち切られ、地上波の番組に出演する機会がほとんどないまま2年が過ぎたからである。


    なぜ、彼らがそのような状況に置かれることになったのか。

    誰もが“考えられる理由は1つだ”と思っていたことだろう。

    それを裏付けるかのように、公正取引委員会がジャニーズ事務所に口頭注意をしたという報道があった。

    3人を出演させないよう、事務所がテレビ局に圧力をかけていた疑いがかけられたのだ。


    ジャニーズもテレビ局も報道を否定。

    しかし、大手事務所を辞めたタレントが思うように仕事ができないのは、もう何十年も前からあることなのだ。

    芸能事務所がテレビ局に圧力をかけるという話は、今では一般人でさえもよく知る話である。


    「かつては影響力を持った事務所は、“うちのタレントを引き上げます”という殺し文句をよく使っていました。
    歌番組がいい例です。
    他の事務所に移籍した歌手や、自分の事務所のタレントとキャラが被るタレントがブッキングされたとき、その事務所は面白くないわけです。
    そこであの殺し文句が出てくる。
    局としては、大手事務所の人気歌手が何人も出ないとなると困るため、仕方なく言いなりになってしまう。
    “出すな”と言っているわけではありませんが、圧力に変わりはありません」(キー局プロデューサー)


    ただ、今は露骨にそんなことを言う事務所はないという。

    それでも、事務所の意向にそぐわなければ煩わしいことが起こる――。

    そんなことは極力避けたいと思うテレビマンは少なくないだろう。

    “忖度”以前に、“触らぬ神にたたりなし”となるわけだ。

    元SMAPの3人についても、おそらくそういうことだったのではないか。

    公取委の報道が出たことで、これから先、テレビ局と事務所の関係が変化すると期待している人は多い。

    彼らが地上波に戻ってくることはその表れだろう。

    また圧力は「使うな、出演させるな」というだけではない、と語るのは前出のキー局プロデューサー。

    「大手事務所所属のタレントが出演している番組は打ち切りにくいというのもテレビ界の常識です。
    視聴率が低すぎる番組は普通打ち切りの対象となりますが、だらだらと放送を続ける場合があります。
    そういう番組はたいてい大手事務所のタレントがMCを務めていたり、主演のドラマだったりしますよね」

    v


    TOKIOの国分太一がMCを務める朝の情報番組『ビビット』(TBS系)の打ち切りが発表された。

    1年で終了した前番組『いっぷく!』も含めて5年半、TBSの朝の顔を務めたのだが、その間視聴率は低迷を続けた。

    打ち切り説が何度も出たが、即打ち切りにならなかったのは、「司会が国分さんだからですよ。
    前番組も散々だったのに、彼を交代させなかったのは事務所に対して遠慮があるから。
    簡単に打ち切りなんかしたら、その後が怖いんです。
    そんなことから、テレビ局に“忖度体質”が出来上がってしまったんです」と、TBS関係者は話す。

    そのため、もし番組を打ち切りにする場合は、事務所の機嫌を取るための代替案を考えなくてはならない。

    代わりの番組を用意するのが通例だという。

    同局で国分がMCを務める深夜バラエティ番組『世界くらべてみたら』が10月からゴールデンタイムに昇格になるという。

    深夜番組が時間帯を変更して“昇格”するのは、たいていは人気が出た場合。

    同番組が当てはまるかどうかは微妙なところであり、打ち切りに対する“忖度”なのではないかという見方もある。


    今回はジャニーズ事務所だけが俎上に上がったが、芸能界には同事務所と同じ、いやそれ以上の“影響力”を持つ事務所があるのは誰もが知るところ。

    “圧力問題”が完全になくなるにはまだまだ時間がかかりそうだ…。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00000001-friday-ent

    所長見解:あるやろね・・・

    【【ジャニーズ事務所】国分太一『ビビット』打ち切りの恐ろしすぎる舞台裏・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    TOKIOの国分太一(44)が4日放送のフジテレビ系「TOKIOカケルSP」(水曜後10・00)に出演。

    ジャニー喜多川さんに“究極の質問”をした過去を明らかにした。

     
    国分は「研究のため舞台をよく見るようになった」と語り、それがきっかけでジャニーさんとも友達感覚で話せるように。

    ある時にふと、「ジャニーさんが思う最強のグループは?」と尋ねた。

    「今思えば“究極の質問”をしちゃったんだけど。そしたら即答だったの」と話し、共演者たちはそれぞれ予想を始める。

    i


    国分は「言っちゃっていい?」と前置きしながら「少年隊だって」。

    それを受けてV6の井ノ原快彦(43)は「泣けるね…」とうなずく。

    国分は「踊りが完璧。歌も歌えて、自分たちで演出もできていた。」と理由を挙げ、「確かに少年隊は今までの先輩たちよりもハードに踊っていた。
    ジャニーさんはあそこまで求めていたんだ」と思いを寄せた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00000216-spnannex-ent



    所長見解:そうなんや・・・

    【【衝撃結果】ジャニーさんが思うジャニーズ事務所の最強のグループがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の予告編に、元SMAP木村拓哉が登場。

    長瀬智也・国分太一とともに「0円食堂」に挑む様子が流れ、視聴者が騒然となった。

    d


    衝撃の瞬間が訪れたのは番組の最終盤。

    「横浜DASH海岸」で城島茂と桝太一アナがイシダイを使った料理を食べ、枡アナが「自然という最高のサンタさんがいましたね」と締め、城島が「それを最後に言いたいと思っていた」とオヤジギャグを飛ばしたあとだった。

    「次回0円食堂に」とナレーションされると、キッチンカーに乗る国分と長瀬の姿が。

    両者が外を見るなり、「え!マジで?」「嘘でしょ?」「マジすか」と声を上げる。

    そして「あの先輩が…」と再びアナウンスされ、遠くから歩いてくる長髪男性の姿をカメラが捉える。

    歩いてきたのは元SMAP木村拓哉。

    長瀬が「かっこいいなあ」と叫ぶなか、木村は早速「養豚場は近いみたい」とアドバイス。

    どうやらリサーチをしっかりしてきた様子。


    そして国分太一が「0円食堂」の趣旨を紹介したようで、「スタッフの人がそれアウトですっていうこともあるんですよ」と説明すると、木村は「それが誰がいうの?」と不機嫌そうな声を上げた。

    そして実際に民家を訪れ、「すいません」と女性に声を掛ける様子が。

    どうやら忖度なしの「ガチ」で、「0円食堂」に挑むようだ。

    なお放送日についてはアナウンスがなかったが、公式サイトには1月20日と記載されている。

    https://sirabee.com/2018/12/24/20161935656/ 


    所長見解:なんでも・・・

    【【これはすごい】鉄腕DASH「0円食堂」ついにあの男が参戦の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    TOKIOの国分太一(44)がメインMCを務めている「ビビット」(TBS系)がついに打ち切り対象として局内で審議され始めたという。

    b


    同番組は2015年春に「白熱ライブ ビビット」の名前でスタート。
    芸能ニュースや時事問題を扱い、TBS系列の朝の時間帯としては「モーニングEye」以来18年半ぶりのワイドショー復活として話題をさらった。

    「国分がジャニーズのタレントとして史上初のワイドショーMCを担当することも番組の看板のひとつでした。
    かといって、ミーハーな企画に偏るわけではなく、国分とタッグを組む真矢ミキの的確な司会進行も安定があります。
    内容的には今でも決して悪くないと思います」(TBS関係者)

    ところが、視聴率が伴わずに低空飛行を続けてきた。
    この3年半の間で数字が一時的に上昇したのは、今年4月にTOKIOのメンバーだった山口達也が強制わいせつ事件でグループを脱退した直後と、今年6月にレギュラーのNEWS・加藤シゲアキが不祥事を起こした時くらい。
    2~3%台をウロウロし、今月も2%台を連発。
    テレビ東京を除くと民放最下位のポジションが定着している。

    つづく


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/240264


    所長見解:見ないよね・・・

    【【低視聴率】 TOKIO・国分太一「ビビット」ついに打ち切りの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    視聴者も辟易…ジャニタレにキャスターやらせるTV局の責任

    ジャニーズのタレントがMCやキャスターをやっている番組が多すぎないか――
    こんな声がしきりである。

    k


    ざっと数えると日本テレビはNEWS小山慶一郎の「news every.」や櫻井翔の「NEWS ZERO」など4番組、テレビ朝日は東山紀之の「サンデーLIVE!!」など2番組、TBSは国分太一&加藤シゲアキの「ビビット」など2番組、フジテレビは伊野尾慧の「めざましテレビ」など2番組、気がつけば報道・情報番組にジャニーズタレントがあふれている。

    先週の小山、加藤の未成年飲酒報道に続き、今週またまた“文春砲”が炸裂。
    手越祐也の未成年女性との飲酒パーティーが報じられた。

    「手越は12年から日テレのW杯メインキャスターを務めていて、文春発売日はくしくもワールドカップ開幕当日。
    山口や小山に続き、日テレはまたしても煮え湯を飲まされた形です」(TVウオッチャー)

    わいせつ事件の山口達也を皮切りに、小山、加藤、そして手越と続くジャニーズタレントの相次ぐスキャンダル。
    しかも報道系のキャスターがズラリと並ぶのは異様ではないか。

    とくに日テレは「ZERO」の櫻井以来ジャニーズのキャスター戦略を進めたが、路線変更を余儀なくされるのではないか。

    そもそもジャニーズのタレントに“キャスターごっこ”をやらせるのが間違い。
    視聴者はもう辟易だ。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/231403/1

    所長見解:多いよね・・・

    【【批判殺到】ジャニーズのタレントがMCやキャスターをやっている番組が多すぎの結果wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ