ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    あの号泣謝罪会見は本当に真実を語っていたのか?――

    「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)をはじめとした吉本興業の芸人たちによる闇営業騒動は、同社の内紛まで誘発し拡大の一途だ。

    そんななか、26日発売の写真誌「フライデー」は、福岡拘置所に身柄拘束されている半グレの金塊強奪犯に直撃インタビューした記事を掲載。

    「ただの記念撮影だった」とする宮迫の説明に猛反論した。

    そこで本紙が取材を進めると、宮迫は会見で3つのウソをついていた重大疑惑が浮上。

    再び大ピンチを迎えそうだ――。


    m


    20日に行われた2時間半にわたる宮迫と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮の号泣謝罪会見で、吉本興業のパワハラ問題が浮上すると「ダウンタウン」松本人志が大崎洋会長と会談。

    そして同社の岡本昭彦社長による芸能史に残る“ポンコツ会見”で世間の話題をさらうと、「極楽とんぼ」加藤浩次が所属契約解消を覚悟した経営陣の刷新を求め、おまけに引退したはずの島田紳助氏まで週刊誌などに登場するというカオス状態だ。

    だが、事の発端は宮迫がついたウソだったことを忘れてはならない。

    ある芸能リポーターは「反社会的勢力からの金銭授受を軽く考えた宮迫の罪はとても大きい。
    騒動の初期段階で吉本の対応がお粗末だったことも確かだが、最初から宮迫が正直に言えば、ここまでの混乱はなかったはずだ」と話す。

    宮迫のウソはそれだけにとどまらない。

    本紙取材では世間の同情を誘ったあの号泣会見で少なくとも3つのウソをついている可能性が高いのだ。

     
    1つ目は、今回の騒動の発端となった2014年12月の忘年会。

    事情通はこう指摘する。

    「反社会的勢力の宴席では粗相があってはいけないので、演者には事前に客の素性を伝えるのが習わしです。
    もしドタキャンされればシャレにならないし、その場で知らされて驚いて警察に駆け込まれたら困りますからね。
    だから(仲介役となった)入江(慎也)から説明があったとみるのが自然。
    逆に知らなかったらリスクが大き過ぎる」

    しかも、この宴席には現役の暴力団組員が2人いたという。

    「目つき、風体を見れば、堅気ではないことは一目瞭然」(同)なので、どんな形であれ、宮迫が認識しなかったはずはないと声を大にする。

    さらに付け加えるなら宴席での会話内容から「どういう素性の人たちかは、ほとんどの人がわかるはずだ」(同)。

     
    2つ目は、宴席後の打ち上げだ。

    宮迫は打ち上げ代として、反社会的勢力からのギャラを使い、そのお釣りをもらったという趣旨の発言をしているが事実は全く違うという。

    今回の反社グループを知る関係者の証言。

    「打ち上げは都内のキャバクラで行われました。
    代金はすべて反社グループが払い、300万円ぐらいだったはずです。
    つまり、宮迫がギャラを打ち上げ代だったとするのはウソなんですよ」

     
    極め付きの3つ目のウソは、19日発売の「フライデー」報道に対する言い訳だ。

    同誌は金塊強奪事件の主犯格・野口和樹被告らがいるグループと、大阪のクラブで酒席をともにし“ギャラ飲み”したと報じた。

    しかし宮迫は、会見で「トイレから出てきたところで声をかけられ、写真撮影に応じただけ」と強調。

    「店主の方が様子を見ていて、証言者になってくれる」と自信満々に答えている。

    ところが26日発売の「フライデー」で、この3つ目のウソがバレた形だ。

    同誌は野口被告を直撃取材して、宮迫の説明を真っ向から否定してみせた。

    懲役9年の実刑判決を受け、現在は控訴中で福岡拘置所に身柄拘束されている同被告は、宮迫との関係について「お答えできません」と意味深な回答拒否。

    宮迫の「声をかけられ撮影に応じただけ」という説明に対しては、「無理やり連れてきていない」「写真だけでなく、一緒に乾杯してシャンパンを飲んだ記憶がある」と同誌に明言している。

    では実際にはどうだったのか。

    「確かに、写真を撮ったグループとは知り合いではなかった。
    その意味では宮迫は本当のことを言っています。
    ただ、もともと宮迫が飲んでいたグループこそ裏業界に関係するフロント企業のグループなんですよ。
    だから反社とのつながりはもともとあったんです。
    両グループは同じ組織の傘下だったため、同じ店にいて一緒に飲むことができたんです」と関係者は指摘する。

    これが事実ならば、宮迫はあの会見で巧妙に真実を隠し、吉本興業の過失を強調することで批判の矛先を変えた可能性が高い。

    しかも前出事情通は「宮迫の芸能界引退を決定的にする爆弾級の情報もある」と不気味な予告をする。


    謝罪会見後の一連の騒動拡大で、宮迫は“まんまと”契約解消の処分を撤回されたが、これが吉本興業の軽率な判断でなければいいが――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000044-tospoweb-ent

    所長見解:あかんやん・・・

    【【再検証】宮迫の号泣会見3つのウソ疑惑がコチラ・・・  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年、放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の平均視聴率はともに5%台、映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の興行収入も芳しくなく主演作が軒並み不調の女優・吉岡里帆。

    そんな中、吉岡にとってまさに泣きっ面に蜂のような報道が……。
    10月31日発売の『週刊新潮』が、吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであるという記事を載せたのだ。

    y


    「吉岡さんは昨年、大ヒットしたドラマ『カルテット』(フジテレビ系)で演じた悪女役のインパクトが強く、さらにグラビアアイドル出身であることから、女性からの人気は低いと言われています。
    この報道によって、さらに女性票を減らしたのではないかと囁(ささや)かれています」(テレビ誌ライター)


    《京都に住んでいた頃は、夜行バスで東京のオーディションを受けに来ていた》

    《上京費用の捻出のために、バイトを4つも掛け持ちしていた》

    など、吉岡はバラエティー番組などでよく苦労話を語っていたのがアダとなった。

    「“父親がNHKプロデューサー”という恵まれた環境なのに、“苦労人アピール”をしていたととらえられたんでしょう。
    ネット上では、“だから急に推されているんじゃない?”“結局コネなんかい!”など辛辣なコメントが続々と上がっています」(同・テレビ誌ライター)

    しかし、この記事に対してある芸能プロ関係者はこう話す。

    「吉岡さんの父親は、テレビ局員でもNHK関係者でもないので、コネなんてありません。
    彼女は実力で主演を張れる女優にまでのし上がったのに、あの記事で今までの努力が疑われてしまうのはかわいそうですよ」


    本誌が吉岡の所属事務所に確認したところ、

    「吉岡の父親がNHK大河ドラマのプロデューサーという記事は、まったくの事実無根」

    NHK広報にも確認すると、

    「事実ではありません。通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事実はないのでお答えしました」

    と回答した。

    吉岡自身も過去のインタビューで、父親について「映像会社を経営するカメラマン」だと明かしている。
    本誌が調べたところ、確かに吉岡の父親が経営する会社が京都に存在していた。
    名前もネットで噂されているNHKのプロデューサーとは異なる。

    「誤った記事で、明らかなイメージダウンにつながっています。
    所属事務所としては『週刊新潮』を訴えたいほど怒り心頭でしょう」(前出・芸能プロ関係者)

    逆風が吹く今こそ、吉岡の本当の実力が試されているのかもしれないが──。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00013781-jprime-ent


    所長見解:これはひどい・・・

    【【これはひどい】吉岡里帆の父親がNHKのプロデューサーは誤報ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安田大サーカスのクロちゃん(41)が、“クズ芸人”の本領を発揮してプチブレイクを果たしている。
    クロちゃんのウソは、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でドッキリを仕掛けられた際に発覚した。
    自身のTwitterに「ウォーキングしながら帰るしん!」(原文ママ)とツイートしたにも関わらず、タクシーで帰宅する姿を捉えられていたのだ。

    さらに“帰宅後”は「もうすぐお家。頭の中でサライが流れてるー」とツイート。
    平然とウソをつく姿は、

    「発言も含め、すべてが気持ち悪くてゾワゾワした」
    「クズだけどキャラが完成されてる」
    「クロちゃんの印象って元々マイナスの最高値だから、流石のクズっぷりだなぁと思って感心した」

    と話題を呼んだ。

    今回はクロちゃんのように、ウソがバレたイタイ芸能人たちをご紹介しよう。


    ●夏川純

    グラビアアイドルとして2000年代に活躍した夏川純(37)は、07年に年齢のサバ読み疑惑が浮上。
    同年、自身のブログで3歳サバを読んでいたことを認めて謝罪している。
    年齢詐称前のプロフィールは1983年生まれだったが、実は1980年生まれだったと公表した。

    当時23歳のはずだった夏川は、「今日から26歳の夏川純として再出発したいと思います」とのコメントを発表。
    しかしサバ読み疑惑が浮上した際、夏川はテレビ番組などで再三「23歳です!」と強調して詐称疑惑を否定していた。
    ウソがバレた夏川に、ネット上からは「バレるようなウソつくなよ」「20代前半から20代後半になるのはキツい」といった声が。
    後に夏川は、有吉弘行(44)に“サバ”というあだ名をつけられている。


    ●浜崎あゆみ

    平成の歌姫・浜崎あゆみ(39)もウソがバレた芸能人のひとり。
    17年に『しゃべくり007』(日本テレビ系)へ出演した浜崎は、「スマホを持っているけど使えない」「連絡先とかどこに出てくるのかわからない」と極度の機械音痴だと告白した。
    しかし、浜崎は以前スマホゲームにハマっていると明かし、「家にいるときはずっとやってる」とコメントしている。

    ほかにも浜崎は、『しゃべくり007』で「スマホはケースに入れない」と発言。

    しかしSNSに写り込んだスマホには、ルイ・ヴィトンやロリスイムのケースがつけられており、これもウソだと発覚している。
    くだらないウソをつく浜崎にネット上からは、

    「あゆって昔から虚言癖あるよね」
    「誰から見てもわかる嘘ついて、周りの人はどう思ってんだろ?」
    「売れる前から痛かった。ここまで貫き通すとアッパレだよ」

    などの声が上がっていた。


    ●辻希美

    最後に紹介するのは、ブログを更新しただけで炎上を招くママタレの辻希美(31)。
    10年に辻は、ブログでメロンパン作りのようすを綴り、焼成前後の写真をアップした。
    ところが、焼き上がったメロンパンの格子模様が生地段階のそれとは明らかに異なっており、別物のような仕上がりに。

    この奇妙な出来事に、ネット上からは“市販のメロンパンとすり替えた”と予想する声が続出して炎上。

    no title


    だが、

    「アンチに燃料を投下する姿勢は尊敬する」
    「これぞ辻マジックだな!」
    「焼くと網目が増える奇跡のメロンパンを作りだすとは」
    「ツッコミどころを自分で用意するのはスゴイわ」

    と辻のテクニックに関心する声も上がっていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1519281/


    所長見解:やばいな・・・

    【【虚言癖】嘘をついていたことがバレた痛すぎる芸能人がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    去る9月6日早朝、酒が体に残っている状態で車を運転し、赤信号で交差点に進入し人をはね、そのまま逃走したとして道路交通法違反容疑などで逮捕された元『モーニング娘。』の吉澤ひとみ。
    このトンデモナイ女のウソが次々にバレているという。

    今後の捜査の行方に注目が集まるが、芸能界からの追放は確実な状況だ。

    「はねた自転車の女性は軽傷とはいえ、吉澤は一度、現場から逃走しました。
    本人は15分後に舞い戻ってきて警察に連絡したようですが、これは通報ではなく自首にしかならない。
    しかも大量の飲酒も明らかになっていますから、今後、話の矛盾を徹底的に調べられるでしょう。
    起訴され法廷に立つことになります」(スポーツ紙記者)

    吉澤は朝の午前7時ごろに事故を起こしている。
    その際、吉澤の呼気からは1リットル当たりの基準値0.15ミリグラムの4倍近い0.58ミリグラムのアルコールが検出された。
    これは酒気帯び運転のレベルでもかなり高い数値だ。

    「酒気帯びの上は酒酔い運転になるわけですが、これは呼気の値とは関係なく、泥酔状態を指します。
    吉澤も実際は、道路にある白線をまっすぐ歩くことができずにフラフラ状態、舌もちゃんと回っていなかったという証言もあります」(同・記者)

    事故を起こした際、吉澤は車をすぐに止めずに逃走した。
    本人は「止めるスペースがなかった」と供述しているようだが、複数の目撃情報によると、逃げる吉澤の車に向かって「止まれ!」「逃げるな!」という声が現場で飛び交ったという。

    「飲酒運転ひき逃げ犯に多いのが、少しでも時間を稼ぐために逃げ、大量の水を飲むこと。
    それによりアルコール呼気を減らそうというわけです。ひき逃げ犯の定番の手口です」(同・記者)

    y


    浮気相手と飲んでいた?

    吉澤は前日、夜の0時くらいまで自宅で缶酎ハイを3本飲んだという。

    「酎ハイ3本でこんな高い数値は出ませんよ。たぶん虚偽の自供をしているのでしょう」(都内の内科医)

    思えば時間の経緯もかなり不自然だ。
    0時から朝7時まで全く酒が抜けない状態で過ごしたのか。
    例えば風呂に入って汗を流して水を飲めば、7時間もたっているのだから泥酔ではないはず。
    やはり怪しい。

    「モー娘。関係者によれば、吉澤には今年に入って音楽関係者の浮気相手ができたといいます。
    明日の用意があるといって夫を騙し、2歳の子供を置いて家から浮気相手の家に一直線。
    そこで飲み直したという事務所内のウワサ話も伝わっています」(芸能プロ関係者)


    とにかく、吉澤の飲む量はハンパないという。

    「いつも最初の乾杯でジョッキ1杯、それからウイスキーを飲む。
    ウイスキーで足りないと赤ワインをグビグビやるし、すごい短時間で飲む。
    酎ハイ3本と供述しているようですが、きっとチャンポンでしょう。
    飲酒、ひき逃げ、ウソつきまくり――永久追放ですね」(同・関係者)

    とはいえ、芸能界は大甘。
    シレっと復帰もあり得るかもしれない。

    もしそんなことになれば、それこそ“日本の未来はウォウウォウウォウウォウ”だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1519333/


    所長見解:最後・・・

    【【これは衝撃】吉澤ひとみが事故直前まで「一緒に飲んでいた相手」は夫ではない模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の土屋太鳳(23歳)が、8月17日に放送されたトーク番組「A-Studio」(TBS系)に出演。
    公式プロフィールにある身長155センチより、実際は2センチ低い153センチであると明かした。

    t


    この日、土屋が得意だという相撲の話を振られると、「相撲ってメチャクチャ楽しいんですよ。でも基本的に私、背低かったから、だいたい背大きい人と当たるんですけど。
    でも心はもう絶対勝つって思ってるから、当たって泣いても絶対勝てると思って、またぶつかるっていう」とコメント。

    身長の話が出た流れで、土屋は番組MCとして傍らにいた川栄李奈(23歳)に対し、「ちなみに背っておいくつぐらい?」と尋ね、川栄が「152です」と答えると、土屋はガッツポーズして「あっ!ちょっと太鳳のほうが高いです」と発言。

    川栄が「大きいですよね、155ですか?」と聞くと、土屋は「155、まあ……って書いてます」と公式プロフィールと実身長に若干差があると告白し、「(川栄より)ちょっと高いです。1センチぐらい」と153センチであることを示唆。
    MCの笑福亭鶴瓶から「1cmぐらい高い言うてるやんか」とツッコまれていた。

    ネットでは

    「土屋太鳳と私身長ほぼ同じじゃん」
    「土屋太鳳の方が川栄李奈より10センチくらい高い印象」
    「サバ読んでたのかw」
    「153だったら155って言いたくなるのわかる」

    といった反応が寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15175198/


    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【衝撃暴露】土屋太鳳、サバ読みを告白した結果・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ