告白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優に歌手に、常に第一線で活躍する小泉今日子(51)が、36年間所属した大手芸能事務所バーニングプロダクションから独立し、同時に俳優の豊原功補(52)との「不倫」も公表した。
    この“宣言”にどんな意図が隠されているのか。
    取材を進めると、キョンキョンの意外な顔が見えてきた。

    k


    「けじめをつけない大人が多すぎるよね。まあ、私もなんだけどね……」

    知人女性は、今回の小泉の発表を受けて、小泉がふと漏らした言葉を思い出した。
    聞いたのは、おととしのこと。
    この頃、すでに小泉と豊原と深い関係にあったと思われる。
    「小泉さんは、夜遊びもせずに自炊派。
    地に足の着いた大人の女性ですが、『私、青春の甘酸っぱさとか置き去りにしてきちゃっているからさ』とよく口にしてた。
    どこか青春を取り戻したい気持ちがあったのかもしれません」(知人女性)

    2月1日、小泉が代表取締役を務める会社「明後日」の公式サイトで「小泉今日子からのご報告」と題したメッセージが発表された。
    1月31日でバーニングから独立したことを報告し、「50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのか」と独立に至った心境を明かしている。

    さらに驚きだったのは、既婚者である豊原との関係を公表したことだ。
    豊原について「同じ夢を追う同士」としながらも「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります」と堂々と明かした。

    これに呼応するように、豊原も公式コメントをすぐに発表。
    小泉との関係を「志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております」と告白し、さらに「家族とは3年近く以前より住まいを別にしている」と明かした。
    3日には会見を開き、豊原は同様の内容を口にした。

    芸能界にとって、タレントの独立ほどセンシティブな問題はない。
    アイドル評論家の中森明夫さんは、小泉の場合は、「円満退社」だとみる。
    「小泉さんが50歳になった2年前、雑誌『MEKURU』にバーニングの社長の周防郁雄さんのインタビューが載っていた。
    周防さんは『こんな子(小泉)にはもう二度と出会えない』と語っています」(中森さん)

    そのMEKURUの中で周防氏は「前から、いろんな分野でプロデュースをしてみたいっていっているから、そっちの方向に進むのかもしれないけど……すべてのことに頑張ってほしいと思う」と小泉にエールを送っている。
    この発言からは、独立はバーニングと丁寧な調整を重ねた末、今回の公表に至ったと推測できる。

    「バーニングに迷惑をかけないように、独立してから豊原さんとの関係も公表したのでは。僕の印象では小泉さんはうそをつくのが嫌な人。
    事務所に所属してれば、自分の言葉で話したくても周りに迷惑がかかる可能性がある。
    そのために独立したのではないか」(同)

    不倫を自ら公表した点にも注目だ。
    本誌で「てれてれテレビ」を連載中のカトリーヌあやこさんは「その潔さに、小泉さんらしいなと感じました」と言う。

    「相手は離婚をしていなくて不倫です。
    こんなことを自ら発表すること自体珍しいですよね。
    かつて、小泉さんにHIV感染のうわさが流れたときに、自分で検査を受けて、陰性である証明書をプリントしたTシャツを着て登場したことがありました。
    今回の思わぬ形での発表に、そのことを思い出しました」

    上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)も、“らしさ”を感じた一人だ。
    「80年代から、アイドルとしてのルール、不文律のようなものを、自然体で壊し、はみ出ることをしてきた人。
    他の女優やタレントだったら相当なバッシングになるような事態なのに、また違った形で注目されるのが、キョンキョンだな、と感じますね」

    この、コイズミ流ともいえるやり方に対し、世間の受け止めはさまざま。
    ネット上には「人間だからいろいろある」と一定の理解を示す声もあるものの、「キョンキョン見損なった」という声が大きい。

    小泉は、ホームページ上で「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」とつづり、2日には報道陣に対し、「自分の罪は、自分で背負って生きていきたい」と話し、頭を下げた。

    つづく

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180204-00000003-sasahi-ent


    所長見解:いい歳なのにね・・・
    【【不倫公表】小泉今日子の不倫宣言は豊原の妻への対策ってよwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月31日放送の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、指原莉乃が現在の結婚観を語る場面があった。

    この日の放送では、高橋由美子、小倉優子、指原莉乃が集まって“独身3世代女子会”を開催。
    MCの後藤輝基(フットボールアワー)も加わって、お酒を飲みながら結婚についてトークを繰り広げた。

    その席で「めちゃめちゃ結婚したいんですよ、ワタシ今」と切り出した指原は、AKBグループを卒業した後のことを妄想しながら話を続ける。

    卒業後に「自由に恋愛していいよ」と言われたとしても、現在25歳の指原にとっては「(卒業してから)1人目に付き合う人は(遊びではなく真面目に)結婚を考えなきゃいけない人」になると説明。
    そんな想定をしつつ「思ったより結婚が自分の近くにあるんだなって」と指原は語った。
    理想の結婚相手については「(仕事など)何にもして欲しくなくて」「ずっと家にいて欲しい」「ヒモでいいです」と本音をぶちまけていた。

    SNS上では、放送を見た視聴者から

    「女子会の指原、“素”が見えてカワイイ」
    「ヒモでいいから家にいて…すごいわかる」
    「指原のヒモになりたい」

    などの声が上がっていた。

    次回の「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」は2月14日(水)放送。
    十朱幸代、中村仁美、山里亮太(南海キャンディーズ)がゲスト出演する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180201-00135988-the_tv-ent

    no title


    所長見解:もう25か・・・
    【【結婚願望】指原莉乃、理想の結婚相手ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    週刊文春が小室哲哉(59)と看護師との密会を報じ、それに対する会見が1月19日の13時から行われる。
    小室哲哉自身は一緒には寝たが関係は無いと否定している。

    会見の冒頭で小室哲哉は「相手の方、KEIKOに御迷惑をおかけしたことをお詫びします。
    そのことから引退を決意しました」と語り突然の引退発表。
    騒動に対してけじめをつけて引退するという。

    その後過去の有罪判決のことを語り、KEIKOに対しては「女性というよりも女の子みたいになっている」と妻であるKEIKOに対する思いを語りだした。
    音楽を聴かせたりしても音楽を興味を持つことがなく7年目になったという。
    今KEIKOさんが小学4年生くらいのドリルが楽しんでおり、そういったレベルでもあるという。
    そういった中で大人の女性としてのコミュニケーションができなくなり、会話の時間も1時間、10分、5分と減っているという。

    k


    ただ引退といっても今後のライブのことや、多額の借金の問題などもありそれらをどうするのかも解決していない。

    また看護師Aとの関係は否定しており、不倫はしていないという。

    この会見は13時30分解禁でこれを見ていたネットのユーザーは

    「文春追い込んだな」
    「借金どうするの」
    「同情するわ」
    「もう十分働いただろ」

    という声が挙がっていた。

    http://gogotsu.com/archives/36370


    所長見解:どうすんだろね・・・
    【【衝撃事実】KEIKOさん、頭が小学4年生くらいになっているってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    週刊誌の「週刊文春」に不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き、引退すると発表した。
    また、報じられたAさんとの男女関係は否定した。
    「普通の男性としての能力というのがなくて…精神的なものを支えてもらったということです」と説明した。

    t


    体調については陰性となったものの約2年前にC型肝炎を患い、さらに昨年に左耳の耳鳴りを発症。
    耳については会見中も起き続けている状態で、音楽制作に支障をきたしていると説明した。

    自宅での往診を受けたが「体調不良で来ていただいていて、女性としてきていただいたことは1度もない。精神的なこと、医療のサポート、それから僕が体調不良で非常にお恥ずかしい話なんですが男性としての女性を呼び込みたいという欲求とはかけ離れていまして」と説明。
    「男女の関係というものはまったく考えてないです。ありません」と断言した。

    Aさんの自宅を小室が訪問したことには、他の医師やAさんのスケジュール上、自分が動かざるをえなかったからだとした。
    妻のKEIKOがくも膜下出血を患った2011年以降、「夫婦ということで大人の女性とのコミュニケーション、会話のやりとりが日に日にできなくなってきて」と通常とは違った夫婦の関係になる中で、精神的な不安、また体調不良の影響もあり、点滴などの治療時に「普通の雑談とか会話を女性とする機会がほぼない状態が何年も続いていたので、いろいろお話をしてしまったり、メンタルケアというのがきれいな言い方ですが、言ってみれば雑談を付き合ってもらったり」することで、心の支えになってもらっていたことは認めた。

    肉体関係については、「普通の男性としての能力というのがなくて…精神的なものを支えてもらったということです」と否定した。

    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/14180650/


    所長見解:そこまで言わなくても・・・
    【【衝撃告白】小室哲哉「普通の男性としての能力というのがなくて…」ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    グラビアのお仕事のこと
    ―― 最初にテレビ出たのっていつですか。

    吉岡 一番最初は私、実は地元でローカルドラマに出てるんですよ。
    それは、10代の頃、事務所に入る前で。
    その2年間って、もう片っ端からなんでも色んな仕事をやっていて。
    ヘアカットモデルもするし、小劇場も出るし、インディーズ映画も出るし。
    そのひとつがインディースドラマ。
    学生たちだけで作ったドラマです。

    吉岡 KBSだったと思います。
    そこでドラマ(『ショート・ショウ』第1話「サティスファクション」)に出してもらってて。
    それがたぶん初めて電波に乗った瞬間だったと思います。

    ―― その頃は何でもやってたとおっしゃられていましたけど、事務所に入って、グラビアもやられたじゃないですか。
    その時、抵抗があったそうですね。

    y


    吉岡 グラビアの話、なんかどんどん違う方に話が拡散してて、すごく困ってるんです。
    全然言いたいことと世間で書かれてることが違っていて。
    初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに、「嫌だった」ということばっかりバーッと書かれてしまって。
    こうやって知らない間に違う情報が流れてくんだと、ほんとにショックでした。
    初めてグラビアのお仕事を頂いた時は、その瞬間は確かにやったことないし、やる予定もなかったので、動揺したんですけど、でもやっぱりやればやるほど、やりがいを感じているんです。
    担当してくださった編集部の人も、今でもずっとつながりがあって。
    昨年も一緒に仕事をして、一番の応援者でいてくださっている人たちです。

    あの時間がなかったら今の自分はない
    ―― 事務所の先輩にも、グラビアから女優という道を作った、酒井若菜さんがいらっしゃいますね。

    吉岡 朝ドラに酒井さんが出られていた時にご挨拶に行ったことがあって、そこで「頑張ってね」「応援してる」って言ってくださって、すごく嬉しかったですね。
    酒井さんの現場とかも勉強しに観に行ったこともあるんですよ。

    ――吉岡さんにとってグラビアのお仕事は、一言で言うとどんなものだったんでしょうか。

    吉岡 カメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、そこで出会った皆さんとは、切っても切れない繋がりができました。本当にかけがえのない人たち。
    グラビアの仕事をさせていただいたことは今でも感謝してるし、あの時間がなかったら今の自分はない。
    そのぐらい、やってよかった仕事だと、胸を張って言えます! 

    そして同時に、間違った情報で、関わった方やグラビアを見て応援して下さっている方達を悲しませてしまい本当に申し訳なく思っています。
    こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。
    違う意味、時には正反対に解釈されることもある。
    自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00005835-bunshun-ent&p=1


    所長見解:火消し・・・
    【【今更言訳】吉岡里帆、グラビアの仕事『嫌だった』は間違ったってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ