ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:和田アキ子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    紅白歌合戦に向け早い段階から動きを見せていたハロー!プロジェクトだが、ここにきて、吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ事件が尾を引いている。

    「今年が結成20周年のモーニング娘。は、2007年以来遠ざかっているNHK紅白歌合戦に何としても復帰するため、早い段階から出場へ向け動いていたんです。
    現役とOGを含めスペシャルステージを準備していたのですが、吉澤の逮捕で全てご破算になってしまったそうです」(テレビ誌デスク)

    モー娘。同様、かなり早い段階から精力的に動いていたのが、アニバーサリーイヤーの和田アキ子(68)だ。

    「デビュー50周年の和田は、紅白復帰に事務所の総力を挙げて並々ならぬ意欲を見せていますよ。
    今年は『うたコン』や『ごごナマ』(ともにNHK)に出演し、局側へゴマをすっていたんですがね……」(芸能プロ関係者)

    ただ、NHKとしては和田復帰へは後ろ向きだという。

    「16年に落選した際、和田は怒りを込めて“NHKからオファーがあっても出演しない”と絶縁宣言し、局側を悪者にしたんです。
    NHKにしてみれば、その数年前から功労者としての花道をつくるから紅白引退宣言をするよう事務所サイドに勧めていた。
    でも、事務所側が彼女に話をせず、ずるずる来てしまっただけ。
    それなのにNHKが一方的に悪いと言われたんですから、紅白スタッフは彼女にいい気分は抱いていないですよね」(前出の芸能プロ関係者)

    芸能界のゴッド姉ちゃんも、紅白だけは“おまかせ”にならないようだ。

    d


    「今年は昨年の安室のような注目人物やメガヒット曲が出ておらず、NHKはどう特色を出すか悩んでいる。
    そこで出たテーマが『平成最後の紅白』だそうです。
    なので『U.S.A.』で再ブレークしたDA PUMPは当確ですよ。
    平成を代表するモー娘。も、本来なら大きなチャンスの年だったんです。
    意外なところでは、平成を代表する歌姫・浜崎あゆみの復活も検討されているそうですよ」 

    まだまだ波乱はありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000004-nkgendai-ent


    所長見解:見ないけどね・・・

    【【意外な選出も】NHK紅白歌合戦に出場確定歌手がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女性アイドルのDV騒動で、韓国の芸能界が大揺れだ。
    ソウル市内で恋人の男性を暴行したとして、女優のク・ハラ(27)がこのほど警察から事情聴取を受けたのだ。
    ク・ハラは2016年に解散したアイドルグループ「KARA」のメンバーで、日本ではNHK紅白にも出場するなど人気も高いだけにショッキングなニュースだ。

    その彼女から「暴行された」として、ヘアメークの男性A氏(27)が警察に通報したのが今月13日未明のこと。
    警察が出動する騒ぎに。
    調べに対し、A氏が「別れ話をしたら、一方的に暴行された」などと供述したのに対し、ク・ハラは「彼が『起きろ』とわたしを蹴った。それで言い争いになって、殴った。お互いのけんかだった」と双方の暴行であると主張。
    こうした過程から、ク・ハラがA氏と恋人関係にあることも分かり、芸能マスコミが押し掛ける騒ぎに発展している。

    どちらが先に手を出したのかなど、言い分は食い違うが、世間を驚かせたのは、虫も殺さぬ顔をした元アイドル歌手がDVの加害者であったことだろう。

    芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

    ■犠牲者はマネージャーが大半

    「女性タレントによる暴力は、日本の芸能界でもないわけではありません。
    好感度の高いあるグラビアアイドルは灰皿をマネジャーに投げつけ、『ああ、だるいし。消えろよクズ』などと怒鳴りつけていましたし、女性タレントがマネジャーやスタッフに対して暴言を吐いたり、暴力をふるうケースを含めると、結構な数に上るのではないでしょうか」

    そのグラビアアイドルはテレビで見せる笑顔が、裏に回ると一変し「私のおかげで食えてんだろ、ひもかよ。クズの仕事は面白いか、クズなりにごみ拾いにでも転職しろよ」などとスタッフに言っていたというから、一歩間違えば警察沙汰だったのかも知れない。
    また、引退したある女優のケースでは、マネジャーに命じて仲の悪い“ママ友”の自宅にスプレーで落書きさせたという“事件”もあった

    「被害が表沙汰にならないのは、相手が有名人だと、マスコミに騒がれて被害者の立場も悪くしてしまうから。
    そうしたことで、泣き寝入りさせられてきた被害者が、今回の韓国での騒ぎを知って訴え出る可能性はあると思いますよ」(前出の野島氏)

    g


    ■和田アキ子担当は全員が出世

    「でもねえ」と、ある芸能プロ幹部がこう言う。

    「現場マネジャーは女優やタレントのわがままに耐えてナンボ。
    灰皿を投げられようが、暴言を吐かれようが、24時間365日、笑顔で対応できなければダメなんです。
    逆に、それができれば芸能界で上を目指せる。
    ホリプロがいい例で、和田アキ子のマネジャーを務めあげた人間はほとんどが事務所幹部になっているでしょ。
    そりゃあ、マネジャーだって人間だから飲めば愚痴と恨み節が炸裂しますけど、そこまで務めあげてこそマネジャーのかがみなんです」

    芸能界を一般社会のモノサシで測ってはいけないようだ。


    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/238019/2


    所長見解:そらね・・・

    【【パワハラ】灰皿をマネジャーに投げつけ『ああ、だるいし。消えろよクズ』と叫ぶ、好感度の高いグラビアアイドルがコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が8月21日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)に出演し、タレントの和田アキ子とお酒を飲んだ際の驚愕エピソードを明かしている。

    w


    かつて深夜の六本木でお酒を飲み交わした際、和田が突然「あそこに知り合いおんねん!」と切り出し、交差点付近の派出所へ上がりこむと、その場にいた警官へ「◯◯さんはおる?」と尋ねたという。
    結局、和田の知り合いなる人物は不在だったものの、その後もしばらくはタバコを吸いながら警官のデスクへ居座り、派出所周辺が大勢の野次馬で埋め尽くされると、慌てる岡村をよそに「(この交番は)お茶も出ぇへんのかいな!」などとわめき散らしていたようだ。

    「プライベートで親交の深い岡村によって、和田の“豪快な私生活”が明かされましたが、このようなエピソードは氷山の一角。
    酔った時の和田が誰にも制御できないレベルの暴走を見せることはたびたび暴露されており、芸人の出川哲朗はベロベロになった和田から『おい、出川。久しぶりにチューさせてやるよ』と言われ、強制的にキスをさせられた挙句、『気持ち悪いねんお前』と突き放され頭をど突かれたというんです」(テレビ誌ライター)

    もちろん、和田の暴走による“被害者”は出川だけにとどまらない。

    「今や売れっ子の大物タレントとなった有吉弘行も和田の誕生日会に参加した際に、泥酔した彼女から『お前らの財布から金出せや』と恐喝され、その場に居た他のタレントらと共に泣く泣くお札を渡すと、和田はそれらを自分のアンダーウェアの中へしまい、『取れるもんなら取ってみい』などと挑発された過去を明かしています。

    和田と付き合いの長い松村邦洋に至っては、その“習性”を知り尽くしており、和田と会う際にはあらかじめお金を靴下の中に隠してから参加するようです」(前出・テレビ誌ライター)

    なお、酔いが覚めると和田はお金を返還するとのことだが、仮に六本木の警官から“カツアゲ”をしていればとんでもない大事に発展していたかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15212106/


    所長見解:逮捕・・・

    【【大胆暴露】和田アキ子の「交番で怒号」事件がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近8年間でマネージャーが28人辞めている」と暴露したのは、シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)の独立をめぐり、会見を開いた元の事務所社長だ。
    すでに2カ月も前の話ではあるが、業界では“マネージャークラッシャー”というインパクトは大きく、「そういえば、あの人も」といった声が広がっている――。



    週刊文春は昨年、女優でモデルの菜々緒(29)のマネージャーが8年で14人も変わったと報じた。
    広瀬香美の場合、これを遥かに上回る。

    w


    「28人というのはすごいですよね。
    古くは和田アキ子さん(68)が有名でしたね。
    以前自分の番組『アッコにおまかせ』(TBS系)でもやっていましたが、その時には歴代マネージャーは58人に上り、そのうち8人が失踪。
    中には2時間でクビになった人もいたとか。
    もっとも和田さんの場合、確かに厳しいけど、芸能界での躾をしているという声が多いんですよ。
    彼女の所属するホリプロでは、和田さんの下で修業して一人前になっていくと言われていますからね」(民放ディレクター)

    和田の場合、マネージャークラッシャーとは意味合いが異なるらしい。
    では他に、意外なクラッシャーはといえば――。

    「“オネエタレント”は気さくで洒落が利きそうだと思われがちですが、意外にも厳しい人が多いんです。
    その筆頭と言われるのが、振付師でタレントのKABA.ちゃん(49)。
    段取りが悪かったり、トロトロしてるマネージャーには厳しく詰め寄る。
    それはもうパワハラの域を超えてますよ」(同)


    怒ると地が出るオネエたち

    “事件”は「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)で起きた。
    その日は2本撮りで、KABA.ちゃんのマネージャー氏は、1本目の収録ではいたのに、2本目の収録時には辞めていたという。

    「KABA.ちゃんは楽屋で、とにかく仕事が遅いとか、早く片付けなさいと、チマチマチマチマ言っているうちに爆発するんです。
    『ケンミンSHOW』の1本目の撮りが終わって楽屋に戻ったときのことです。
    マネージャーはまだ若手で、この世界に来て1~2年だったはずですが、その場で辞めさせちゃいました。
    KABA.ちゃんは事務所の社長に電話して、『あのバカ、辞めたわよ。今、逃げた。誰か新しいのを寄越して』と言っていました。
    今ならパワハラで問題にされたかもしれませんよ。
    もう5~6年前の話ですけど」(同)

    となると、KABA.ちゃんが去勢する以前のこと。
    きっとイライラすることもあったのだろう。
    美しい女性となった今は落ち着いていると思いたい――。

    「そしてもう1人、はるな愛(46)です。
    チーフマネージャーとは昔からのつき合いがあるので彼女も信頼しているのですが、こちらも若手マネージャーには厳しい」(同)

    それはマネージャーの性別や容姿に関係があったりするのだろうか。

    「基本的にそれは関係ないようですね。
    はるな愛は時折、ドスの利いた男声で話すのも芸風になっていますが、怒ったときにはさらに迫力のある大西賢示(本名)が出てしまうんですよ。
    あまりの迫力に、入ったばかりのマネージャーはビビって辞めてしまうそうです」(同)

    昨年は元衆議院議員の豊田真由子氏(43)の「このハゲー!」「ちーがーうーだろーっ!」が大きな話題となったが、彼女の場合は秘書が4年半で100人以上辞めていた――。

    今年はこの猛暑の中、ムカつくことも多いでしょうが、怒るとかえって熱くもなるので、みなさんどうぞお健やかに――。

    週刊新潮 
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15144285/


    所長見解:怖いね・・・

    【【意外な一面】あの「オネエタレント」もマネージャークラッシャーってよwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の和田アキ子が、今月に入って立て続けにNHKの番組に出演して話題を呼んでいる。

    和田といえば、5月23日に発売したBOYS AND MEN 研究生(以下ボイメン研究生)とのコラボシングル「愛を頑張って」がオリコン週間ランキングで初登場2位にランクインした。

    w


    「突然の和田の“変わり身”には驚きの声があがっている。
    というのも、和田は16年の紅白歌合戦に落選。
    その怒りはすさまじく、出演した各番組でNHKに対しての“恨み節”をぶちまけたうえ、NHKに“絶縁宣言”していたほどだった」(芸能記者)

    ところが、ここに来て突如NHKに出演。
    そこには和田なりの狡猾な計算があったというのだ。

    「今回のCDが売れたのは、どう考えてもボイメン研究生のおかげと思われます。
    今年、すでに昨年の出場者では、TOKIOが元メンバーの山口達也の不祥事で落選決定と言われている。
    そこで空いた1枠でボイメンの初出場が浮上。
    和田はそこに便乗したいようで、和田サイドからNHKに出演を打診したようです」(テレビ局関係者)

    和田は1970年の紅白に初出場以来、78年まで9年連続で出場。
    そこからしばらく出場がなかったが、86年に再出場以来、2015年まで30年連続で出場。
    40回目の出場がかかった16年に落選していた。

    「和田としては、なんとしても40回目の出場を果たすべく、紅白の選考条件の1つである『NHKへの貢献度』を考え、すり寄ったのでは」(先の記者)

    https://npn.co.jp/article/detail/24471555/


    所長見解:もういいよ・・・

    【【悲報】和田アキ子、紅白復活の模様・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ