ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:和田アキ子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近8年間でマネージャーが28人辞めている」と暴露したのは、シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)の独立をめぐり、会見を開いた元の事務所社長だ。
    すでに2カ月も前の話ではあるが、業界では“マネージャークラッシャー”というインパクトは大きく、「そういえば、あの人も」といった声が広がっている――。



    週刊文春は昨年、女優でモデルの菜々緒(29)のマネージャーが8年で14人も変わったと報じた。
    広瀬香美の場合、これを遥かに上回る。

    w


    「28人というのはすごいですよね。
    古くは和田アキ子さん(68)が有名でしたね。
    以前自分の番組『アッコにおまかせ』(TBS系)でもやっていましたが、その時には歴代マネージャーは58人に上り、そのうち8人が失踪。
    中には2時間でクビになった人もいたとか。
    もっとも和田さんの場合、確かに厳しいけど、芸能界での躾をしているという声が多いんですよ。
    彼女の所属するホリプロでは、和田さんの下で修業して一人前になっていくと言われていますからね」(民放ディレクター)

    和田の場合、マネージャークラッシャーとは意味合いが異なるらしい。
    では他に、意外なクラッシャーはといえば――。

    「“オネエタレント”は気さくで洒落が利きそうだと思われがちですが、意外にも厳しい人が多いんです。
    その筆頭と言われるのが、振付師でタレントのKABA.ちゃん(49)。
    段取りが悪かったり、トロトロしてるマネージャーには厳しく詰め寄る。
    それはもうパワハラの域を超えてますよ」(同)


    怒ると地が出るオネエたち

    “事件”は「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)で起きた。
    その日は2本撮りで、KABA.ちゃんのマネージャー氏は、1本目の収録ではいたのに、2本目の収録時には辞めていたという。

    「KABA.ちゃんは楽屋で、とにかく仕事が遅いとか、早く片付けなさいと、チマチマチマチマ言っているうちに爆発するんです。
    『ケンミンSHOW』の1本目の撮りが終わって楽屋に戻ったときのことです。
    マネージャーはまだ若手で、この世界に来て1~2年だったはずですが、その場で辞めさせちゃいました。
    KABA.ちゃんは事務所の社長に電話して、『あのバカ、辞めたわよ。今、逃げた。誰か新しいのを寄越して』と言っていました。
    今ならパワハラで問題にされたかもしれませんよ。
    もう5~6年前の話ですけど」(同)

    となると、KABA.ちゃんが去勢する以前のこと。
    きっとイライラすることもあったのだろう。
    美しい女性となった今は落ち着いていると思いたい――。

    「そしてもう1人、はるな愛(46)です。
    チーフマネージャーとは昔からのつき合いがあるので彼女も信頼しているのですが、こちらも若手マネージャーには厳しい」(同)

    それはマネージャーの性別や容姿に関係があったりするのだろうか。

    「基本的にそれは関係ないようですね。
    はるな愛は時折、ドスの利いた男声で話すのも芸風になっていますが、怒ったときにはさらに迫力のある大西賢示(本名)が出てしまうんですよ。
    あまりの迫力に、入ったばかりのマネージャーはビビって辞めてしまうそうです」(同)

    昨年は元衆議院議員の豊田真由子氏(43)の「このハゲー!」「ちーがーうーだろーっ!」が大きな話題となったが、彼女の場合は秘書が4年半で100人以上辞めていた――。

    今年はこの猛暑の中、ムカつくことも多いでしょうが、怒るとかえって熱くもなるので、みなさんどうぞお健やかに――。

    週刊新潮 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15144285/


    所長見解:怖いね・・・

    【【意外な一面】あの「オネエタレント」もマネージャークラッシャーってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子が、今月に入って立て続けにNHKの番組に出演して話題を呼んでいる。

    和田といえば、5月23日に発売したBOYS AND MEN 研究生(以下ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」がオリコン週間ランキングで初登場2位にランクインした。

    w


    「突然の和田の“変わり身”には驚きの声があがっている。
    というのも、和田は16年の紅白歌合戦に落選。
    その怒りはすさまじく、出演した各番組でNHKに対しての“恨み節”をぶちまけたうえ、NHKに“絶縁宣言”していたほどだった」(芸能記者)

    ところが、ここに来て突如NHKに出演。
    そこには和田なりの狡猾な計算があったというのだ。

    「今回のCDが売れたのは、どう考えてもボイメン研究生のおかげと思われます。
    今年、すでに昨年の出場者では、TOKIOが元メンバーの山口達也の不祥事で落選決定と言われている。
    そこで空いた1枠でボイメンの初出場が浮上。
    和田はそこに便乗したいようで、和田サイドからNHKに出演を打診したようです」(テレビ局関係者)

    和田は1970年の紅白に初出場以来、78年まで9年連続で出場。
    そこからしばらく出場がなかったが、86年に再出場以来、2015年まで30年連続で出場。
    40回目の出場がかかった16年に落選していた。

    「和田としては、なんとしても40回目の出場を果たすべく、紅白の選考条件の1つである『NHKへの貢献度』を考え、すり寄ったのでは」(先の記者)

    https://npn.co.jp/article/detail/24471555/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【悲報】和田アキ子、紅白復活の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子(68)が15日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、若手時代に受けた“いじめ”の実態を語った。

    w


    MCの黒柳徹子(84)から「和田さんは昔芸能界でいじめられたって?」と話を振られた和田は「これだけ女で大きい歌手っていなかったもんですから」と前置きし、楽屋が一緒になったある先輩歌手から「男がいるから着替えられない」と言われたことを告白。
    共演の中尾ミエ(71)と黒柳から「誰?」と問い詰められた和田は「言えないですよ」と名前を明かさなかったが、その歌手について「(今も)生きてますよ」「この番組にも出られてます」と明かした。

    また、黒っぽい衣装を着ていたところ、先輩から「私が黒着るから黒やめて」と言われたこともあるという。
    「これしかないんですよって言ったら、着替えなさいよって。当時ジーパンはいてたんですけど、ジーパンにシャツ着て、トイレで泣いて」と和田。
    さらに「はいてたスニーカーに『男は出て行け』ってマジックで書かれていた」と明かした。

    いじめた先輩歌手には今も挨拶だけはするという。
    黒柳が「一緒に仕事する人によくそんなこと言うよね、ビックリしちゃう」と言うと、和田は「そういう先輩には絶対なっちゃいけないなと思いました」と話していた。


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180515-OHT1T50050.html 


    所長見解:そうね・・・

    【【番組中暴露】和田アキ子に壮絶ないじめをした先輩歌手がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    弱肉強食の芸能界。
    それだけに男性も女性も、芸能人には負けん気の強い人が多そうだ。
    中には気持ちだけでなく、その腕力が話題になることも……。
    そこで今回は、現在活躍中の女性芸能人の中で、最も「ケンカが強そう」だと思う人を20~50代の男性、各世代25人ずつ、合計100人に聞いてみた。

    まず、第3位はタレントの木下優樹菜(30)。
    2010年にFUJIWARAの藤本敏史(46)と結婚し、2児の母となった木下は現在はママタレとして活躍していて、インスタグラムのフォロワー数は400万人を超える。

    k


    そんな木下は、昔から“元ヤンキー”とバラエティ番組などで公言しており、「ヤンキーの代表のような見た目や言動」(30代)など、“元ヤンキー”だったことを理由に挙げる人が圧倒的多数だった。
    さらに「夫婦喧嘩にも勝っているイメージだから」(30代)など、藤本を思うままにコントロールしているイメージも強そうだ。

    続いて第2位は、プロレスラーの佐々木健介(51)を夫に持つタレントの北斗晶(50)がランクイン。
    自身も元女子プロレスラーだけに、順当な結果とも言える。
    現役時代は“デンジャラスクイーン”と呼ばれ、ライバルと激しい戦いを繰り広げ、引退後は夫を尻に敷く“鬼嫁”キャラでテレビに引っ張りだことなった北斗。

    案の定「鬼嫁と呼ばれている」(50代)という声の他、「ガタイが良い」(40代)、「強そうだから」(20代)など、やはり現役時代のイメージが選ばれた理由だろう。


    ■第1位はやっぱり“芸能界のご意見番”!
     
    そして見事、第1位に輝いたのは、歌手でタレントの和田アキ子(67)。
    “芸能界のご意見番”と呼ばれ、デビュー前は地元の大阪で女番長として鳴らしていたのは有名。
    さらに、後輩の芸能人が和田から受けた恐怖体験をテレビで披露することもあり、周囲から恐れられているイメージが強い。

    そんな和田を選んだ理由を見ると、「背が高いから」(40代)、「体と声が大きい」(50代)、「手が大きいこと」(40代)など体型に関する意見が多数。
    芸能界での影響力よりも、見た目の迫力が今回の結果につながったようだ。

    その他少数派だが、大島優子(29)に「小柄で身体能力が高そうだから」(50代)という意見や、剛力彩芽(25)に「笑顔の中に怖さがある」(30代)、石原さとみ(30)に「気が強そうだから」(30代)など、意外な人物の名前も挙がっていた。

    今回上位にランクインした芸能人たちを見ると、やはりビジュアル的にもキャラクター的にも強そうな人たちが、そのイメージどおり「ケンカも強い」と思われているようだ。

    https://taishu.jp/detail/30419/


    所長見解:北斗って・・・
    【【喧嘩順位】「ケンカが強そうな女性芸能人」ランキングってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子が14日、BS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」に出演し、幼少期に父親から受けた厳しいしつけを振り返った。

    w


    和田は大阪市で柔道の町道場を主宰する父親に6歳の頃から柔道を教え込まれた。
    小学生時には、体重100キロを超えていたという父からは、「女は飯と掃除だけはできなあかん」と言われ、100畳を超える道場の掃除をすることが日課とされていた。

    現在では1人が亡くなったが弟は3人おり、長女だった和田は「私はちゃんとして欲しいというのがあったんでしょうね。きょうだいの中で一番、私がしばかれた」と厳しく育てられた。

    時にはベルトのバックルで殴られ、バックルの留め具が、下唇を貫通。
    「今でも傷があるんです。親父が“ボケッ、コラッ”て殴ったんです。
    血だらけになって、貫通したまんま、泣きながら病院へ行ったのを覚えています」と振り返った。

    そんな“しつけ”に「ちゃんとして欲しかったんでしょうね。でも、ことごとく反発しました。嫌いで嫌いでしょうがなかった」と複雑な“父娘関係”を告白し、「一回ね、“お父さん、私は本当にお父さんの子どもですか?”と言ったことがある。
    “もう耐えられない”と。“お父さん、寝てる間にお父さん殺して、私も死にます”と話したら、“おう、やってみいや、お前、先に殺してやるから…”。そういう父親でした」と涙ながらに回想した。

    その後は家出を何度も繰り返し、高校に入学するも、父親が勝手に退学届を提出してわずか3日で退学となったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13750909/
    デイリースポーツ


    所長見解:しつけの範囲越えてるよね・・・
    【【暴力家族】和田アキ子、ベルトのバックルで殴られ、バックルの留め具が、下唇を貫通ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ