このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代のユーロビートのカバー曲『U.S.A.』が昨年大ヒットした7人組ダンス&ボーカルグループ・DA PUMP」。

    昨年末には16年ぶりにテレビ番組『NHK紅白歌合戦』にも出場し、今月6日には勢いに乗ったままで新曲『桜』をリリースした。

    d


    『U.S.A.』から打って変わって全編日本語詞で、日本の四季に合わせて人生の流れを歌ったもので、2020年の東京オリンピック開催を強く意識したもの。

    誰もがマネしやすい特徴的な振り付けに、桜をイメージした“サクラフィンガー”なども取り入れられた。

    新曲リリース日には6月13日、14日にグループとして16年9カ月ぶりとなる日本武道館公演が開催されることも発表され、上り調子で順調そのものに見えるDA PUMPだが、レコード会社関係者はいう。

    「メンバーは7人ですが、初期メンバーはISSAだけです。
    ISSAは幼少期から沖縄で子役として活躍し、キャリアもあれば、パフォーマーとしてのプロ意識も高く、人気実力ともに他の6人とは格段に差があります。
    そんななかでISSAと他のメンバーの間で不協和音が出始めています」

    DA PUMPはISSA、KEN、YUKINARI、SHINOBUというメンバー構成で、1997年にシングル曲『Feelin' Good -It's PARADISE -』でデビューし、大ブレイクを果たした。

    テレビ局関係者は、当時をこう振り返る。

    「個性際立つ美男子4人が本格的なストリートダンスを踊る姿は、革新的で格好良かった。ジャニーズのグループとはまた違う女性ファンを拡大して、男性人気もありました。
    4人の時代には『紅白』出場は5回に上り、レコード大賞含め受賞歴も多く、名実ともに人気グループといえる存在でした」



    ●温度差

    そんな人気絶頂を極めたものの、2006年に道路交通法違反(飲酒運転)で逮捕されて活動を自粛していたSHINOBUが脱退。

    08年には当時離婚調停中だったYUKINARIも脱退、09年には9人組として再スタートを切った矢先にKENが脱退し、オリジナルメンバーはISSAひとり。

    その後、現在の7人体制になったが、これからという11年、ISSAの女性問題で一時活動が制限されることになり、解散の危機もあった。

    そしてISSAは芸能界で大きな影響力を持つことで有名な現所属事務所社長直々のプロデュースによる『U.S.A.』を引っ提げ、売れた経験のない他のメンバー6人にも「『紅白』のステージを経験させてやりたい」と一念発起したことでも知られる。

    「ISSAにとって『U.S.A.』のヒットは自身の結婚時期とも重なり、社長によるご祝儀のようなものでした。
    事務所をあげてバックアップしたのだから、売れて当然。
    新生DA PUMPのメンバーは、パフォーマーとしての実力は確かなものですが、アイドル的な華という意味ではいまひとつパッとしない。
    4人組の時と比べて、個々の知名度はまだまだ低いです。
    新生メンバーが不動の人気を獲得するためには、今が正念場。
    ISSAはそれを誰よりもわかっているし、グループの顔としてのプライドも高いので、他のメンバーに対しての当たりが厳しいようですね。
    気合いの入り具合が違うというか、温度差があるというのか、それでメンバーとの関係がぎくしゃくしているそうですよ」(芸能事務所関係者)

    今月6日に都内で行われた新曲発売記念イベントの現場を見たというテレビ局関係者によれば、報道陣の前でもそんな関係性がうかがえる場面があったという。

    「会見中、U-YEAHがリポーターの質問を聞いておらず、返事に戸惑う場面がありました。その時、ISSAはぐっとこらえていましたが、明らかに怒りの表情でしたね。
    パフォーマーとしては全員一流なのでしょうけれど、タレントとしてのプロ意識という面では、まだまだなのかもしれません。
    もちろんトークの中心はISSAですが、グループの新曲をPRする場で他のメンバーが気のない様子を見せたりすれば、ISSAも困惑しますよね」

    このイベントでISSAは「一人になってもDA PUMPは続けますから」と発言したが、果たしてこのまま7人体制を維持できるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1742401/

    所長見解:もう・・・

    【【解散へ】DA PUMPに確執でISSAが激怒の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「テレビでは優しくて、思いやりがあるような雰囲気ですが、一部の後輩芸人に対しては、全然違います。
    ダメ出しは厳しいし、あまりかわいがっていない芸人に話しかけられても、ちゃんと反応してくれないし、はっきり言って全く優しくない。
    ダメ出しをする時も、理詰めでガンガン後輩を責めていく」(お笑い業界関係者)

    h


    「大吉さんは、福岡県出身の芸能人が集まる福岡県人会に参加しているんですが、そこに別の福岡県出身芸人が、全然売れていない若手芸人を何人か連れてきたことがあったというんです。
    その芸人たちも福岡県出身だったそうで、参加する資格はあるとは思うんですが、周りの参加者がいわゆる売れっ子ばかりだったらしく、ちょっと微妙な空気になったのだとか。
    先輩に当たる大吉さんにしてみれば、あまり歓迎できない状態だったのでしょうね。
    『この会は、成功者だけが出席する会だから』といった感じで、若手を連れてきた芸人をなじったというんですよ」(同)

    「大吉さんの前だと、ちょっとした行為で、とんでもなく怒られることがあるようです。
    礼儀に厳しすぎるという感じで、面倒くさがっている若手芸人も多い。
    とにかくダメ出しされないように、常に大吉さんを避け続けている芸人もいますね」(同)

    https://www.cyzo.com/2019/03/post_197361_entry.html
    https://news.mynavi.jp/article/20181024-712784/images/001.jpg

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【人気芸人】博多大吉の恐ろし過ぎる裏の顔がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の元関脇貴闘力氏(51)が21日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し、弟弟子だった元横綱貴乃花の花田光司氏(46)が18年10月に日本相撲協会を退職後、政界進出を口にしたと暴露した。

    t


    花田氏は退職後に馳浩元文部科学相と面会し、今夏予定の参院選出馬の可能性が取りざたされてきた。

    辛坊治郎氏が番組で「(花田氏は)ある意味、生まれ変わった気がする。
    参院選へのイメージ戦略だったらガッカリ」と発言すると、元貴闘力氏は「一時、出るって言ったんですよ。
    俺と2人だけの話ですけど」と言及。

    ただ現状は「間違いなく出ない」と断言した。


    花田氏は20日の同系「ザ・発言X~勝負の1日」で「家族は原点。(中略)46歳で人生折り返し。素直になろうと思いました。(中略)今まで出来なかったことをしていきたい」と確執が続く兄の虎上氏と母の藤田紀子さんとの修復に前向きな発言をした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03220095-nksports-ent 
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190322-03220095-nksports-000-4-view.jpg


    所長見解:しゃべるな・・・

    【【選挙出馬】貴闘力氏、貴乃花の政界進出暴露した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日の人気シリーズ『相棒』で、小料理屋「花の里」の2代目女将月本幸子を演じる鈴木杏樹(49)が、20日で最終回を迎えたシーズン17を最後に『相棒』から卒業する。

    鈴木が初めて『相棒』に登場したのは、2006年のシーズン4で放送された「ついていない女」が初めて。

    その後、シーズン6の「ついている女」「狙われた女」にゲスト出演し、シーズン10の「つきすぎている女」から、水谷豊(66)演じる右京が通う小料理屋の2代目女将(初代は高樹沙耶)としてレギュラー出演するようになった。

    以来、事件解決後の右京を癒す存在として、13年間にわたり出演し続けていた。

    m


    「『相棒』は、もともと水谷豊と寺脇康文(57)のコンビで始まったのですが、寺脇はシーズン7の9話で降板。
    その後、水谷の相棒は、及川光博(49)、成宮寛貴(36)、反町隆史(45)とコロコロ変わっています。
    彼らの降板理由のほとんどは、番組のすべてを仕切る水谷についていけなくなったからという説がもっぱらです。
    今回の鈴木の降板も、同じ理由なのではないかとささやかれていますね」(芸能記者)

    水谷は、今や『相棒』の絶対君主的な存在。ドラマ制作会社関係者はこう話す。

    「演出や他人の演技にも口を出すだけでなく、場合によっては台本そのものを変えてしまう。
    監督もプロデューサーも水谷には逆らえないので、現場は戦々恐々としているようです」

    そんな中、鈴木は水谷に非常に気に入られており、水谷は「シリーズが存続する限り今の役を続けてほしい」と望んでいたといわれるのだ。

    「2015年3月に女性セブン(小学館)が報じていましたが、それまで“寒さを出すのもリアリティ”と共演者に語っていた水谷が、鈴木に対しては“風邪をひくといけないから出番まではストーブの近くにいなさい”と声をかけていたことがあったそうですよ。
    家族ぐるみのつきあいだそうですが、鈴木が大のお気に入りだったのは確かでしょう。
    水谷が鈴木を構いすぎて、それが彼女には重かったのかもしれませんね。
    それに耐えきれなくなったための降板、といわれていますね」(前出の芸能記者)


    鈴木が『相棒』降板とほぼ同時に、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)金曜メインパーソナリティを卒業することから、一部では「重病説」も出ていたようだが、4月から始まる広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説『なつぞら』への出演が発表され、ファンはひと安心している。

    「『相棒』で鈴木が演じていた女将は、過去に何度も事件に巻き込まれる“ついていない女”でした。
    もしかしたら鈴木は、そんな “ついていない女”というイメージを払拭したかったのかも。
    朝ドラで心機一転、新しい鈴木杏樹が見られるなら、それはそれで喜ばしいことかもしれませんね」(前同)

    鈴木が去った『相棒』だが、次のシリーズではまた新しい「癒しの女将」は登場するのだろうか。

    今度は逃げられないように気をつけて!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1740349/
    日刊大衆

    所長見解:もうね・・・
    【【大物俳優】水谷豊『相棒』での傍若無人問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    y

    うざい・・・


    所長見解:そうなんや・・・

    【【ヨコハマ】横浜っ子は出身地アピールがウザい説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ