ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    千秋、「ウリナリ!」時代のビビアン・スーとの関係明かす プロデューサーの一言にショック


    タレントの千秋(48)が、15日放送の日テレ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜・前9時55分)に出演。

    学生時代のエピソードや、デビュー当時のエピソードについて語った。

     
    小柄な体形で幼少期は笑わない性格だったという千秋だが、反抗期には激怒する父に対抗して、家の中でビール瓶を投げつける衝撃の事件を起こしたことも。

    それでも父親からは怒られることはなくむしろ「ケガはないか」と心配され、「この人には適わない」と実感したという。

     
    学生時代から恋愛に関しては「確率」重視で、接点の少ない先輩などに憧れる周りの女の子とは違い、関わりの多い同級生の男の子を好きになっていたという千秋。

    「自分のことをよく知らない人を好きになっても」と効率重視の恋愛をしてきたことを明かした。

     
    小学生の頃から芸能界入りの夢を持っており、デビューのきっかけを掴むために通学で渋谷を通るという理由だけで選んだという短大に進学。

     
    そんな千秋は日テレ系「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」(1996年)のオーデイションでグランプリを獲得し、芸能界デビュー。

    番組内で結成されたウッチャンナンチャン・内村光良(54)、キャイ~ン・ウド鈴木(48)との3人組ユニット「ポケットビスケッツ(ポケビ)」(00年活動休止)が爆発的な人気を誇り、武道館公演やNHK紅白歌合戦出場も果たした。


    p

     
    当時番組内で対立していた台湾人タレントのビビアン・スー(44)とは、プライベートではお互いの家に泊まりに行くほど仲が良かったという千秋だが、ある日番組プロデューサーから「ビビアンが千秋との関係で悩んでいる。
    楽しいと思っているのは千秋だけかもよ」と言われショックを受けたという。

     
    それをきっかけに、ビビアンとの関係が疎遠になってしまったが、10年ほど経ってからプロデューサーの発言が番組を面白くするためのデマだったことが明らかになり、ビビアンとの関係も修復したことを明かした。


    https://hochi.news/articles/20191215-OHT1T50104.html 

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【ポケビ VS ブラビ】千秋、ビビアン・スーとの関係がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自ら「代わり映えしない日々」

     
    猫も杓子も「インスタ、インスタ」との風潮を苦々しく思っていた向きは、快哉を叫んだのではないか。

    先日、女優の新垣結衣(31)が「インスタの公式アカウントを開設しない理由」を発表し、反響を呼んでいる。

     
    このインスタ問題だが、新垣が写真集を出版したことと密接な関係がある。

    まずはそこから始めさせていただこう。

     
    アマゾンによると、写真集『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』(カエルム)は12月5日に発売が開始された。

    8800円という高額な価格設定にもかかわらず、売れ行きは好調のようだ。

     
    この写真集はファッション誌「NYLON JAPAN」が「編集」としてクレジットされている。

    新垣は2010年から同誌に参加しており、写真集の公式サイトには《連載ページ、表紙、編集ページをまとめた1冊》と説明されている。

     
    12月4日、同誌のインスタグラムで「新垣結衣インスタLIVE」が配信された。

    カメラの前に新垣は1人で座り、要するに写真集の宣伝を行ったのだ。

     
    53分間の動画は現在でも視聴可能だが、後半は事前に募集したファンからの質問に答えるコーナーだった。

    彼女は丁寧に答えていったが、「そろそろ最後」と宣言した約46分から異変が起きた。

     
    選んだ質問の紙を読むと、小さく溜息をついたり、熟読して考えたりする素振りを見せ、「保留」と呟くと別の紙を手に取ったのだ。

    どんな質問が書かれていたのだろうか。今となっては知る術もない。

     
    そして本題は次の質問だ。

    新垣は紙を開くと、「これを機にインスタを始めてみませんか(笑)」の質問を朗読した。

    しっかりと「わら」と声に出したところも、なかなか面白い場面だった。

     
    新垣はいきなり険しい表情を浮かべる。

    落差に周囲の関係者が思わず笑う。

    さらに何秒か間を置くと、「映えるような毎日を送っていないんですよ、本当に」と答え、今度は微笑を浮かべたのだ。

    「見せたいものが……ない、というか、まあ、もしかしたら未来は分からないので、可能性はないとは言わないですけど、今はちょっと、本当に大した毎日を送っていないので。
    寝てばっかりになっちゃうので、代わり映えしないと思うので、あと更新滞ったりするから、今の時点では可能性ないですね。ごめんなさい」

     
    この“赤裸々”な告白に芸能メディアが注目したのは言うまでもない。

    ネットだけでも、スポニチアネックス、シネマトゥデイ、ねとらぼ、クランクイン! ──といった社が記事を配信した。


    y


    ■女性セブンは「干物女」

    この新垣の回答だが、別に謙遜でもなければ、視聴者を煙に巻いたわけでもない。

    正真正銘の“リアル”だという。

     
    新垣は17年10月、「しゃべくり007」(日本テレビ系列・月曜・22:00)に出演。

    自身のプライベートについても明かしたのだが、それを報じたスポニチアネックスの記事は「ガッキーが休日の過ごし方告白、睡眠時間『13時間』『3度寝、4度寝』」という見出しだ。

    《休日はインドア派で、ひたすら寝て過ごすことも多いそう。
    MCの上田晋也が「たまの休みは何してるの?」と質問すると「ひたすら寝るか、おウチに友達を呼んで、ご飯作って食べてます。
    あとは掃除を…。
    もともとそんなに外に出るタイプじゃないので」と返答。
    「ひたすら寝るって何時間ぐらい寝るの」と聞かれると「13時間…。長いです。2度寝、3度寝、4度寝と…」と答え、スタジオはざわついた》

    (註:引用に際してはデイリー新潮の表記法に合わせた、また年齢などは割愛した、以下同)


    先のインスタLIVEでも「寝てばかりになっちゃう」と答えたことと符合する。

    テレビ担当記者が言う。

    「新垣さんが“インドア派”だという芸能記事は定番と言っていいでしょう。
    例えば2009年、サンスポのインタビューに『休日って夕方までボーとしちゃって、(自宅から)1駅先ぐらいしか出かけない』と答えています。
    17年には『FLASH』が『引きこもり』と報じました。
    今年は『女性セブン』が女優の蓮佛美沙子さん(28)と焼肉屋で“六本木焼肉デート”の様子を写真と共に伝えましたが、その時に『干物女』という刺激的な単語をタイトルに使っています」


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191212-00597826-shincho-ent&p=1  

    所長見解:ええんやで・・・
    【【悲報】新垣結衣さん、31歳の実生活がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    AKB48メンバーの柏木由紀が11日にツイッターを更新し、1日で4回のスカウトを受けたことを報告。

    ファンからは「凄すぎ」「さすがスカウトマン!」「モテモテだね」などの声が集まった。


    柏木は「カットモデルのスカウト本日4回目…。
    ファッションショーも出れるらしい!お願いしとけばよかったかな」とツイート。

    さらにこのツイートに続ける形で「ちなみにオーラがとか、わたしって気づいたとかの問題じゃなく、ただ単に今日髪の毛ぼっさぼさだから整えがいがあるんだとおもいます」とユーモラスにつづっている。


    この報告にファンからは

    「1日4回は凄すぎ」
    「さすがスカウトマン!見る目ある」
    「そんくらいオーラあったんだね」
    「ゆきりんモテモテだね」

    といったコメントが相次いでいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00071902-crankinn-ent

    AKB48 柏木由紀
    no title

    画像①

    画像②

    画像③

    所長見解:スカウトかい・・・

    【【衝撃告白】AKB48・柏木由紀さん(28)「1日4回○○○○」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    宇賀なつみ「夫が下着も洗う」に田中みな実仰天

    フリーアナウンサーの田中みな実(33歳)が、12月10日に放送されたトーク番組「川柳居酒屋なつみ」(テレビ朝日系)に出演。

    自身の下着類を、彼氏や夫の洗濯物とは一緒に洗濯できないとのポリシーを語った。


    n


    この日、既婚者である“女将”宇賀なつみ(33歳)が、洗濯など多くの家事を夫がしてくれているという話の中で、田中は「えっ、お洗濯って、例えば宇賀ちゃんの下着とかも洗うの?」と質問。

    「洗う、洗う」と当たり前のように答える宇賀に、田中は「ええ!?うそーっ! えっ、ほんと……?」と大きく驚いた。


    田中は「私、半同棲みたいな感じだったときに、彼のお洗濯物と一緒にできなかったから、自分の洗濯物は自分の家に持って帰って、一週間分」
    「なんか恥ずかしくって。
    あと、女じゃなくなっちゃうんじゃないかなと思って。
    女として見られなくなっちゃったらどうしようって」
    「一緒に洗って、一緒に干してたら、女性として見てくれなくなるんじゃないかと思って」「もし結婚しても、私はたぶん自分の部屋に小さい洗濯干すやつを買って、そこに全部干します」と語る。


    この考え方に、宇賀は逆に驚いた様子を見せたが、ムロは「でも、のちのこと考えたらそれが良いだろうね。
    家族になっていくスピードが少しゆっくりになるというか。
    女性として見ていて、大事ですもんね。
    服の向こう側を見る楽しみ、有り難み、レア度、あれこんなの付けてましたっけ?という驚きとかね。
    干しちゃったらいつも通りですもんね」と納得した。


    https://www.narinari.com/Nd/20191257501.html 

    所長見解:たしかに・・・

    【【女子アナ】宇賀なつみ「夫が下着も・・・」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。
    そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。
    日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない『自分の性分』というものもあって――」


    k

     
    昨年からは、同じ九州の出身で、やはり中性的なキャラクターの美輪明宏の『ヨイトマケの唄』もカバーしている。


    「でも、世間が求める『氷川きよし』の姿とは違う。
    あくまで『演歌の王道』を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」

     
    胸に秘めたる「生きづらさ」からの脱皮を明かす氷川。

    12月12日発売の週刊新潮では、幼少期のイジメ体験や、表現方法をめぐる所属事務所との軋轢の噂についても語った。


    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12111659/
    デイリー新潮

    所長見解:ええやん・・・
    【【悲報】氷川きよしさんが自殺した・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ