和田アキ子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(70)が2日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。

    新型コロナウイルスの感染防止策として政府が1世帯に2枚配る布マスクが届いたことを明かした。

    m

     
    「アベノマスクが届きました」と報告した和田は、「このまま置いておこうかっていう、記念に」と保存することも視野に。

    実物を手にした感想については「これがうわさの…ちっちぇえな」とボヤいた。

     
    また、出演番組のスタッフなどからは、和田が新型コロナウイルスに感染してしまうことがないよう様々な気遣いを受けているという。

    所属事務所からは除菌アイテムをもらったことも明かし、「スーパーのカゴが一番危ないなと思ってるんです。
    だから私はカゴをまず消毒して、拭いて」と早速活用していることを明かした。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/02/kiji/20200502s00041000170000c.html

    所長見解:顔が・・・

    【【朗報】和田アキ子さんにアベノマスクが届いた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『週刊女性』2020年5月12・19日合併号(主婦と生活社)で「嫌いな女性芸能人」のアンケート調査の結果が発表された。

    10~70代の女性1433名が回答したこの調査で、ぶっちぎりで1位に輝いたのは和田アキ子だった。

    古希を迎えた今も歌手・タレントとして活躍する彼女が、そのパワハラ的な言動で批判を浴びている。


    世間が職場などでのパワハラに対して厳しくなってきたこともあり、和田がバラエティ番組の中で傍若無人な振る舞いをするのがやり玉に挙がる機会が年々増えてきている。

    2016年には『NHK紅白歌合戦』の選考にも漏れて、連続出場記録がストップしてしまった。

    好感度は下がりっぱなしで、歌手としての地位も危うくなり、和田は逆境に立たされている。


    しかし、歌手としてもバラエティタレントとしても何十年もトップに君臨してきた彼女を甘く見てはいけない。

    ここまで生き残ってきたのにはそれなりの理由があるのだ。

    彼女の経歴をたどりながらそれを考察していくことにしよう。


    w


    和田アキ子は1950年に大阪府で生まれた。

    父親は料亭を経営しながら柔道の指導をしていた昔気質の人物。

    母親は乾物屋を営んでいた。

    家庭では父が絶対的な権力者として君臨しており、子供たちは全員敬語で接していた。

    和田は毎晩父の晩酌に付き合わされ、正座でずっとお酌をし続けなければならなかった。

    理不尽に暴力をふるわれるのも日常茶飯事。

    家族は全員、父に脅えながら暮らしていた。


    家庭での抑圧が強かった和田は、その反動で非行に走った。

    小さい頃から体が大きかったため、街を歩いていてもすれ違いざまに「うわっ、でかっ」などとからかいの対象となることが多かった。

    それを聞くと思わず手が出てしまう。

    ケンカ、酒、タバコに明け暮れ、「ミナミのアコ」として恐れられていた。


    そんな和田の人生を決定づけた出来事があった。

    それは、中学のときのこと。

    初めての英語の授業でショックを受けた。


    「『ハウアーユー』って何やねん?」

    自分には全く理解できない新しい言語に触れて、新鮮な驚きを感じた。

    負けん気が強かった和田はそこで「ナメられてはいけない」と思った。

    さっそくレコード店に向かって適当に洋楽のレコードを買い、それを何度も聴いて英語の歌を覚えた。

    そして、友達の前で披露するようになったのだ。

    そのとき買ったレコードがレイ・チャールズの『愛さずにはいられない』。

    のちに親交を深め、「レイちゃん」と呼んで慕うようになる世界的ソウルシンガーをこのとき初めて知った。


    歌に目覚めた和田は、ジャズ喫茶やダンスホールに出入りするようになる。

    そこで他人が歌っているのを聴いた和田は「私の方がうまいんちゃう?」と感じた。

    すぐに舞台に上がり、自ら歌うようになった。

    その様子を見ていたホリプロ社長の堀威夫が彼女をスカウトして、歌手としてデビューすることが決まった。


    しかし、生活は苦しかった。

    ほとんど休みもないのに給料は月3万円のみ。

    寮の代わりに社長の自宅に居候していた。

    社長に気を使っていた和田は、ご飯のおかわりを申し出ることもできず、いつも空腹に苦しんでいた。

    近所の寿司屋で「ちらし寿司3人前を食べきったら無料」という企画をやっていたので、トイレで吐きながら無理矢理全部食べたこともあった。


    1968年に出したデビュー曲『星空の孤独』は期待していたほど売れず、和田はますます苦悩を深めていた。

    だが、2曲目にリリースした『どしゃぶりの雨の中で』がヒット。

    その後、『笑って許して』『あの鐘を鳴らすのはあなた』などのヒット曲が次々に飛び出して、和田は一気にスターダムに躍り出た。


    しかし、ぽっと出の新人歌手に対して芸能界の先輩たちは厳しかった。

    当時の楽屋は、一部の大御所以外は男女別の大部屋が当たり前。

    男性のように図体の大きい和田は先輩たちから「男がいるから着替えができないわ」と嫌みを言われたり、わざとお茶をこぼされたり、靴にマジックで「バカ」と書かれたり、といったイジメに遭った。


    収録中にも、ある男性歌手に「お前がいると俺の背が低く見えるから、俺の横に並ぶな」と言われ、蹴飛ばされたりしたこともあった。


    つづく


    https://news.yahoo.co.jp/byline/larrytoda/20200502-00175855/

    所長見解:そうなんや・・・

    【【悲報】「嫌いな女性芸能人」ぶっちぎりで1位がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(69)が2日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!春の芸能人余命宣告!史上最悪!3時間SP」(月曜・後7時)に出演。

    余命9年を宣告された。

    w

    過去に声帯ポリープ手術、椎間板ヘルニア、子宮全摘手術、交通事故での右足骨折など多くの病魔、アクシデントを経験してきた和田は、まず苦しんできた首の痛みについて脊柱菅狭窄症との診断を受けた。

    原因は加齢で脊柱管が圧迫されているという。

    大腸の内視鏡検査を受けたところ見つかったのは、3ミリほどのポリープ。

    医師たちが「切除するか、様子見するか」と聞くと、和田は、「じゃ、様子見で…」と即答。

    切除の場合は3日間、飲酒できないため、緊急の手術を避けたことに共演の事務所の後輩・山瀬まみ(50)も「まさか酒飲めないから、ポリープをシカトするとは…」とあきれ果てていた。
     
    出演した医師たちが和田に下した診断は「余命9年」。

    最大の問題が血管の老化で医師は「動脈硬化があちこちで見られました。
    心臓から出ている太い血管や大動脈にも石灰化が起きています」と指摘。

    10年前までの習慣だった喫煙が原因ではと推測した。

    さらに「肺の一部が溶けてます」とも指摘。

    COPD慢性閉塞性肺疾患と診断され、「息切れや、ひどくなると呼吸困難の症状も出てきます」とした。

    これらの厳しい診断に和田は「もうドキドキして泣きそうなんですけど…。
    大丈夫ですか」とポツリ。


    寿命も女性の平均年齢87歳を9歳下回る78歳とされ、がっくりと肩を落としていた。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17905942/ 

    所長見解:そんなもんやろ・・・

    【【悲報】和田アキ子さん、余命宣告ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜とサッカー日本代表・乾貴士の不倫疑惑について、19日放送のTBS系『サンデージャポン』が独自取材による新情報を伝えた。


    番組では、乾について「ある有名スポーツ選手」と名前やスポーツ名を伏せながらも、SNSにそれぞれ「たかしあいしてる ずっと」「ゆきなだいすき」の“縦読み”が発見されたことや、写真に酷似した帽子、タオル、ブランケットなどが写り込んでいることなどを事細かに報道。

    さらに、騒動を解説した芸能コラムニストの山田美保子氏は、「有力な情報源から聞いたことですと……」と前置きしたうえで、「海外で2人で一緒にいた」「飛行機の中で手をつないでいた。かつての今井絵理子さんのようなことを飛行機の中でやっていた」との目撃情報があると暴露した。

    n


    また、TBSは同じ日の『アッコにおまかせ!』でもこの話題を取り上げ、和田アキ子が「サッカー!」と伏せられていたスポーツ名を叫んでしまうシーンも。

    乾のインスタグラムの縦読み疑惑が紹介されると、「男も(縦読み)やるの? 気持ち悪いな。えー!?」とドン引きしていた。


    「乾は今月17日以降、『強敵のアトレティコ・マドリードに勝ったー』などとSNSやブログを何度も投稿しているが、疑惑についてはダンマリ(20日現在)。
    ネット上では、『この状況でスルーするなんて、すごいメンタル』と話題になっています」(記者)


    タピオカ恫喝騒動同様に、まずネットで騒ぎとなり、遅れてテレビが伝える流れが見て取れる同不倫騒動。

    テレビが乗っかったことで、公式コメントを出さざるを得ない状況にも見えるが……。

    「本人がコメントを出した途端、他局も一斉に取り上げるでしょう。
    そうなれば木下の復帰もさらに困難になりそう。
    このまま無言を貫くのか、それとも『すでに別れております』などのコメントを出してお茶を濁すのか、今後の対応が注目されます」(同)


    テレビから有力情報が飛び出し、さらなる窮地においやられている木下。

    騒ぎが収まるのは、当分先のようだ。


    https://entamega.com/30636

    所長見解:出るねー・・・
    【【新情報】木下優樹菜さん、たかしと「機内手つなぎ」「海外不倫デート」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃 女帝・和田アキ子にまさかの行為で一触即発

    「どんなに偉いプロデューサーでも媚びることなく、自分の考えをハッキリ言うし、松本人志や中居正広ら大御所タレントを相手にしてもまったくひるまずにツッコミを入れられる。
    かと思えば、現場のディレクターや年下のADには敬語で接したり‥‥。
    そんなギャップで今やトップクラスの業界人気を得ています」

    芸能関係者が明かすのは、指原莉乃の業界評だ。

    「お笑い芸人を多く抱える太田プロ所属で、長年、国民的アイドルグループで姉御肌を発揮していただけに、礼儀や挨拶には人一倍うるさい」(前出・芸能関係者)

    そんな指原が、周囲のテレビマンを凍りつかせる大事件を起こしていたというのだ。

    ある番組ディレクターが振り返る。

    「先日、ある民放局の廊下で、指原が和田アキ子さんとすれ違った時のこと。
    指原は深々と頭を下げて、『お疲れ様です』と挨拶をしたのですが、和田はそれを完全スルー。
    マネージャーらしき男性と会話を続けながら、指原に目もくれずに歩き去ってしまったのです」

    相手は芸能生活50年以上の超大御所。

    それでも腹の虫がおさまらなかったのか、「チッ!」と大きく舌打ちして周囲をドン引きさせたというのだ。

    s


    「その舌打ちの音を聞いた瞬間、アキ子さんが振り向いたので、よけいにビビりました。
    実はアキ子さん、目の病気をしてから視力はかなり弱くなったのですが、聴覚だけは異様に敏感なんです。
    指原の周囲にいたスタッフが慌てて、『あ?、すいません! すいません!』とワケのわからないフォローをしていましたが、あわや一触即発の事態でした」(前出・番組ディレクター)

    https://k-knuckles.jp/1/8763/2/

    所長見解:やるな・・・

    【【大事件】指原莉乃、和田アキ子に挨拶 → アッコ無視して通り過ぎる → 指原「チッ!」→ アッコ振り向く → 結果・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ