同棲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「山里さんと蒼井さんは、つい最近引っ越されたそうです。
    山里さんはとっても気さくで、すれ違うといつも向こうから声を掛けてくれます。
    蒼井さんふだんは化粧もせず、お買い物にも気軽に行っているそうです」(マンションの住人)


    6月に南海キャンディーズの山里亮太(42)との電撃結婚を発表した蒼井優(33)。

    同月5日の結婚会見で山里は「同居はまだしていない」と、“別居婚”を宣言。

    会見以降、2人の新婚生活は謎に包まれていた。


    「蒼井さんと結婚してからの山里さんは“結婚に触れてくれるな”というオーラがすごいんです。気軽にプライベートを聞けるような雰囲気じゃないです……」(テレビ局関係者)


    しかし、2人はひそかに夢の同居生活をスタートさせていた。


    f


    7月下旬、昼過ぎに仕事を終えた山里がタクシーで向かったのは都内にある閑静な住宅街にたたずむマンション。

    すると、エントランスから出てくる蒼井の姿が。

    その数日後の朝7時過ぎ。

    レギュラーを務める『スッキリ』(日本テレビ系)の生放送に同じマンションからタクシーで出勤する山里を目撃している。

    ついに見つけた新居で2人は熱い新婚生活を送っているようだ。


    「蒼井さんは多忙な山里さんに代わって、洗濯物を干したり、掃除をしたりと主婦業に励んでいるようです。
    また、仕事に向かう山里さんに向かってベランダから蒼井さんが『いってらっしゃい!』と手を振って見送るのが朝の日課になっているそうですよ」(蒼井の知人)


    6月の会見では蒼井について「(財布のひもは)すごいしっかりしているので、スーパーも安いほうに行ってくれたりとか、お任せしたほうがいいのかな」と明かしていた山里。

    蒼井も山里からの結婚指輪を断っていたことを明かした際に、こう語っていた。

    「私、大切なものって絶対になくすんです。
    年内になくす自信があったので。
    もし、それだとしたら何かを一緒に経験することに使ってほしいかなって」

    2人が“愛の巣”に選んだマンションにも、蒼井の堅実さが表れていた。


    「蒼井さんと山里さんが住んでいるのは、築50年を超えるマンションをリノベーションした物件です。
    家賃は50万円前後ですが、2人がこれまで住んでいたマンションを考えると、かなり安いでしょう」(不動産関係者)

    また、築50年というマンションには、蒼井の穏やかな新婚生活への祈りが込められているという。

    「何事にも強いこだわりを持つ蒼井さんですが、なかでも住まいは特別。
    独身時代は、仕事の合間に何回も内見を重ねた末に見つけたビンテージマンションに住んでいました。
    新居は忙しい山里さんに代わって彼女が積極的に不動産巡りをしていたそうです。
    蒼井さんの希望で新築ではなく“古いけど味のある部屋”という条件で探していたといいます。
    2人の結婚生活において広さや値段よりも、お互い心地よく過ごせる空間であることが大事なのでしょう」(前出・知人)


    部屋のなかにも、蒼井のこだわりがちりばめられている。

    「室内には蒼井さんが地方にまで買いつけに行ったアンティーク家具などが置かれています。
    また、2人で過ごすときは常にお互いが好きなアイドルのDVDが部屋で流れているそうです。
    最近では蒼井さんの影響で宝塚歌劇団にも山里さんがハマり、共通の趣味を楽しめるようにホームシアターを作る準備をしているそうです」(前出・知人)


    蒼井が作り上げた安息の地は、山里に影響を与えているという。

    「吉本興業の分裂騒動で気苦労の多い山里さんは、家に帰ると蒼井さんに悩みを打ち明けていると聞いています。
    また山里さんが仕事で踊りの練習を毎晩していると、バレエ経験のある蒼井さんが『ステップができてない』と笑顔でダメ出ししているそうです」(芸能関係者)


    明るい話題を提供した2人だけに、テレビ各局からは“夫婦共演オファー”が絶えないという。

    「新婚旅行の候補地として挙げた高知県への旅番組のオファーも届いているそうですが、全て断っているそうです。
    夫婦の貴重な時間は当面。
    2人だけのものにしたいのでしょう」(テレビ局関係者)


    結婚から2月、節約道をしっかり歩む蒼井。

    これなら家計も山ちゃんもスッキリ!


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010001-jisin-ent 

    所長見解:50万・・・
    【【同居開始】蒼井優と山里亮太の新居がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「最近の西山さんは周囲に『もう疲れた……』と漏らしていました。
    早乙女さんは仕事人間で育児に積極的なタイプではありませんでした。
    彼女は仕事に育児に家事と孤軍奮闘する日々で、心身ともに限界だったようです」(西山の知人)

    6月26日に早乙女太一(27)との離婚を発表した西山茉希(33)。

    2人は13年6月に結婚。

    同年10月に長女(5)、16年に次女(3)が誕生したが、結婚生活に6年間でピリオドを打った。


    s


    結婚前から“波瀾万丈”な2人ではあった。

    12年5月、本誌は早乙女の“路上DV騒動”をスクープ。

    深夜、早乙女が路上で激高し、地面に押し倒された西山は泣いてその場を立ち去ったのだ。

    後日、早乙女は謝罪会見を開き同棲していることを告白。

    翌年4月に2人は結婚と妊娠を発表した。

    近年、西山は出演番組で“元夫のグチ”をこぼすことも多かった。

    テレビ局関係者の談。

    「西山さんは『食材とか生活用品は全部自分で買っている』と夫婦の財布が別々と公言。『うるさく言うと、理解されずにけんかになるのが嫌』とも話していました。
    長女出産後、早乙女さんが公演日と偽って1人で遊園地に行っていた日は大げんかの末、『出産後、初めてしっかり泣いた』と暴露。
    今春の番組でも、会食に行くと何時に帰るかわからない早乙女さんに対して『私よく考えたけど、あなたのこと何も知らないわ』と突き放したと話していました」

    夫妻の知人も言う。

    「昨秋、友人俳優の誕生会でも彼は朝まで飲み明かしていましたね。
    そのまま仕事に行き、帰宅したのは夜だったといいます。
    彼は在宅の日も子供の面倒よりゲームに熱中。
    彼女が仕事で留守にする日も、彼の母親を呼んで子守りを任せ飲みに行ってしまうことがあり、彼女は悩んでいました。
    父親になっても自分のやりたいことが最優先の夫と言い争うようになり、離婚を決めたそうです」

    だが、早乙女の知人は、彼の心情をこう代弁する。

    「実は早乙女さんは15年に解散した『劇団朱雀』の復活が悲願で、自分の稼ぎの多くをそこに投資し全力で動いていました。
    今秋、復活公演がかなった矢先の離婚でした。
    生活費すべてを奥さんが出していたわけではありません。
    家長として家賃は彼が出していると聞いています。
    ただ、このご時世、父親として家族ともっと密にコミュニケーションをとるべきでしたね……」

    離婚発表の書面で2人は《大切な子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます》とコメント。

    シングルマザーとして茨の再出発となる西山だが、離婚後の今も同居を続けているという。

    「子供たちがまだ小さいので生活環境をすぐに変えることは避け、当面は“パートナー”として一緒に生活するようです」(西山の知人)

    自宅“居座り”で早乙女に「父親の自覚」は芽生えるか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00010000-jisin-ent

    所長見解:なんで・・・
    【【何これ怖い】早乙女太一さん、西山茉希と離婚後も同居の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「急なんだけどさ、私、離婚することになって。離婚するのよ!」

    5月19日、磯野貴理子(55)は『はやく起きた朝は…』(フジテレビ系)でこう離婚を発表した。

    「いちおう、理由聞きたいじゃない。待っていたらさ、『自分の子どもが欲しい』って。あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って……」

    磯野は目に涙を浮かべながらも、明るく気丈に語っていた。

    「むこうのほうが頑張ったよ。よく(今まで)一緒にいてくれたなと思って。全然、思えるよ。感謝しかないもん、私なんか……」

    笑いながら24歳年下のTさんに感謝の思いを伝える姿は、視聴者の胸を打った。

    ネット上では《涙が止まらない》《子どもを望まれたら何も言えないよ》などの声が続出。

    「子どもが欲しい」というTさんには《最初からわかっていたはずなのに》といった批判もあった。

    r


    磯野は09年、7歳年下の元マネージャー・Sさんと離婚。

    そして12年、24歳年下の男性・Tさんと再婚した。

    当時、磯野は48歳。

    2人で“子どものいない人生”を歩んでいくはずだった。

    だが今回、2人は袂を分かつこととなってしまった。

    Tさんの知人は言う。

    「Tさんはどんどん派手になっていきました。
    爽やかなイメージからワイルドな印象へと変わり、女性客からもモテていました。
    お店を深夜に閉めた後には、よく六本木にある有名サパークラブに出かけていました。
    有名人やキャバクラ嬢も出入りするお店で、一晩で数十万円以上使っていたことも。
    『貴理子さんのお金でお店をやっているのに大丈夫かな』と心配の声も上がっていました」


    本誌はTさんに話を聞くべく、彼が都内で経営するバーへと向かった。

    このバーは磯野が開店のために出資したお店。

    ちょうネクタイに白いワイシャツでビシッと決めたTさんが立っていた。

    しかし話を聞こうとすると「取材はお断りしているので……」と一言。

    そして「僕も、疲れているんです」と言葉少なに答えた。

    その後、日付も変わった深夜1時30分ごろにTさんが店から出てきた。

    その足で向かったのは磯野の住むマンションだった。

    『はやく起きた朝は…』の収録時点で磯野はTさんが「まだ家にいる」と語り、離婚届の提出は「これから」と語っていた。

    だが放送後、すでに離婚届は提出したと報じられていた。

    それでも、いまだに同居は続いていたのだった――。


    画像①


    女性自身
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1740733/

    所長見解:イメージが・・・
    【【離婚】磯野貴理子、元夫と今も同居継続の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    シャブ漬け生活をともに過ごした不倫相手と半同棲を続けるのはなぜ?

    s


    東京タワーも望める、東京・港区の高級マンション。

    その出口から、一人の男性が姿を現した。

    まるでこちらを窺(うかが)うかのような視線を向けるのは、歌手のASKA(60)である。


    覚せい剤取締法違反によってASKAが逮捕されてから約4年半。

    本誌が彼を目撃したのは、執行猶予期間が明けてから2ヵ月後、’18年の11月下旬だった。

    折しも、ASKAは復活を懸けた全国ツアーを始めたばかり。

    ASKAは自宅マンションの地下にあるレストランにスタッフと思(おぼ)しき数名を連れて会食へと向かうところだった。

    ASKAがレストランを出て自宅に戻ってから2時間後。

    最寄り駅方面から、一人の美女が足早にマンションへと入っていった。

    彼女こそ、当時ASKAと不倫関係に陥り、共に覚醒剤に溺れていたTさん(41)だ。

    ’14年の事件後、裁判では一貫して無罪を主張していたTさん。

    だが、彼女の毛髪や尿からは覚醒剤成分が検出され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。

    現在は執行猶予も明けた身なのだが―。

    「実は、ASKAは前妻と離婚後、Tさんと半同棲生活を送っているんです。
    ASKAは音楽的な才能が図抜けている半面、脆くて繊細なところがある。
    常に支えてくれる人間を必要としています。
    覚醒剤に溺れ事件を起こしたことで、二人はある意味で“戦友”のような関係になっている。それだけに、離れることができない状態にあるようです」(ASKAの知人)

    だが、覚醒剤からの更生において、それまでの人間関係の清算は鉄則。

    元厚生労働省地方厚生局麻薬取締部捜査第一課長の高濱良次氏はこう警鐘を鳴らす。

    「ASKAが本気で覚醒剤を断ち切ろうと思っているのであれば、当時の仲間とは完全に縁を切らなくてはならない。
    また薬物に走るきっかけになってもおかしくはありません」

    ミュージシャンとして、再起の道を歩み始めたASKA。

    再び薬物に手を染める“要因”とは、すべて決別するべきなのだが―。

    1月4日発売のFRIDAY最新号では、ASKAの自宅マンションへ向かうTさんの様子など詳細を報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00010001-friday-ent


    所長見解:美人やったよね・・・

    【【衝撃事実】ASKAが愛人Tさんと別れられない理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    超人気イケメン俳優の新恋人はドラマ『陸王』で共演した年上女優だった

    no title


    ジムで汗を流した竹内はハーフパンツで吉谷と合流。

    何気ないシーンからもモテ男の雰囲気が伝わってくる

    11月中旬、都内にある高層マンションのエントランスホール。

    長身のイケメン男性が周囲を見回しながら素早く迎車タクシーに乗り込んだ。

    パーカーのフードとサングラスで顔を隠しているが、その姿からは芸能人オーラが漂っている。

    俳優の竹内涼真(25)である。

    それから数秒後、同じく警戒度MAXの様子で同じタクシーに駆け込んでくる美女。

    二人はそのまま、都心方面へと向かった。

    本誌は超売れっ子の熱愛半同棲生活をキャッチした――。


    竹内といえば、’17年のドラマ『陸王』(TBS系)で大ブレークを果たした若手No.1俳優。
    185というバツグンのスタイルで、学生時代にはJリーグ『東京ヴェルディ』のユースチームに所属していたという経歴を持つ、まさに天が二物も三物も与えた男である。

    俳優としての好調ぶりは飛ぶ鳥を落とす勢いで、現在放送中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)にも出演している。

    気になる相手の女性は女優の吉谷彩子(27)。

    転職サイト『ビズリーチ』のCMに登場して世の男性をトリコにした、"あの美女"である。

    何より、吉谷は『陸王』にもヒロイン役として抜擢され、竹内と共演しているのだ。

    「『陸王』は、マラソンを題材にして大ヒットしたドラマ。
    劇中、竹内は怪我に苦しみながらも復活を目指す天才ランナー役を演じています。
    一方の吉谷は、主人公(役所広司・62)が経営する老舗足袋メーカーの従業員という役どころ。
    竹内と吉谷の直接的な絡みはなかった。
    ですが、実は吉谷は中高生時代、陸上部で短距離ランナーとして活動していた経歴があるんです。
    竹内はドラマ撮影の前、実業団チームの練習に参加するほど熱心に役作りをしていました。
    現場でも"陸上競技"がキーワードとなって、意気投合していましたよ」(テレビ局関係者)

    そんな二人が、医師や弁護士などのセレブ家族が多く暮らす高層マンションで、"超厳戒態勢"の中、愛を育んでいたのである。

    冒頭のシーンに戻ろう。

    二人を乗せたタクシーから先に竹内が降り、行きつけのジムが入ったビルへと向かったようだ。

    吉谷だけを乗せたタクシーは世田谷区内にあるマンション前で停車。

    ここが彼女の自宅マンションなのだろう。

    二人が再び合流したのは、それからおよそ2時間後のことだった。

    吉谷が世田谷の自宅マンションからタクシーに乗り込んだ直後、ジムで汗を流した竹内がビルから姿を現した。

    竹内はしばらくビル横のコンビニ前で彼女を待っていたが、周囲を警戒してか別のワンボックス型タクシーをピックアップ。

    スマホでやり取りをしていたのだろう、それぞれのタクシーは赤坂の日枝神社付近で急接近し、前後につけた。

    次の瞬間、前に停車したワンボックスタクシーから竹内が姿を現し、後ろの吉谷のタクシーから荷物を運び出す。

    竹内が作業を終えて自分のワンボックスタクシーに乗り込むと、吉谷も時間差でそのタクシーに乗り移った。

    そうして首尾よく1台のタクシーに同乗した二人は、そのまま20分ほど走り、再び竹内の高層マンションへ。

    メインのエントランスとは違う入り口から、人目を避けるように中へと入っていった。

    「『陸王』で意気投合した二人は、すぐに急接近しました。
    お互いアスリート気質なところにも惹かれあったのでしょう。
    いまでは吉谷は竹内の自宅に入り浸り状態で、世田谷のマンションにはたまに荷物を取りに行くだけの状態。
    竹内のマンションで一緒に暮らし始めてからは、もう半年ほど経つと聞いていますよ」(竹内の知人)

    人気絶頂のNo.1俳優と『陸王』ヒロインの恋。

    ’19年は、このビッグカップルがさらなる注目を集めそうだ。

    12月21日発売のFRIDAY最新号では、竹内涼真と吉谷彩子の"超厳戒態勢"の半同棲生活を4ページにわたり写真8点を掲載して詳しく報じている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15771661/
    FRIDAYデジタル


    所長見解:ビズリーチ・・・

    【【熱愛発覚】竹内涼真の同棲相手がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ