ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:噂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之の個人事務所社長で、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されていた奥村秀一被告の初公判が10日、東京地裁で開かれたことを各メディアが報じた。
    奥村被告といえば、1999年に槇原が覚醒剤所持で逮捕されたときも一緒に逮捕された人物だ。

    逮捕直後、槇原は奥村被告との絶縁を宣言。
    しかし、2000年には再び同棲状態になったと報じられた。
    06年に奥村被告は槇原の個人事務所の社長に就任。
    公私ともに良好なパートナー関係を築いていたが、事件前の3月に解任されていた。

    「奥村被告は見た目こそ派手だが、物腰はとても柔らかい。
    公私ともに槇原をサポートし続けていた。 
    しかし、どうやらこのところ目に余る態度が多かったようでケンカ別れ。
    結局、解任され、再びクスリに手を染めてしまったようだ」(レコード会社関係者)

    逮捕後、入手ルートなどについて徹底的に取り調べを受けたと思われるが、奥村被告の交遊関係を洗う中で大物女性芸能人の名前が浮上しているというから驚きだ。

    y


    「個性的なビジュアルや言動で知られる、ある女性芸能人と仲が良かったようです。

    その芸能人は、一時期、薬物を使用しているのではないかとマークされていたようですが、
    なかなか“証拠”を押さえることができませんでした。
    そうしているうちに、プライベートが変化した。

    それもクスリが原因ではないかと言われていました。
    奥村被告の逮捕・起訴を受け、今後、捜査当局がマークすることになりそうです」
    (週刊誌記者)

    ここ数年では、歌手のASKA、元巨人の清原和博、元俳優の高知東生ら薬物事犯での“大捕物”があったが、「その女性芸能人が逮捕されればかなりの騒動になりそう」(同前)。

    その芸能人は海外でも名前が知られているだけに、逮捕されれば多くのファンがショックを受けそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/98678266/


    所長見解:誰だろ・・・

    【【薬物疑惑】槇原敬之のパートナー逮捕で捜査線上に浮上した大物女性芸能人がコチラ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プチエンジェル事件(プチエンジェルじけん)とは、2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリーマンション一室で起きた、小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。

    なお、プチエンジェルとは犯人が経営していた児童買春デートクラブの名称ないし会社名である。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%97%E3%81%E3%A8%E3%B3%E3%B8%E3%A7%E3%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    no title


    所長見解:闇が・・・

    【【闇深】怖すぎるプチエンジェル事件 ←これ・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    浜崎はエイベックスの隆盛を象徴する存在。
    この女王様気取りの浜崎に噛みついた強者が、同じ事務所の後輩、倖田來未だという。
    倖田は失言が多いことで有名で、過去には活動自粛にまで追い込まれる事態を招いた。
    一時代を築き上げた歌姫二人は、“犬猿の仲”で知られている間柄だという。

    v


    火種となった原因は、倖田の露出が際立つ衣装を目にした浜崎が「あのストリッパーみたいな子、なぁに?」と放った暴言。
    業界関係者によると、それを聞き伝えた倖田は「何よ、あの厚化粧のオバハン!」とキレたのだという。

    2006年、年間トータルセールスにおいて倖田が浜崎を抜いた。
    これをきっかけに社内でも倖田派が増え、派閥を巻き込んでの対立が見られるという。
    倖田のブレイクが、浜崎の人気凋落の一因となったのも、不仲の噂に拍車をかけた。

    だが、そんな二人はミュージックステーション(テレビ朝日系)で共演を果たした。
    2010年の『ミュージックステーションSP』では、ふたりが並んで仲良く談笑する姿が放送され話題に。
    しかし、これは事務所によるイメージアップを狙った策略ともいわれており、実際のところ裏では熾烈なバトルが繰り広げられていたというのだ。
    浜崎と倖田にはそれぞれ多くの専業スタッフが常駐し、ともに「あゆを追い越せ」「倖田に負けるな」と陣営ぐるみで火花を散らしているという噂も。

    エイベックスを代表する歌姫たちも、気づけばアラフォーに突入。
    両者とも、SNSで炎上を招くトラブルメーカーだが、それも人気がある証拠だ。
    アーティストとして栄華を極めた者同士、再び二人が共演することを願うファンは多いに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000008-reallive-ent


    所長見解:どっちもあれだよね・・・

    【【共演NG】浜崎あゆみと倖田來未の仲はコチラwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月の結婚予定が「再来年に延期」された秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と小室圭さん(26)。
    お二人の前途は、2月6日の「延期」発表から皇室を巻き込んだ懸案となったままである。

    m


    小室さんの母・佳代さん(51)が、元婚約者との間で400万円を超す金銭トラブルを抱えていると報じられたのは昨年末。

    以降、「眞子さまと小室さんは外でのデートもままならず、代わりにおよそ3週間に1度のペースで小室さんが秋篠宮邸を訪ねて来ています」とは、秋篠宮家の事情を知る関係者。

    そんな中でも秋篠宮さまは、眞子さまのお考えを尊重しつつ“決断”を待たれているといい、「対照的に紀子妃殿下には、速やかに事態を解決しようという積極的な姿勢がうかがえます。時に眞子さまに『冷静になりなさい』などと指導なさるため、言い合いになる場面もしばしばありました」(同)


    その一方で、「妃殿下は周囲に『そろそろ(問題が)うまくいきそうです』とお話しになっている。
    眞子さまのお気持ちが冷めて“自然消滅”へと向かう目処が立った、という見通しを持っておいでなのです」(同)

    とはいえ、現実は必ずしもこの限りではない。

    関係者が続けるには、

    「ご家庭が立たされているこのたびの窮地について、妃殿下は外部には見せまいと、つとめて気丈に振舞われているのが拝察されます。
    ですが、当の眞子さまは『燃え盛る思いを引き裂かれた』といった感情を、いまだ根強くお持ちでいらっしゃるのです」

    それは例えば、

    「宮中祭祀の折など、今でも妃殿下と眞子さまはお言葉を交わすどころか、視線さえ合わせようとなさらない。
    その雰囲気を察した殿下が間に入り、眞子さまに話しかけるなどして仲を取り持っていらっしゃるのが現状です」(同)

    さらに眞子さまは、以下のようなお言葉も口にされているというのだ――。

    「大学には行きたくない」

    2014年にICUを卒業された眞子さまは、英国レスター大大学院に留学され、文学修士の学位を取得。
    16年9月からは、ICU大学院の博士後期課程で研究を続けられている。

    「比較文化専攻に在籍され、博物館学を研究されています。
    これまではご公務もあってミーティングなどへのご出席はさほど多くはありませんでしたが、現在はもっぱら、博士論文の執筆作業を進めておられるご様子です」(ICU関係者)

    が、先の事情を知る関係者によれば、

    「小室さんとの問題が尾を引いてしまい、近頃では驚くべきことに『もう大学には行きたくない』『研究をやめたい』などとこぼしていらっしゃるのです」

    生涯の伴侶と心に決めた男性と半ば強制的に引き離された挙げ句“無期限凍結”措置がとられてしまったのだから、活力が萎えるのも無理からぬ話であろう。
    それでも、ことはすでに容易ならざる局面に移行しているかに映るのだ。


    特集「ご静養旅行を拒む『眞子さま』の反乱」より
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05140800/?all=1 


    所長見解:もうね・・・

    【【皇室婚約トラブル】眞子さまの反乱がコチラ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の槇原敬之さんの所属事務所の代表だった男が、覚醒剤を使用したとして逮捕・起訴されていたことが分かった。
    10日に開かれた初公判で男は起訴内容を認めた。

    覚せい剤取締法違反の罪に問われているのは、歌手の槇原敬之さんの所属事務所の元代表・奥村秀一被告。
    起訴状などによると奥村被告は今年3月、港区のマンションで覚醒剤を使用した罪に問われている。
    10日の初公判で奥村被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

    奥村被告は1999年にも覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けていて、検察側は、冒頭陳述で「2013年頃には覚醒剤の使用を再開していた」と指摘した。

    奥村被告は2006年から今年3月まで槇原さんの所属事務所の代表を務めていて、事務所は日本テレビの取材に対し「在職中から使用していたということに関しましては全く知り得ないことでした」などとコメントしている。


    日テレニュース 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14696052/

    no title


    所長見解:これって・・・

    【【緊急逮捕】歌手の槇原敬之さんが所属する事務所元代表が覚醒剤 ←これ・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ