ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の橋本環奈(20)が23日放送の日本テレビ系「アナザースカイII」(金曜後11・00)に出演。

    一躍脚光を浴びることになった“奇跡の一枚”が生まれた舞台裏を明かした。

     
    橋本は中学3年生だった13年、「Rev. from DVL」のメンバーの1人として福岡でのイベントに出演。

    そこで撮影された一枚の写真がネットに拡散され、いわゆる“奇跡の一枚”として大きな話題に。

    「1000年に1人の逸材」などと脚光を浴びることとなった。


    c


    この写真について、番組MCの今田耕司(53)は「これこれ、ネットで俺見て…奇跡の一枚で」と大興奮。

    当時について、橋本は「でも、あのステージは曲に物凄い思い入れがあって、1回出てたけど、全員で踊っていると、身長の関係でバランスとかも重要視されるので、それで出なくなっていて、それが凄く悔しくて…」と回顧。

    「あのステージだけ広かったんです。
    端っこの後ろでいいからってことで、踊らせてもらっていて…。
    その気持ちも写真の中に出ていたのかもしれない」と意外なエピソードを明かした。

     
    同じくMCの広瀬アリス(24)は写真に写る四角を描く振りも「伝説ですよね」と感心しきり。

    今田も「マジかわいいな。奇跡ってわかる。
    ポーズもこれやないとあかんもん」と絶賛すると、広瀬は「超かわいいっす」と目を細めた。


    画像①

    画像②

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/24/kiji/20190824s00041000157000c.html



    所長見解:これはすごい・・・

    【【1000年に1人】橋本環奈、伝説すぎる「奇跡の一枚」の真相がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鈴木奈々「30過ぎてからの性欲がハンパない」と夫にスリスリ

     
    鈴木奈々が、8月19日配信の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で、2014年に結婚した夫との関係を語った。

    「元気ですか?」と聞かれた鈴木は、「元気です。ムラムラしてます! 30歳過ぎてからの性欲がハンパないです。だから(旦那に)スリスリしてます」とぶっちゃけた。


    s


    鈴木は自身の「勝負下着」について、「私は、お付き合いしているときは、Tバックを勝負下着で穿いてました」と告白。

    ただ、現在は「結婚して長いからあれだけど……」と最近は穿いていないことを明かした。

     
    8月14日放送の『MATSUぼっち』(フジテレビ系)では、鈴木がかつて人気を誇ったギャルのヤマンバ系メイクに挑戦。

    「わー! すごい! 私めっちゃかわいい」と興奮していた。

     
    さらに鈴木は「私の旦那さん、マジギャル好きなんですよ」と語り、「多分興奮してくれると思う」とコメントして、周囲を沸かせた。

     
    鈴木は3月28日に行われたCM発表会で、夫との間にマンネリがあることを明かし、「キスは1日200回してたけど、今は1日1回もしない日とかある。
    色気出して自分磨き、頑張ります」とボディーケアへの努力を宣言していた。

     
    マンネリ防止に励んでいる鈴木。

    コウノトリがやって来ることにも期待したい。
    https://smart-flash.jp/entame/78672 


    ▼写真
    https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2019/08/22105207/suzuki_nana_1_thumb.jpg



    所長見解:最近見ないね・・・

    【【悲報】鈴木奈々「30過ぎてからの性欲がハンパない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    実業家の与沢翼氏(36)が19日、テレビ朝日「かみひとえ」(月曜後11・20)に出演。

    無一文から復活した、現在の私生活を披露した。


    y


    大学時代に起業した会社で大儲けし、かつて「秒速で1億円稼ぐ男」と呼ばれた与沢氏。

    家賃200万円のマンションに住み、高級外車を乗り回すなど、豪遊生活を堪能していたが、2014年に経営破綻。

    無一文になり、所持金は19円の頃もあったという。

    それでも、残っていた私財をすべて売り払い、それを元手に海外で個人投資家として活動。

    現在はタイに居住を移し、2億6000万円する高級レジデンスの66階に住んでいるという。

     
    口座は、世界6カ国に30前後あるといい「純資産は75億ぐらいかな。
    30億円が現金になるもの、45億円が不動産」とさらりと明かした。

    今、目を付けているものは「社債」と話し「1年間寝てるだけで9000万円入ってくる。
    もし自分の資産を全部社債で買えば、70憶を5パーセントの利子で回したとしても、年収3億5000万円。
    月3000万円使って豪遊すればいいだけで、でも資産は減らない」と復活を成し遂げた。

     
    14年に出会い、16年に結婚した妻でモデルの相原麻美さん(31)も登場。

    当初、与沢が「金を見せびらかす」という理由から「嫌いだった」と回顧。

    だが、「みんなに優しくて、些細な気遣いができるタイプだったからいいイメージに変わりました」と心境にも変化が出たことを打ち明け、「(与沢とは)普通にフランクに話せるから私は良かった」と結婚の決め手についても言及。

    「与沢の存在はお金?愛?」という究極の質問には「いい所に住ませてもらってると思ってるけど、セレブの人みたいにいっぱい買ってもらっているわけでもないので、私は愛を取る」と率直な思いを述べていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000130-spnannex-ent 



    所長見解:もうな・・・

    【【資産75億円】与沢翼氏、大富豪に復活ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(35)が19日、TBSのトークバラエティー「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(月曜後7・00)に出演。

    自身の貯金額について明かした。

    m


    進行を務める「平成ノブシコブシ」吉村崇(39)が、鬼龍院翔に「鬼龍院さんは将来のことを考えていないですよね?」と話を振ると、鬼龍院は「考えていない方ですね」とサラリと受け流した。

    ただ、その理由が驚きだった。

    鬼龍院は「(日本人の生涯年収である)“2億”貯まったら無鉄砲に生きよう」と決めていたと明かし、続けざまに「2億たまったんで…」と自ら暴露。

    スタジオの面々は「たまったの!?」と、驚きを隠せずにいた。


    鬼龍院によれば「2億稼げばこの仕事がなくなっても高円寺あたりのワンルームでじっとしてれば生きていける、と計算した」そうで、今後「自由にのびのび生きられる」算段はついたという。


    それでも2億円たまったとはいえ「別に(生活は)変わんないですね」とひょうひょうとしていたが、吉村は「2億たまってるっていうのが強すぎて何も入ってこない」と嘆いていた。


    ちなみに、ゴールデンボンバーは2009年に発売した7枚目シングル「女々しくて」が大ヒット。

    オリコンカラオケランキングでは歴代1位となる“50週連続1位”を記録するなど、息の長い人気を得た。

    そんなこともあって、昨年鬼龍院は印税額について「カラオケは1回入れてくれたら僕に2円が入ってくる。
    (現在は)著作権印税として月に2~30万円ぐらい入っている」
    「(全盛期は)月1000万円ぐらい入ってました」と告白していた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/kiji/20190819s00041000318000c.html

    ▼画像
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/19/jpeg/20190819s00041000319000p_thum.jpg

    所長見解:ええな・・・

    【【これはすごい】ゴールデンボンバー・鬼龍院翔さんの貯蓄額がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月9日、吉本は謹慎となっていたレイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成など所属芸人11人の処分を8月19日付で解くことを発表。

    「復帰は9月という話だったんですが、少し早まりました。
    夏休み期間でライブや営業が多く、客を呼べる芸人が足りない状況のよう。
    謹慎中の芸人の多くは営業に強い人たちだったから、少し早めたのかもしれません。
    福島さんとくまだまさしさんは、特に営業のオファーが多く、この2人だけで営業が60本はキャンセルになり、現場は代理の芸人を探すのに混乱していたよう。
    また謹慎芸人の一部は松本さんに呼ばれて話を聞かれたそうですね。
    そういうのも謹慎解除が早まった理由かもしれません」(前出・放送作家)


    s


     
    謹慎が解かれる11人には、暴力団の会合に出席していたスリムクラブも含まれる。

    そんな彼らは謹慎中であった8月中旬の夜、なんと2人きりで都内の老舗居酒屋に現れていた。

    彼らの復帰は9月1日の舞台の予定である。


    「その居酒屋はスリムクラブの2人の行きつけのお店ですね。
    長年コンビを組んでいるお笑いコンビではなかなかないですが、いまでも仲がよくて、よく2人きりで飲んでいます。
    カウンター数席に座敷と小さなお店なので彼らも店員や常連客とも仲がよく、お客さんが店員さんに“謹慎中のあの2人はどうなの? ここも謹慎してんの(笑)?”などとイジられてますよ」(店の常連客)


    店には2人で訪れたが、先に店を後にした内間政成を直撃した。

    復帰の決定について聞くと、

    「すみません。まだ謹慎期間中なので、なにも言えません」

    と言いながらも、ほろ酔いのためかいまの心境を語ってくれた。


    ――2人で復帰後について話していたんですか?

    「そうですね」


    ――19日に復帰が決まりました

    「いや、まだ時間も決まっていないんですよ」


    ――いまの心境は?

    「いまはとにかく申し訳ない気持ちです。皆さまに感謝です」


    ――皆さまとは?

    「応援してくれたファンにです。あと吉本と先輩方に」


    ――先輩とは具体的には?

    「身近な人では、特に会社に強く許しをお願いしてくれた(ロンブーの)淳さんです。
    あとは、松本さんも。
    テレビなどでかばったコメントしてくれた東野さん、千原ジュニアさん。
    生活のための差し入れをしてくれた淳さん、チュートリアル福田さん、小藪さん、超新塾マンモスさん、品川庄司の庄司さんに。
    庄司さんは米俵を送ってくれました。
    家族はこれらで食いつなぐことができました」


    ――その家族に言いたいことは?

    「奥さんにはついてきてくれてありがとう、ですね」


    ――あの闇営業は怪しいと思わなかった?

    「今となっては恥ずかしい話ですが、小銭欲しさに目がくらんでしまい、まだ会うのが2度目だった(仲介をした)バンドー太郎さんのおいしい話につられてしまったんです。
    もう、うまい話が来てもすぐに飛びつかないようにします」


    ――宮迫さんたちの今後はまだ不透明ですが。

    「あちらのことは元が違うのでわかっていないんです。
    でも、僕は宮迫さんは特に好きな先輩。
    元々『アメトーーク!』のファンですから。
    今でも毎回録画して見ていますよ。
    だからいちファンとしても早く見たい」


    ――会長、社長に言いたいことは?

    「正直、ホンネでは言えないです。
    2人ともほとんど会ったことないですから。
    ファンみんなに喜んでもらえる会社になってほしいです」


    ――吉本を辞めようと思いましたか?

    「週刊女性が雇ってくれるなら入りますよ。
    いい条件で(笑) 。
    それは冗談としても、吉本にずっといたいです。
    ずっと好きで憧れていましたから」



    笑顔を見せ、直撃した記者の肩を抱くなど上機嫌に答えてくれた内間。

    一方彼から1時間ほど後に店を出た相方の真栄田賢はタクシーを店に横付けし帰路についた。


    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00015884-jprime-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00015884-jprime-ent&p=2

    ▼画像
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/5/-/img_a54a04606556b3bc1f5fb06333ddcdcf669085.jpg

    所長見解:もうええんや・・・

    【【闇営業芸人】スリムクラブ「小銭欲しさに目がくらんだ」←これwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ